ジョン大夫さんの映画レビュー・感想・評価

ジョン大夫

ジョン大夫

オルカ(1977年製作の映画)

3.2

恐らく、公開当時に観ていたら全く異なる印象を持ったでしょう…。

シャチの立場に感情移入をさせ、人間に対する復讐心を共感させるという演出は当時としては、かなり面白い試みだったのではないでしょうか。
>>続きを読む

パニック・マーケット3D(2012年製作の映画)

3.2

近所のTSUTAYAで漸く発掘!

サメ映画界では中々の良作!との評判通りの一品でしたw

大真面目にマヌケな行動を取るという、良い意味で期待を裏切ってくれる演出。
そしてどのキャラも妙に人間味に溢れ
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.6

「ホッコリ心暖まる、和製ファンタジー風ラブコメ」

原作は読んだ事がないので、その辺りの設定はよく存じ上げませんが、日本人の感性あっての映画かなと思いました。

本作品では「死」を重く辛いものとしては
>>続きを読む

キャビン(2012年製作の映画)

3.2

HAHAHA!

…詰め込み過ぎです笑

前半は王道ホラーといった様相で、場面展開が全体的に暗くかなり見辛いです。
ストーリーも正直ずっと(???)が尽きませんでした。

なんと言いますか、
「ホラー
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.4

劇場公開を見逃し、レンタルを心待ちにしていた本作。

「ロスト・バケーション」といい最近のサメ映画は豊漁ですねw
(雑魚がいっぱいいるだけとは言ってはいけない)

演出的には「オープン・ウォーター」寄
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

1.2

このレビューはネタバレを含みます

最低映画の基準に「デビルマン基準」なるものがあります。
正直なところ、そこまで原作デビルマンに思い入れがなかった私は、面白半分にこの言葉を流用して参りました。

しかし…今回この「鋼の錬金術師」を鑑賞
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

満を持してのスーパーマン復活!!

…ではなく予定調和のような復活劇は、カタルシスとしては物足りませんでした。
ただ改めてスーパーマンの異常性内し、ヒーローとしての強さの指標としての存在感を痛烈に物語
>>続きを読む

オープン・ウォーター(2004年製作の映画)

3.0

地味

と言ったらそこまでですが、淡々と流れていく映像故にリアリティーを感じる作品だと思いました。

開放的な気分に浸らせてくれた海が、突如として肉体・精神を徐々に蝕んでいく様は、海上に放り出された人
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.2

ゴジラである必要はあったのだろうか…

いや無い。

と思ってしまったものの、三部作との事なので暫定評価です。

脚本の虚淵さんは個人的に好きなので、これから物語がどう転んで行くのか楽しみではあります
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

古典的ホラーコメディといった雰囲気。
ホラー版スタンドバイミーとは良く言ったものです。

怖いというよりピエロの動き、演出で度々笑ってしまいましたw

三部作の予定らしいですが、果たしてどうなるでしょ
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

2.5

期待値が高かった分、がっかり感が…。
デカすぎる釣り針にかかった気分です。

料理の演出などは綺麗で本当に美味しそうでした。

ただ、主人公に致命的に魅力がない!
登場場面では「気難しい顔した二宮が映
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.4

控え目に言って…

最高です!!!

正直初めに予告を観た時は、
「何だこのチープなBGMは?なんか安っぽそうだな」
と思っていた私です。

しかし、いざ劇中で件の音楽が流れると…
監督ならびに音響さ
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.4

メッタメタのメタ映画(褒め言葉)

銀魂だから許される演出のオンパレードでしたねw

賛否両論など当たり前!私は好きです^o^

ただクライマックスの対決シーン…
あれはちょっとなー。

キッド(2000年製作の映画)

3.6

子供の頃は、誰もが色んな夢を持っています。
それは自分の能力の限界を知らないから…。

年を重ねるにつれ、
経験を重ねるにつれ、

人は自分に出来ないことを学んでいきます。
そして、自分に合った生き方
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.2

輪廻転生(犬限定)ハートウォームストーリー。

正直邦画タイトルには色々突っ込みどころの多い昨今ですが、このタイトルはピッタリだと思いました(^ω^)


内容も、必要以上に奇をてらわない分かりやすい
>>続きを読む

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

3.8

肉。肉!肉!!

猛り踊り狂う脳筋映画(褒め言葉)
それがこの映画、300スリーハンドレッドです!

史実における紀元前の戦いである「テルモピュレーの戦い」をドラマチックかつ肉肉しくかつ雄々しく描いた
>>続きを読む

キング・オブ・エジプト(2015年製作の映画)

3.2

映画の冒頭から思った感想…
「日本の広告はホント嘘つきだ!」

…これに尽きます。

まあ別に映画自体つまらなかった訳ではないですが^^;

この映画を見て私が感じたのは、
(聖闘士星矢+ハムナプトラ
>>続きを読む

>|