ぽんさんの映画レビュー・感想・評価

ぽん

ぽん

映画(503)
ドラマ(9)

あなたへ(2012年製作の映画)

3.5

おもしろい映画や楽しい映画はたくさんあるけどいい映画というのはなかなかない
丁寧に生きるということは終わりまでこうやって生きて思い出して思い出されていく事で、愛する相手のいない事がおそろしくなるほどの
>>続きを読む

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

4.4

たのしかった!地獄楽しそー地獄で働きたい
チャテヒョンって本当にこういう役が合う

新聞記者(2019年製作の映画)

3.0

原案望月衣塑子ね〜〜
おもしろかったけどもっともっと重くてもいいよ

閃光少女(2017年製作の映画)

-

へー今中国映画ってこんな感じなんだ〜と思うだけだった
ウォーターサーバーでしゃぶしゃぶ〜

飛べない鳥と優しいキツネ(2018年製作の映画)

3.0

若者って小さな世界で生きていかなきゃいけないから大変よな
もっと苦悩してもいいと思うけどそれがないから見やすいのかも

254

ドアロック(2018年製作の映画)

3.3

いやーな感じ、グロないかと思ったら痛いシーンがたくさんあった

私の少女時代 Our Times(2015年製作の映画)

-

台湾映画ノスタルジックで好きだ、台湾の夜に光がよく合う、街の小さな明かりさえも
ラブコメ展開詰め合わせで最後はむりやりだけどそれでも最高

マドレーヌ(2002年製作の映画)

3.0

ハジョンウのデビュー作のようです
2000年頃の韓国映画という感じ

ホームステイ ボクと僕の100日間(2018年製作の映画)

3.5

人のせいにせずに人生を完全に自分だけのものにして進んでいくのはむずかしい、だけどホームステイをたのしみたい

虐待の証明/ミス・ペク(2018年製作の映画)

-

詳細不明すぎ、ミスペクがリングサイドのあびる優くらいうるさい

僕の中のあいつ(2018年製作の映画)

-

よくある話だけど、ジニョンが好きな人はたまらないのではないでしょうかジニョンの制服姿見れるし

28日後...(2002年製作の映画)

-

パンデミックになったら一番最初に自殺します!怖いからです!

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

1.0

いっぱい映画撮ってる人でこんなきもきもダサダサさむさむ映画作る人いるんだ、耳鳴りするくらいださかったんだが

初恋のアルバム 〜人魚姫のいた島〜(2004年製作の映画)

-

ここまで不自然な映画初めて見た、そんでなんとこれがたくさんの賞をとってるらしい
なんで普通にタイムスリップして普通に暮らしてんだよ、タイムスリップに気づかなかったよいきなりすぎて

純情(2016年製作の映画)

4.0

わたしの大好きな青春回顧録だ!最高最高最高!ほぼ友情ものなので大人になったジジババのやらしい視線の絡み合いなどがなくていい

エイリアン・ビキニの侵略(2011年製作の映画)

-

韓国にもインディーズのB級映画があるんだ!!さいこ〜〜!

マザー!(2017年製作の映画)

-

解説見ればまあわかるといえばわかるけど映画ってそれじゃ何も面白くないから
キリストとか比喩とかいわれたらもうさっぱりわからないよ

雨に唄えば(1952年製作の映画)

-

雨の日に雨の映画を見たくて殺人の追憶と一緒に借りた
歌もダンスも衣装も最高

工作 黒金星と呼ばれた男(2018年製作の映画)

-

南北スパイ物の中でもこの人誰だっけ?どっちの人だっけ?がなくて見やすい

無双の鉄拳(2018年製作の映画)

3.2

みんなが好きなマブリがこわく見えて実は優しくて強くてフンフン言いながら走り回るやつです

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

-

なんも起きなくてながい
人生を映画にしたら10代20代がほとんどになっちゃうんだろなと思った

7人の追撃者(2017年製作の映画)

3.0

今見終わって、もう内容忘れました、そんな映画です

>|