きーさんの映画レビュー・感想・評価

きー

きー

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

同い年になった2人が鏡の前に立ったシーンは泣けた…

ノック・ノック(2015年製作の映画)

4.0

ゾッとするストーリー展開。大雨の日にひとりで見るとかなり入り込める。

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

4.4

リアルで恐怖を感じる。この映画を見てからビーチで沖には行けなくなってしまった…

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

その時代の当たり前は常に移ろいゆく価値観であることを再認識した。どんなにひどい扱いを受けても信念を曲げない主人公の行動に胸が熱くなる素敵な映画。

ホームレス ニューヨークと寝た男(2014年製作の映画)

4.5

ビルの屋上生活に対する本音や、人生についての生々しい言葉が散りばめられていて強く共感した。日中の明るい風景と夜の侘しさのギャップも良い。

ムービー43(2013年製作の映画)

5.0

本当に無駄遣いが過ぎる。でも、最高にくだらなくて笑えるショートショートたち。

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.0

主人公のあきらめないで思考を尽くし、どんな絶望的なことがあっても目の前の最善な手段をただひたすらにやり続けるという姿勢に感動。

最後はゼログラビティを思い出しつつ、手に汗握る展開でした。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.5

ベンがとても良い味を出してるヒューマンドラマ。とてもほっこり出来て、明日から頑張ろうと思いたい日曜の夜にぴったりな映画でした。

第9地区(2009年製作の映画)

4.6

宇宙人の見た目の気持ち悪さにビックリしつつも、SFの世界観としてはとてもリアルで好みのど真ん中な映画。
アフリカの問題を風刺したバックグラウンドも含めて素晴らしい作品。

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

4.0

前から気になってたこの作品、amazon primeビデオに入ってたのでようやく鑑賞。

仕事に恋愛に結婚にと、答えがないものにぶつかっていく出演者たちの心情に心動かされます。

最後のオチもとても良
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.6

ほっこり系で原作の雰囲気を忠実に再現してて良い。広瀬すず可愛すぎ、かつドリブルうますぎ。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

高校生の時に見て、1番ハマった映画。小説も最高に好き!

TOKYO TRIBE(2014年製作の映画)

4.5

ラップミュージカルが最初は???だったけど、だんだんと物語が進むにつれて面白おかしくなって、最終的にはノリノリな感じに。
MC漢などのガチラッパーも出ていて、うまくクレイジーな世界観を描けているところ
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

4.0

前作の伏線を回収しつつ、やや派手過ぎるアクションではあるものの楽しく観られました。
サムスミスの主題歌が良かった!
そして、Qのキャラは相変わらず良いです。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.5

AIとの恋愛にキュンキュンしつつも、最後そのオチかーい!w
そう遠くない未来であり得る展開で、リアルに感じつつ楽しめました。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.0

纏まってるとは思うけど、やっぱりエピソード1,2,3のクオリティや世界観からするとイマイチ。
チューイとかハンソロが出てくるとこも、過去作品のファン向けの感じが出すぎてて、ディズニーの商業的なエピソー
>>続きを読む