こいちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

こいちゃん

こいちゃん

映画(27)
ドラマ(0)

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

5.0

元気になりたいときに是非見て欲しい映画
自信を持って誰かにオススメ出来ます。

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

4.0

ハートウォーミングで、ハッピーエンドな映画。良い気分になるにはぴったりです◎
記者会見の習字でめちゃくちゃ笑いました笑

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.0

松岡茉優の演技力凄すぎる。
凄すぎたが故に、リアルをみてるみたいで、全然共感は出来なかった。。

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.5

大どんでん返しがあるような映画では無かったけど、驚きがあり、ストーリーがしっかりしていて、伏線回収がちゃんとされて最後はスッキリする映画でした。
個人的には主役の方の演技が好みではありませんでした

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.0

視点を変えるだけで正義は変わる
考えさせられる映画

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

1.0

泣ける要素が折り込まれすぎていて浅い話だった印象。しっかり泣きましたが。笑

AI崩壊(2020年製作の映画)

4.0

映画の内容はありきたりでつまらなかった。

しかし
映画終盤に出てくる言葉、
「AIは人を幸せにするか」
それだけを問いかける為の
壮大な前フリなのかなと思った。

考えさせられる映画でした。
よかっ
>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

1.0

原作はきっと面白いんだろうなー
伏線だと思われてたところが全く回収されず、殺人計画もなんでそれでうまくいった??といった疑問が残った
ストーリーも、なんだかいまいちでした、、、

天気の子(2019年製作の映画)

1.0

君の名は。が好きだったこともありますが、微妙でした。
歌と映像だけで乗り切ってる気がして個人的にはあまり好きではないです、、
記録用に。

バーレスク(2010年製作の映画)

5.0

歌もダンスも素敵!
ストーリーもこれぞ王道というハッピーな終わり方で良かったです

三度目の殺人(2017年製作の映画)

5.0

現在の裁判制度に疑問を持ちたくなる映画だった
すごく考えさせられる映画でした

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

胸がえぐれるような、
常識が覆されるような、正しさが全てではないと思わされる映画
全員が不安定な状態で、だからこそ支え合って生きていけたのかもしれないが、そこには確かに絆があった

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

壮大なSF映画
詳細な内容は難しかったので、ネットを使用しながらでしか理解は出来ませんでした。しかし、ストーリーはとても良く感動の作品、オススメ作品