光梨さんの映画レビュー・感想・評価

光梨

光梨

スリラー好きですが、きほん何でも観れます

映画(42)
ドラマ(0)
  • 42Marks
  • 1Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

スプリガン(1998年製作の映画)

2.6

正直あざとい。

原作の数ある珠玉のエピソードの中で何で初期のこのノアの方舟えらんだの?

子供の容姿と頭脳のギャップていうのが大衆受けするだろうという安易でベタな発想だけでエピソードの選んだんだろっ
>>続きを読む

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

3.5

これのせいで性癖が狂ったどうしてくれるの微笑みデブ、、

スティング(1973年製作の映画)

4.0

ポールニューマンの圧倒的オーラに持っていかれる映画。高倉健的ないみで(いるだけでおk

エクスペンダブルズ(2010年製作の映画)

-

とりあえずジャケットのジェット・リーの修正の下手さに驚愕する。

無理やり顔のばしてシュッとさせて寄せて。。

修正してる人も途中で感覚狂ったんだろうな、これはひどいわ。。親に謝るレヴェル。

肝心の
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.0

序盤の掴みだけ良かったよ。なんかセンスあってワクワクさせられた。でも最初だけだったな。ライアンゴズリングはいい具合に雰囲気イケメンだった。

オペラ座の怪人(2004年製作の映画)

2.1

ジェラルドバトラーがすきなので見たのですが、やっぱりミュージカルは苦手です。。

テンポのいい映画をいくつか観た後だと、どうしても途中で急に歌い出すミュージカルにちょっとイラついてしまう。

歌ってる
>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

1.1

切ない。

というのも、これ見てしばらくして彼氏にフラれたから。。

ホラー好きなのでおもんない、とかダイレクトに言ったらフラれた。

映画でフラれるってどうよ、、そういう理由で、切ないです。

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

3.4

俳優としては良いんだけど、ジェイクギレンホールがゴリクリ(ゴリゴリのクリスチャン)で
たまにインタビューで奇天烈なこと言ってるイメージがあったので何となく透けて入り込めなかった感があります。。

でも
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.8

私は頭がよわいので本気で理解できない箇所がいくつもあった。

でも誘惑に負けて解説や考察見たら何かくやしいのでこれから何回も見直して自己解決しようとおもいます、、

ワルキューレ(2008年製作の映画)

2.8

ラストぇぇぇぇぇであまり気分良くは見終われないかな。

トムクルーズはやっぱりSFに出てる方が好きです。

トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008年製作の映画)

2.5

だいぶ前に確かに見たはずなんだけどよく覚えてないってことは、自分的にはハマらなかったのかな。

誰かが黒人だか白人のフリしてたはず。
それが面白かったのは覚えてる。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

1.4

ヒットさせなきゃって気負いすぎてプレッシャーに負けたんだな。

オリジナルに自信がないからこそ、過去にウケた盛り上げ方に頼る。

作ってる方も作りながら既成作品に似てるって自覚しながら制作するんでしょ
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

4.0

あぁ、映画館から出てきた時にはきっと私も安室の女になってるんだろうな。。
とおもって鑑賞した。

結果。映画館から出たら上戸彩の妹になっていた(イミフ

シャンドライの恋(1998年製作の映画)

2.9

原作はヒロインの名前「シャンドライ」やなくって「マリエッタ」やで!!
って翻訳者が主張していたことを思い出した。
なんだろね、名前、華やかな響きにしたかったのかな?

ラストエンペラー/オリジナル全長版(1987年製作の映画)

4.2

ジョンローンが出てくる前までがむしろ好きです。
初夜?の少年少女のシーンが幼い官能にあふれてて雰囲気素敵であてられた。

「オックスフォードに、、連れて行ってくれるか、、」

同じスタッフのリトルブッ
>>続きを読む

グリーン・デスティニー(2000年製作の映画)

3.4

新少林寺かいてたら思い出したんで、こっちも。
確かワイヤーアクションの草分けというかはしりの作品の中だったような、、
違ったらすみません。

序盤でチャンツィイーがテーブルから落ちるお茶の器?を受け止
>>続きを読む

新少林寺/SHAOLIN(2011年製作の映画)

3.9

武僧に萌えるタイプなので前にウージン主役バージョン見たことがあって、
それは笑いながら観ていた。少しそのノリを引きずったままで本作観たら、
死ぬほどシリアスハードな展開で押し黙ってしまった。
えぐいし
>>続きを読む

ウディ・アレンの夢と犯罪(2007年製作の映画)

3.9

哀しいラストに落ち込む→からの、ウディアレンの半分寝てるインタビュー笑った。やばい。もってかれた。

アメリカン・グラフィティ(1973年製作の映画)

4.0

すごく昔な映画だけど気に入ってしまって何回か見直しました。

ヒロインの1人キャンディクラークがめちゃくちゃ可愛い、やばい可愛い。

ラストがスタンドバイミーに似てる。

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

2.7

アイロニー鬱作品。

しかしこの重厚テーマを扱うには全体を通して説得力がない。どのシーンも中途半端、詰めが弱い、描き切れてない。

あと途中でちょっと無理やり作ったろうみたいな場面があって気になる。
>>続きを読む

ザ・シューター/極大射程(2007年製作の映画)

2.9

手堅い作りですが目新しいものがなくて正直おもしろくない。。あんまり正攻法でそれがむしろ印象的でおぼえてた映画。

とくに引きつけられる場面展開もない。

全体のつくりは良いと思います。
なのでシンプル
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

3.0

個人的には意外とハマらなかったです。

何箇所かあからさまに感動煽ろうとしてる感じがして少し冷める。
過剰演出かなぁ、、

原作は確かキングでいいのかな?
なのでストーリーじたいは安定なんだけれど見せ
>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.5

ラストは賛否分かれると思うけれど私はこういうの好きですね。

全方位フォローみたいな救い方のハッピーエンドよりも、小さな期待というか火種みたいなもの投下して終わるタイプが好き。

どっちかというと映像
>>続きを読む

サイン(2002年製作の映画)

2.8

後半ガチで出てきたのでびっくりした。
もうちょいぼかした方がよかったと思うけどリアルに出てきたので、、

スプリット(2017年製作の映画)

3.8

ところどころ理解できない暗喩のようなものが練りこまれていたので、また見直したいです。

クライマックスで檻をはさんでヒロインと対峙するシーンが演出すばらしいです。
ここが1番表現したいところなんだな、
>>続きを読む

亡国のイージス(2005年製作の映画)

3.9

勝地涼が結婚してしまってショックでショックで見返している。

如月行かっこよくて、
でもなんで水中で工作員の女子にキスされてたのかわからない。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.8

何回見ても、ヒルがひっついてくる沼のパートと大会のゲロ吐くパートは飛ばしてしまう。
それ以外は大好きなんだけど。。

鹿と見つめ合うシーンは撮影中の偶然で予定になかったシーンと知って、より微笑ましく思
>>続きを読む

セブン・サイコパス(2012年製作の映画)

2.8

とにかくインパクト出そうとして、やたらタイミングとか考えずにエピソード連打してくる感じ、出し方が下手だなとおもった。

役者は上手です。
構成が下手。

とっちらかり過ぎて何を表現したいのかわからなか
>>続きを読む

俺たちフィギュアスケーター(2007年製作の映画)

3.8

「いずれ殺すから♡」みたいな去り際セリフ言ってたストーカーがツボだった。

エスター(2009年製作の映画)

4.5

怖いというよりエスター姉妹が可愛すぎてそっちに気をとられた作品。

めっちゃ可愛い。

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

私にとってはマット・デイモンの
マン博士に萌える映画でした。

人間のどうしようもない根幹のエゴを見事に表現してた。

まだ「君は試されてない」ってセリフ好き。

火星で芋くってる映画の彼も良かったけ
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.5


完全に元ミリタリーのじぃじを応援しながら見ました。


ただ終盤で男子の首をバックチョークで締めるとき、首って危険だから仕方ないのでしょうが、
あきらかに頸動脈を避けてる締め方をしていたので一気に現
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

2.5

正直、タコが墨を吐きつづけるだけの映画でした。

主役の女の人が見た目45さいくらいにとらえて観てたんですけど、

後半まさかの時系列のどんでん返しで、
「えっ。。これから産むの、、⁈ 」と突っ込んで
>>続きを読む

>|