南宮龍八さんの映画レビュー・感想・評価

南宮龍八

南宮龍八

韓国映画備忘録。フォローはお気軽にどうぞ。

映画(245)
ドラマ(0)

ありふれた悪事(2017年製作の映画)

4.0

全斗煥政権下の時代、安企部の悪事に加担し悲劇的な末路を辿るある刑事の話。後半になって主人公が正義感に目覚めるが、彼を取り巻く人達が次々と犠牲になる様子を凄惨な暴力場面を盛り込みながら描く。ソンヒョンジ>>続きを読む

パパとムスメの七日間(2017年製作の映画)

4.0

父親と娘のカラダが入れ替わって巻き起こる日本のテレビドラマ「パパとムスメの7日間」のリメイク作品。笑って泣けるベタな展開ながら世代による音楽嗜好の違いを面白可笑しく見せるシーンは秀逸でした。キャスティ>>続きを読む

黄泉がえる復讐(2017年製作の映画)

2.0

原題は「犠牲復活者」で死んだ人間が復讐のために生きかえるサスペンスホラー。題材は面白そうなのに観客動員数32万人!(損益分岐点は160万人)公開10日で上映打ち切りて!?昨年完成していましたがお蔵入り>>続きを読む

私の隣の殺人者(2010年製作の映画)

3.0

ずっと放置していましたがやっと鑑賞。前半、口臭ネタとか下品な笑いをブッ込んでおいて後半かなりヘヴィな内容に様変わり。「共謀者」のような強烈さはありませんでしたが、負の連鎖の怖ろしさを見せつけられる作品>>続きを読む

沈黙、愛(2017年製作の映画)

3.0

婚約者殺害事件の容疑者となった娘の無罪証明のため財閥の大物が奔走する法廷サスペンス。元ネタは中国映画「沈黙の目撃者」。いぶし銀の魅力と静かな威圧感のミンシク兄貴、金持ちらしくやることがブッ飛んでいて驚>>続きを読む

修羅の華(2017年製作の映画)

3.0

韓国では酷評だったらしい。「悪女」を観た後ではキャラクターたちが多少見劣りしてしまうがセックス&バイオレンスシーンは過激。素材は良いのに調理で失敗した激辛料理を食べさせられた感じである。80年代のセッ>>続きを読む

魔女(2018年製作の映画)

5.0

期待通りの面白さ!生きていて良かった(笑)タイトルロールのヒロインを演じるキムダミの新人とは思えない圧倒的な演技力もさることながら、阿鼻叫喚のバイオレンスアクションも度肝抜かれるほど凄い。ナイフ使いの>>続きを読む

ルシッドドリーム(2015年製作の映画)

4.0

夢の中に侵入し誘拐事件を解決していくという微妙なプロットを韓国映画お得意の力技で映像化。設定に無理があっても間延びした展開にならなかったのでそこそこ面白かったです(笑)主人公に協力するホラン千秋風の女>>続きを読む

南極日誌(2005年製作の映画)

1.0

数年ぶりに再鑑賞しましたがやっぱり酷い作品でした。意味深に登場するイギリス探検隊の日誌とか主人公のトラウマとか伏線回収せずにほったらかしで、ただただ狂っていくソンガンホを見せられるだけ!予算(85億ウ>>続きを読む

接続 ザ・コンタクト(1997年製作の映画)

5.0

思えばこの映画も「シュリ」と同じく韓国映画にハマるきっかけとなった作品でした。当事、何気にレンタル店に並んでいたVHSテープを手に取り借りてみたら、これが予想以上に面白かったのです。当事はまだ現在のよ>>続きを読む

ロスト・メモリーズ(2001年製作の映画)

5.0

2009年現在、日本統治が続く朝鮮半島を舞台にした壮大なスケールのSFアクション映画。「不令鮮人」とか「月霊」とかいきなり理解不能、荒唐無稽でありながら重厚なストーリーテリング&アクションに圧倒されっ>>続きを読む

光州5・18(2007年製作の映画)

5.0

韓国では初めて光州事件(当時保安司令官だったチョンドゥファン/全斗煥の軍事クーデターに学生を含む全羅南道光州市民が抵抗した大規模な暴動事件)を真正面から描いた作品で2007年度韓国映画年間興行成績2位>>続きを読む

26年(2012年製作の映画)

5.0

光州事件から26年後、惨劇により家族を失った4人の男女が「あの人」に復讐する話。あまりに凄惨な場面は実写を避けアニメで見せるが却ってグロさが際立つ。紅一点ハンヘジンが一敗地に塗れながらも再び銃を取るシ>>続きを読む

恋風恋歌(1999年製作の映画)

5.0

美しい済州島/チェジュドを舞台に展開される何とも心地よいラブストーリー。韓国映画には珍しくシンプルでストレートな恋愛映画ですが、毎年秋になると無性に観たくなる映画なのです。ストーリーには何の捻りもない>>続きを読む

ホワイトクリスマス 恋しくて、逢いたくて(1999年製作の映画)

5.0

90年代当時、韓国女性が憧れていたという「美人顔」のひとりキムヒソンと当時映画初出演のソンスンホンが共演したファンタジックラブストーリー。韓国語タイトルの「カラ」とはカラーという花のハングル読みで、こ>>続きを読む

イルマーレ(2001年製作の映画)

5.0

韓国語のタイトルは「시월애」(「シウォレ」と発音)。これを漢字で書くと「時越愛」。1997年と1999年、過去と現在に生きる男女が織り成す文字通り時を越えるラブストーリーで、本作もDVD(チョンジヒョ>>続きを読む

反則王(2000年製作の映画)

4.0

昼はダメダメ銀行マンのガンちゃんがプロレス道場に通い反則技を駆使するプロレスラーとして衝撃(笑撃)デビューするスポ魂人情コメディ。呑んだくれ館長のチャンハンソン、ガンちゃんの上司でヘッドロックが得意な>>続きを読む

カル(1999年製作の映画)

5.0

終始陰鬱な雰囲気と強烈なグロ描写で気分最悪なのに暫くすると何故かまた観たくなる傑作ゴアスリラー。「シュリ」と同じく本作も劇場に2度足を運び、その後DVDを購入して何度も鑑賞した想い出の作品です。連続猟>>続きを読む

必ず捕まえる(2017年製作の映画)

4.0

金にがめついアパートの大家ペクユンシクと元刑事の中年男ソンドンイルが連続殺人事件を追うサスペンスドラマ。「内部者たち」ではチ●ポフルスイングの憎たらしい悪役を演じたペクユンシクが今度はレンチをフルスイ>>続きを読む

サイコキネシス 念力(2017年製作の映画)

4.0

偶然超能力を授かった男が大手建設会社の土地再開発事業で苦しむ人々を救う韓国型スーパーヒーロー映画。韓国では損益分岐点の410万人には程遠い98万人という成績で大惨敗とのことですが、社会批判や親子愛を盛>>続きを読む

逆転の日(2016年製作の映画)

3.0

鍾漢良、イジョンジェ、郎月婷主演による中国資本の韓国映画といった感じのアクションスリラー。ネトフリの日本語字幕付きは嬉しい。爆弾探しのスケール感たっぷりスリリングな展開、80年代の成龍作品みたいな無茶>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.0

遺伝子操作で誕生した巨大豚オクジャを巡って様々な人間の愛情とエゴが交錯するポンジュノ監督待望のモンパニ映画。CGで作成されたオクジャの完成度の高さに圧倒されるしウンコ爆弾など笑える演出も最高。ただ終盤>>続きを読む

シュリ(1999年製作の映画)

5.0

今から18年前、この作品に出会わなかったら恐らく猛烈に韓国映画にハマることはなかったかもしれない想い出深い作品です。当時は説教臭い暗い作品とか「コリアンエロス」と言われたエロ映画しか真っ先に頭に浮かば>>続きを読む

八月のクリスマス(1998年製作の映画)

5.0

胸に秘める慎ましさ、静かに泣けて心洗われる良い映画です。ハンソッキュ&シムウナ以外は考えられない配役で90年代珠玉の韓国恋愛映画だと思います。ハンソッキュが歌う主題歌もしみます。もう何度観たか覚えてい>>続きを読む

ブラザー(2017年製作の映画)

2.0

父親の葬儀で再会した兄弟に交通事故が原因で知り合った謎の女性が付きまとうヒューマンコメディ。原作ミュージカルは未見だがお互いの私利私欲を巡るドタバタ劇が予想外に緩くて個人的には大外れ。女性の正体も早々>>続きを読む

記憶の夜(2017年製作の映画)

5.0

中盤までまったく先が読めてこないが後半は息を呑む衝撃的な展開に。前半のホラーがかった演出に良い意味で騙された。追い打ちをかける悲劇など世相が大きく影響した事件の背景が韓国映画らしくヘビーだがかなり見応>>続きを読む

エンドレス 繰り返される悪夢(2017年製作の映画)

5.0

交通事故で娘と妻をそれぞれ失ってしまう男たちの文字通り悪夢を描くタイムリープ作品。死を回避させるためいくら奔走しても阻止できない驚愕の理由とは!?スリリングで予測不可能な展開(最後の最後まで安心できま>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

5.0

6月民主抗争(1987年6月韓国で起きた民主化運動)の発端となった朴鍾哲/パクチョンチョル拷問致死事件を巡って繰り広げられる骨太な群像劇。事件の証拠隠滅を図る対共分室所長(パクチョウォン/実在の人物)>>続きを読む

鋼鉄の雨(2017年製作の映画)

5.0

クーデターにより北の最高権力者と特殊工作員が南へ脱出するという驚愕のポリティカルサスペンス。日米まで巻き込む緊迫シーンの他、凄腕の工作員チョンウソンが繰り広げる肉弾戦、人間味がジワジワ伝わってくる南の>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

5.0

中国ハルビンからやって来た中国人犯罪グループを一網打尽にした韓国警察の実話を映画化。いつか刑事映画を作りたいと思っていたマドンソクが企画段階から参加した入魂の作品でもあります。もう勧善懲悪のストーリー>>続きを読む

荊棘の秘密(2016年製作の映画)

3.0

まるでパクチャヌク作品を観るようなシュールな感覚のサスペンススリラー(と思ったら脚本のひとりにパクチャヌクが参加!)。家族崩壊という救いようのない展開に加え頭のネジがふっ飛んだバイオレンスシーンが炸裂>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

5.0

アルツハイマー病を患う連続殺人鬼役のため体重を16㎏落として挑んだというソルギョングが凄すぎる。主人公の記憶の錯乱がミスリードを誘発するストーリー展開も素晴らしい。特に後半は画面に釘付け。結末が異なる>>続きを読む

模倣霊(2017年製作の映画)

3.0

声色を真似る妖怪=萇山虎に翻弄されるある家族の物語。のっけから惹き込まれる摩訶不思議な展開とヨムジョンアの熱演は高評価したいですが若干消化不良な部分あり。「かくれんぼ」の監督さんなので期待しすぎたかも>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

5.0

平凡なタクシー運転手と惨状を目撃するドイツ人記者といった第三者視点で描かれる光州事件の物語。理不尽な暴力に次々と屈していく人々を目の当たりにし、徐々に正義感に目覚めていくソンガンホの姿に「弁護人」の主>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

5.0

朝鮮総督府警察黄鈺警部のテロ事件をモチーフにしたサスペンスアクション。ガンちゃん他オジサン俳優のイイ感じに熟成された演技が最高。冒頭の流れるようなカメラワークと銃撃戦、中盤のスリリングな心理攻防戦、そ>>続きを読む

エターナル(2016年製作の映画)

4.0

異国の地で夫婦が再会する感動のヒューマンドラマを想像していたら良い意味で裏切られました。もの凄く地味な内容ですができるだけ情報を入れずに鑑賞することとお薦めします。

2017/03/26 鑑賞

>|