kodoさんの映画レビュー・感想・評価

kodo

kodo

映画(56)
ドラマ(1)

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.8

アーサーにとってジョーカーは希望で、なるしかなかったんだと思う。つらい。

羊の木(2018年製作の映画)

3.7

床屋で働く元受刑者役の人と龍平の肌つやだけは良かった。

アリスの恋(1974年製作の映画)

4.8

傑作ですね。主役のエレン・バースティンがすごいチャーミングで何時間でも観てられる。
なんだか、生きる虚しさ、醜さ、美しさがぜんぶぎゅっと詰まった映画だった。
ラストはすごくすごく切ないけど、たくましく
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.1

うーん。監督があんまり自分の肌に合わなかった。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.5

最高ー。全編ファンタジーで泣ける。だだこねるディカプーが愛くるしくて、プラピの溢れて枯れない色気にうっとりして、60年後半のハリウッドがもう最高。
シャロンテート事件を知らないで観るとラストの良さがま
>>続きを読む

127時間(2010年製作の映画)

4.3

マウンテンデューとゲータレードをすごい飲みたい。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.4

韓国のアクションすごすぎ。どうやって撮ってるのかもうわけ分からない。

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

4.2

スペインに住む、余命わずかな少女が、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」に憧れて魔法少女になりたいのを、お父さんが全力で叶えようとする良い話かと思いきや、全然違くて、サスペンススリラー。
よくある、あなた
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

4.5

時間は止められても、止まってるだけ。ですよね。わかってはいるんだけど、良い話でした。

泳ぐひと(1968年製作の映画)

4.4

中年なのに若々しい肉体美を持つ海パン一丁のバートランカスターが、夏の青い空に感動しながら、高級住宅地のプールを伝って泳ぎながら家まで帰ると意味不明なことを言い出して本当に挑戦するんだけど、だんだんと自>>続きを読む

わらの犬(1971年製作の映画)

4.2

数学者のホフマンが、田舎に憧れて奥さんと一緒に引っ越したはいいけど、排他的な町民にバカにされて、頑張って耐えるんだけど堪忍袋の緒が切れる話。
ラストの大立ち回りの中で、ホフマンが失いそうになった自分の
>>続きを読む

オール・ザット・ジャズ(1979年製作の映画)

4.5

何これ、とんでもない活力のある映画。
死期が近いブロードウェイの演出家の主人公のじいさんが、朝起きて覚せい剤服用して「イッツショータイム」って自分を鼓舞したら、病いおかまいなしにタバコを一日中吸いなが
>>続きを読む

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

4.1

「半径、15m以内、全員即死」。この宣伝文句見てバカにしてすみません。よく出来てて面白かった。でも、もうちょっとエンタメ寄りだったら楽しかったかな。

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.9

すき。ぜんぶが好きな映画でした。これは妄想の話ではないと思っています。また観ます。

荒野の千鳥足(1971年製作の映画)

4.5

むう、おもしろかった。荒野の田舎町に立ち寄ったら、親切なおじさんたちにビールを進められて飲む。飲まされる。飲まなきゃいけない。飲む。ビール飲みたい。で、その田舎町から出られなくなる。久しぶりに怖かった>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.5

仕事一筋だった男が家族の大切さに気づく話。いやいやいや、もう90歳になる人が映画の監督、主演を現役バリバリでやってる仕事一筋なジイさんが何言ってんだ!
できれば、このまま立ち止まらずに映画を撮り続けて
>>続きを読む

柔らかい殻(1990年製作の映画)

4.3

少年がカエルを殺したのを始まりに、不穏な非日常が少年の前に現れて、なんとか抵抗するけど、家族もその不穏な非日常に包まれていって、理不尽な話しかと思いきや、みんなそれぞれ持っている罪が原因。なんともいた>>続きを読む

追憶の森(2015年製作の映画)

4.0

樹海って、すごい美しいところなんだなーって見てたら、樹海じゃないのかい!てなった。

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

-

ドラン好きは必見。本人の場面がもっとあったら良かったけど、「マイ・マザー」を撮るために全財産と家を売って撮ってたのに驚いた。

キャビン(2011年製作の映画)

4.1

ちょー楽しい。ホラー映画を神の視点でいじったパロディ映画。
冒頭から、女2人と男3人が乱痴気するために別荘地に向かいながら車内でマリファナ吸って、道中のガソリンスタンドでいかれたジイさんにからまれて、
>>続きを読む

悪童日記(2013年製作の映画)

4.6

すっごい面白い。こんなに子供の成長っぷりが凄まじい映画初めてみた。とにかく主役の男の子二人がめっちゃ可愛い。子供から大人になるってこういうことなのかと感じて驚いた。

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

4.5

ちょー面白い。2019年に観たのに、今まで見たことない新しい映画だった。

マッチポイント(2005年製作の映画)

4.2

面白い。なんでもかんでも手に入れたい矛盾だらけの普通な男が、自分は上昇志向があるとは言ってたけれど、まさかクズに成り上がっていくとは観ていて思わず、その姿が見事だった。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.5

なんだろう。叔父さんと甥っ子の話なのに友情の話だった。二人は大事なことを語らなくても、互いに理解して共有していて、時には気持ちをぶつけちゃったりしても受け入れて、甘えたりもして、二人の間だけしかない繋>>続きを読む

GANTZ:O(2016年製作の映画)

4.0

日本のCGすごすぎ。どろどろに疲れて帰ってきても、脳みそを一ミリも疲れさせずに楽しい気持ちにしてくれる。

怒り(2016年製作の映画)

4.5

怒りだった。思ったより怒りだったし、意外なほど怒りだった。

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

5.0

まったく新しい、シャマラン流のスーパーヒーロー映画。
「アンブレイカブル」と「スプリット」を観てない人にはおすすめできません。

僕らは誰もがみなスーパーヒーロー。

ありがとう。シャマラン監督。

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.7

ちょー面白い。度肝抜かれた。
幽霊は出るし、ビックリもあるし、日本のホラーみたいなじわじわ怖いのもあるしでホラーの福袋みたいだった。
しかも、いま何が起こっていて、どこに向かうかも分からないし、もしか
>>続きを読む

ミザリー(1990年製作の映画)

4.2

ちょー面白い。今まで見てなかったのを後悔した。アニーが、美人でも不美人でもなく現実的で絶妙な顔で迫って来るのが不気味で怖かった。
実は、アニーは一般的な人よりもすごく愛情深い人なんじゃなかろうか。でも
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

子供たちが子供たちすぎてドキュメンタリーみたい。なんでこの町こんなにカラフルなんだろ、監督の趣味かなと思ってたら、町の近くにあるディズニーランドが景観を損ねないためにうるさかったからなのね。終始子供の>>続きを読む

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

4.2

監督いじわるすぎ。いじわるすぎて面白かった。あんなことしなければ、1分前に戻りたいって、自分が責められてる気分なれる

>|