小娘さんの映画レビュー・感想・評価

小娘

小娘

好きですね、とっても。映画が好き。

映画(300)
ドラマ(3)

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.5

叫びながら見た。

あんなことしてたらそりゃもうおかしくもなるよ。
警察もっと頑張れよ。

実際の事件も恐ろしい。

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

リコール隠し。
空飛ぶタイヤに続き好きな作品。

大御所俳優をとても嫌いになる(笑)

サラリーマンを知らんけど、
こんな感じなの?
と聞きたくなる感じ(笑)
演出はだいぶ大げさだけど、
似たようなこ
>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

5.0

アメリカ最大の内部告発
「ウォーターゲート事件」

元FBI副長官のフェルト氏の
孤独な闘いに感無量。
彼がここまでの内部告発をできたのは
30年間FBIに忠実に向き合い続けたからだと思う。

ニクソ
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.5

とても好きな映画だった。


50年間も機密に扱われた極秘任務。
あえてスパイと知っていながら携らせる理解できない思考、戦争ならではなのかもしれない。
暗号解読者たちは50年機密にされていたことをどう
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

やっと見れた一作。
キャストはおじさんが多くて見分けるのが大変だった。
ポスト側かタイムズ側か分からん(笑)

内容は面白い、実話が元なだけある。
シークレットマンと大統領の陰謀も早く見たい。

監督
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.0

ライアン・ゴズリングis最高

あまり宇宙とかには興味は無いけど、
とても集中して観れた。
し、集中してみないと分からなくなる映画だなと直感的に思った(笑)

とても静かに話は進んで行くけど、
登場人
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.5

小娘の邦画シーズン到来か。

暇つぶしに見たこの映画、
最高に面白かった。
みんなも書いてるように俳優さんたちの演技にとても満足。

錦戸亮もなかなかはまり役だったし、
北村一輝は安定。安心して観れる
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.5

意外と面白かった。
期待せずに見たけどとても良かった。
(若くて売れててジャニーズ入ると期待値が下がりやすい)

まず主役の3人の顔面偏差値が高すぎて
ずっと見てられるし、
私は音楽にそこまで敏感では
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.5

このプールの事故実際にあったよね、、、?
と思いながら見ていたらとても辛くなった。

子供なごらの気遣いや、なかなか言えない思いがとても心苦しくなった。

川栄李奈がみずほちゃんが手をあげるのを見るシ
>>続きを読む

ボリショイ・バレエ 2人のスワン(2017年製作の映画)

4.0

バレエしてた時の感覚が戻った。

似た体型でも良さが違うし、
それぞれに得意不得意がどうしてもある。
技術は完璧でも舞台映えしなかったり、
脚は長いけど踊りがイマイチだったり、
難しい世界だなと改めて
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.0

小娘的にはなんとなく好きな作品。

人格からしたら決して交わることのない2人だけど惹かれあっているのだからしょうがない。

歪んだ愛とはまさにこの事だと思うけど、
なかなかできない狂気的な愛し方は面白
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

あらすじや解説を読まずに見たから、
3人がどうなっていくのか分からず
予想しながら見たけど全く違った。

とても良いオチ。

クリントイーストウッドの作品は
当たりが多い。

運命に導かれてる感覚はわ
>>続きを読む

ナチスの愛したフェルメール(2016年製作の映画)

3.5

やっと見れた作品。

まさか授業で学んだポスト・モダンが
映画で活かされるとは嬉しい驚き。
キーワードは「模倣」
芸術は見る人の概念が要になるから
客観側に柔軟性を求めるのは難しいなと
改めて実感した
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.0

沢山の経験もとっても大切だし、人間大切なものはとても身近にあるんだなと思った。

色んな事をして、初心に戻れたり背け続けたものと向き合えたり。
そこが人間の欲深い部分かもしれないけど、人間味のある部分
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.0

気楽に見れる。
神木隆之介のおちゃらけ全開🤗

ギター好きな人は見てて楽しそうだけど、私はもう途中から流し見だった。
宮沢りえがピーク。

森川葵は相変わらずだった🤘🏻

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.0

C棟での会話で「ん?」と思いつついろんな説を考えていたけど、灯台で医師から解説されて「うぉーいまじか」となった。

これはもう一度見返したい。
2回目の方がおもろそう。(期待)

ユージュアルサスペク
>>続きを読む

アポロ18(2011年製作の映画)

3.5

ママと見た、なんかアメリカにブチギレながら見てた🤦🏻‍♀️

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.5

父と娘の分かりにくい愛情と、賭け事は嗜む程度に、という感想。

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.5

コナン大好きの私でも3.5🤦🏻‍♀️

始めのコナンになんか違和感(笑)
シーズン1から見直してたからそりゃ違和感はあって当然なんだけど。
IMAX4Dにする必要はあまりなかった気はする。

>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

5.0

楽しみにしていたドルビーアトモス、プレミアボックスシートでのレイトショー!
やってくれましたエルトンジョン。

正直あまりエルトンジョンの曲とか人柄とか顔とか知らなかった。
名前を聞いたことある〜くら
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.0

劇団四季に劣らない感動、
1人で観に行ったけど大号泣。
もちろんムファサが死んじゃうところで😢

「シンバが愛犬に似すぎている」という理由で観に行ったけど、もともとライオンが好きということもあり感情移
>>続きを読む

女子ーズ(2014年製作の映画)

4.0

なーんにも考えずラフに見れる。
主演の女優さんたちみんな総じてお顔もスタイルも良いから飽きない。

きいろいゾウ(2012年製作の映画)

3.5

向井理ファンのママと、宮崎あおいファンの私でみた。

宮崎あおいが向井理の手を器で叩くシーンがいたそうでいたそうで。
ママはそれに激怒してた(笑)

内容としては、誰かと付き合いだしてから1人で鑑賞し
>>続きを読む

神様のカルテ(2011年製作の映画)

3.5

え、こんな医療映画いいんですか?好きです、いいんですか?
という具合。

宮崎あおいと櫻井翔の空気感好きだった。
映像も儚くて美しい。

ガシガシ手術する系の医療ドラマが好きな私でも楽しめた。

ただ、君を愛してる(2006年製作の映画)

4.0

きました、私がJKのときどハマりしていた映画。

宮崎あおいと玉木宏の顔面偏差値と美しいラブストーリー。
最高です。

現実味がわたしには全くなくて、でもちゃんと共感できる恋愛ドラマでマジ好きだった
>>続きを読む

理由(2004年製作の映画)

3.0

ちょっと昔の映画だからフィルムのせいもあってか怖かった(笑)

今の綺麗な映像でみたらもっと楽しめそう。

宮崎あおいと加瀬亮がまだまだ若いしキャストは豪華。

小さいおうち(2013年製作の映画)

4.0

黒木華ちゃんナイスです。

映画の時代と同じ時代を生きていたわけではないから全くわからないけど、価値観とかが当時の人を再現してそうだなと思った。

なぜ彼女はあんな死に方をしたのか。
母がよく言う「悪
>>続きを読む

小さな村の小さなダンサー(2009年製作の映画)

3.5

バレエしてたときに見て、ぼんやりと「ダンサーって過酷だな」と思っていた。

多分その辺りからもう自分は夢を諦めていたのかもしれない。

東京公園(2011年製作の映画)

3.0

キャスト好きだった。
中学生ながら理解していた。

奈緒子(2008年製作の映画)

3.0

インフルエンザの時に見た。
暇つぶしの割には面白かった。

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

やっと見れた。嬉しい。

私が日本史上1番嫌いな真珠湾。
そして戦艦大和。
父が海上保安官(海上自衛隊ではないが)ということもあって懐かしい気分で見れた。

菅田将暉の演技力、
あゝ荒野に続いて脱帽モ
>>続きを読む

>|