南宮龍八さんの映画レビュー・感想・評価

南宮龍八

南宮龍八

ただ悪より救いたまえ(2019年製作の映画)

4.0

引退を決意した熟練の暗殺者が冷酷非情な追撃者に命を狙われる緊迫の追跡劇。沈着冷静に標的を仕留めるファンジョンミンとイカレた殺戮兵器イジョンジェの対比が面白いが、結構重要なポイントとなるパクチョンミンの>>続きを読む

殺人鬼から逃げる夜(2020年製作の映画)

4.0

韓題は「ミッドナイト」(邦題も原題のままがよかったのに)連続殺人鬼の標的になった聴覚障害者の女性が追撃戦を繰り広げるノンストップスリラー。イカレた殺人鬼ウィハジュンの怪演、そして崖っぷちで反撃に転じる>>続きを読む

ヨンガシ 変種増殖(2012年製作の映画)

4.0

人間に寄生して脳を支配する変種寄生虫ヨンガシの恐怖を描く感染パニック作品。感染した家族を救うため熱血主人公たちが製薬会社の怖ろしい陰謀を暴くスリリングな展開も見逃せない。韓国では2012年年間興行成績>>続きを読む

10人の泥棒たち(2012年製作の映画)

4.0

韓国と香港の窃盗団が幻のダイヤモンドを巡って繰り広げる丁々発止の騙し合いバトル。香港・マカオ・釜山と大規模ロケを敢行し韓国&香港の人気スターが総出演!敵味方が入り乱れる心理戦や息を呑むアクションの連続>>続きを読む

ガール・コップス(2019年製作の映画)

4.0

伝説の敏腕刑事と若き熱血刑事がデジタル犯罪組織を壊滅させる痛快アクション。不当な差別を受けながらも警察官としての誇りを失わない女性たちの姿が胸を熱くさせる。女性を食い物にするドクズ野郎に決める正義の飛>>続きを読む

藁にもすがる獣たち(2018年製作の映画)

4.0

曽根圭介の同名小説を映画化。それぞれに事情を抱えた4人の男女(チョンウソン、チョンドヨン、ぺソンウ、シンヒョンビン)が大金に目が眩んで暴走する姿をブラックユーモア溢れる演出で見せる。韓国映画ならではの>>続きを読む

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

4.0

KCIA第8代部長金載圭/キムジェギュ(作品内ではキムギュピョンと言う別名)による朴正熙大統領暗殺事件までの40日間を綴った政治サスペンス。水面下で繰り広げられる権力闘争で次第に追い詰められる金載圭の>>続きを読む

野球少女(2019年製作の映画)

4.0

男女格差や偏見の中で自分自身を見失わずプロの夢に向かって努力するある野球少女の物語。スポ魂映画にありがちな熱い盛り上がりはないが、少女の強い信念がやがて周囲の人々の心に変化をもたらすなど優しい感動に包>>続きを読む

ブリング・ミー・ホーム 尋ね人(2018年製作の映画)

4.0

失踪した息子を探し続ける母親がやがて辿り着く衝撃の真実。14年ぶりに銀幕復帰したイヨンエが見せる迫真の演技が胸に迫る。閉鎖的環境で闇を抱える人間のクズぶりもさることながら、後半繰り広げられる壮絶な展開>>続きを読む

がんばれ!チョルス(2019年製作の映画)

4.0

知的障害者の父親と白血病の娘が織りなす心温まる物語。安いお涙頂戴作とならないのはベテランの風格漂うチャスンウォンやあざとさのないオムチェヨンのナチュラルな演技の賜物か。散りばめられた伏線の回収や終盤の>>続きを読む

マルモイ ことばあつめ(2018年製作の映画)

4.0

日本統治下の朝鮮半島でハングル辞典作成に奔走した人々の熱き物語。無学だった主人公が言葉の大切さを知り、仲間たちと伝統の母国語=朝鮮語を死守しようとする姿に感動!近年のユヘジン出演作では間違いなくベスト>>続きを読む

真犯人(2019年製作の映画)

2.0

妻の殺人事件の真相を探る夫が辿り着く真犯人とは!?最後の最後まで緊迫した展開は良かったのに驚愕とまではいかないオチにガッカリ。ところで、ソンセビョクってホンマ影うっすいよなぁ(まぁ、そこが魅力だけど)

楽園の夜(2019年製作の映画)

5.0

不条理なヤクザ世界で翻弄される若き精鋭組員、そして彼と関わり自身もとてつもない悲劇に見舞われていくある女性の束の間の交流を綴った韓国ノワール。非情な人間ドラマを壮絶なバイオレンスアクションを交えて描き>>続きを読む

ノンストップ(2019年製作の映画)

4.0

初めての海外旅行でハイジャックに遭遇した仲良し夫婦がテロリスト一味と戦う羽目になるアクションコメディ。一番の見どころは謎の過去を持つ妻役オムジョンファの俊敏な武術アクション!お調子者の夫パクソンウンと>>続きを読む

スタートアップ!(2019年製作の映画)

4.0

家出少年と彼を取り巻く人々の群像喜劇。パクチョンミンと謎の料理人マブリとの掛け合いはまるで80年代香港映画を観ている様な楽しさ。パクチョンミンをパンチ一撃で撃沈させるキュートなチェソンウンにも注目!

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

4.0

まさにゾンビ×マッドマックス!前作よりも爽快感があって断然こっちの方が好み(但し、邦題は前作タイトル同様に最低!)イカレた民兵団と壮絶な攻防戦を繰り広げる元軍人カンドンウォンもさることながら、共に大活>>続きを読む

ザ・コール(2020年製作の映画)

5.0

過去と未来に存在する女性たちが電話を介して繰り広げる驚愕のタイムパラドックスサスペンスで良い意味で騙されました。橋本愛と黒木メイサが融合した様なチョンジョンソの強烈なサイコパス演技が頭から離れません!>>続きを読む

白頭山大噴火(2019年製作の映画)

4.0

史上最大規模の白頭山大爆発を防ぐため北のスパイと南の特殊部隊員が協力するスペクタクルアクション。驚異のVFX、派手なガンバトルはもちろんイビョンホンとハジョンウのユーモア溢れる掛け合い、胸に来る家族愛>>続きを読む

国家が破産する日(2018年製作の映画)

4.0

経済危機に揺れる1997年の韓国を舞台にした傑作社会派サスペンス。韓国政府が隠蔽を画策する中、それぞれの立場で危機回避に奔走する人々の姿が心に深く突き刺さる。特に凛々しく立ち振る舞うキムヘスの姿は秀逸>>続きを読む

ミス・ギャングスター(2010年製作の映画)

4.0

ハワイ旅行を夢見るお婆ちゃん窃盗団のドタバタコメディ。倫理的には決して褒められないが、目標を持って生きるお婆ちゃんたちの人生に悲しい事情があって泣ける。シビアな設定で単純に笑って終わらない内容だが心に>>続きを読む

フィッシュマンの涙(2015年製作の映画)

4.0

新薬治験の副作用で魚人間になってしまったある青年の悲喜劇。事件の背景に見え隠れする貧困や就職難等の社会問題、そして私利私欲に暴走する人間たちの姿を時折シニカルな視点も交えて風刺する。製作総指揮はあのイ>>続きを読む

北京飯店(1999年製作の映画)

4.0

キムソックンのスクリーンデビュー作にして初主演作品。中国からやって来た青年が病気で倒れたオーナーに代わって従業員たちと老舗中華料理店を立て直すヒューマンドラマ。素朴な内容で大きな感動はないものの、チャ>>続きを読む

聖女/Mad Sister(2018年製作の映画)

2.0

イシヨン演じる元警備員が妹を慰みものにしたクズ男たちを次々と片付けていく格闘アクション。打撃技や関節技キメまくりで頑張ったイシヨンのアクションは高く評価したいが、女性蔑視の描写が胸糞悪くて観終わっても>>続きを読む

PMC ザ・バンカー(2018年製作の映画)

3.0

ハジョンウ率いる軍事企業の傭兵チームがDMZ地下に存在する施設で繰り広げる壮絶な極秘作戦。全編ほぼ英語のセリフで熱演するハジョンウの演技は素晴らしいが、FPS/一人称視点による銃撃戦の見せ方(目が疲れ>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

貧乏一家が身分を偽り金持ちセレブに寄生する予測不可能な悲喜劇。だらしなさ全開で笑わせながらもシッカリ見せ場を作るソンガンホは流石ですね。圧力鍋のごった煮が大爆発してしまうようなオチに不思議な爽快感を覚>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.0

麻薬捜査班が犯罪捜査のために偽装開店させたチキン店が何故か大ヒットしてしまうコメディアクション。最初から最後まで80年代~90年代の香港映画のようなバカバカしさが溢れていて頭の中を空っぽにできる作品。>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

5.0

緊迫のサバイバル脱出劇をユーモアを交えて演出し見事極上のエンタメ作品に昇華させた大傑作!駄目人間チョジョンソクの成長物語として後半は熱いモノが込み上げてきました!予想外に頼りになる少女時代イムユナの演>>続きを読む

未成年(2018年製作の映画)

4.0

夫の浮気が原因で家庭崩壊していくある家族の悲劇を独特の感性で描いたキムユンソク初監督作品。悲惨な話の中で自身のキャラに可笑しみを滲ませ絶妙なバランスを見せたユンソクの演技は流石。様々な感情が交錯する女>>続きを読む

代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン(2017年製作の映画)

4.0

軍役を代行する男たちが王の身代わりとなった王子/光海君を死守する歴史アクション。滲み出る熟練兵士の風格と巧みな戦略で一行を導くイジョンジェが頼もしくて格好良い。幾多の困難を経て逞しく成長していく光海君>>続きを読む

目撃者(2017年製作の映画)

3.0

連続殺人鬼がまた全身黒ずくめのサイコキラーで何の捻りもないが、小心者のオッサン役もさらりとこなすイソンミンの演技力は流石。事件を追うほど良く熱い刑事役のキムサンホも良かったです。ただ、たたみかける緊張>>続きを読む

プロミス ~氷上の女神たち~(2016年製作の映画)

4.0

ハジョンウ主演「国家代表!?」の続編で韓国初女子アイスホッケー代表チーム創設の実話をモチーフにしたスポ根映画。氷上格闘技とも言える壮絶な試合シーンに北朝鮮出身選手スエ&パクソダム姉妹の確執や絆を絡めな>>続きを読む

一級機密(2016年製作の映画)

4.0

実話をモチーフにしたホンギソン監督の遺作で戦闘機部品の不正取引を暴くサスペンスドラマ。誠実で優しい熱血漢を演じると見事にハマるキムサンギョンが組織ぐるみの圧力に屈せず正義を貫く姿に感動。伏線をさらりと>>続きを読む

バッカス・レディ(2016年製作の映画)

4.0

ユンヨジョン扮する売春婦の目を通し高齢化社会の実情を生々しく描いた社会派人情ドラマ。韓国映画なのである程度は覚悟していたが性行為のディテールを手抜かりなく見せるところは流石に驚いた。ユーモアを交えた社>>続きを読む

ミッドナイトFM(2010年製作の映画)

3.0

統合失調症の殺人鬼ユジテが番組降板を決意した人気DJスエを恐怖のドン底に叩き込むスリラー。ただスエの性格にかなり問題があり熱心なリスナーのマドンソクをストーカー扱いする塩対応はいかがなものかと。この映>>続きを読む

チョ・ピロ 怒りの逆襲(2018年製作の映画)

4.0

汚職刑事が大企業の陰謀に巻き込まれる犯罪ドラマ。主人公が追い詰められると捨て身の反撃に出る暴力シーンが凄まじいが、クズ男が情に突き動かされる後半は目頭が熱くなった。事件の真相に迫る女子高生チョンソニの>>続きを読む

レオン(2018年製作の映画)

3.0

ジヨンの日本語が予想外に上手くセリフ回しも驚くほど自然で途中からストーリーなんてどうでもよくなった(笑)竹中直人は見てるだけで笑いが込み上げてくるし山崎育三郎のやや滑り気味のテンションの高さは80年代>>続きを読む

>|