琴乃さんの映画レビュー・感想・評価

琴乃

琴乃

ハマったらすぐ★5。涙もろい。

映画(338)
ドラマ(0)

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

女に生まれて良かった❤️と思わせてくれる超〜眼福映画!

ド派手に盗む!みたいな表現は無視で。笑
めちゃくちゃ静かに、ヒョウが獲物を捕らえるみたいに確実に。

全世界がケイト・ブランシェットに惚れる。
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.8

心の洗浄作品です。ありがとうございます。思う存分泣か、いや思った以上に泣かせていただきました。ありがとうございます!!!っ!笑
泣いてなかったときあったかな?たぶんあったろうけどベース泣いてたw

>>続きを読む

猫の恩返し(2002年製作の映画)

4.0

お母さんと2人で映画館に行けた、最高の思い出。内容は覚えていなくても、帰りにピンバッチを買ってもらった喜びは一生忘れない

ガザの美容室(2015年製作の映画)

4.0

85分で助かった、、。終始ストレスフルだった。
終盤めっちゃ怖い。
でも他人事と思って見ていられるのもいつまでか。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

5.0

ジェームズと私は同い年だから、感じ方は独特だったと思う。
いつになく、正義について考えてた。25年という歳月についても。
ただ、そうなんだよ、この映画のタイトルは、ブリグズビー・ベアなんだ。
彼が絶対
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

5.0

主人公がトランスジェンダーで、役者自身もトランスジェンダーは史上初。
新しい時代だ!とウキウキになりたくなるけど、スクリーンの中で主人公・マリーナは差別とタイマンの日々だちくしょうめが。

純粋に愛し
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.8

"バトル・オブ・ザ・セクシーズ"中のシーンの躍動感は!手に汗握る!!
ここだけテレビの撮影法とできるだけ近くして、リアルさを追求したらしい。
それをスクリーンでやるとこんなに迫力あるんだ。おもしれー。
>>続きを読む

モーリス(1987年製作の映画)

5.0

映画館で観られて本当に良かった。
1980年代を代表する作品のひとつとなっただけあって、ストーリーが重厚。

愛さえあれば他に何もいらない、と伝えても届かないモーリスだけが悲しいわけではない。どうして
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

4.0

キャラが観客に語りかけてくるパターン、映画館で観るとめっちゃテンション上がる。フィー!どれどれしっかり観ちゃいますよ〜!て感じw

ただしっかり観て、まともなのはキャロライナとジニーの息子だけ。笑
>>続きを読む

夜の浜辺でひとり(2016年製作の映画)

3.7

キム・ミニは、なにやっても美しいんだろうな。アジアの宝かよ。そうだよ。
お嬢さんの時とはまた違う魅力。

レディ・バード(2017年製作の映画)

5.0

女の子だって、男の子だって、なんだって、思春期なんて、ダサい。

親と喧嘩して車から飛び出したこともないし、彼氏と星に名前を付けたこともない。初体験の相手が童貞かどうかはどうでもよかった、プロムパーテ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

"喜怒哀楽の「怒」でつくったものはやっぱり強いんです。"
是枝監督のインタビューにて。

私はこの映画を観て泣いた。犯罪でしか繋がれない彼らの絆に、かどうかはわからない。
けれどハッキリと、体のどこか
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

5.0

Dear紳士なパディントン、あなたが生きているだけで私は泣いてしまいます。

人を信じること、誰にでも優しくすること、見た目で人を決めつけないこと。
くまだって人間世界に馴染めちゃうんです。表情の豊か
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

5.0

公開初日に鑑賞!
日本への愛がひしひしと伝わる温かい作品だった。

まずおもしろくて笑っちゃうの。
日本人が間違いなく興奮する手術のシーン。世界のケンワタナベ、医者になるの巻き。笑笑

ウェス・アンダ
>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

5.0

あれほど美しいセックスシーン、なかなかみれないな。
自分を投影せずに、その2人だけをみることに集中してたな。

フランスを舞台にした映画って胸が熱くなるイメージなかったけど(フランスを知らなさすぎだよ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.5

"あの女、もうすぐ泣きだすよ。大人が泣くときわかるんだ。"

監督の映画の創り方には感動しっぱなし。
まるでドキュメンタリーのように現実を伝えるスタンスで、意義のある作品をスタッフ全員や観客を巻き込ん
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

4.2

犬ヶ島の上映日前日に。
大好きだっ!!

ユーモアと愛に包まれて、自分の中のこども心が喜んでるような気がした。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

4.2

マーク・ウェブ監督はずるい大人の魅力を引き出すことにほんと長けてる〜。
みんな弱さも強さも持ち合わせている。それは大人になったからといってなにも変わらない。
相変わらず悪い人が1人も出てこないんだから
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

5.0

完璧すぎるやろ。
観てるとき一瞬も見逃すまいと必死に観てたけど、全然たりひん。
余韻ひたひたにひたって抜け出したくないよ。笑

僕がどれほど幸せかわかる?

もう一度観ます…。それからちゃんと感想を残
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.5

ズゴゴゴゴーと印刷されて出来上がっていく新聞。
朝ゴミのように放り投げられるとしても、ただの紙ではないのだ!
国民に真実を伝えてくれる絶対的信頼、権力に操作されまいと自分の人生を賭けて戦う記者たちの命
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.8

ちょっとしんどなった
映画としてはめちゃ良い…

ずっと観なあかん思いながらやっと…

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

5.0

号泣。

もうね家族の行動全てが愛なんだよねぇ。
愛すぎてまーじで心が満たされた。ほんと、ありがとうございます…笑

死者の国のシステムすっごい!想像力にほんと脱帽するしかない。ほんっとに何もかもが細
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

ミュージカルほんま好きやわ!!
歌とダンスに泣ける幸せよ…

私は基本どれも超感激したけどNever Enoughが1番好きだったかもー

てかバーナムさん人生波乱万丈すぎるな?笑
彼の歴史を軽く調べ
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.8

いやいやキアヌ・リーブス出てくるの反則やろ、あれ似てる人…いや似すぎ…あっ本人かいっwゆうて。

これ映画館でみてたら辛いな〜。
せめて70分に…。早見早聞ってやつで観ましたもんね。すみませんね…。
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

5.0

晴れて私もMARVELファンになりました。ありがとうございます。笑

ヒーローものはそんなに…みたいなスタンスやったけど、もうこれは何もかもが最高。

まずアフリカにめっちゃやばい資源あってひっそり守
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

5.0

アカデミー賞作品賞がこの作品ということがもう最高に嬉しい。
思い返すと感極まって泣きそうだ…。

私にとってこの映画はイノセンスラブストーリー。ラストが完璧な、希望と愛に満ちた最強のリアル。
この映画
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

実は半月前に観てました。
アカデミー賞主演女優賞、助演男優賞受賞。震えました。

私から発する言葉がないに等しい。でも自分の言葉でこの映画を讃えたい…。

私はよく映画に感情を与えてもらうのですが、こ
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.4

2018年トラウマスペシャリスト、おめでとうございます。笑

私たちはあくまでも傍観者。
着いてきてという印象は皆無よ、言われなくても必死に追ってしまうだけ。
なんで?カニバリズムに興味なんてない。観
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

5.0

さてレビュー書こうと思ったら一滴涙はいりまーす。w
感情移入ほどほどにさせてよ、となるレベルに入り込んでしもたわ笑 やんなっちゃうわよもう笑

やっぱり監督が女性だからか、描いてほしい心理描写ぜんぶい
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.2

足りないわ高橋一生。長澤まさみのいろんな表情みれてよかった彼女のことは安定して好きだ、だからもっと高橋一生よろしくお願いしますよまじで。
私は2人を愛でるために映画館行ったんですよ?それ以外に何も期待
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

くだらねー奴はくたばってろ?こちとらカッコよさに命かけてんだよ!!とでも言わんばかりのイケイケバカ騒ぎ。笑
キングスマンは、もう、これで、良いんです!!!エンターテインメント、よろしくお願いします!!
>>続きを読む

ハートストーン(2016年製作の映画)

5.0

余韻からしばらく抜け出せなかった。
思春期を懐かしむ暇もない。観ている間ずっと自分が思春期そのものになる。

クリスティアンの苦しみに、「大したことじゃないよ。人生これからなんだから」というとってつけ
>>続きを読む

>|