こきんじさんの映画レビュー・感想・評価

こきんじ

こきんじ

映画(497)
ドラマ(0)

お!バカんす家族(2015年製作の映画)

3.5

これは笑えた。
不謹慎だが笑えた。
なかなかぶっ飛んだお笑いロードムービーです。

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.6

中々の傑作。
これ程主人公の心情と映像がマッチしてる映画も少ない。
詩が心に突き刺さる。
またじっくり聞いてみたくなった。

透明人間(2019年製作の映画)

3.4

使い古されたネタかとおもいきやストーカーと透明人間をかけるなんて緊迫感半端ない。
ちょっとアンチなラストもこれはまたダークな題材に合ってます。
ヒロインがさほど美人でないのもこれまた(笑)

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.0

こんなご姿勢だから過去に劇場公開されなかった傑作を掘り出して見れるのは素晴らしい体験ですね。
刑事映画愛に溢れてますね。
何しろテンポが良い。
バットボーイズやビバヒルのようにタンタンと物語後進むし、
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.3

キャッチコピーは全くの大嘘。
単なるモンスターマザーに間違いないですな。
長澤まさみはコメデイエンヌ系もシリアス系もこなせる大女優になった事は間違いないのですが題材からして嫌悪感しか発生しない、感情移
>>続きを読む

ソニック・ザ・ムービー(2020年製作の映画)

3.5

我らのヒーローソニック!
知る人ぞ知るんだがマリオや春麗ほどは人気力ないのか?
アメリカでは結構人気あるようだが。
なにせジム・キャリーが素晴らしい。もうこの人ほど本気でおちゃらけをやれる人は他にいな
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

韓国光州事件。
映画を見るまでこの史実はしらなかった。
そして同じような題材でアメリカの作品デトロイトなんかと比べると感情移入させるうまさが際立っている。
まさに「まぢなのかー?えーー!見捨てておけん
>>続きを読む

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

2.7

3人の女性の過去から現在に繋がる思いが交錯するのだがいまいちよくは分からない。
昔人気者だったなーって奴が大人になってぱっとしなかったりするのはあるある。

ロマンスドール(2019年製作の映画)

3.0

この題材でこの豪華な役者陣はちょっと豪華貧乏である。
何も肯定しない。何も否定しない。
大人というものはそういうものだ。
大人は楽しいぞ?(ほんとか?)

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.4

ランボー最終章。
スタローン=ランボーの怒り爆発。
最初48時間的な流れかと思いきやほとんど単なる復讐劇に。
今までの戦争という非日常な空感での怒りとは違い今度のは現代の実在する悪に容赦ない(残忍で徹
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.8

ドクターストレンジことカンパーバツチがエジソンに!
そしてスパイダーマンのトムホーランドもドリトルに続きまた出てるぞー!人気者だな。
そしてどこもかしこもアベンジャーズの余韻なのだ(*^。^*)
さて
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.2

なかなか面白い題材である。
人格とは何か?
人格の死とは何か?
最後の方の第三の選択肢で解決に向かう部分が駆け足でよく見てないとわからなくなる。
まぁハッピーエンドかな?
もう少し時間をかけて各曜日の
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.8

ロバートダウニーJrの脱アイアンマン、イメージ脱却作品。
ダウニーはシャーロックとかわりと何やってもそれなりに自分のものにしてしまうので新たなドリトル先生像が作られている。
ひたすらわかりやすくて動物
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.2

素晴らしい配役陣であり、シアーシャローナンが独立した女性に憧れるお転婆なジョーを好演しています。
エイミーの人間臭さが際立ってた。
少し時間軸のいったり来たりが唐突であり激しいので注意深く見てないとお
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

4.0

久々の映画かーん!
やはり映画館はいいね。
そして窓口で購入する時いいまつがい。ドットデントデイ!
1文字もあってねー!受付のおネイさんに笑われた。
さて所謂ゾンビ映画なんですが、ひと味もふた味もちが
>>続きを読む

クロノス・ジョウンターの伝説(2019年製作の映画)

3.4

案外引き込まれた。
こういう同じシチュエーションを
繰り返しながら加速度ついてくのは嫌いでない。
最後の地球は‥
もう少しなんとかならなかったのか😃💦

初恋ロスタイム(2019年製作の映画)

3.4

こういう時間がらみのSFファンタジーはさいごにどういうオチをつけるが気になって見てしまいますねー。
納得が出きるオチではなかったがハッピーエンドで
良かった。吉柳咲良ちゃんはピーターパンデビューのポス
>>続きを読む

マッド・ダディ(2017年製作の映画)

3.1

これは‥
ニコラス・ケイジは本当に作品選ばない人ですねぇ。
ビンラディン殺しにいく人とか彼女をオカルト集団に殺された狂気の復習者とかぶつ飛んでます。
不謹慎なんだけどどこか愚かしく笑えてしまうところが
>>続きを読む

ティーンスピリット(2018年製作の映画)

3.4

ほぼほぼエルファニングのPV ですなぁ。
物語はただご都合主義的に進んでティーンの成長物語とはほど遠い。
しかしながらエルファニングの魅力でなんとか押し通す。
お姉ちゃんの可愛さに加え凛々しさなんかも
>>続きを読む

パペット 大騒査線 追憶の紫影(2018年製作の映画)

3.5

いやはや大人の人形劇ですな。
実写だとかなりエログロな内容なんだけど人形劇だと失笑しかおきない。
舞台裏のスタッフが人形一所懸命動かしてるとこがまた失笑。
こういうの嫌いではない(笑)

羊とオオカミの恋と殺人(2019年製作の映画)

3.5

漫画原作だけあってぶっ飛んだ設定と世界観に引き込まれる。
福原遥はのほほん役から狭義の汚れ役まですべを同居させながら演じてしまう今後が恐ろしき女優。
血しぶきだらけで時代劇の殺陣を彷彿とさせた。

地獄少女(2019年製作の映画)

3.5

原作の再現度ーとか語るのはやめよう。
これはこれでなかなか面白い。
玉城ティナと森七菜の女性陣が頑張ってる。
人間の憎しみあいに救いは無い。
人を呪わば穴二つ。
地獄少女の『一遍死んでみる?』の一遍(
>>続きを読む

ヒキタさん! ご懐妊ですよ(2018年製作の映画)

3.3

人工受精とか経験あるのでるあるーと頭のなかで呟くことしきり。
ブラジャーだの受精大臣だの自虐的な笑いも良いペーソスになっている。
子供を作るのは大変だ。
だから授かったひとは目一杯大事にして欲しい。

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

3.3

とにかくセリフが聞き取りづらい。
きっと面白さが半減。
ブルーアワーってそういう事ね。空気の澄んだ田舎じゃないとなかなかないかも。
「新聞記者」のシムウンギョンがあの落ち着いた押し殺した演技から一転し
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

4.0

無名な俳優ばかりながらもそのストーリーテリングの巧さに引き込まれる。
非日常と日常の往復。
どこかしらすべてが夢うつつのような酩酊感謝。
主人公の家族は何者なんだー!的な突っ込みはさておき。
実際ご都
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

4.1

いやー映画館が恋しい!
しかし今はじっと我慢の子であった。
我らにはネットフリックスという強ぇー味方があったのさぁ。
ということでソーのヘムズワース主演の独占配信新作です。
いやー泥臭い!泥臭い!
>>続きを読む

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.8

娘大好きで思春期の難しさにとまどいながらも常に温かく見守るお父さんの姿に大共感、子供いないけど温かく大きな愛をひしひしと感じました。最後ギクシャクから和解できて良かった。

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

3.5

湯川さんらしい不幸のオンパレードからのーわずかな希望。
ほんとに30年31日か途中でわかんなくなったけど所々で時間を日付を表すモニュメントが出てきて忙しい忙しい。
しかし泣けた。波瑠はとんがってて熱い
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.7

だから死んでクレー!
デスデス(death)メタルのすずちゃんは確かに可愛すぎて魂こもってねー(笑)
こんな阿呆臭い映画を踊るあ阿呆に見る阿呆、まだまだ大丈夫だ
ジャパン!

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

4.1

やはりDCは集合ものより単体が面白いんですねー。
マーゴットロビーはスキャンダルとかワンスアポンアタイムインハリポタのように普通にしてるとすごい美人のキャラクターなんだけどハーレクインのはっちゃけた演
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.3

新聞記者が日本アカデミー賞を席巻しましたね。本家アカデミーといい大手業界関係者が大多数を占め古い因習が色濃く残る審議会のなか驚くべき結果がでました。
内容はかなりセンセーショナルで陰謀説的な展開でした
>>続きを読む

野性の呼び声(2020年製作の映画)

4.2

名犬(迷犬)バックのCG演技が凄かったですねー。
実物みたいで凄かったライオンキングになにがたりなかったかといえばこの存在感です。
CGも凄いところまで来ましたねー
黒い狼はバックのなかの野生の現れな
>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.6

永野芽郁ちゃんが可愛すぎるのでちと迫力が足りなかったかなぁ。
ピエロさん迫力あったのに最後はあっさりと、後半にもう少し捻りがほしかったですね。

Fukushima 50(2019年製作の映画)

4.0

佐藤浩市さんと渡辺謙さんの夢の競演ってことで上がります。
そして連日連夜ニュースで見ていたとはいえ現場はとんでもないほど切羽詰まってたんですねー。これぞ侍魂ってことで世界に日本人の仕事や役割に対する正
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

4.0

ブリジットジョーンズの日記のちょっとぽっちゃりしたレネーゼルビィガーが好きだったんだけど今回はずいぶん絞って落として来ましたねー!別人。カメレオン女優。演技の方も細身から絞り出すような感じで素晴らしい>>続きを読む

劇場版 SHIROBAKO(2020年製作の映画)

4.0

武蔵野アニメーションは実在しないのだけど武蔵境界隈にはジブリをはじめアニメーションスタジオが結構あります。
なのでうちの近所の界隈が聖地じゃー!
キャー!五日市街道小金井橋ってもろ近所やん!
PKスト
>>続きを読む

>|