群青さんの映画レビュー・感想・評価

群青

群青

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

3.2

るろうに剣心の中で最もオレが好きなエピソードが人誅編でありその中の過去編である今作 追憶編。剣心がなぜ抜刀斎からるろうにとなったか。十字傷ができたかが描かれる、愛と罪と罰の話。

しかしながら映画では
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

2.9

地上波なら録画で。

字幕で鑑賞。
だってこのシリーズマジで何言ってるか聞こえない時がありまして…


さて原作では大半が蛇足と言われている人誅編。みなさん京都編がバトルもありリベンジもあり集大成って
>>続きを読む

この世界の(さらにいくつもの)片隅に(2019年製作の映画)

4.3

映画館行けば良かったー。

元の映画も素晴らしかったんだけどこっちはこっちでやっぱり素晴らしい。
というか前作でも内容が詰まりに詰まっておりそれでいてテンポが恐ろしくいいので鑑賞カロリーは元々高かった
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

2.8

未来のミライが目も当てられないくらい酷かったので今作は観に行きませんでした。


やっと配信されたと思って観たらまあ映像美についてだけ言えば観に行ったほうがよかった。Uの密度が凄まじいし、現実の背景も
>>続きを読む

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

3.2

2022年劇場鑑賞10作目。


今作は公開わずか20日で興行収入は100億を超えた。

これはワンピース映画の中でもかつてないことだし、そもそも原作は連載が25年も続く長寿作品である。近年の原作者監
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.2

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー。
最初に観たの最近だけど笑


ここまで映画シリーズを観て改めて思ったのは、原作者が入ってからはよりワンピースらしさが強まった。まあ当然なことなんだけど。
>>続きを読む

ONE PIECE FILM GOLD(2016年製作の映画)

3.3

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー。


2016年劇場鑑賞映画24作目。


鑑賞した当時は、概ね楽しめたけどオープニングのスタッフ紹介が長いとか、テゾーロの過去は中途半端だからバッサリカット
>>続きを読む

ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット(2012年製作の映画)

3.3

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー。


2012年劇場鑑賞。

今のところ映画シリーズでも好きな方。
全てはZの魅力に通じる。
海軍に己の人生を捧げたにもかかわらず運命は彼を裏切り続けついにZ
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース 3D 麦わらチェイス(2011年製作の映画)

2.2

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー。


3Dで30分。


3Dなのでそれを活かした演出となってる。カメラアングルも目まぐるしい。


再鑑賞して思ったのはCGで麦わらの一味の声が出るのがすげ
>>続きを読む

ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース フィルム ストロングワールド(2009年製作の映画)

2.8

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー。


2009年劇場鑑賞。


そりゃそうでしょ当時単行本集めていたし0巻が欲しいですよ!
ちなみに鑑賞当時両脇は小学生笑
別に1人映画はなんとも思わないんだ
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜(2008年製作の映画)

2.2

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー。


前作から懲りずにまたもや名エピソードを映画化。しかしながら前作より考えられているような気がする。

今回はチョッパーに会ってなくなおかつロビンやフランキ
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち(2007年製作の映画)

1.7

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー


再鑑賞で評価がさらに下がった作品。

原作の名エピソードを90分に編集しており、エースが出ない、カジノで捕まらない、クロコダイルとの対戦は2回となっている
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵(2006年製作の映画)

2.3

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー。


前作で暗いのは駄目だ、となったのか底抜けに明るい雰囲気になっている。
今回再鑑賞した中で評価が180°変わりました!おもしれーじゃん!

やっぱり前作と
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島(2005年製作の映画)

3.2

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー。


2005年劇場鑑賞。


映画館に足を運んだのはねじまき島以来だった。おそらくワンピースに対する熱が下がっていた時期だと思う。というかこれだけ長期の連載
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース 呪われた聖剣(2004年製作の映画)

2.2

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー。


ゾロが主軸の話。
前作とは打って変わってシリアス目な話。

ゾロに幼馴染がいた、というのは今から考えるとFILM REDに近いコンセプト。
しかしながら
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険(2003年製作の映画)

3.2

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー。


ONE PIECE映画の傑作の一つかと思います。


各キャラが名前のある敵を倒すわけではないのだが、それを一味同士の掛け合いや船のレースの中での一挙一
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース 珍獣島のチョッパー王国(2002年製作の映画)

2.0

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー。


デジモンは02までだったので今作の同時上映のテイマーズはOP曲は好きだったものの本編からは離れてしまい、ワンピース自体も特に観に行こうと思わなかったため
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース ねじまき島の冒険(2001年製作の映画)

2.5

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー。


2001年劇場鑑賞。


同時上映はデジモンのディアボロモンの逆襲。前回はワンピース目当てで観に行ったのに、ぼくらのウォーゲームがオールタイムベストのレ
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース(2000年製作の映画)

2.0

FILM REDを機に再鑑賞&再レビュー。


2000年劇場鑑賞。


当時は友達の母の車に乗せてもらって観に行ったなぁ。
個人的にはワンピース目当てで観に行ったのに同時上映だったデジモン ぼくらの
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.3

恋はデジャヴなどのループもの。ジャンルは古臭くても語り口はいくらでもある!ということで今作もジャンルの中では快作なのではないでしょうか?

主人公は既にループしている状態でもう一人がループするところか
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.4

話題にはなっていたが、今の今まで鑑賞出来ておらず、なおかつ予告は見ずに鑑賞。


もっとシリアスな問題作かと思ったらブラックジョークじゃないか!笑
面白いし笑わせてもらった。完全に今のアメリカの分断を
>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.5

2022年劇場鑑賞9作目。
字幕で。


インフィニティサーガでキャプテン・アメリカとアイアンマンは有終の美を飾ったが、ソーだけがBIG3の中で唯一活動を継続することに。思えば彼の紆余曲折は演じるクリ
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

2.9

かつてのシリーズの続編というかスピンオフ。

新しいコンビはソーとヴァルキリーで既にコンビを組んでいるクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソン。
しかもコメディのコンビをやっているので、この作品で初め
>>続きを読む

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years(2016年製作の映画)

3.2

ビートルズの個人的な熱の具合は公式アルバム+赤青盤は聞いてますよ、という具合。流石にアンソロジーとかには手が出せていません。
しかしそれでも彼らの紡いだ音楽が現代でも通用するし50年以上前にこれだけロ
>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.3

ローマの休日?ノッティングヒルの恋人?
そんな感じの女性の方が立場が上の身分差ラブコメディ。


なんか批評的には全く新しいラブコメって書かれてるみたいだけど、特にそう思わなかったな。昔と違うのはその
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.2

対照的な妻同士が友人になったがある日、一方の妻が姿を消した…


よくある一般的な家庭をアナ・ケンドリックが。富裕層のキャリアウーマンとしてはブレイク・ライブリーが演じている。


姿を消してからはサ
>>続きを読む

さがす(2022年製作の映画)

3.2

結構話題になっていた作品。
真面目な佐藤二朗が観れる作品。


掴みはいいし視点が変わるところもいい。
特に亡くなっていると思われる佐藤二朗の妻のくだりはかなり辛い。

話の展開を書くと面白みが半減し
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.8

プロミシング・ヤング・ウーマンとスワロウを続けて観ていたので完全にグロッキーになっていたところに素晴らしい気持ちよさを与えてくれた快作。
やっぱね、楽しい方がいいよ笑


まあ良くある卒業前に一花咲か
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.7

異物を飲み込む病に侵され苦悩する女性の話。


っていう簡単な話じゃなかったよ、クソッタレ男!笑


要は金と名声を得た代わりに全てをコントロールされた女性の戦いの話だった。
透明人間の主人公があのま
>>続きを読む

スパイラル:ソウ オールリセット(2021年製作の映画)

3.2

ソウ2〜4の監督をした人が久し振りにソウシリーズへ復帰。
確か主演のクリス・ロックは元々ソウシリーズが好きだったとのこと。なるほど、まあ確かにソウを作るぜ!という気概は感じられた。


ソウシリーズの
>>続きを読む

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

3.1

前作で観客を恐怖のドン底に落としたドンブリおじさん(個人的な呼び名です笑)が今度は女の子を守る⁉︎というすげえ展開の作品。


前作は目が見えない超強いおじさん、というだけでなく後半の展開からわかるあ
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.8

自分はどちらかというといじめられる側だった。
無視されたり、あからさまに態度が他の人より雑にされたり。
でも一方で自分も他の人をいじめていたと思う。小学校の時とか汚いというイメージを持った人が触れたも
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.1

2022年劇場鑑賞8作目。
IMAXレーザーと4Dで。
これに関してはマジで上記2種類での鑑賞が望ましい。


前作はトレンディドラマ的でありMV的でもあるため、良い意味で軽快な味口だった。そんな作風
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.1

2022年劇場鑑賞7作目。


ウルトラマンのシリーズは門外漢。前にウルトラQがあってとか、こんな怪獣と戦ってとか、最終的にゼットンに負けてとか、それくらい。どんな話があったかは細かく知らない。そのく
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(2022年製作の映画)

3.6

2022年劇場鑑賞6作目。
吹替で。


MCU的に前作になるのがスパイダーマン ノーウェイホーム。
あらゆるスパイダーマンの集大成だったあの作品の発端はサム・ライム監督のシリーズだった。

彼の手が
>>続きを読む

名探偵コナン 緋色の不在証明(2021年製作の映画)

2.2

映画第24弾緋色の弾丸がコロナのため1年延期して、満を持して公開する前におさらいとして公開された総集編。

赤井秀一から始まる緋色の一家のエピソードをまとめたもののよう。

のよう、っていうのは自分は
>>続きを読む

>|