たかはたさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • たかはたさんの鑑賞したドラマ
たかはた

たかはた

プリズム(2022年製作のドラマ)

4.0

いいシーンとたぶん同じくらい悪いシーンがある

0

つまらない住宅地のすべての家(2022年製作のドラマ)

-

原作のポテンシャルを感じる
イエはひらくべきである、ひらいたほうがよい、そのほうが面白い、同意。

0

住住(2017年製作のドラマ)

-

100人おったら99人が想像する「二階堂ふみ」像が見れるという点で作り手の頭ん中もキャラクターとしての「二階堂ふみ」も予測がついちゃう。(批判してる)

0

一橋桐子の犯罪日記(2022年製作のドラマ)

-

松坂慶子ってこんな素敵な人だったか…知らんかったな。夕方のニュースでやってたインタビューもよかった:子育てと介護を終えて自分のために生き始めているという話を、とても自由だという雰囲気で話していて素敵で>>続きを読む

0

山岸ですがなにか(2017年製作のドラマ)

-

フルー⤴︎︎︎に入ったらまず観ようと思ってたんだけど正直カバー画像の左端の山岸の足首がいちばん面白い

0

架空OL日記(2017年製作のドラマ)

4.8

升野さんがすごいというより私たちが脈々といたる所にバラ撒いてきたお喋りがすごいんだよ!!!!横から来て横領されてるの嫌だけどバカリズムがちゃんとバカリズムの仕事をしていて悔しい!!
上司の悪口おもろす
>>続きを読む

0

ノンレムの窓 2022・秋(2022年製作のドラマ)

-

2話「放送禁止用語」の所感:「つまらぬものを見てしまった」。PCうじうじ系の作り手もういらん。
ギブミー誠実👎🏻

0

ちむどんどん(2021年製作のドラマ)

-

脚本の下手くそさはだいぶ大変なので置いておいて、いちばん良くなかったのは「#ちむどんどん反省会」と「#ちむどんどんする」で互いに否定的無視をし続けた不健全なファンダム
出演俳優の必死の「良心」で保てて
>>続きを読む

0

名建築で昼食を 大阪編(2022年製作のドラマ)

-









#1綿業会館(本町)
#2生駒ビルヂング(北浜),芝川ビル(淀屋橋)
#3船場ビルディング(本町),大阪農林会館(南船場)
#4日本銀行大阪支店旧館(淀屋橋),大阪ガスビル(淀屋橋)
>>続きを読む

0

初恋の悪魔(2022年製作のドラマ)

-

林遣都氏最優秀主演賞すぎる…僕達は別れがあって大丈夫じゃなくなって大丈夫になることで生きていけるよねー。鹿浜の初恋(←受動態の)が難しさの権化で非常にわかりにくい話をしていてよかったです

0

TAROMAN 岡本太郎式特撮活劇(2022年製作のドラマ)

4.8

岡本の言葉の物語への落とし込み方、作品の怪獣への落とし込み方、映像のディテール、超秀逸で一瞬でとりこになってしまうよ〜幻のカルト的人気を深夜に5分だけ甦らせるなどガチ幻で刺さる〜タローマンラブ〜

0

石子と羽男―そんなコトで訴えます?―(2022年製作のドラマ)

4.8

最終回は、あと1話下さい??私たちには時間が必要だっただろう??って感じだったけど、
良い。とても良かった。『MIU404』の血を引いているなって感じたんだけどプロデューサーに新井順子、演出に塚原あゆ
>>続きを読む

0

シジュウカラ(2022年製作のドラマ)

-

「微妙」なものの数々がさすがにすごかった(良かった)。年齢、相対的な指標すぎてちょっと本気で邪魔。生い立ちのトラウマと折り合いつけるのを急かさないでくれ

0

応答せよ1997(2012年製作のドラマ)

-

ウン・ジウォンがそのままこの頃の升秀夫に見える

0

伝説のお母さん(2020年製作のドラマ)

4.8

この制度やこの規範下で生きさせられてるのがいかに「無理ゲー」かを正確に映像化しててラブい〜押し付けられてる全人類と、制度作る側を含む押し付けてる全人類見ろ〜そして小中高大社の指定教材にしろ〜
最終話、
>>続きを読む

0

ワンダーウォール(2018年製作のドラマ)

4.5

京大がどんどんいやな感じになっていて(タテカン撤去したり大学が学生を訴えたり学びの縮小やむ無しみたいなナヨナヨの決定とか)暗い気持ちになる。香が言ってた経済至上主義が見落としている「何か」という話も寮>>続きを読む

0

この声をきみに(2017年製作のドラマ)

4.0

中年男性(同士)のセルフケアの話。その文脈で読むのがたぶんいちばん面白い。自分の感情を他人に丸投げしていた中年男性が朗読を通して自分や他者を諒解していく。父との同居や7話が良かった。
残念な点はちらほ
>>続きを読む

0

満願(2018年製作のドラマ)

-

道を踏み外すとかではなく最初から間違ったレールに乗ってる人たちの短編集。そっちは行き止まりよ〜と思いながら観れる。

0

拾われた男(2022年製作のドラマ)

4.1

ディズニーとの共作って最初何ごとかと思ったけど、予算と権限(と”外部”の目)を与えれば日本でもいいものが作れるという好例。NHKにはそういう「部屋の壁や天井を押し広げる仕事」をこそ期待したい。「金がな>>続きを読む

0

男の操(2017年製作のドラマ)

4.0

結構いいドラマだった
最終回もあれで良い
もたいまさこラブ〜ハマケン最高〜

0

ももさんと7人のパパゲーノ(2022年製作のドラマ)

-

めっちゃよかった
(適当な年で)死ぬために生きてるみたいなとこある

0

ザ・ボーイズ シーズン1(2019年製作のドラマ)

-

同じくプライムにあるトークショーが最高でしたので見な。つくづく、日本で下ネタと言われているものは本当に何も面白くないな。何が笑えて何が笑えないものなのか考えるのが身に付いてる人たちが作る笑いはやっぱり>>続きを読む

0

空白を満たしなさい(2022年製作のドラマ)

4.0

病んだゴッホを元気な生きられるゴッホがよってたかって殺す、諒解できすぎる。キツい人は「昼間にイッキ見」じゃないとキツいかも(深夜に断続的には死ぬかと思った、表示されるワンストップダイヤル機能していてく>>続きを読む

0

HEARTSTOPPER ハートストッパー(2022年製作のドラマ)

-

久しぶりにムーアデールの子たちにも会いたくなるね、こんなドラマなんぼあってもいいですからね。隣の誰かと話したくなるし、あと自分が完全なるZジェネレーションであることをめちゃくちゃ確認させられた📱💻🏳️>>続きを読む

0

悲熊2(2021年製作のドラマ)

-

1に引き続き脇固めがツボすぎ
ふせえりが出るシュールコメディはそれはもうそれ

0

悲熊(2020年製作のドラマ)

-

税金払ってんのに投票権ないのも、迫害されて生きるのも、名を永遠に名乗れないのも、社会派ドラマとして受け取らざるを得ないんですが…

0

マイファミリー(2022年製作のドラマ)

-

全方位的に悪質な脚本やけど、まず日本のドラマは「子をかすがいにした時が夫婦の終わる時や」という台詞を5年前頭に叩き込んだはずやのになあ、見てへんねやろなあ黒岩勉

0

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(2020年製作のドラマ)

4.5

!!無知の!拳で!殴られることが!ない!ラブ!藤崎さん好き!そこで社労士めざすとこも好き!OPも好き!赤楚衛二!犬?

0

まったり!赤胴鈴之助(2022年製作のドラマ)

4.0

良い。ぜんぜん深くないから今こそ言い時だろうか、深いな〜。働くってなんだろうね、に行き着いてください。…悪じゃん

0
>|