KotaUchuさんの映画レビュー・感想・評価

KotaUchu

KotaUchu

映画ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム(2015年製作の映画)

3.7

セリフなしのストップモーションアニメをしっかり観たのは初めてだったかも。

人間のような所作(2足歩行含む)動物達のコミカルな演技(?)が可愛らしかったです。

そして3豚のキャラ…最高です(笑)

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(2010年製作の映画)

3.4

いい具合にアホっぽい作品でしたねー。
個人的にはこの支離滅裂感が苦手だったハズなんだけど、そんなに嫌な感じなく観終わったかな?
たぶん役者さんたちの演技がこの世界観にしっかりマッチしてたんだろうなと。
>>続きを読む

パイレーツ・ロック(2009年製作の映画)

3.6

こういう男臭い作品は大好きです。

馬鹿馬鹿しい展開からどう収束していくのかと思ったら、ラストの展開も好みな感じ。

ロックって素敵な言葉。久々にラジオを聴きたくなった。

ミニミニ大作戦(2003年製作の映画)

3.6

邦題のセンス無さがヤバいですが、作品そのものは王道カーアクションって感じでしたね。

ジェイソン・ステイサムが出てきた時に主役じゃないんだ!って驚きこそありましたが、全体的にバランスが取れていたように
>>続きを読む

マスク2(2005年製作の映画)

2.8

1作目の良さは何処へやら…といった仕上がりでしたね。

なんというかB級映画感が強かった印象。

ジム・キャリーがいないからなのか、ストーリーが微妙なのか、楽しめる人には楽しめるのかな?

せっかくな
>>続きを読む

超高速!参勤交代 リターンズ(2016年製作の映画)

3.4

前作がまずまずだっただけに自分の中での期待値が上がってしまったかな…

つまらなくはないんだけど、時代劇感が強くなって慌てて移動するドタバタが弱かったのが残念でした。

1・2ともに時間のある時に何の
>>続きを読む

星を追う子ども(2011年製作の映画)

2.6

なんでしょう随所に溢れるジブリ感。色々な作品の要素が詰まってるような印象でしたね。

やっぱり新海誠作品は現実世界を舞台にしたものの方がマッチしてるんじゃないかなぁ。

個人的にテンションの上がらない
>>続きを読む

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

3.9

参勤交代をベースに豪華俳優陣がコミカルに演じる作品…と思ってたんですが、思ってた以上に時代劇感も強くて楽しめました。

貧乏藩の大名が四苦八苦しながら江戸に向かって走り続けてる中に人情溢れる展開。ある
>>続きを読む

映画 妖怪人間ベム(2012年製作の映画)

2.0

ドラマ版を見てなかったので、年末の暇潰しのために深夜放送を録画して観ました。

特に書くことも見当たらないのですが、杏の雰囲気はアニメに近い印象でした。

パディントン(2014年製作の映画)

3.6

この手の作品も楽しめるようになったのは心が綺麗になったからか…なんて(笑)

後半のコミカルなミッションインポッシブル感が堪らなかった。

吹き替え版で観ましたが違和感も無く受け入れられたかな?松坂桃
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.7

もうやめて欲しい。ただでさえ涙腺が弱くなってきているというのに、号泣場面の連続で嗚咽が止まらなく…

テーマとかストーリーは他でもあるような感じだけど、本当に引き込まれてしまって気づいたら終わってまし
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.3

何年か前に観たことを忘れてて土曜プレミアムを録画してしまったので観賞。

スーパーマンの誕生が描かれていますが、とにかく戦闘シーンがぶっ飛びまくってる印象が強い作品でしたね。

バットマンvsスーパー
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.5

アメリカのハイスクールが舞台の青春映画…って書くと陳腐になるけど、それぞれの心の描写なんかも嫌いな感じではなかったなー。

出来れば高校生の時に観たかったかも。
まあ日本と高校とは違うところが多くて別
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.9

これが実話を基にした作品だっていうんだから物凄いの一言!

緊迫感が半端なかったし、後半に関してはギリギリまで手に汗握る展開で引き込まれたし、あっという間に終わりがきた印象でした。

出来れば劇場で観
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.7

特撮としての〜とか、怪獣映画として〜とか、そういう観点で考えると個人的には何とも言えない感じだったなと。
あっ、街を破壊するシーンはなかなかの迫力でしたが。

ただ、現代日本で有事が起きると対応を行う
>>続きを読む

ショコラ(2000年製作の映画)

3.7

素敵な作品でした。自分にはちょっと洒落た感じが強い気もしますが、温かい気持ちの観終わり。

流れ者の母娘がチョコレートをキッカケに少しずつ周りの人々を変えていく…って陳腐な言い回しですいません。淡々と
>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.9

前作に引き続きもう隅から隅まで楽しめる作品でした。
特にカジノみたいな余計な描写が削ぎ落とされてた部分が大きなポイントでしたかね。

豪華俳優陣については言うまでもなく、純粋にヤクザの世界に入り込んで
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.9

ヤクザ映画なのにしっかり今風に楽しめるのは何故だろう?そこが北野監督の才能なのか。

豪華俳優陣が見事に全員悪役ってゾクゾクしかしないヤツ!
個人的には椎名桔平と加瀬亮が最高でした。

さて、続いてビ
>>続きを読む

7つの贈り物(2008年製作の映画)

3.3

結構テーマ的には重いし、そこ(最後)に至るまで要所要所が理解しきれなかった部分もありましたが、ウィル・スミスの演技力でカバーされていたんではないかと。
この人の悲しい顔はもはや反則とも思えます。

>>続きを読む

ピクセル(2015年製作の映画)

3.1

テーマ的には期待したくなるような内容なんだけど、日本語吹き替えで観ちゃダメでしたね(笑)

でも何も考えず楽しむ分には問題無いというか、ちょっとくらい下品なのも気にならなければ可もなく不可もなくでしょ
>>続きを読む

バトルシップ(2012年製作の映画)

3.3

延期に次ぐ延期の地上波をやっと観られました(笑)

浅野忠信が出てるという理由から気になってはいましたが、前半はなんとも微妙な…

ただ後半になって盛り上がってくる感じは良かった(特にご年配の方々がカ
>>続きを読む

スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー(2004年製作の映画)

2.8

いきなりですが、まず画面の感じが苦手…素敵な役者陣がボンヤリしてしまってるのが残念。

たくさんの要素がごちゃ混ぜになってる感じで、山場という山場が見受けられなかった。

悪い作品とは言わないけど、自
>>続きを読む

ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊(2011年製作の映画)

3.0

個人的には可もなく不可もなくといった感じでしょうか?

・可愛いペンギンに癒される
・オキアミコンビの掛け合い

この辺が観てて評価出来るポイントかなー。

歌とダンスがお好きなら、もう少し楽しめる…
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.2

私事ですが、高校生達が主演の演劇を観劇して心が洗われたばかりだったこともあり、久々に映画館で涙を流しました。

設定も予告の謳い方も泣かせますよ感が充分だったのに、しっかりしてやられました。ここのとこ
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.4

スパイダーマンは飛び飛びで鑑賞してたけど、地上波でやってたのでふと。
こっちのシリーズは美男美女で構成されてるですね。なんとなくイメージと…

こういうキャラクターメインの作品は苦悩とか葛藤とかの心理
>>続きを読む

ハルク(2003年製作の映画)

3.0

アメコミの映画作品って基本的には好きなんだけど、これはちょっと微妙だったかな。

CG部分がなんか違和感多くて、まあそもそもがリアルに見せるの難しそうですが…
思ったより一歩引いて観てしまいました。
>>続きを読む

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008年製作の映画)

3.5

何度目の鑑賞か分からないけど、夏場に放送されてるイメージ。

このバカバカしさが何も考えずに楽しめる作品。
そしてキャストが皆さん若い!ちょい役の倉科カナとか初々しいにも程がある。

個性派の役者さん
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.6

アクション満載のシャーロックホームズ。ワトソンとのコンビもこのキャストはいいんじゃないかと。

昔々、若かりし頃に読んだ小説とは違った色をした世界が映像になっている感じで楽しめた。

これって何作目ま
>>続きを読む

自虐の詩(2007年製作の映画)

3.1

好きなキャスト陣が揃っているのと、堤幸彦監督作品ってことで勝手にハードルが上がってたかも…

中谷美紀は幸薄メイク(でいいのかな?)してても、美しいし芯の強さみたいなものが表にでてて素敵です。

この
>>続きを読む

ゲット スマート(2008年製作の映画)

3.4

気軽に観られるスパイコメディ。コメディ部分がちょっと下品な感じなのが良かったり悪かったりって感じでしょうか。

アン・ハサウェイ綺麗ですねー

ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!(1989年製作の映画)

3.2

キャラクターの声と絵の感じに懐かしさを感じる作品。
結構前なんだなコレ!と思うくらいストーリーがしっかりしてる印象でちゃんと楽しめた。

やっぱりルパンはいくつになっても面白く観られる良作ばかりですな
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.4

うーん、悪くはなかったんだけど「あの花」よりは観終わった後の感情の起伏が無かったかな。

これは観たタイミングの問題なのか、ストーリーの問題なのか、前評判に比べるとハマらなかった感じでしたね。
でも駄
>>続きを読む

イルカと少年(2011年製作の映画)

3.8

シンプルに素敵な作品!

大どんでん返しもハラハラするアクションシーンもなく悪人は1人として登場しない…実話が元になってるなんて、なんて素敵な話なのか!

少年とイルカの絆、そして成長して行く姿がいい
>>続きを読む

雲のむこう、約束の場所(2004年製作の映画)

3.2

どなたか解説書を与えてくれませんでしょうか?…ってくらいに私の足りない頭では理解の追いつかない箇所が多かった印象。

キャラクターのデザインとかSF要素とか苦手な部分が多い割には観られたかなとも思いま
>>続きを読む

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

3.3

リバイバルものって別パターンでも良かったんじゃない?と思ってしまうことが多かったりで得意ではなかったんだけど、比較的すんなり観られたかな。

しかし結末がこれだと救われなくないかい?とは思いましたけど
>>続きを読む

ダーク・シャドウ(2012年製作の映画)

3.1

以前に観たことあったのを忘れてて録画してしまってました…

個人的にはそこまで楽しめる感じではなかったけど、キャストは豪華だし雰囲気というか世界観はこのタッグだとこんな感じだよなと。

皆さんの声にも
>>続きを読む

>|