小森さんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

小森

小森

備忘録。偉そうにならないよう気をつけるので許して下さい。

映画(3181)
ドラマ(19)

獣道(2017年製作の映画)

5.0

超面白かった。抗えば抗うほど地獄へ堕ちて行くアウトロー達。ただ生き続けたいだけなのに。
人間の哀れさと可笑しさを描いた最高の群像劇で、出演者みーんな良かった。小林勇貴作品並に地方の閉塞感が出てた。孤独
>>続きを読む

サボテン・ブラザース(1986年製作の映画)

-

役者の仕事が舞い込んだと思ってメキシコに行ったスリーアミーゴス。彼らを招き入れた村に悪党が来るんだけど、スリーアミーゴスは全部撮影だと思い込んで命知らずな行動を取ってしまう。
バグズライフやマジックア
>>続きを読む

カリキュレーター(2014年製作の映画)

-

触手系クリーチャーがしょぼい。グリードを見習ってくれ。

リバティーン(2004年製作の映画)

-

ごちゃごちゃうるせえジョニデが性病かかりまくって死ぬ。

ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火(2012年製作の映画)

-

戦車の声が聞こえる男VSナチの最強戦車ホワイトタイガー
アクションシーンが良かったです。

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

-

現代版寅さん。
松田龍平が最高に良かった。今まで雰囲気俳優とか言ってごめんなさい。

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

-

ケビンスペイシーが猫になって家族の絆を取り戻す。実際のところケビンスペイシーはネコとタチどっちだったのか。個人的にはタチだと思う。
娘役の子がエミリーブラウニングに似てるなぁと思ったら、ネトフリ版「レ
>>続きを読む

バッドガイズ!!(2016年製作の映画)

-

正義を悪用する為に警察になったって台詞が良かった。
ながら見くらいが丁度いい映画。

マザー!(2017年製作の映画)

-

友達にポテチの油を絨毯で拭かれた経験のある自分的にはいい意味で胸糞でした。宗教詳しいともっと楽しめたかな。

キング・アーサー(2016年製作の映画)

-

友情努力勝利!めっちゃ少年漫画だった。
縦横無尽に動くカメラとスローモーションを多用したゴリゴリのVFXアクションが良かった。

子連れ狼 親の心子の心(1972年製作の映画)

-

チャーンがいよいよ列堂と対決!
しとぴっちゃんが聴けます。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

5.0

超面白かった!!ずっと楽しかった!
伯父の推薦で、ハニートラップを学ぶエグい学校に行ったジェニファーローレンスが裏切り者を聞き出すためにアメリカ人に迫る。
陸軍中野学校並みにちゃんとしたスパイ勉強(A
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

-

ジャックブラックが凄く良かった。女子力高いっていうのはこういう事を言うんだろうな。

子連れ狼 死に風に向う乳母車(1972年製作の映画)

-

殺ると決まればどんな手を使ってでも殺るという、チャーンのそういうところ大好き。でも一部卑怯過ぎて引いた。
クライマックスの大殺戮からの一騎討ちは最高。武士として生き続けることの哀愁を感じた。

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

-

ジジイが罪深過ぎる。まじで死んで欲しかった。お父さんがアイアンマンに激似。

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

-

なんかよく分からんかったけどナタリーが可愛かった。芸術的な地獄。カルトムービーになれそうな雰囲気はある。

子連れ狼 三途の川の乳母車(1972年製作の映画)

-

虚無僧刺客の頭カチ割りシーンからしてテンションが上がる。くノ一軍団も容赦なくバラバラにするチャーンは真の男女平等を体現していると思う。基本優しいし。とにかく前作の倍面白かった。鉤爪も出る!

6デイズ/7ナイツ(1998年製作の映画)

-

インディなんだからそのくらいでモタモタすんなよって思っちゃった。

DENGEKI 電撃(2001年製作の映画)

-

終わり良ければ全て良し。悪党どもを圧倒的暴力で粛正するセガール刑事!
この天然で周りを振り回したり物をぶち壊したりする感じが、昨今のポリスコメディに脈々と受け継がれてると思うと感慨深いです。

アマゾネス(1973年製作の映画)

-

ワンダーウーマンがあえて触れなかったエロレズ感を強調した、男の理想とする花園映画。年に一回兵士を逆ナンして女の子を産むアマゾネス一族の女王が男に恋しちゃう歴史スペクタクル。良識のある方が見たら怒りそう>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

-

バカッターヒロイズム。この監督コンビはいつか凄い映画を作ってくれそうな気がする。エンドロールも凝ってて良かった。今どきっぽくてかっこいい。

子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる(1972年製作の映画)

-

冥府魔道へのスタート。いまいちルーツを知らなかったのでよかった。

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

-

スクールカーストのないファンタジーな学園もの。絵が可愛らしい。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

5.0

レオンよりフィフスエレメントが好きで、メンインブラックも好きな人には期待値低めで観て欲しい!
確かに突っ込みたくなる気持ちも分かる。予定調和で行き当たりばったりなストーリーだとも思う。でも!あの色鮮や
>>続きを読む

まんが島(2016年製作の映画)

-

カオス!おじさん達が無人島で狂っていく様を観察します。

RE:BORN(2015年製作の映画)

-

ゼロレンジコンバット!!全盛期のセガール御大を彷彿させる超高速手業に、衝撃がしっかり伝わる重い蹴り!日本にこんな凄いアクションスターがいるなんて!
調べてみたら「地獄でなぜ悪い」のブルースリーじゃない
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

-

基本ほふく前進なので動きが地味。
ブリーラーソンが相変わらずゆいPに激似。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

5.0

反則過ぎる設定!
小1の時にトイストーリーを見て、オモチャを捨てれなくなった。今作はそれ並の影響を与える映画だった。いい意味で。お盆もっと大切にしよ。
超美麗な死者の国をスクリーンで観るだけでも価値が
>>続きを読む