ひまやこぞうさんの映画レビュー・感想・評価

ひまやこぞう

ひまやこぞう

2017年公開映画ベスト11<3-4-3>

GK キングコング 髑髏島の巨神
DF アウトレイジ 最終章
DF 希望のかなた
DF ダンケルク
MF☆密使と番人
MF バリー・シール アメリカをはめた男
MF パターソン
MF☆ハローグッバイ
FW★散歩する侵略者
FW パリ、恋人たちの影
FW パーソナル・ショッパー

★主将☆副将

苦い銭(2016年製作の映画)

5.0

〇1週間の工場勤務で耐えられず帰郷するイケメン青年。見送る同郷の女性のほうは、心なしかあか抜けてきて新しい環境に早くも馴染んでる様子。2人の乗ったタクシーの窓はいやに汚れている。
〇社長の伝言を告げに
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

○なんて印象的なラストでしょう。しばらくは忘れまい。
○唐突な吐血シーンだけではなく、鹿や亀、厩舎の外に出た馬、新署長、娘(との思い出シーン)、列車、犯人候補など、新鮮なシーンの連続にその都度感心する
>>続きを読む

ジュピターズ・ムーン(2017年製作の映画)

3.5

○追うクルマの下方からとらえつづけるカーチェイス! 簡単な仕掛けなのに、迫力感ハンパなし。北野武が気づいてもよかったのに。
○裸体も顕した女医さんの生々しさ! ブダペストの頑丈だけどぼろぼろな街なみに
>>続きを読む

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年製作の映画)

4.0

○映画館の暗闇の中に人が消えていくような監督お得意のシーンがどこで観られるかと期待していたらちゃんとあった。川岸から密林に消える主人公と原住民。すばらしい! そして、暗闇の中で燃える松明のラスト。新し>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

2.0

○散漫。冒頭の暴動の発端事件に関った人は以後姿を消す(退役軍人はあの人?)。「実話」だからいたしかたないという考えよりも、映画なんだからちゃんとつづけて欲しい。テンポ悪く、無駄なシーンが多いと感じるの>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

4.0

○それは、想定外のシーンに出くわしてはっとする感情。クロスカントリー大会への唐突な参加、映画館での痴漢騒動、ホットドッグの1本サービスなど。
○調和。血とペンキ、消火器の泡と雪。黄色いレインコートの浮
>>続きを読む

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

4.5

○2人の女子高生がともに歩くシーン(その速度はまちまちで、ときには全力疾走)がどこもきもちよかった。階段を上るとなにか新しい展開が待っている、というよりも新しい展開は階段を上ってからのお楽しみ。
○お
>>続きを読む

三十九夜(1935年製作の映画)

4.0

○ヒロインがストッキングを脱ぐシーン。つるつるの細い生脚の艶っぽさったら。
○テーマが国際問題系になると展開が急すぎたり、ちょっと雑になる感じがします。

第3逃亡者(1937年製作の映画)

4.5

○「知り過ぎた男」や「北北西に進路をとれ」や「鳥」で再現される名シーンが満載。物語進行が滑らかで、ヒロインと主人公がだんだん親密になっていくさまをボディランゲージで表現する演出もわかりやすい。

婚約者の友人(2016年製作の映画)

2.5

○わたしが悪いのか、監督のセンスなのか。手紙をささっと燃やすシーンとか、婚約者の友人の婚約者に会う場面とか、ヒロインが狂気の域に達するところとか、ここぞの場面に緊迫感がない。それがオゾン流の洗練といわ>>続きを読む

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

1.5

○猫賛歌、猫を愛する人賛歌。わたしも好きなので気持ちはそこそこよかったけど。
○緊張感(サスペンス的喜び)なし、地面に近い画角に飽きたら空撮で、だらだらとつづく。

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

2.5

○いくつかのサスペンスフルなシーン。なかでは、ニコール・キッドマンと負傷兵の接吻未遂場面か。
○エロさの露出を抑え過ぎたような。肩だしくらいでは、鈍感なわたしは感じませんでした。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.0

○主要女性キャラ3人の涙に、ちょっとはっとする。主人公の上司だけ涙なしなのは、ノーマルな人間だからかな?
○その涙だけでなく、降りつづける雨、水に浮いたような社長室っぽい部屋、床にこぼれるウイスキー、
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

4.5

○抒情を排し(抒情に逃げるのは簡単で、並みの監督だったら同じ脚本で倍の時間になるでしょう)、短いカットの連続でドキュメント風なテイスト。ミッションインなんとかとは違って、「トム・クルーズ」の存在感に頼>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

4.0

○北野作品では不吉とされる海のシーン(埠頭はそれほどやばくない?)から、夜の繁華街を走る「黒い車」を追うシーンに。冒頭の2シーンで緊張と恍惚で頭がくらくらになりました。
○シリーズのまとめに入った分、
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.0

○緩急の按配でもたせる手法に円熟味が。「急」の部分が多く、絵も寄りより「引き」の方が多くなった気がします。ジミヘン(ポスター)含めての集合シーンに感心。
○省略の大胆さ。妹の密入国のくだりに愕然とした
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

1.5

○人情話とサスペンスが少々で、たまに大きな展開。ゆる~いサッカーの試合を見ているようで、安心=退屈すぎる。
○シーザーの顔芸頼り。

ポルト(2016年製作の映画)

4.0

○いじることで、ストーカー被害の側面よりも一夜のロマンチックが強調されてひと安心だったけど、フランスの母親との接見と母娘の住居に教授が訪ねてくるシークエンスの時間軸を読み違えてしまってた。まちがえる方>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

1.5

○いったいどうしてこんなにまとまりなくなったのか。制作側の介入? と勘繰りたくなるような構成で。
○ナタリー・ポートマンのいろいろな表情をたっぷり見られた。

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

○陸上では喉の渇きに悩まされていた青年兵だが、海上での水難を経て無事に上陸。でも、用意された紅茶や差しだされた瓶ビールを飲もうとしない。
○空中戦は似たカットばかりで退屈。でも、燃料が切れて惰性で飛行
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

5.0

○侵略者の得たいの知れない感をユーモアたっぷりに表す演出。不穏な空気感を出すのはもともとワールドクラス。今回は、原作のおかげで「深み」っぽいものも感じ取れました。黒沢清が「愛」(というか愛の欠落)をこ>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

2.0

○弁護士と娘のくだり、留萌遠征シーンは丸ごといらないような。そのほか、弁護士が掲げた手のひらを描写するところや2人の顔をかぶせて写すシーンなど、多くのシーンでちょっとずつ長く感じて、それが積もり重なっ>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.5

○毎日異なる起床時間、寝相。街で出会う双子(7,8組)や詩人たち。反復の微妙なズレから、サスペンスやドラマが生まれる。
○角ばった路線バスが街中を走っているだけでわくわくする。
○ケンカ別れしたカップ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.0

○同じテンションで初めから終わりまで。120分が短く感じられもしたんだからある面では成功なんだろうけど、徒労感が残る。
○主人公のいでたちがけっこう鈍くさくてミスマッチ。
○印象に残るシーンとくになし
>>続きを読む

密使と番人(2017年製作の映画)

4.5

○大小いくつかのサスペンスを生む物語はもちろんのこと、音楽と色の使い方。とくに後者の色、それは背景の主なる色調の使い方がすごかった。夜の闇、まぶしい夕陽、山中とすすき野原の枯れた感じ、あの雪原、そして>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.0

○迫真の演技がいっぱい積み重なるとなぜか疲れる。
○食傷気味でげっぷが出そうになったけど、ラストで業の深いヒロインが浄化されていく過程は妙に気持ちよかった。ずっと上り続けていたジェットコースターが下降
>>続きを読む

甘き人生(2016年製作の映画)

4.0

○圧巻とは。母親離れというか母親不在に対する理解を象徴するような、ラスト近くの恋人とのダンスシーン!
○橋の上での回想から現実への移行場面、一躍有名人になった自分を冷静に見る視点など、数え切れないほど
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

2.0

○単調。崖がなかったら見ていられなかった。
○主人公には弾は当たらないものだが、当たらないにもほどがあると思っていたらやっと当たった。

淵に立つ(2016年製作の映画)

2.5

○ピクニックでの初抱擁、そのエロっぽさ! その後、2人のからみが加速化する演出は素晴らしい。
○心の闇、憎しみ、絶望、嫉妬、殺意……。なんでもいいけど、その見えないものを掘り下げようとすればするほど不
>>続きを読む

バンド・ワゴン(1953年製作の映画)

5.0

○アステアの踊りをほぼコピーできるジンジャー・ロジャースとは違って、シドのバレエ系の踊りはよくいえばダイナミック、悪くいえば鈍重。でも、アステアとのマッチングは、異教徒同士が仲良く融合しているようでこ>>続きを読む

トップ・ハット(1935年製作の映画)

4.0

○ヒロインの「誤解」を軸に話は転がるが、その誤解が解かれる「ええ、そうだったの」風な決定的瞬間を省略している。なんという奥ゆかしさ。
○その瞬間は小舟の漕ぎ手を排した2人だけの空間で行われ、瞬間後の甘
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.5

○立派なサスペンス映画だった。
○愛人が妻宅を訪問するシーン。インターフォンで来訪を告げると、即ドアが開く。こわい。
○バスの乗降で行き違い。うまい。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.5

○思い出すのは、エル・ファニングがらみのシーンばかり。無防備にベッドに横たわりながらそこだけ肉感的なふとももがちらり、たばこの吸い方を教えるシーン、そもそも冒頭でたばこを吸いながらバイクを運転するシー>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.5

○食卓で初めて少女が微笑むシーン。ラストの涙より、こっちかな。
○アクションシーンはついていくのが億劫になってきたので、流して見ていますが、それを差し引いても、敵と味方、攻撃と防御が入り乱れて区別がよ
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

2.5

○よくいえば「丹念」、悪くいえば「鈍くさい」。
○過去映像のはさみ方が、とても作為的というかおしつけがましいというかご都合主義的でしらけました。
○突然きれるいくつかのシーンには、はっとした。けどねえ
>>続きを読む

>|