さとうの人さんの映画レビュー・感想・評価

さとうの人

さとうの人

記録用
ベストムービーは今年初めて観た映画
ベイビー・ドライバーは永遠にベスト1

映画(283)
ドラマ(0)

キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX(2003年製作の映画)

3.5

ピンク大好きな弁護士が、自身の結婚式プランニングと平行しながら動物実験を反対する法案を作るためにワシントンを四方八方駆け回る話。

弁護士になるまでの前回と違い、今回は立法。
密談や取引が暗躍する政治
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.8

ピンクの好きなブロンドの女の子が好きだった男を見返すためにハーバード大学で弁護士を目指す話。

主人公の姿、持ち物、部屋、行動がザ・アメリカの女子力高い女の子という感じ。

ファッションに対する知識が
>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

4.0

ジェームズ・ボンドが仲間の情報を取り戻す戦いをしながら、上司に復讐を誓う男と対峙する話。

実は初めて007。

アクション、美女、苦悩、アクション。これが007なのか? これが007なのか!

ミッ
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.7

空想好きのアメリがちょっとしたイタズラを仕掛けながら好きな人に近付こうとする話。

数年前に1回観て、2回目。

なんだろう、初めて観たときの方が面白く感じる。

2回目でも、カメラの動きやアメリの生
>>続きを読む

ゲキ×シネ「ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII」(2014年製作の映画)

4.2

大泥棒、石川五右衛門が名探偵や女泥棒と共に空海の宝を探しながら、プチ戦を止めに行く話。

前々作も前作も観てないけれども、圧倒的なパンクとダンスのキャラクターが「そんな事を気にするな」と言ってるように
>>続きを読む

ゲキ×シネ「髑髏城の七人」(2012年製作の映画)

5.0

豊臣秀吉の関東攻めを背景に、信長の遺臣が天魔王として非道な日本征服を狙い、天魔王の旧友を中心とした個性豊かな面々が彼に戦いを挑む舞台を撮影し、劇場用の映像にしたもの。

まず音の圧力がガンガンくる。す
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

5.0

老婆が沈没した豪華客船タイタニック号での恋や沈没の恐怖との戦いを想い起こす話。

有名だと知りつつも、午前10時の映画祭で初めて観賞。

もうタイタニック号の回想がとっってつもなくドラマチックで、全体
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

4.0

点検中のサミット会場での爆発事件をメインに、コナンが警察の公安を探ったり、警視庁公安の安室さんがコナンと対峙したり共闘したりする話。

なんかもう、安室さん。安室さんの魅力を突きつけられて、安室さんと
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

春日部の中華街のような街から、食べた人を凶暴化させるラーメンが流行。それを止めるためにカスカベ防衛隊がカンフーの修行を始める話。

音のボリューム感をもう少し出してもいいのではと思ったのが第一印象。
>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標(2014年製作の映画)

4.0

次元が、殺す相手の墓標を用意する殺し屋に狙われ、ルパンと共に対抗をする。その周辺では国の重大な秘密があったり、不二子の身に危機が迫ったりする話。

ルパン三世のスピンオフアニメ「峰不二子という女」を一
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

5.0

家族から音楽を禁じられているが音楽が大好きな少年ミゲルがうっかり死者の国に行ってしまう。ミゲルは先祖の許しを経て死者の国を脱出するために、孤独な男ヘクターと共に大スターの歌手を探す話。 

ピクサーが
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.6

アナ雪の続編。
エルサが長い間引きこもっていたためにクリスマスの伝統が無いアナたちの為に、オラフが家々を巡ってクリスマスの伝統を探しに行く話。

なにかあらば歌。うた。歌。うた。

「そういえばこれが
>>続きを読む

モンスターズ・ユニバーシティ(2013年製作の映画)

3.8

大学で怖がらせ屋になりたいモンスターのマイクとサリーが出会い、チーム対抗の怖がらせ大会で反発し合いながらも成長する話。

『モンスターズ・インク』の主人公二人の結成秘話的なもの。

知識があれど怖くな
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

声が出ない女性が軍の基地で見つけた半魚人に恋をし、彼女の半魚人奪還事件をきっかけに周辺人物がジワジワと変化してゆく話。

水中で眠る主人公イライザと「声を失ったプリンセスの物語」という導入からして素敵
>>続きを読む

耳をすませば(1995年製作の映画)

4.7

進路を決められない中3の雫がイケメンストーカー聖司に出会うことで、恋をして、将来やりたいことに対して苦悩する話。

3度目くらいの鑑賞。

改めて観て思うのは、空気感と目線の映画だなということ。
もち
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

4.3

戦争が活発化してきた国、容姿等にコンプレックスを抱く19歳のソフィーが呪いをかけられ90歳のお婆ちゃんになってしまうが、掃除婦としてハウルの動く城に住みながら色んな人と出会い、家族になり、ハウルに恋を>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

1966年、横須賀から長崎に転校したピアノ少年が不良ドラマーと幼なじみの少女と仲良くなり、ジャズを通して交流をする話。

原作が好きなので大きな期待と共に鑑賞。

ピアノ少年の薫、最初は「知念侑李」だ
>>続きを読む

野球部員、演劇の舞台に立つ!(2018年製作の映画)

3.9

野球部の中心的メンバー三人が演劇部の助っ人でボクシングを題材にした作品に出ることになり、反発しながらも演劇とも向き合う話。

想像以上に瑞々しく、見応えがある作品。
演劇をしながら野球にも通ずる大切な
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.6

ボクシングを続けるケンジとシンジ。ケンジは仇と対戦することになり、シンジはケンジと対戦するためにジムを移籍する。

前回の自殺要素が無くなった分、ボクシングの量が多くなり、見ているこちらも熱量が体にこ
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.9

2021年の新宿。プロボクサーとなった仇に復讐すべくボクシングを始めるシンジ。繋がるためにボクシングを始めたどもりのケンジ。
二人がボクシングに出会い切磋琢磨している中、新宿では大学生の団体が自殺防止
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.3

冴えない男子高校生が一目惚れしたモデル志望の女の子の気を引く為に、いじめられっこを集めてバンドとMVを作る話。

爆音映画祭で鑑賞。

主人公が始めるバンド、シングストリートが可愛い。

主人公はいじ
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.9

人魚の姉妹が陸に上がり、ナイトクラブで人気者になる。姉はベーシストに恋をし、妹は姉を気にしつつも人間を食べる。人魚が来たことで彼女たちやその周りの人間関係がゆらゆら変わってゆく話。

映像美やべえ! 
>>続きを読む

サラバ静寂(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

音楽などの娯楽が禁止された日本。音楽を聴く者は警察に殺されてしまう世の中で、一人の若者が音楽を作り殺され、彼の意思を継いだ男女が秘密のライブハウスまで逃避行をする話。

序盤から斉藤工演じる警官がギタ
>>続きを読む

幕末純情伝(1991年製作の映画)

3.0

新選組と倒幕運動が駆け回る世の中。女剣士の沖田総司、新選組副長の土方、ひょうきんな坂本龍馬が恋をしながら時代に揉まれる話。

キャッチコピーは「沖田総司はBカップ」だけど、そんなにおっぱいネタが強調さ
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

ベジタリアンの女子大生が人肉を食べることに夢中になってゆく話。

まずこれを読む人、これからこの映画を観る人に呪いの呪文をかけておきます。

主人公、高橋一生に似てる


整った顔立ち、どこか掴めない
>>続きを読む

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ヘタレヒーローのキックアスが正義の市民ヒーロー集団に入り、ネーミングセンスがダサい悪の軍団と戦う話。

まずはヒットガールが可愛い。超かわいい。前作よりも大人っぽく強くなっていてとにかく可愛い。

>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

4.3

ヘタレな高校生が正義感からヒーロー活動を開始し、その最中にマフィアへの復讐を企む父娘ヒーローと出会って戦う話。

B級以上、A級かしら? と思うようなクオリティ(褒め言葉)
嫌いじゃない!

キックア
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

4.4

吃音症の大公が滑舌トレーニングをしながら、王になってゆくプレッシャーや自分の過去と戦い始める話。

特に気になったのは空気感。
豪華過ぎず、大きなの愛と友情とちょっぴり交じる虚無感。

それは背景の色
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

口癖は「ファック」、近所の人に自分の事をペラペラ喋る痛々しくも可愛らしい女の子が、10年間の片思いを進展させて、会社の同期から告白される話。

主人公の痛々しくて、ウジウジした陰キャな部分の再現率がす
>>続きを読む

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.6

全身整形をして自分が忘れられるのが怖いモデル、自分の役割を過信しながら彼女に頭が下がらないマネージャー、その彼氏、事務所の社長、後輩モデル、ゲイのメイク、検事、整形医

誰もがこれ以上になくハマってい
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

4.0

初めてまともに高橋一生の演技を見た。
うむ、なるほど。エロいし、声の低さがたまらん。そしてどこか掴めない独特の雰囲気。
高橋一生はいいキャスティング。

長澤まさみの焦りの演技もなかなか成熟してて、全
>>続きを読む

會議は踊る/会議は踊る(1931年製作の映画)

3.4

ミュージカル(?)の割には歌が少なくて、あるとしても一曲一曲が同じパターンの繰り返し。

ミュージカルとしては駄作だけど、膨大な人の数、豪華絢爛な装飾や衣装は良質。

主人公が馬車でロシア皇帝の用意し
>>続きを読む

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

4.3

2回目の鑑賞。
はじめは面白いファンタジーラブストーリーとして観ていたが、二度目だと、歌や夢や動物やらディズニー映画のお約束を片っ端から皮肉る映画にみえた。
いいぞ、もっとやれ

それでも、最初のアニ
>>続きを読む

ガソリン・ボーイ三人組(1931年製作の映画)

4.0

オペレッタというのかな?
歌もあるし、スラップスティックなコメディシーンもあり、軽やかなダンスシーンもある。
ミュージカルの元祖を覗いてる感じ。

主人公のバカ男三人組の軽快な争いも楽しくて歌は普通に
>>続きを読む

オルフェ(1949年製作の映画)

3.8

バイクに乗った死神やバックミラーがもたらす死など、もとの神話を現代的な記号に置き換えてアレンジ。
それがしっとりとハマるからすごい。その凄みは原作の親和性にもあり、演出にもある。

死神の女優がとても
>>続きを読む

どですかでん(1970年製作の映画)

3.4

冒頭は明るいほっこりとした色彩。

明るい話かと思いきや、鉄道少年やアル中の親父など、頭のイカれた連中ばかり。
不器用ながらもコツコツと生活をしている。

個人的には総じて暗闇ばかり感じてしまって、い
>>続きを読む

>|