kassyさんの映画レビュー・感想・評価

kassy

kassy

気ままに映画館で観るのが好きです。
最近は試写会によく行ってます。
以下、採点基準
5 人生の中でつけることがあるかわからないもの。
4.5〜4.9 人生に残る映画
4.0〜4.4 面白い!自分が好きな映画
3.6〜3.9 面白い映画
3.5 平均点
3.0〜3.4 面白いけどグッとこなかった映画
2.0〜2.9 う〜ん
1.0〜1.9 悪い意味で驚く

映画(402)
ドラマ(9)

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.7

試写会にて。
バート・レイトン監督登壇で、貴重なお話を沢山聞けた上に即席サイン会まで。とてもフレンドリーな監督でした^_^

ケンタッキーのトランシルヴァニア大学には12億円もの貴重な本が展示されてい
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.5

試写会にて。

認知症になった父と家族の物語。
湯を沸かすほどの熱い愛の中野量太監督最新作です。

中野監督らしい人間に対するあたたかで愛のある目線で描かれた、優しくユーモラスな認知症の物語となってい
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.6

マ・ドンソク兄貴作品!!

2004年に起きた実際の事件を基にしたフィクションであり、
韓国朝鮮族マフィアvs中国朝鮮族マフィアvs警察の三つ巴で韓国版仁義なき戦いを描きます。

いや〜恐ろしすぎる修
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.9

FWS職員とFBI捜査官が、ウインド・リバー保留地にて起きた少女の死の謎に迫る…

ウインド・リバーという寒くて閉ざされた土地にネイティブ・アメリカン達が追いやられ、保留地は治外法権であり助けもなかな
>>続きを読む

グラビティ 繰り返される宇宙(2019年製作の映画)

3.3

デッドゾーンでさまよう宇宙船アウロパ号は時空のねじれで未来のアウロパ号と衝突する。未来を変えられるのか…

インターステラー系の時空のねじれをテーマにしたSF。
死んでる自分とご対面するという恐怖から
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.2

吹替版にて。

ファンタジーが世知辛い現実の世界に迷い込む世界観。

クリストファー・ロビンが仕事人間になっちゃって…なんというか物悲しい…

なんというかヌルくてつまらない…
ひねくれた大人になって
>>続きを読む

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

3.4

試写会にて。

JJ.エイブラムス製作のナチスゾンビホラーもの。

戦争物のドキドキあり
ゾンビのドキドキもあり
最後の方はバイオハザードのような気分に。臨場感ある撮り方と視点なので、ゲーム感覚の映画
>>続きを読む

町田くんの世界(2019年製作の映画)

3.4

最速試写会にて。

原作既読。
石井裕也監督が少女漫画原作の作品を作るとは、ちょっと意外でした。

原作の町田くんの優しさにほのぼのしてジワジワと感動させてくれる作風がとても好きだったのですが、映画で
>>続きを読む

小さな恋のうた(2019年製作の映画)

3.0

試写会にて。

MONGOL800の名曲小さな恋のうたにインスパイアされて制作された映画。映画をMONGOL800の数々の名曲が彩り、沖縄と米軍基地問題も描く青春映画。

なんとも評価に困る映画だった
>>続きを読む

空母いぶき(2019年製作の映画)

3.7

試写会にて。

総勢22名の役者さん登壇の豪華完成披露試写会。キノフィルムズでここまで大きい完成披露試写会もやるんですね。

かわぐちかいじさんの漫画の映画化。原作は未読です。
原作では中国が日本を攻
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.8

漫画既読。

いやーかなり頑張ってました!
ここ最近の漫画実写化の中でも上位に入る出来栄えだと思います。
お金がかかっていそうな撮影とロケとCGで、スケールはかなり大きさを感じさせました。アクションは
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.6

試写会にて。

ある日悪ガキ少年ビリーは謎の魔術師にいきなりスーパーヒーローにされてしまい・・!?

DC最新作。少年が大人のスーパーヒーローになってドタバタギャグ満載のコメディヒーロー物です。

>>続きを読む

僕たちのラストステージ(2018年製作の映画)

3.8

試写会にて。

1930年代一斉を風靡したお笑いコンビ、ローレル&ハーディ。袂を別つものの晩年2人は再びコンビを組み、映画制作のため興業に出かけるのだった…

お笑いコンビというのは不思議なもの。
>>続きを読む

麻雀放浪記2020(2019年製作の映画)

3.5

時は2020年。2020年3月に戦争が終わったものの、戦争により東京五輪が非開催になった東京に、1945年から雀士の哲がタイムスリップし…

完全なるトンチキ映画なのに、意外と面白くてびっくり!!笑
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.5

試写会にて。

ロシア沖でアメリカの潜水艦が消息を断つ。実はそれは撃ち落とされた事がわかり、攻撃型潜水艦ハンターキラーが原因究明のため現場へと向かい…?!

潜水艦同士の戦いかと思いきや、ストーリーは
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.6

試写会にて。

ドラッグ依存の息子は再発を繰り返し、更正させようと見守る父と息子の実話の物語。

ティモシー・シャラメくん待望の最新作は、スティーブ・カレル演じる父のドラッグ依存の息子。

親子仲は良
>>続きを読む

パパは奮闘中!(2018年製作の映画)

3.9

試写会にて。

ある日突然妻が家出をし、仕事をしながら一人で子育てをする事になった主人公。今までは家庭のことはほとんどせずに仕事に没頭していたが、周りの助けを借りながら生活していくのだが…

ベルギー
>>続きを読む

ホフマニアダ ホフマンの物語(2018年製作の映画)

2.5

試写会にて。

ドイツ幻想文学の巨匠E.T.A.ホフマン。彼が「くるみ割り人形とネズミの王様」「黄金の壺」「砂男」といった代表作の登場人物たちとともに、現実世界と空想世界(アトランティス)をさまよい続
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

4.0

試写会にて。

1950年代。法大学院を首席で卒業したルースは、女だからという理由で弁護士になれずに大学教授となる。しかし弁護士になる事を諦めないルースは、理解のある夫の協力を得て、1970年代に法律
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.5

埼玉をdisってるけど、根底には埼玉愛が感じられる映画。
ぶっ飛んだ世界観ではあるが、さすが武内監督、この世界観を見事に映像化している。おおいに笑った。

ただ、前半は設定の面白さやキャラの面白さがス
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.6

試写会にて。

1970年代。コロラドスプリング署初の黒人刑事として採用されたロンは、白人至上主義団体KKKに同僚のフィリップと力を合わせて潜入捜査を開始していく。

アカデミー賞脚色賞を受賞した本作
>>続きを読む

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.4

フォルトゥナの瞳という、死の直前の人間が透けて見えるという目を持つ主人公の悩みと葛藤、そして恋愛模様をサスペンスタッチで描く。

恋愛映画の名手、三木孝浩監督の最新作で意欲作かと思われる。三木監督なら
>>続きを読む

君は月夜に光り輝く(2019年製作の映画)

3.0

試写会にて。

"発光病"という病に侵された同級生、まみずの病室を訪ねたタクヤ。ひょんな事から、病院から出られない彼女のやりたい事を代行するようになり…

月川翔監督と北村匠海くんで余命短い女の子の願
>>続きを読む

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

3.5

試写会にて。

1950年代、戦争未亡人のフローレンスは本屋を開業しようと決意する。しかし、それをよく思わない町の有力者の妨害にあい…

フローレンスが開くブックショップのお店の感じがとっても可愛い…
>>続きを読む

きばいやんせ!私(2019年製作の映画)

3.5

試写会にて。

自身の不倫の為、今はディレクターをしている元女子アナの主人公は、番組の企画で昔住んでいた鹿児島県南大隅町の御崎祭りを取材する事になり、南大隅町を訪れる。しかし祭りは過疎を理由に簡略化し
>>続きを読む

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

3.5

試写会にて。

母と兄弟の5人家族は何かから逃げるように母の旧家へと戻ってきて新しい生活を始める。しかし、その家では何か不穏な音や存在が見え隠れし…

家にまつわるスペイン発のスリラー。
思わせぶりな
>>続きを読む

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(2018年製作の映画)

3.7

試写会にて。

夫の死去により、イングランドの正統王位継承者のメアリーはスコットランドへと戻ってきた。現在のイングランド女王のエリザベス1世は気が気ではない。なんとかメアリーに力をつけさせないように色
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.6

試写会にて。

仕事や外の世界にかまけて家族を顧みなかった主人公アールは、90歳にして大切にしていた仕事を失い、家族にも疎まれる存在で孤独であった。ある日車を運転して運ぶだけで金になると紹介されて始め
>>続きを読む

サムライマラソン(2019年製作の映画)

2.9

試写会にて。

マラソンの発祥と言われる安政遠足をベースにし、参加する者たちの悲喜こもごもを描く。

題材的にはコミカルそうな題材なのに、蓋を開けてみるとジトッとした泥臭い時代劇だった。外国の監督が撮
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.4

試写会にて。
IMAX3D字幕。

原作未読。

映像美は素晴らしい。サイボーグの動き、表情、バトル、モーターボール、背景グラフィックは綺麗。3Dで見る価値はある。

だが、肝心のストーリーは、原作は
>>続きを読む

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

3.4

試写会にて。

ディストピアスチームパンク映画。
未来でありながら文明が荒廃し、都市単位で移動しながら都市を飲み込んで勝っていく。主人公へスターは母親を殺された復讐を果たそうとしていく中で、混乱に巻き
>>続きを読む

半世界(2018年製作の映画)

3.3

試写会にて。

伊勢志摩の山あいで備長炭を作り続ける主人公の元に、元自衛隊の旧友が帰ってきた。訳ありの旧友、いじめにあっている息子、うまくいかない仕事…39年生きてきた、彼に待ち受けるものとは。

>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.8

試写会にて。

没落して従姉妹のサラを頼ってイギリス女王陛下のお屋敷に女中として潜り込んだアビゲイルは、瞬く間に登りつめていくのだった…!

今までかなり独特な世界観の作品を世に出してきた鬼才ヨルゴス
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.7

試写会にて。

2018年にsearchと同じくサンダンス映画祭で賞を受賞した本作。
searchが画面上だけのサスペンスなのに対して、こちらは音だけのサスペンス。
ジェイク・ギレンホール主演でハリウ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.1

試写会にて。

1960年代、NY。クラブで働くイタリア人のトニーは、腕っぷしが強くてデタラメを言って世渡りが上手い男だった。クラブが改装工事の間に、黒人ピアニストのシャーリーにコンサートツアーの運転
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.0

試写会にて。

なんとニール・アームストロングの実の息子であるマーク・アームストロング氏がゲストだった!(◎_◎;)
映画で描かれているシーンの裏話を生で聴けるのです。何という事だ!

面白かったのは
>>続きを読む

>|