kotobukiさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

kotobuki

kotobuki

映画(479)
ドラマ(0)

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.5

美しくて、画面の中にずっと居たいと思った。
無知の知。
そう、ほとんどの事をきっと知らない、見えない。
もっと知りたい。
全ての物への畏怖を感じる。
五感をもっと鍛えたい。

希望の灯り(2018年製作の映画)

3.5

音楽と生活音に感情が載っかってる。
フォークリフトが優しい人に思えて来る。
絡まったり、緩まったりしながら少しずつ解けて行く皆んなの心にホッとした。
日常の音が楽しくなりそう。

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.5

自然もお家も人々も美しい。
孤独は何処にでも棲みつく。
美しい自然と薬物との対比と共存。
ラストのシーンに希望を感じた。日向までほんの少し。

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.5

醜さ極まると超CUTE

可憐で美しく、強くて、ずる賢くて、腹黒い。
振り回されて翻弄する。
エンターテイメントサスペンス!

ファッショナブル。
スタイリッシュ。
気持ちよく裏切られた。

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.5

今回も色味が優しく美しい。
登場人物を見る目線の優しさ。
どんな状況でも、公正な目線の人々は居る。
「愛し合う人が好きだ。」
「ただ、母親の息子だ。」
そう、目線が変われば自分と同じ。
やり切れない
>>続きを読む

洗骨(2018年製作の映画)

3.5

産まれてくる、死んでゆく、生きている。
自分と祖先と繋がりと。
感動と笑いの涙で号泣。

天才作家の妻 -40 年目の真実-(2017年製作の映画)

3.5

ベッドの上ではしゃぐ2人が可愛い。
怒鳴りあう2人も。特別な絆の力かな。

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.5

ザラついた映像、壁紙、家具、時代感がリアル。
心の動きが画面を右往左往。

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

3.5

愛が有るだけで、何時もの退屈な景色も美しくなる。希望が見える

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(2017年製作の映画)

3.5

物語が生み出される様に心掴まれる。
自分を貫く姿勢と孤独を痛烈に感じる。

アース:アメイジング・デイ(2017年製作の映画)

3.5

綺麗だなー!
知りたいこと、観たいもの。
まだまだたくさん。