トラディショナル相馬さんの映画レビュー・感想・評価

トラディショナル相馬

トラディショナル相馬

映画(69)
ドラマ(0)

レッド・ファミリー(2013年製作の映画)

4.0

予告から想像していたスパイコメディでは全然なかった

最後は主人公側にとても感情移入してしまった

班長が酔ったところの破壊力

美しい星(2017年製作の映画)

3.4

よくわからないという感想を読んでからみたが本当によくわからなかった

音楽はかっこいい

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

3.8

ジャケットと邦題から想像されるぶっ飛んだ感じはあまりなく、シンプルにほっこりする家族愛の話

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

4.1

差別っていう重めのテーマを扱いながらも、ポップで見やすいストーリーで大事なことが伝わる

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

笑えてワクワクできて幸せになれる


“古いパパ”側の物語や動機も描いて欲しかった感がすこしある

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.3

日本人には到底持てないセンスで完璧に日本という世界を表現していた

ありがとうウェス!!

万引き家族(2018年製作の映画)

4.8

全てのシーンが名シーン

とげとげしてないから心の深くまで染みわたる

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

4.2

一瞬たりとも目が離せない、繊細で儚い映像美

自分の中身は普通の男の子なので心情はよくわからなかったけど、それでも見てよかった

本当にユーフォは神アニメ

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.6

これ作った人は正直頭オカシイけど、その表現はただのマスターベーションなどではなく間違いなく感性を揺さぶってくる。

息もできない(2008年製作の映画)

4.2

ラストであえて時系列を逆にして見せる演出に心を揺さぶられる

百円の恋(2014年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

魂こもった左ストレートで一発K.O.!

...とはいかないんだよなぁ...


最後のクリープハイプのハマり方は最高

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

4.2

美術とか、登場人物とか全体的にかわいい


今のところウェス作品で一番好き

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.0

欧米人が日本語ペラペラだったり、日本人が英語や中国語しゃべったり、ずっと不思議な感じで強く印象に残った

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.2

「はじまりへの旅」って原題(Captain Fantastic)と全然違うけどいい邦題だと思う

子どもにとっての「はじまり」、親、学校について考えさせられる旅

お父さんも最後は人間味が見えて、グッ
>>続きを読む

赤色彗星倶楽部(2017年製作の映画)

3.8

普遍的に平凡で余韻(だけ)が鮮やかな映画だった


エンドロールが染みる

>|