KOUさんの映画レビュー・感想・評価

KOU

KOU

大学生です。好き嫌いなくみます。

野火(2014年製作の映画)

3.2

一般的な、敵との日本軍の戦闘シーンというのは殆ど描かれない戦争映画。

けれど確かに戦っている。
食糧もない、向かう地もない、先導してくれる人もいない。
極限に陥った時の、内面そして仲間内での戦いがこ
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.5

”誰もがその場所から飛び立てるのを信じてた”

なるほど。

オダギリジョーのダメ男っぷりが本当に素晴らしい。一見真面目そう、イケメン、しっかりしてそう、、でもちょっとはにかんだ笑顔を見せると、どこと
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.4

深夜の回にもかかわらず、とても多いお客さん。
あー、やっぱみんなスターウォーズ好きなんだなぁと思いました。

最初の出だしタイトルバーン!から劇場で一気に心を持っていかれました。
今作エピソード8もか
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.8

帰って来たスターウォーズ。
宇宙空間でカラフルな光線ビュンビュン撃ちまくるのがスターウォーズ!!

新旧のキャラクターの絡みも新鮮で良い。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.9

地獄×ロック!

地獄へようこそ……

マッザファッカ-------‼︎

でスタートダッシュをばっちり決め、映画の勢いをラストまでしっかりと持続させる音楽と個性的なキャラクター。

独特な地獄の世
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

3.5

テンポの良さピカイチ。
ラストの戦隊ヒーロー的な佇まいに笑った。

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.2

一見普通の男が過去のある出来事で頭のネジがぶっ壊れ、快楽殺人鬼となり殺害をする、、、

ストーリー自体はとても自分好みでとても楽しみにしていただけに少々残念。

前半のコメディ要素(ムロツヨシと濱田岳
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

5.0

最高。
素直にめちゃくちゃおもしろい。

動物達が共存する、ズートピアという非現実的な世界を舞台にしていながらテーマにしているのは現実世界においての人種差別や偏見という普遍的なテーマ。
そして更にその
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.5

20年経っても変わらぬ4人に安心。
前作オマージュも散りばめながら、続編にふさわしいトレインスポッティングでした。
1よりは落ち着いてたかな〜

愚行録(2017年製作の映画)

3.6

タイトル通り、120分の愚行録。

どんでん返しや、衝撃のラストなどを期待せずとも不思議と引き込まれる。

最近よく”親も親なら子も子”型映画によく出会う。今作は、それをかなり行き過ぎたキャラクター達
>>続きを読む

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

3.6

しゃべってるだけなのに明確に浮き彫りになる人間模様がおもしろい。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.4

余命宣告を受けた主人公の双葉。
死ぬ前に身の回りのちぎれた関係性を繋いでいく様は素直に感動した。

けれど、オダギリジョー演じる父親がさすがにイカれてるかなーと、、。
余命2ヵ月を知った上で付き添いな
>>続きを読む

レベル15(2014年製作の映画)

1.5

無駄なスローモーションの多用にうんざり。
ストーリーもやりすぎ。滅茶苦茶。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.2

役者全員が最高級の演技。
菅田将暉のヘタレながら抱えた爆弾を爆発させる演技力はさすが。

柳楽優弥は安定のかっこよさでした。

葛城事件(2016年製作の映画)

3.5

こんな言葉で括ってはいけないとは思うけれど、やっぱり子供の成長において家庭環境や親の影響というのは多大なものなのだな、と。
終始漂う負のオーラの作り方が随所随所上手い。
三浦友和さすがの演技でした。圧
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

4.3

1年後に就職活動を控えている身として、この映画をみました。
素晴らしい、とても良い、けれど、

、、見るんじゃなかった。間違いなく就職活動前や就職活動中に見てはいけない映画です。
心臓を抉り取られるよ
>>続きを読む

Happy Death Day(原題)(2017年製作の映画)

3.5

殺されるたびに同じ日を繰り返すループ系のホラーコメディ。

二転三転あって飽きずに最後まで楽しめる。
主人公美人。

パージ(2013年製作の映画)

2.0

低予算ということでは言い逃れできないレベルにつまらなかった。

アイデアはすごく面白いし、期待値が高かっただけに残念。
アメリカ全土の法律なのに住宅内での戦闘が殆どなので、規模の大きさやパージの残忍さ
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.8

5年に一度しか会えない男女2人。
1人は未来へ、もう一方は過去へと進んでしまう対極的な時間軸の中での恋愛ストーリー。

非現実的な話にも見えるが、現代のアルツハイマー認知症に似通った、互いの時間軸の交
>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.5

独特の世界観。
公開当時に観ていたら、世界観に圧倒される気がした。

プレミアム・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.4

チャリチェイス。
チャリとは思えないほどの迫力。
チャリであることのメリットをふんだんに生かしててカッコイイ。

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

4.0

あらゆる私利私欲の渦中に起こった悲劇のお話。
少年兵についてかなり考えさせられる。

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

3.5

マシュー・マコノヒーとジャレッド・レトーの役作りが本当に凄い。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.6

ずっとみたかったLION、今更ながら鑑賞。
フィクションだと言われてもやり過ぎと感じる程に信じられないノンフィクション。

全く無駄のない119分。
エンドロールでバチっと締める。良い。

ターミナル(2004年製作の映画)

3.5

キャサリンゼタジョーンズの綺麗さ。
異国民というよりかは原始人的な扱いをされている主人公に笑った。

サブウェイ123 激突(2009年製作の映画)

2.6

スッカスカの内容。
警察が無能すぎる。
カウントダウンが進む中でのハラハラも中途半端。
同監督のアンストッパブル並みのハラハラが欲しい。

>|