kさんの映画レビュー・感想・評価

k

k

決戦は日曜日(2022年製作の映画)

4.1

めっちゃ明るいトーンでしっかりブラックコメディやってくれてて嬉しくなっちゃった。

現実のヤバ議員たちを皮肉ってくれてるけど、今の日本ではこれ以上攻めることはできないんだろうね。
「アイコン国旗の人た
>>続きを読む

ユンヒへ(2019年製作の映画)

5.0

公開2日目の舞台挨拶上映を観に行ってました。

中村さんが最初のご挨拶の段階で胸がいっぱいになって涙を流してらっしゃる姿をみて、彼女がジュンを演じてくれて本当に良かったなと…。すごく心が温まって、今で
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

5.0

3時間があっという間だった。
起承転結がしっかりしていて、こちらへのメッセージもハッキリしているけど説明くさくなく、全てを必然だと感じさせる1ミリも無駄がないストーリー。それでいて人間味に溢れている。
>>続きを読む

パーフェクト・ノーマル・ファミリー(2020年製作の映画)

5.0

好き…ひたすらに好き…。
今年の愛で愛でしたい映画ナンバーワン。
ひとつひとつのシーンの良さについて語りたいくらい、どこを切り取っても好きだった。

ずっとずっとずっと、中心に愛があるんだよ、、。
>>続きを読む

リトル・ガール(2020年製作の映画)

5.0

思い出すだけで、喉の奥が熱くなって言葉にならない思いが溢れ出す。
みている間も今も、何度も何度も強くなると心に誓う。

サシャとサシャのご家族が、闘いの一部を監督のフィルター越しに差し出してくれたこと
>>続きを読む

これは君の闘争だ(2019年製作の映画)

5.0

ドキュメンタリーの中でも珍しい疾走感で、高校生の頭の回転と行動力を体感させてもらえた気がした。
本作のメインとなるデモや占拠の中心人物となった3人が語り部となり展開していくストーリーは、かなり混沌とし
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

5.0

完璧。

またひとつ、誰かと関係性を築く上でのものさしになる作品が増えた。
この作品の繊細さをそっとくるんで贈り合えるような人と、親しい関係を築こう。

本作は監督の実体験を基につくられたそう。
キム
>>続きを読む

ビルド・ア・ガール(2019年製作の映画)

3.3

自分の生い立ちをオフレコで話した相手に、あんな記事の出され方して、自分の一部をってあんなお詫びのプレゼント(?)渡されても、子どもだろうが許さない。
これからも文章書くべきだと思う相手なら尚更許しちゃ
>>続きを読む

コレクティブ 国家の嘘(2019年製作の映画)

5.0

衆議院選挙の前に、私たちが1番観ておきたい作品。
今回の衆院選で、変化を求める人には、本当に心からおすすめ。

パンフレットも必読。書いてて欲しいこと、学ばせてくれたこと。
ページ数は標準なんだけど、
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

4.0

絶対IMAX!!
もらったポスターめっちゃオシャレ。
ロゴが本当に好き。
シャラメは特別な存在とされる役が似合うな〜。

色々と汲み取れなかったに違いないから、解説みたりして次回作に備えよう。
低音ま
>>続きを読む

Girl/ガール(2018年製作の映画)

5.0

監督が新聞で見つけた"トランスジェンダー女性が、バレリーナを目指すために男性のクラスから女性のクラスに編入したいと学校に要望し、拒否された"記事を元に、9年かけて制作された映画。
オリジナル脚本。
>>続きを読む

トムボーイ(2011年製作の映画)

4.5

まず日本で「燃ゆる女の肖像」がヒットしたことがすごく嬉しい。
本当に完璧な映画だったもんなぁ…。

そしてトムボーイ。
穏やかな陽の光に包まれて。

トランスの男の子、とは明言されていなくて、デミジェ
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

4.6

撮影の4日目に監督の娘さんが亡くなったらしく。

脚本って軌道修正されたのかな?
不自然ではなかったけど、いや、元々この脚本だったのかな。
割と救いなかったなぁと。
映画のスタンスとして、酒を止めても
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.5

兄妹…!!
IMAXで観たらめちゃ心地よかった〜…。
アクションもかっこいいし動きが美しくてため息…。

1番グッとくる見せ場が兄妹愛でめっちゃ嬉しかったなー。
ケイティもすごくいい関係だけどね。
>>続きを読む

Summer of 85(2020年製作の映画)

4.0

今年の夏は、ダンスの夏ですね。

街並みが思わず「うわぁ…(きゅるるん)」と声でるほどオシャレだった。
そりゃ運命感じた相手との恋も盛り上がるわな。

街が恋を促してそう。海沿いってなんだかそれだけで
>>続きを読む

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

5.0

ケイラ……(めっちゃハグ)

世界一クールな私へ、そう言えるのはきっとパパからの愛が大きいんじゃないかと思ったわさすがに。
パパの言葉にめちゃくちゃ泣いた。笑
育ててくれたっけ?と思った笑

ね。でも
>>続きを読む

片袖の魚(2021年製作の映画)

5.0

公開初日の舞台挨拶つき観に行ってた。
ずっと楽しみにしてたんです(^^)

トランス女性のイシヅカユウさんが主演で、トランス女性の日常と、その延長で力強く勇気を出した瞬間が描かれています。

しっかり
>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

5.0

コロナ禍、夏の終わりに鑑賞。

タイトルは、
「本当に誰も知らなかったのか。
知らないふりをしていなかったか。」
そんなメッセージを込めていると監督のインタビューで拝見。

"メッセージ性が強い"とい
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.7

前作のMVPは中村倫也さんで、今回は村上虹郎さんでした。
早乙女太一さんも、終盤で思わず声が出るほどかっこいいシーンがあり、ちょっと忘れがたいです。

完全オリジナルストーリーということで。
役所広司
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.1

♡IMAXで♡
ほんと愛すべきクソやばいやつら😂
ハーレイ・クイン無双がほんと叫び出したくなるくらい最高だった!!
この華やかさが個性💐ありがとう!笑

久しぶりに何も考えない時間をつくれた、ウケ狙い
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

5.0

映画館でギリ滑り込み!
コロナ禍にこそ観てよかった!求めてました、この魂が沸き立つような感動を…涙

政治的なメッセージを完璧な歌とダンスで確実に届けてくれた、この映画すべてに感謝ですよ…。

こんな
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

5.0

エンタメ作品として楽しめることも大事にされている、性犯罪の多様な罪に深く切り込む秀作。

「あんな告発は男にとって地獄の悪夢なんだよ。」
「じゃ女にとって地獄の悪夢は?」
(セリフ(日本語字幕)より)
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

5.0

ばっちりIMAXで観るために、埼玉の映画館まで行ってきた先月。
まあ30分とかで近いけど。

宇多田ヒカルのOne last kissに衝撃を受けて観始めたエヴァンゲリオン。
映画館でこの曲を聴きたい
>>続きを読む

ゆれる(2006年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃサスペンスフルで、光の感じもめちゃくちゃ良かったなあ。

観終わって思い返すとき、いつもどんより曇り空だったように記憶に刻まれた。

いつ雷が落ちてもおかしくないような、いつ土砂降りになる
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

いやいやいやいや中村倫也。
良すぎるって。
ナイフのような狂犬です、て顔に書いてた。たまらんやった、、。(何?)

電車で観始めていきなりグロいシーンで携帯の画面ちょっと手で覆いつつの。笑

やっぱ白
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

5.0

ラチェッド観てからのこちら。
順番、正解やったかも。
"ショーシャンクの空に"思い出す。
さすがの名作。

イタリアの精神保健の標語のひとつ、
「近づいてみれば誰ひとりまともな人はいない」
この言葉を
>>続きを読む

>|