カムパネルラさんの映画レビュー・感想・評価

カムパネルラ

カムパネルラ

ヒューマンドラマが好き

映画(121)
ドラマ(0)

天気の子(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

広大な映像と音楽。
素晴らしかったです。
エンディングは賛否両論分かれると聞いていましたが、私はこのエンディングで良かったと思います。
誰かの幸せを願うことも素敵だけど、自分自身が幸せじゃないとそもそ
>>続きを読む

一週間フレンズ。(2017年製作の映画)

3.5

個人的にはアニメ版の方が好きですが、ラストはうるっときました。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.5

描き方は他の戦争映画と違い暗くなく、グロテスクなシーンもほとんどなく、観やすく感じました。
ですが、やはり、戦争もの。
観ていて悲しくなりました。

ペット(2016年製作の映画)

3.5

とりあえず、ペット達がふわふわで可愛かったです。
内容的には、所々、無理があるなと感じ少しモヤモヤはしました。
ですが、楽しく観ることはできました。

走れ、絶望に追いつかれない速さで(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

題名の「走れ、絶望に追いつかれない速さで」という言葉がそのまま詰め込まれた作品に感じました。

登場人物はほとんど喋らないけれど、急に泣き出したり、衝動的に何かを始めたり…色々と伝わってくるものがあり
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.5

安定の面白さでした。
4にもなって安定感を保つのは、流石ディズニーだなと思いました。
楽しんで観れる映画です。

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

3.5

小学生の頃に観て号泣した作品。
子供向けの作品とは思えない素晴らしい作品だと思ってます。
ホンモノだろうとニセモノだろうと命は命。
どちらも比べるものじゃなく、大切で、かけがえのないもの…
この作品か
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.5

どんでん返しのどんでん返しのどんでん返しで、先が読めませんでした。
あと、長澤まさみの体を張った演技に好感度がぐんと上がりました!

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.5

殺人を繰り返す主人公に感情移入するのはなかなか難しかったですが、心にぽっかりと空いた穴を何かで埋めて満たすことに関しては、多かれ少なかれみんながしていることなんじゃないかなと私は思いました。
寂しいよ
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.5

ピカチュウとコダックが可愛かったです。
ただ、ポケモンによってはCGの質が少し気になりました…
ストーリーは面白かったです!

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

3.5

映像が綺麗で、アクションシーンの迫力もあって良かったです。
ストーリーは少し理解が難しい箇所があったので、観終わった後にネットで調べました。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.5

ラストは衝撃を受けました。
観終わった後、しばらく憂鬱な気持ちが抜けませんでした。

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.0

人間にはやっぱり「居場所」が必要なのだなと感じました。
温かさに触れると、温かさを取り戻せるものなのですね。
エンディングが秦基博の「アイ」だったので、より一層、グッときました。

ふがいない僕は空を見た(2012年製作の映画)

3.5

約2時間半、あっという間でした。
望んでこの世界に生まれてきたわけではないけれど、それでも生きていくしかない残酷さ。
登場人物それぞれの虚しさが伝わってきて、何とも言えない気持ちになりました。

渇き。(2013年製作の映画)

3.5

逆に気持ちが良いぐらいに、登場人物たちが狂ってました。
狂っているけれど、映像や音楽から"美しさ"みたいなものを感じれる部分が「告白」と似ているなと思いました。
一度観ただけでは、ストーリーを呑み込め
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

4.0

何の救いもなく、虚しく悲しい気持ちになる作品でした。
介護の悲しい一面も映画の中に度々映し出されていて、何とも言えない複雑な気持ちになりました。
作品内に出てくる家族にとっては、綾野剛演じる主人公が唯
>>続きを読む

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

4.0

翔子(木村多江)とカナオ(リリー・フランキー)の関係性が観ていて温かい気持ちにさせてくれます。
夫婦二人の絆や愛情が画面越しに伝わってきました。

何者(2016年製作の映画)

4.0

観たのが就活中ということもあり、共感できる部分がありました。
又、人間の感情がリアルに描かれていたので、観終わった後は少し落ち込みました。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

4.0

登場人物たちに現実を受け入れる強さがあったからなのか、決してハッピーエンドではないけれど、モヤモヤする終わり方ではなくて良い映画でした。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.5

セトとウツミのやり取りがシュールで面白く笑えました。
ずっと同じ場所に座って話しているだけなのに、何故か観ていて飽きることがなく、時間の経過も早く感じました。
池松壮亮と菅田将暉の関西弁の演技がとても
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

前半は「あれ?」っと思いましたが、それぞれのキャラがとても濃く、面白かったです!
思わず、声に出して何度も笑いました〜
映画館で観る方はご注意を…(笑)

百円の恋(2014年製作の映画)

4.0

主人公のがむしゃらに頑張る姿に励まされ、涙が出てきました。
マイナスのエネルギーをプラスに変えることができる人は凄いなと思います。
そして、"人生うまくいかないようにできてるなぁ…"と、改めてこの映画
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.0

Filmarksで高評価だったので気になり観てみたのですが、内容が難しく理解することができないまま映画が終わってしまいました…
改めて、ちゃんと観てみたいなと思います。

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.0

面白かったのですが、正直なところ、主人公のいい加減さに観ていてイライラしてしまいました…(^^;;笑

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

展開が早くて時間が経つのがあっという間でした。
内容も面白くて惹きつけられました。
キャストも濃くてよかったです。

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.5

突き抜けた明るさのある作品だと思いました。
ミュージカル映画好きな方には是非観て欲しい作品です!
観ているこちら側も思わず体を動かしたくなるような…そんな素敵な映画でした。
元気をもらいたい時にまた観
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.5

改めて、大泉洋を好きになりました!
所々で笑いがあり、ベタなのですが面白かったです。
邦画のゾンビ映画は正直なところ期待しておりませんでしたが、想像していた以上にゾンビのクオリティーも高かったです。
>>続きを読む

ヒミズ(2011年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

何度も鑑賞している作品の一つです。
内容は暗く気分も落ち込む作品ですが、何故か何度も観たくなってしまう魅力があります。
終盤のシーンで、主人公とヒロインががむしゃらに走っている場面がありますが、まるで
>>続きを読む

>|