kohimikiさんの映画レビュー・感想・評価

kohimiki

kohimiki

浅草キッド(2021年製作の映画)

3.8

「学生運動とかしてたやつらも皆んな働いてさ〜」「みんなちゃっかりしてんだよ」みたいな会話のとこが、自分が大学生時代の時に全然就活したくなくて、でもみんな着々と内定とってるときの感情思い出して刺さったw

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.6

自分がこの世界に入ったら欲深くて俗な世界が全然まし!ってなりそう

イノセント15(2015年製作の映画)

3.6

この先二人はすぐそれぞれの道を行くかもしれないし、長い間時間を共有するかもしれないけど、とりあえず幸せになってほしい。。
友達二人いい奴じゃん、、

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

3.7

そりゃチンタこうなっちゃうよな、、なんとかしてよってなった🥲

佐々木、イン、マイマイン(2020年製作の映画)

3.6

劇場で見た方がよかった気がする。。
集中力がもたず、のめり込めなかった😢
カラオケ朝方、どっちも連絡先を聞かないところがよかった。曲もいい曲ばかり、

タロウのバカ(2019年製作の映画)

3.8

どの関係性も閉塞していた。
最後、同じ土手なのに、草むらを挟んでタロウとエージが居た場所と、サッカー少年たちがサッカーをしてる場所は、全然ちがう世界みたいだった。
自分が生きてる現実にもそうゆうところ
>>続きを読む

ギャングース(2018年製作の映画)

3.8

面白かった!
手伝ってくれたおじさん大丈夫なのかな、とか3人日本で牛丼食べてるけどこのまま大丈夫なのかなとか心配は沢山あるw

息もできない(2008年製作の映画)

3.7

川辺の膝枕シーンと3人で買い物するシーンよかった。つらい現実ありすぎる。。

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.8

けんぼー😖負の連鎖。。

綾野剛が着る白ダウンかっこいい

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.1

3人すごい良くて好きな映画だった!
グレーな関係性でいることが、絶妙なバランスを保って長く一緒にいれることもあるし、白黒つけることが終わりや始まりをもたらすこともあるし。。
そんな感じで少しずつ日々は
>>続きを読む

恋の渦(2013年製作の映画)

3.7

男と女の嫌なとこ全開だった!
映画だから俯瞰してみてるけど、たまに自分もどれかに当てはまってるかもw

火花(2017年製作の映画)

3.5

途中ジェラードン映った時テンション上がった😂
いい映画だけど集中力がもたなかった。。

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.8

ネオ東京の世界観がすごい好きだった!
話はみんなの立場、時代背景、宗教とか初見には理解が難しいとこも沢山あったからまた観たいw

17歳の瞳に映る世界(2020年製作の映画)

3.9

オータムとスカイラー、未成年の二人が中絶のためにペンシルベニア州からNYまで旅する話。

従姉妹のスカイラーは美形で、バイト先のおっさんや道中で知り合った男の人に言い寄られて?ちょっと流れに身を任せち
>>続きを読む

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.8

想像していたより喜劇として描かれていて面白かった。
色々計画通りにいかなくてイライラしたけど、上手くいきすぎたら物語にならないもんねw

Red(2020年製作の映画)

3.6

柄本と夏帆が夜自転車乗ったり町中走り回ってるシーンが一番すきかも

彼女(2021年製作の映画)

3.4

映像綺麗だった
兄夫婦が、なんか気になる。
愛する人のためなら人も殺せる、みたいなワードが所々でてきたけど、それを裏付けるストーリーが薄いように感じた

皆月(1999年製作の映画)

3.6

ちょっと変わったロードムービー?こうゆう濡れ場を映画館で流せる時代があったんだ。今もあるのかな?
役者さん皆んな良かった。
映像がかっこよくて、どよーんとした色味だけど、ちょいちょい流れる音楽がヘンテ
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.9

20代後半から30代に差し掛かろうとしてる今の自分の世代の女子に響く映画だったw
「1人の孤独より2人でいるのに孤独のが辛い」とか、絹ちゃんが麦くんとのお別れの時に言ってた「このままハードル下げていい
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いい映画だった!
最後はうそでしょ、、てなったよ😢

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.6

各シーンで出てくる、静止画みたいに絵に切り取ったような撮り方が良かった。
日常(東京でのりょうへーとの日々)も非現実的なシーン(ばくとの逃亡)も地震とかもすべてが形式的?に淡々と描かれていた。

東出
>>続きを読む

>|