キュンさんさんの映画レビュー・感想・評価

キュンさん

キュンさん

街の上で(2019年製作の映画)

3.8

派手さも豪華さもない。
けれども、ささやかな幸せと時々のトラブルと少しの笑いがあれば、人生は十分なんだろうなと。

誰かの日常を垣間見る視点で眺めるように観る、これぞ今泉作品。

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.3

誰かに強引なくらい引っ張られないと変わることが出来ない人生もある。

茜色に焼かれる(2021年製作の映画)

3.9

「まぁ、頑張りましょう」
気を抜きつつも引き締める、深呼吸のような言葉。

現代の、まさに今を映した本作のすべてがこの言葉に込められているように思う。

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.6

『翔んで埼玉』の真面目な笑いと『クローズZERO』の真面目な喧嘩をミックスした友情。

その結果「女同士の本気な喧嘩、おもしれー!」となる。

FUNNY BUNNY(2021年製作の映画)

3.3

喪失の埋めかたなんて誰も知りやしないし教えてくれない。誤魔化しながら悔やみながら、時折語りかけるように生きるしかない。

熱いものが込み上げてくる、ラスト10分。

RUN/ラン(2020年製作の映画)

3.4

『search/サーチ』の監督&制作陣という期待度高めで、今回はPC画面上ではなく・・・でも"出られない"的な。

一線を越えた人間はやはり恐怖でしかない。たとえ家族であろうとも。

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.3

「騙される」に期待しすぎた感は強いけれど、なるほど的なレベル。吉田大八監督だけあって『桐島、部活やめるってよ』みたいな展開スピードはアリ。

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.8

『普通』の反対語は『特別』。
みんな、誰かにとっての特別なだけ。

でも、笑い方だけはまともじゃないw

ブレイブ 群青戦記(2021年製作の映画)

3.4

説明不足な点は多々ありつつも、115分を駆け抜けていく高校生たち。

三浦春馬の存在は別格だが、新田真剣佑へのバトンタッチを感じずにはいられなかった。

太陽は動かない(2020年製作の映画)

3.5

「必死」という言葉は、彼らのためにあるんじゃないかな。

カーチェイス、飛び降り、爆破、列車上、船沈没、、、ってハリウッド的なアクションをフルにやりました!みたいな。
邦画らしからぬエンタメとして楽し
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.7

なんやかんや言っても
環境ってその後の人生に影響する。

門脇麦と水原希子の配役が逆でも、違ったテイストで成立すると思った。

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.7

市原隼人の使い方がなんだか勿体無いなと感じさせつつ、そうきたかと。お見事でした。

なんで同じような時期に似た方向性の作品が。甲乙つけがたいけど、個人的な好みは『すばらしき世界』に一票。

ライアー×ライアー(2021年製作の映画)

3.9

少女漫画的なラブコメ要素をきっちり描いている、嘘から出たまこと。

まさかのキュン死5秒前。

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.5

いくつになっても一緒にバカになれる仲間は、人生でもっとも尊い絆かもしれない。

ミナリ(2020年製作の映画)

3.0

ミナリとは春の七草の「セリ」。
アカデミー賞有力にしては物足りない、さざ波の様な作品。

スプリー(2020年製作の映画)

3.1

歪んだ自己顕示欲+度を越えた執着心=狂気

主人公の目が異常に怖いw

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.2

真っ直ぐで不器用で
上手に生きられない人生ほど
愛おしいものはない。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.0

最高に"さわやか"なラブストーリー。

だからこそ、あのハンバーグ店じゃなきゃ成り立たなかった。
ある意味、物語の真髄。

さんかく窓の外側は夜(2021年製作の映画)

2.7

原作未読ですが、おそらく原作のいい部分を無理矢理つまみすぎたせいで、まとまってないのかなと。さらには北川景子と最後のアレなど、無駄な期待感も残念。

さすがにサンカクな完成度。

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

3.6

素直に良かった。

芦田愛菜に少年の声を演じさせたら、向かうところ敵なし。大人になるまでは。

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

3.3

レイ役が残念で、彼が喋ると違和感がちらついてしまう。なので続編を匂わせているが、映画版はこのまま完結の方が美しいのかもしれない。

渡辺直美の破壊力がすごい。唯一無二な存在。

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

2.9

いくらベテラン佐藤浩市がいても出演時間が短すぎるので『主演』表記は西島秀俊か中村倫也が妥当な気がw

あと15分は必要なのに、端折りすぎて勿体ない。

ジョゼと虎と魚たち(2020年製作の映画)

3.3

実写版『ジョゼ虎』好きとしては、僅かな夢の時間、そして無力さやズルさ、抗えない現実を映し出したのが魅力だと思っていた。故にアニメでは根本的に美化されたのは残念だけど、もうひとつのキラキラした『ジョゼ虎>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

3.3

トラウマがテーマで若干ヘビーだが、意外にも窪塚洋介の存在が中和剤になっている点はお見事。

似たようなテイストだと『罪の声』の方が勝っている。

大コメ騒動(2019年製作の映画)

2.8

『花より男子』『八日目の蟬』あたりまでがピークで、以降はあまり作品に恵まれない感が否めない、井上真央。本作では若干の雑草魂を見せつつも、何かが足りないのは惜しい。いい役者なのに。

AWAKE(2019年製作の映画)

3.0

ガッツリ将棋ばかりというわけではないけれど、将棋に疎いのでイマイチ引き込まれなかった。

BOLT(2019年製作の映画)

2.6

永瀬正敏の哀愁だけがすべて

というような作品。

フード・ラック!食運(2020年製作の映画)

3.4

鑑賞後の食事は、
焼肉以外の選択肢がない。

胃袋つかまれたっ!

私をくいとめて(2020年製作の映画)

3.7

勝手に"笑い"ふるえてた

いわば、
究極の自問自答ストーリー

ビューティフル ドリーマー(2020年製作の映画)

3.0

映画制作に夢を抱いたことがある人なら共感要素はあるのかも。

さくら(2020年製作の映画)

3.6

鑑賞前の作品イメージを
いい意味で覆された。

すべてを見てきた、さくら。
それでもシッポを振りつづける。

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.6

前作が傑作だっただけに「続編」の位置づけは空振りで、完全に別物で見れば良作。時々もどかしいが、今回はとにかく女性陣がカッコイイ!

サブタイトルは「ファイナル・ペニンシュラ」でいい気がw

アンダードッグ 後編(2020年製作の映画)

3.4

盛り込みすぎて、どの人も人物背景が中途半端なのは惜しい。

後編のラスト45分のためにある、前編。
ボクシングシーンは圧巻。

アンダードッグ 前編(2020年製作の映画)

3.3

2本続けて見るのはキツイので、同日公開はずらした方が良かった気がする。

後編へのつなぎ方が素晴らしかった。

>|