Mizuki

Mizuki

フランス映画がすきです

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

文学的な作品。
過去の傷は癒えないし、乗り越えられない。けれどその痛みを背負って、忘れずに生きていくために、兄が残したものは家族だった。
主人公の感情は、言葉でなかなか表れないので、観衆は行間と空気を
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.0

大学の頃から好きだった乙女の映画化!しかも湯浅監督と上田誠脚本と聞いたら行くしかないではないか!
深夜に見たけれど、まわりは森見ファンばかりでした。四畳半ネタも多くて良い夜でした。そこにお酒があるかぎ
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

4.0

人はだれでも自分がいちばん正しいと思ってる。でもそれは利己的な善で、誰かにとっては悪だったりする。なんでみんな、自分がいちばん正しいと思えるんだろう?悪をまとっているほうが正しくみえるときもあるのに

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

いい意味で裏切られた。
男の人は過去の人を名前を付けて保存、女の人は上書き保存というけれど、それが如実に表れている…二人の夢を叶えるには、それと同等の大事なものを捨てねばいけなかったのだ。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます。

待ちに待ったドランの新作。
これまでに見られるような、「母親と息子」の描写は今回薄く、それよりも、「自分と家族のあり方」に焦点を当てている。居心地の良い不幸よりも、異世界の幸福を望んだルイの最後は、き
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

4.0

万人におすすめできる映画。
たとえ理解できなくても、愛し合うことをやめてはいけない、という父親の台詞にぐっときた。

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

4.2

なんでこの時期になると見たくなるんだろう。何度も見直してる作品。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.5

破壊することでしか誰かと関われない男、弱い者を痛めつけることで自己尊厳を保とうとすると男、怪演でした。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

アメリカの小説家、アーヴィングの書いた短編小説に、リップヴァンウィンクルという主人公の出てくる物語があるらしい。現代においては、「時代遅れの人」、「眠ってばかりいる人」を指す慣用句として用いられるよう>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます。

待望の西川監督作品。
前半、鏡の中でしか妻と会話をしていない、自己愛の強い男の様子や、ある種、「ドキュメンタリー」のもつ不可解さ、滑稽さを真っ向から映し出している。
印象的なセリフが多いが、「自分の物
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.5

就職活動中、就職すれば何者かになれると思っていた。けど就職したいまも自分が何者かよくわかっていない。何者かになれた、と感じたことなど一度もない。
このスパイラルは一生続くのだろうか?だとしたら果てしな
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

4.1

観客を飽きさせない脚本は、さすが大根監督といったところ。キャパの写真もしっかり伏線となっており、例えばあれがブレッソンだったら成立しないだろう。あっぱれ。

少女(2016年製作の映画)

3.6

ユキの衣装に着目して見た。彼女は基本的に白と黒のモノトーンで着まわしているが、ラストは真っ白なワンピースになる。彼女自身の心情の変化と、衣装の変化をたどりながらみると、さらに面白いかもしれない。

>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

4.2

はっきりと提示しないものの、爽快感のあるラストが秀逸。山下監督ならではの笑いどころもあり、ファンも満足の作品ではないか。蒼井優のダンスは花とアリスを想起させながらも、しっかりと生活の匂いがするダンスだ>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.0

これだからフランス映画って好きなんだよなぁと思えるエスプリが効いた映画。たった数日なのに、旅から帰ってくると少し大人になった気になるのはなぜなんだろう。幼い時にこんな体験ができるミシェル・ゴンドリーや>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

気付いたら、自分も下を向いて歩いていることが多かった。会社に行く前は特にそう。そのとき周りの人がどんな顔をしてるとか、何を話してるとか、まったく分からず、ただ自分を守るみたいに下を向いている歩いてる。>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

4.0

色づかいがとても好み。
柔らかくて、優しい色合いが、サマンサを想う主人公の気持ちを表している。
自分次第で世界がカラフルに見えたりモノクロに見えたり。
恋をしたセオドアがみる世界はこんなにカラフルなん
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.4

日本を代表する俳優陣の、圧倒的な演技力。映画館でみるべき作品を、映画館で堪能できたことがしあわせ。

自分の愛する人を素直に信じられない、自分自身に対する怒り、社会に対するやり場のない怒り、そんなもの
>>続きを読む

ディーン、君がいた瞬間(2015年製作の映画)

-

Magnumについては卒論でちょっと書いたけれど、デニスについてはあまり調べられなかったのでいい機会だった。
"NO TIME TO WASTE" と言ったジェームスディーンは、今の私と同い年で亡くな
>>続きを読む

恋人たち(2015年製作の映画)

-

平日に、観に行った。平日なのに、満員だった。みんな橋口監督の作品をずっと待ってたんだ、それがただただ嬉しかった。

>|