群青さんの映画レビュー・感想・評価

群青

群青

映画(2002)
ドラマ(8)

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.7

2019年劇場鑑賞映画17作目
吹替で。


もう2020年も後半に差し掛かった頃だけど今更レビュー笑


まず、個人的なターミネーターの続編の感想は
1,2⇨間違い無く面白い
3⇨続編として納得の終
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.2

2019年劇場鑑賞映画18作目。
吹替。


2019年最後の映画館でした。
最後のジェダイの時もその年の最後に観たと思います。
その段階の好きの順は
8⇨3⇨4⇨7⇨5⇨2⇨1くらい感じ

8と3以
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.5

群青の2019年劇場鑑賞映画16作目。


ジョーカー観たら絶対しんどくなるということを見越して梯子で観ました笑
おかげで勝手に圧力かけていじって笑ってくるやつを銃で撃たないで済む程度には気持ちがスッ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

群青の2019年劇場鑑賞映画15作目。


皆さん期待して観に行って期待通りの良かった作品かと思います。

結局は全部ジョークだったんだけど?みたいなバランスがジョーカーを表してて良かったかな。

>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

4.5

もっと前に一度鑑賞していたがその時はレビューを書く気になれなかった。よく分からなかったから。
でもアレの予習として挙げられていたし、今回再鑑賞。レビューはこの時のためにあったのかもしれない。


大し
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.7

アレの予習で。


主人公ロパート・パンプキンは駆け出しのコメディアン。
下積みを重ねてついに人気コメディ番組に出演することになった。
人気司会者ジェリー・ラングフォードに支持された彼は人気コメディア
>>続きを読む

おっぱいバレー(2008年製作の映画)

2.4

今、何かと話題のおっぱいですよ笑
アレがあって観たわけではありません笑
コレを観てたら勝手に話題になっちゃったんですよね笑

まず、個人的にアレについて意見を書くと、結果から言うと気持ち的にはNGでも
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.3

吹替で観たかな。録画してるやつ。字幕に変えては観ていない。


誰もが楽しめる成功体験と、キミにだって光るモノはあるんだよ!という肯定のストーリーが良いよね。
あと歌ってる人達もいいよね。満を辞しての
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.4

2019年劇場鑑賞?作目
吹替で。



これね、観たんですよ。映画館で。ちゃんと。

しかし。始まって20分くらい。
消したはずと思っていた携帯から着信がひっきりなしに。
仕方がなく出たのが運の尽き
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.0

おまえはぁ!地獄にぃ!落ちたんだぁ!
マザーファッカーー!!!!(高音)



という地獄映画です笑


宮藤官九郎脚本は食べず嫌いが少しあって食べても全然ダメだった(舞妓ハーンなど)
でもあれは多分
>>続きを読む

インシディアス 序章(2015年製作の映画)

2.8

1作目で有能な霊媒師として出てきながらラストに殺られてしまったおばあちゃん霊媒師が主人公で、なぜ霊媒師の仕事を再開したかという話。


キャラクターに華がなく、華がないまま話が進むので何を見せられてい
>>続きを読む

インシディアス 第2章(2013年製作の映画)

3.0

前作とキャラはほとんど続投でストーリーも前作直後という正統な続編です。

今作は前作からミステリー度を増して、敵は誰なのかということに的を絞っております。すると出てくるわ出てくるわ諸悪の根源。
どんな
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

3.2

ジェームズ・ワン監督はソウで華々しくデビューしたと思ったらコレと死霊館を交互に撮りつつ合間にワイスピスカイミッションもやって、直近ではアクアマンで大ヒットを飛ばすってもう人気監督の仲間入りしてますよね>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

2.9

一生ものの友達
一生ものの恋
ともに奏でた音楽
僕らの10年の物語



この映画はエライ。
何がエライって主演二人がちゃんと練習してピアノとドラムを会得していることだ。

海外の映画なら普通だが日本
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.1

なんか日本だと音を立てたらおじさんが殺しにくるドント・ブリーズの少しあとに来たような気がする。どうせドンブリおじさんの二匹目のドジョウだろとか思ってたらそうじゃありませんでした笑


こちらは音を立て
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.9

ある場所に行くとアン・ハサウェイの動きに同期した怪獣が韓国に出現するという話。


設定だけでまず見させようとする魂胆にはちゃんと引っかかってやりましたよ笑


監督で見てたのイライジャ・ウッドの女優
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

2.8

ああ、黒崎くんの言いなりになんてならないの監督の人ですか。そうですか。


泣けると思ったけど泣けませんでした。

今旬の女優浜辺美波さんの出世作ですね。
主人公を翻弄する小悪魔的だが儚げなキャラを演
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.8

公開前から気にはなっていたけど公開時は観れずじまい。やっとこさの鑑賞。


ポスターの時点で良質なサスペンスって感じますよね。


こんな場所がこの世にあるのかという事実と雪山よりも寒気のする状況。
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.0

死霊館死霊館4作目。
アナベルという人形が生まれた話になります。今作のラストがアナベル1作目に繋がります。


アナベル1作目より雰囲気はいい。ある家に養子としてやってきた女の子たち。家には決して見ら
>>続きを読む

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

3.0

死霊館シリーズの3作目。
アメコミはマーベルがユニバースを広げ、ホラーはこの死霊館ユニバースが広がっている。


前作はただの人形ホラーだったが今作は幽霊専門の研究家ウォーレン夫妻が復活。
幽霊とのバ
>>続きを読む

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

2.7

死霊館シリーズ2作目。

あれれー?死霊館が面白いと思ったらこっちは面白くなかったぞー

なんでかって前作で幽霊と戦ってくれた夫婦がいない。
これじゃあ怪奇現象を怖がるだけ。
あの夫婦がいないとはじま
>>続きを読む

死霊館(2013年製作の映画)

3.5

アメリカと日本のホラーって違う。
シンプルに言うと日本は幽霊、アメリカは殺人鬼って感じだった。

しかしこの死霊館は幽霊をやりつつアメリカテイストに怖がらせそしてバトルもあると言うホラー映画の満漢全席
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.5

まあまあまあ期待値ぶち上げで鑑賞しましたよ。
まあまあまあまあって感じですね。
ホラーはホラーなんだけどなんかホラーとも違うような。オカルトっていうんかな。怖くさせるいうよりは、人をしんどくさせる映画
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.2

ジェイソン・ステイサムならサメ映画にだってきっと勝ってくれる!と確信していたので安心して観られました。
こんなに安心するサメ映画はないんじゃないか。だって主人公がジェイソン・ステイサムだもん、死ぬわけ
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.2

演技アンサンブルが楽しめるし女性同士の三角関係にドキドキすることも出来る。

タイトルの通り女王陛下のお気に入りになるためにバトルをする二人の女性の話だけど、その中心にいる女王陛下役のオリヴィア・コー
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.4

オタク系女子が自分を見つめ他者を感じていく話。

最初はほとんど一方通行。誰と話している時でも自分の話しかしない。
それは他者との関係性を絶ってきた過去のせいがあるわけだけど、そんな主人公が初めて言い
>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

3.1

普通のホラーと思ってみたらそうじゃないってヤツ。

意外とほとんど最初からそうじゃないっていうのを示してくれる。それがなんでやってるのかはラストまでわからないけど。

吹替に桜塚やっくんがいるんだけど
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.2

主役のサム・クラフリンは絵に描いたようなイケメンで大金持ちで才能があってどっかで見たことあるとおもったらあと1センチの恋でした。キャラが被ってるぞ笑

この話の根幹がポスターに堂々と書いてあるけど、私
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.3

2019年劇場鑑賞14作目。



前作ゲットアウトで、人種差別の溝はやっぱり埋められないんじゃないかと突きつけてきた監督の最新作。


うーん。前作の方がシンプルで怖くて良かった。
今回はやりたいこ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.2

2019年劇場鑑賞13作目。
字幕で。


これを観るときは朝から行かないと行けなくて、まあタランティーノだし会話多いだろうし絶対これ睡魔くるわ…って思ってたら案の定2,3ヶ所寝ましたわ笑
この作品が
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.3

やっぱりドウェイン・ジョンソンはアクションだけじゃなくてコメディが入ってる方がいいんかな!

昔、いじめられっ子だったヤツが突然会おうと言ってきてあったらムキムキになってた。という面白い話。


過去
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.0

まーなんというか昔ながらのパニックアクションを今やったらこんな感じって感じ。


でも昔の方が良くできていたと思う。

今でしかできないCGを使ってはちゃめちゃなパニックを描こうとしているのはわかるが
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.2

2019年劇場鑑賞12作目。
吹替で。
そりゃあそうでしょ!小山さんのロック様!山地さんのステイサム!大塚さんのイドリス!そりゃあそうだ!



これは、メインのワイスピのハゲと実際の現場で仲違いして
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.7

2019年劇場鑑賞11作目。


君の名は。で今までの作品を払拭するかのようなアッパーで恥ずかしいけどやっぱり…キュンとしてしまう!(堕ちる)ような作品を作ってしまったまこっちゃん(呼んでいるのは私だ
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.2

設定とストーリーはまあまあ良かったけどご都合主義的な部分もあったかな笑


ヒーローとヴィランはだいたい鏡像関係なんだけど今回は同じ力を持つ二人っていうまんま鏡像。
人生に絶望する二人だが一方はさらな
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.3

前作が棋士としての成長ならば今作は人間としての成長を描いております。


ただ前半後半分けるにはちょっと尺を伸ばしてるような気も見受けられるのでうまくいけば1作、難しければ連続ドラマでも良かったんじゃ
>>続きを読む

>|