おばけシューターカワサラキさんの映画レビュー・感想・評価

おばけシューターカワサラキ

おばけシューターカワサラキ

映画(476)
ドラマ(0)

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.0

面白い!
悲劇の天才アランチューリングは現代に続いている数学やコンピュータの礎を築いた数学者であるが、代表的な仕事は停止問題、チューリングマシーン、そしてチューリングマシーンである。
停止問題とは、現
>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ(2003年製作の映画)

3.4

めちゃくちゃアクションもちゃんとしてるのに、ミスタービーンが戦ってるようにしか見えない。30年かけてコツコツ積み上げたビーンのキャラが強すぎた。

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!(2007年製作の映画)

3.3

前作よりストーリーに重点が置かれてる分、ミスタービーン的ギャグがナリを潜めて若干洒落た演出に寄せてる印象。超下品なカットとかは少ないですね。いい意味で。
ストリートパフォーマンスのシークエンスはオリジ
>>続きを読む

ビーン(1997年製作の映画)

3.5

誰とは言わないがホリエモンと氏の対談動画をみてこの映画を思い出した

絵画の修繕は予想を上回る出来でさすがはMr.ゴーン。猿にされたキリストのフレスコ画が全然マシにみえる
5000万ドルもする絵をめち
>>続きを読む

ソドムの市(1975年製作の映画)

2.9

歴史に残る問題作としてタイトルだけがやたら引用されているのをよく見るが、内容については知らなかった。
結局上映禁止になったとか、監督が極右に暗殺されたりとか、日本で猟奇殺人を起こした犯人が本作に影響さ
>>続きを読む

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

3.9

有名な”初心者におすすめ元気が出る映画”コピペに名を連ねる作品。いわく、「女版はじめの一 歩。ボクシングで成り上がるサクセススト ーリー!!」。やめなよ。

この映画では悪役は明確に描かれるも、なにが
>>続きを読む

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

3.2

昔にロードショーで鑑賞。楽しめました。
記憶が曖昧だが、ラスト付近のみなが微笑んでる立ち絵が印象的だった

パラサイト(1998年製作の映画)

3.4

のちにロードオブザリングのフロドを演じるイライジャウッドが主演の爽やかなB級ホラー。
寄生虫の弱点がドラッグという都合から、最初は馬鹿にしてた不良カップルと力を合わせていく展開や、これまた不良が舐めた
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ(2007年製作の映画)

2.3


スピルバーグが改変させる前のエンディングは本当に酷かった。

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

3.8

古い作品を観たとき「元ネタはコレだったのか!」と驚くことがしばしばあるが、本作を最初に見たときも「あの嘘字幕Flashの元ネタはハートマン軍曹だったのか…」と感動した。
シャイニングでギネスに載るほど
>>続きを読む

パール・ハーバー(2001年製作の映画)

3.3

だいぶまえの鑑賞。
マイケルベイだけあって空襲のシーンの緊迫感というか“現場感”はうまい。沈没する船の隙間から伸びる手が動かなくなっていくカットは息が詰まった。
どうしたってプロパガンダとまでは行かず
>>続きを読む

トリハダ 劇場版2(2014年製作の映画)

3.1

ビックリ系のないホラーを探してる時にオススメされ、1から継続して鑑賞。
もとはテレビドラマシリーズだが本作も短編のオムニバス形式で、幽霊を出さない、日常から逸脱しないと言った制限を設け、人の怖さに着目
>>続きを読む

悪魔の毒々モンスター(1984年製作の映画)

3.1

B級といえば、という印象だけど割と表現が奇抜だったり。
立派に育った息子がイェール大学まで進学して卒業したらトロマエンターテインメントとかいうB級専門会社立ち上げてて、本作がちょっとウケて小銭稼げてよ
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.8

CIAの仕事っぷりにある意味戦慄する話。
以下コピペ、
CIA秘密工作本部作戦支援部のトニー・メンデス(ベン・アフレック)は6人をイランから救出するため、『アルゴ』という架空のSF映画をでっち上げて、
>>続きを読む

サイモン・バーチ(1998年製作の映画)

3.7

恐らくムコ多糖代謝異常症の、身体や臓器の発達に異常のある少年サイモンの話。1ミシシッピ、2ミシシッピ…という数え方はこれで知りました。

野球カード、ふたりで分けてというセリフめちゃくちゃ泣ける

ジャック(1996年製作の映画)

4.0

良い。
いわゆる早老症の少年ジャックの話で、人の4倍の速さで歳を取る。小学校へ通い始めたときは既に、40歳くらいの見た目に…しかしブロッコリーは苦手

ロビンウィリアムズ、ほんといい俳優だなあ

ビッグ(1988年製作の映画)

3.9

古き良き名作。
移動式遊園地(←映画っ子なら誰もが憧れたヨネ!)の怪しげな占いマシーン【ゾンダー】に、「早く大人になりたい(ジェットコースターに身長足りなくて乗れんかったから)」とお願いをした翌日、せ
>>続きを読む

世にも奇妙な物語 映画の特別編(2000年製作の映画)

3.1

雪山の話が印象的で、他があまり思い出せなかったので流し見。

雪山は、四名全員が眠らないよう山小屋の四角にそれぞれ人を配置し、一人が次の角まで行き起こし、起こされた人が次の角へ。を繰り返していく有名な
>>続きを読む

ぼのぼの(1993年製作の映画)

3.2

原作もアニメも大好きなぼのぼのの最初の映画であるが、監督脚本と絵コンテ、声優(!)を原作者いがらしみきお氏が担当しただけありアニメ版の画面のような緩さは十分だった。意外になかなかシリアスな内容だったが>>続きを読む

ハンニバル・ライジング(2007年製作の映画)

3.2

青年期のハンニバルレクターにあれほど極端な美形役者を充ててることからも、ドラマ版から強く感じた「かっこいいレクター像」を撮りたいという気概がここにも出ていた。
食人へ傾倒するきっかけとなった事件はなる
>>続きを読む

レッド・ドラゴン(2002年製作の映画)

3.5

ハンニバルレクターは控えめの登場であるが存在感はすごい。冒頭のオーケストラやSweetbreadのいちいちおしゃれな感じがレクター博士らしい。

デイ・アフター・トゥモロー(2004年製作の映画)

3.3

観てると寒くなる作品。結構前なので覚えてませんが、隕石や怪物と違ってじわじわ消耗する様子と逃げ場がないという性質が良い働きをしていたと思う。
ディザスタームービーでたびたび犠牲になる自由の女神かわいそ

ラスベガスをぶっつぶせ(2008年製作の映画)

3.2

史実を基にした話。21のタイトルが示すとおり、ブラックジャックでカウンティングし金を稼ぐ話で、元ネタがあるからかレインマンやハングオーバーよりリアルな描写に見える。
この作品のモデルとなったジェフマー
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを2(1993年製作の映画)

3.6

ジャケットにデカデカとWHOOPIって書いてあるのウケるな

前作が成功したから取り急ぎ作った感のある雑な脚本はさて置いて、生徒たちのガチ歌はとてもよい!
途中授業をサボって屋上でNaughty by
>>続きを読む

ザ・ダイバー(2000年製作の映画)

3.5

息止め対決とか観ててしんどかった記憶。人って息止めすぎると鼻血出るんすか?

パーフェクト ストーム(2000年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

どんどん船員が減っていき、船も壊れてきてるのに波は収まらず「これどうなるんだ…?」と思ってたら、物の見事に全滅してウケた

102(2000年製作の映画)

3.4

映画にたびたび出てくる謎の精神医療で犬を可愛がり出したクルエラのカットがどれも良く、もし彼女が鐘の音を聞かなかったら?とifストーリーを考えて勝手に切なくなる

101匹わんちゃん(1961年製作の映画)

3.7

結構人生に影響してそうだな
今見ると絵柄に手書き感があり味がある

101(1996年製作の映画)

3.6

DVD貰って改めて観賞。やっぱり楽しいね
冒頭の出会いのシークエンス、ポンコツの悪党とディズニーと相性がいい要素が多い

40歳の童貞男(2005年製作の映画)

3.6

面白い。邦題で損してる気もしなくはないが、原題もこれだし内容もこれなんで仕方ないか

童貞を卒業するという明確なゴールに向かって色々頑張る話だが、そこまで下品ではないラブコメディ。
途中のGay Di
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.5

HALのアルファベットを一つずらすとIBMになるのは有名な話だが、キューブリックはそれを否定してるとかなんとか

>|