kohey

kohey

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.8

‪メル・ ギブソン監督「ハクソーリッジ」鑑賞。それはもう素晴らしいく、物凄く本源的なテーマの映画だった。戦争で守るために戦うことと、命を救うために助けること。身近な脅威の前で自分はどうあるべきかを考え>>続きを読む

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年製作の映画)

4.0

‪映画「ソロモンの偽証 前編・後編」鑑賞。上映当時のレビューを見て思いのほか評価が低かった印象があったけど、実際に鑑賞して涙腺崩壊の名作だった。‬

花戦さ(2017年製作の映画)

3.1

‪野村萬斎主演「花戦さ」鑑賞。茶道家と華道家の友情と、茶道と華道を通した豊臣秀吉との戦の物語。スケール感が無かったのが残念だったけど、それを補うだけの練られた脚本で、鑑賞する人のセンスを問う作品。野村>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.6

‪ヒュー・ジャックマン主演「ローガン」鑑賞。X-MENシリーズは全て鑑賞しており、今回も楽しみにしていた作品。ヨレヨレのローガンとアルツハイマー気味のプロフェッサーXには間伸びしたけれど、テンポよく無>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.2

‪ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督「メッセージ」鑑賞。評価を見ると良いと悪いで二分してて、実際どうなの的な感じで鑑賞したけど、それはもう素晴らしい映画。派手なアクションや戦闘シーンはないけれど、映像の組み立て>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

1.9

‪M・ナイト・シャマラ監督「スプリット」鑑賞。最後のシーンで大どんでん返しがある的な宣伝だったけど、どこがどんでん返しかわからないまま終了。ネットで解説を読んでそういう事かと理解したけど、イマイチだっ>>続きを読む

自虐の詩(2007年製作の映画)

2.7

‪中谷美紀、阿部寛出演「自虐の詩」鑑賞。不幸な中谷美紀だけに「嫌われ松子の一生」と被りまくってたし、極端にセリフが少ない阿部寛ももどかしかった…よくわからないままエンディングを迎えた感は否めず。二人の>>続きを読む

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

3.5

‪新垣結衣主演「くちびるに歌を」鑑賞。実話を題材にした合唱部の青春物語。感動シーンがうまく散りばめてあって、涙涙の一作で、それはもう猛烈に泣きまくりました。長崎が舞台になってて、出演者全員が長崎弁で、>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.9

安藤サクラ主演「百円の恋」鑑賞。何が凄いかって、安藤サクラの怪演が素晴らしかった。綺麗とか綺麗じゃないとか、好みじゃないとか、そういう感情を一切超越した作品だった。ただ、映画の時間の経過と共に変化する>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.5

‪「ガール・オン・ザ・トレイン」鑑賞。ヘイリー・ベネットの可愛さに誘われて鑑賞。ストーリーが入り組んでて見応えのある作品で、3人の男女が織りなす物語で性と生とアルールがストーリーの軸となってる。朝起き>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.7

‪エマ・ワトソン主演/ディズニー映画「美女と野獣」鑑賞。アニメの実写版という事で期待してなかったけど、それはもう素晴らしい映画だった。ドルビーアトモスのシアターで見たこともあり、ディズニーのショーを見>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.1

‪三浦友和主演「葛城事件」鑑賞。登場する人物全てに救いがなく、久しぶりにこういう落ちる映画を見たなと感じた。小学校に押し入って無差別殺人を犯し死刑判決を受けつつも、獄中結婚をした実在の事件がベースにな>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.8

‪スカーレット・ヨハンソン主演「ゴースト・イン・ザ・シェル」鑑賞。全くの予備知識なく見てみたが、見応えのある映像とビートたけしの存在感は際立ってた。主演の女優さんはCGかと思うくらい綺麗だったんだけど>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

2.9

‪ジェニファー・ローレンス主演「パッセンジャー」鑑賞。宇宙を舞台に面白い設定のSFだったけど、何かの映画で見たようなシーンの数々だった。エンディングまではラブロマンス的な展開で個人的には物足らない感じ>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

アカデミー賞6部門制覇「ラ・ラ・ランド」鑑賞。音楽と歌とダンスが持つ力をこれでもかと見せつけられた作品。物語はシンプルだけど、主人公二人が交わすセリフに、たくさんの勇気がもらえた。これこそ家のテレビで>>続きを読む

テッド・バンディ 全米史上最高の殺人者(2002年製作の映画)

2.9

‪「テッド・バンディ 全米史上最高の殺人者」鑑賞。銀座のヴァニラ画廊の「シリアルキラー展」に足を運んでからやっと見れた作品。劇中の女性を襲うシーンはかなりマイルドで、淡白にまとめられている感は否めず消>>続きを読む

アニマル・キングダム(2010年製作の映画)

3.0

「アニマル・キングダム」鑑賞。実際にあった事件をモデルしたので作品で救いようのない犯罪者一家の物語。淡々とストーリーは展開される中で長男とその母親が狂気をまとっていく様が本作に重厚感を与えてる。一方、>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

4.0

‪妻夫木聡主演「愚行録」鑑賞。貫井徳郎氏の代表作で衝撃的な原作が映画化されるということで、楽しみにしてたけど、それはもう良く出来た作品だった。全編を通じて関係者の証言で物語が作られるんだけど、ジワジワ>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.9

‪ティム・バートン監督「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」鑑賞。確認したレビューでは賛否が分かれていたけれど、ストーリー云々よりも映像の素晴らしさと、愛らしいキャラクターに終始魅了された作品。特に中>>続きを読む

新・仁義なき戦い。(2000年製作の映画)

3.2

‪阪本順治監督「新・仁義なき戦い」鑑賞。2000年に公開された「仁義なきシリーズ」。数々の実績がある監督か大阪を舞台に作っただけあって、ものすごく雰囲気のあるシーンの連続だった。豊川悦司の存在もよかっ>>続きを読む

ノック・ノック(2015年製作の映画)

2.1

キアヌ・リーブズ主演「ノック・ノック」鑑賞。不条理な暴力とエロの映画が好きで期待して鑑賞したものの、思いのほか暴力描写もエロも少なかった。なぞの二人の女性にやりたい放題を楽しんでる感じは伝わってきたけ>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.8

‪オリバー・ストーン監督「スノーデン」鑑賞。アメリカの諜報活動を告発し一躍、時の人となった実話に基づく物語。事実は小説よりも奇なりとはよく言ったもので、実話とは思えないほどの壮大な映画だった。派手なア>>続きを読む

新宿スワンII(2016年製作の映画)

1.8

‪「新宿スワンⅡ」鑑賞。前作が割と原作に表現されていただけに、本作はギャップしか感じなかった。出演者が物凄くいいわりには、妙に簡単にまとめた感じで横浜でのスカウトシーンやギャルコンなんかは興醒めしてし>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.8

‪「マグニフィセント・セブン 」鑑賞。余計なストーリーは無く最後のクライマックスシーンまで一気通貫の仕上がりだった。デンゼル・ワシントンが賞金稼ぎを演じるさまは「ジャンゴ」の続編的な感じで見てしまった>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.5

マーティン・スコセッシ監督「沈黙」鑑賞。原作をそのまま映像化したとも言える素晴らしい出来だった。司祭の心の葛藤をうまく表現しつつ、隠れキリシタンに対する残酷な弾圧のシームも凄かった。何よりも浅野忠信氏>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.7

‪「ネオン・デーモン」鑑賞。予告編から気になっててやっと見れた一作。自分の思ってたストーリーとは大きくかけ離れていたので驚いた。映像とか場面毎に意味や伏線があるんだろうけど、理解できぬままエンディング>>続きを読む

魔界転生(1981年製作の映画)

2.7

沢田研二主演「魔界転生」鑑賞。1981年公開の本作、歴史小説を読むようになってから、見るとこの作品の面白さに魅了された。とは言っても柳生一族にしろ宮本武蔵にしろ、やりたい放題の映画だった。若かりし頃の>>続きを読む

土竜の唄 香港狂騒曲(2016年製作の映画)

1.5

‪「土竜の唄 香港狂騒曲」鑑賞。おおよそ想像はしていたけど、想像通りの映画だった。なぜ続編が作られたのか、イマイチ理解できない。監督をはじめ脚本、出演者陣は結構見ごたえがあるんだけど、いかんせん原作の>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.3

‪「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」鑑賞。本作をみるまでは、これだけSWES4に近い作品なのにスピンオフ的な扱いがよくわからなかったけど、鑑賞後は納得。物凄く骨のある良く出来た映画だったし>>続きを読む

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

3.5

‪リリーフランキー主演「ぐるりのこと。」鑑賞。リリーフランキー好きにはたまらない映画だった。奥さんが鬱病で不安定な家庭なんだけど、それ以外は何気ない日常を切り取ったような作品。リリーフランキーが演技な>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

2.8

‪アルパチーノの主演「スカーフェイス」鑑賞。本作が劇場で公開された時に見て以来だったので、時代背景含めて理解が深まった。当時見た時には物凄く重厚なイメージの映画だったけど、今見ると思いの外、展開が早く>>続きを読む

フラガール(2006年製作の映画)

3.5

「フラガール」鑑賞。何度見たかわからない映画だけど、その度に感動する。ストーリーがいたってシンプルで、泣き所も決まってるけど、配役が秀逸だと思う。‬

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

3.4

‪「ブラックレイン」鑑賞。何度目かわからないけど、見るたびに発見がある作品。相変わらず松田優作の狂気は圧倒的だけど、高倉健のキュートとも言える存在が本作の肝といえる。ちょい役だったけど、内田裕也と安岡>>続きを読む

新仁義なき戦い/謀殺(2002年製作の映画)

4.0

「新仁義なき戦い/謀殺 」鑑賞。新仁義なき戦いシリーズではこの作品が一番好き。クールで頭脳明晰な高橋克典もカッコいいけど、渡辺謙の暴力的な存在感が圧倒的すぎて半端ない。この二人の存在に老獪な小林稔侍が>>続きを読む

私の男(2013年製作の映画)

2.6

「私の男」鑑賞。少し前に原作を読んで文学的な描写が特徴的だったが映像も原作の世界観をうまく表現していたように思う。一方で複雑な二人の関係は尺の都合からか軽い印象があり、原作のドロドロしたどうしようもな>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.6

「MADMAX 怒りのデスロード」鑑賞。冒頭から物凄いテンションでそのまま駆け抜けた映画だった。小難しい話はなくただただ疾走。

>|