pypyさんの映画レビュー・感想・評価

pypy

pypy

映画(172)
ドラマ(1)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

音楽(2019年製作の映画)

4.0

絵のタッチも素敵だし声優もガッチリはまってる。
学生のみんなそれぞれに内に秘めるものがあって、静かにアツイ、まさに「音」を「楽」しんでるって伝わる作品だった。

ドロステのはてで僕ら(2019年製作の映画)

3.8

テンポ感も良くあっという間のワンカット1時間。
映画もiPhoneでつくれる時代なのか〜、と感動。

街の上で(2019年製作の映画)

4.5

古着屋も夜のバーなんかもごくごく当たり前にありそうな世界で、下北の街と溶け込んでる感じがとにかく好き。
それぞれの役名も素敵だし、ラッキーオールドサンの歌も、いい!

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.2

圧巻のタップダンスと物語の辛い展開に気分も上がったり下がったりで持ってかれた。

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.1

仏みたいなリンコさんも人間だから抱える思いや悩みは沢山あって。その思いから目を背けず、でも口にはせず、ただひたすらと編み物にぎゅっと思いを詰め込む姿に心打たれました。良作。

フジコ・ヘミングの時間(2018年製作の映画)

4.1

ずっと観たかった作品。
『人生とは時間をかけて私を愛する旅』
とても刺さる優しい言葉だと思う。

フジコヘミングにべったりのちょんちょん(愛猫)も尻尾を大きく振って喜ぶ愛犬も印象的。
動物を愛し愛され
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.8

ジョージ6世演じるコリン・ファースの魅力溢れる名演。
お陰で全くの無知だった英国王室について初めて興味が湧いた。

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

3.5

なるほど。さらっと観られる12分だからこそ、想いがぎゅっと詰め込まれた作品だった気がする。

キャロル(2015年製作の映画)

3.9

ファッション、インテリア、色使い、どれもとても魅力的。
キャロルとテレーズのそれぞれの美しさが仕草や目線、沈黙から丁寧に伝わる作品だった。

メアリーの総て(2017年製作の映画)

3.7

フランケンシュタイン=作者=女性(18歳)
エル・ファニングの美しさたるや、、

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

3.8

変人という一言で何もかも纏められてしまう世の中で踠き苦しみそれでも自分の姿を見つけ出そうと前を向く人間らしさ

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.5

ラストシーンは涙と鳥肌、、
ロケットボーイズ、これが実話だと思うとなんともいえない気持ちが込み上げてくる、名作。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.3

中身はかなりダークなのに殺人とは思えないおしゃれな映像。
そして何事も紙一重だなと。

夜中に観るのはありだけど清々しい朝には観たくない映画かな。
ホアキンの怪演、圧巻。

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

3.7

野球×ファンタジー
とにかく野球愛に溢れた温かストーリー
選手がトウモロコシ畑から現れるシーンが特に好き

37セカンズ(2019年製作の映画)

4.0

前半のリアルさに最後までめり込んで鑑賞。
神野三鈴さん、大東駿介さん、渡辺真起子さん、板谷由夏さん、脇を固める役者の演技も素晴らしかった。
予想以上にCHAIの音楽がピッタリハマっていてこの作品のいい
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

4.0

渋い洒落てるスカッと爽快、言うことなし。
ノーマンロックウェルの絵画もすごく好き。

レインマン(1988年製作の映画)

4.5

ダスティン・ホフマンの演技が本当に素晴らしい。

エンドロールに流れるのはレイモンドが旅路で撮った写真の数々。レイモンドの見ている世界のほんの一部を見せてもらえた気分。

C-H-A-R-L-I-E、
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

3.6

チェット・ベイカーにとっての音楽は、人生のパートナー以上に切っても切れない存在だったんだろうな

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.3

ラスト1時間はあっという間
クリスチャンベイル最高
かっこ良すぎる、、

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.7

もしかしたら目の前で差別している相手が自分にとって大きな影響を与えてくれる最高の友達だったかもしれないのに。
差別する人間って、本当に勿体無い人生送ってるなとつくづく思う。

なんだかんだで愛する妻に
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

-

愛と愛がぶつかり合いまくり

画面から飛び出してきそうなくらい宮本も靖子も感情むき出しで暑苦しいくらい凄まじい

なまいきシャルロット(1985年製作の映画)

3.5

とにかくボーダー×デニムの着こなしが最高

ビールからのアイスティーからのファンタからのレモネードのくだり、ちょっと背伸びしたシャルロットが可愛い。

オズの魔法使(1939年製作の映画)

4.1

半世紀以上前でも色褪せない名作。
手作り感満載なところがまた温かみがあっていい。

どのキャラクターも愛おしいけれど、ついつい目で追ってしまうのは尻尾を振って絶妙なポジションをうろちょろするトト。
>>続きを読む

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

4.3

考え方もばらばらな人間たちが、どんな過程で結束していけたのか。
小さな声が結果として想像を遥かに超える大きな力になり得る瞬間を目の当たりにした気がする。

無駄に生きるな、この言葉が痛いほど心に刺さる
>>続きを読む

ギター弾きの恋(1999年製作の映画)

3.7

こういう男いそうだな、と思ってしまう架空のジャズギタリストをドキュメンタリー調に描いた作品。

口の利けない恋人役で台詞もないサマンサ・モートンの好演が光る。食べるシーンやふとした表情に何度もハッとさ
>>続きを読む

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

3.7

これは息子のGJな愛のキューピットっぷりにお父さんは頭上がらない