カールさんの映画レビュー・感想・評価

カール

カール

映画(159)
ドラマ(0)

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

3.5

ジェイクは正義感が強く、悪を許さないことを心情にしてたみたいだけど、結局証言しなかった。自分の家族のこととか色々考えたのかもしれないけど、所詮その程度
自分の中の正義との葛藤を表すために、涙目になって
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

大好きな作品
恋と家族との間で揺れる自分との葛藤。
演技は言わずもがな
母親は自殺だったかもしれないですね。
この話の原題にまつわる、カマキリの話はすごく納得ができた。
何がいいとかあまり口に出せない
>>続きを読む

インビテーション/不吉な招待状(2015年製作の映画)

3.0

この映画から学んだことは一つ、宗教には入るな!
ねー帰りましょ!帰らない!
帰ろう!いいやダメよ!
意味わからん!初っ端から疑ってたのに帰らない。最初から最後までメッシ帰れよ!と思った。知らないジジイ
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

何度見ても鳥肌が止まらない
見入ると言うよりも、本当に吸い込まれるような感覚で映像に引き込まれた。
サニーパワールくんの演技はすごかった。他の人も演技がすごく上手だった。一つ気になったのが、デヴパデル
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.5

最後のナレーションがなければ、パンは敵なのか味方なのかわからなかったし、本当に王国があったのかもわからなかった。
真相がわからなかったかもしれないけどナレーションがなくても良かったかも
終始苦しかった

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.4

面白かったと思う。賭けに出たんですね。
ゾンビが出ると急に安っぽくなっちゃう

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

新鮮な新しいゾンビ映画だった。
自ら胞子嚢を開くメリットって何?これ以上増えないため?自分が中にいたら殺してしまうからわざと格別するため?中の人の飯はどうしたんだろう。手前の扉で空気浄化できたとしても
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.7

親から子へ、育ての親から子へと受け継がれる意思。
主人公とヒロインが搭乗し怪獣を倒す理由として、復讐があった。主人公は兄を殺され、ヒロインは家族を殺された。
これはこの映画において結構重要だったと思う
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

4.0

ただ一つ悔いに残ったのが、dvdで鑑賞したこと。この映画を劇場とまでは言わなくてなくても、ブルーレイで見たかった。
映像、音楽、効果音の使い方やEDのチョイス、タイプライターカタカタに至るまで全てが好
>>続きを読む

ターミネーター4(2009年製作の映画)

3.3

金曜ロードショーぶりにみた。
アクションは普通に楽しめたし、自分がヘリに乗って落ちる気持ちになれるなんて、そうあるもんじゃ無い。セルティみたいなバイクはほんと一番かっこいい。
冒頭の実験のシーンはどう
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.5

やはり最高の映画。
自分的にはこの映画において、恋愛映画にありがちなそういうシーンがなかったことをとても評価したい。
本当の愛というものは、身分や生い立ちを越え、地位や名誉、宝石までをも振り払い、たと
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.7

久しぶりに鑑賞。来年この舞台の年になる、楽しみです。
いい意味で、スターウォーズとターミネーターとバックトゥーザフューチャーの要素を合わせたみたいな作品だと感じた。ガラスに突っ込むスローモーションや階
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.8

AIと人間との愛を描いたSF恋愛映画。
林原めぐみさん大好きです。大好きな声優さんだけに複雑な気持ち。
この映画で嫌だったのは、あの官能小説の音読。AIと人間との恋愛をどう表現するかっていうのはわかる
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

いい意味でも悪い意味でも、あまり語られておらず、こちら側に判断を委ねる映画だった。
個人的にはヌードがない方がよかった。特にミシェル・ウィリアムズは好きな女優なので、あまりみたくないです。
題材的には
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

久しぶりに地球外生命体の映画見ました。
食料は水や空気って言ってたからどこまでも大きくなれるのだろう。全体が目であり脳であるって言ってたのに、途中から顔みたいなのができてビックリ。2があったら見てみた
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

妹おばあさんのカツラっぽさが終始気になってしまった。
まぁそれはいいとして、とても良くできた作品だと思う。親と子の立場の違いだったり、生存者と感染してるかもしれない人たち。極限状態の中での、それぞれの
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.4

どうしてもストーリーが気になってしまうのが悪い癖。こんなこと本当は考えたらダメだと思うんだけど、矛盾みたいなものを多く感じてしまう。
ペギーはどうやってあの地位まで上がったんだろう。戦闘シーンでは大佐
>>続きを読む