カミタカさんの映画レビュー・感想・評価

カミタカ

カミタカ

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.8

いやそりゃないだろってくらい強い敵との戦い+ワンピース史上もっとも豪華な顔ぶれが揃っているのでワンピース好きとしてはたまらなかった。
強いて言うなら時間が短かったため、最後のクライマックスあたりが早足
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.3

観る人を選ぶ映画。残酷なシーンが多い反面。最後の最後の展開はやや難解かつ独特の世界観だったのであまりよく理解できなかった。
大女優のユマサーマンが序盤でかなり無駄遣いされてたのが印象的。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.1

ザ・キャリアウーマンが大活躍する映画。最後の最後の展開とセリフが清々しく観ていて気持ちよかった。
最初に時系列遡る系の作品なので伏線回収も楽しめる良作。

アス(2019年製作の映画)

3.9

不気味映画。途中でこんな感じのオチになるのかな?っていう予想通りのラストにはなったが、ゲットアウト同様とにかく不気味。オチを知るだけでは良さはわからず、全体的な雰囲気とともに楽しむ映画だと思った。

世界の中心で、愛をさけぶ(2004年製作の映画)

3.5

日本映画界の王道。長澤まさみがとにかくいい。最後のシーンのカメラワークと平井堅の瞳を閉じてがかなり好き。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.0

鮮やかな風景が広がる一方で、行われる儀式は酷いので、今まで観たことのない感覚の映画だった。狂気じみたものも感じたし、とにかく色んな意味で新鮮な映画だった。

ゆれる(2006年製作の映画)

3.9

久々の邦画。全体的に演技が素晴らしいが、頭ひとつ出ていたのが香川照之。田舎でストレスが溜まっているにもどこに吐き出したらいいかわからないあの絶妙な演技はすごかった。あとオダギリジョーがとにかくかっこい>>続きを読む

インビテーション/不吉な招待状(2015年製作の映画)

3.9

ネットフリックスで「どんでん返し」と打ったら上の方に出てきたので視聴。どれを見てもあまり評価は高くないものの個人的には高評価。
最後まで辛抱したら割と面白い展開になる映画。

猟奇的な彼女(2001年製作の映画)

4.1

以前から知っていた作品。
笑いと感動のバランスがちょうど良いので観やすい。最後の方も意外と伏線回収要素があるのはびっくりした。韓国映画は改めて良い映画多いなと思う。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.1

めちゃくちゃ元気になる映画。もともとロバートデニーロ好きだったが、より一層好きになった。アンハサウェイの演技も神。いいものづくしの映画だった。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.9

本当に女は二度決断していた。視覚的な描写はなく、心の中の葛藤を想像するとより楽しめる作品。前半は常に伏線を探しながら観ていた。

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

3.8

最後の方でとんでもない事実が!?って感じの映画ではないが、末恐ろしさを感じた、王道ではあるものの既視感はあまりない気がする。不思議な映画。

アンノウン(2011年製作の映画)

3.8

最初から最後の直前まで「??」ってなってた。最後になって謎が解明されたので、スッキリした。好きな人はかなり好きだろうなーと思う作品。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.2

今まで一回も見た事なかったが視聴。始まる前に20分くらい予習しただけだが、とにかく面白かった。
主人公にがっつりと感情移入できるようなシナリオになっている。騒がれるほど人気の理由がわかった。

マイ・ガール(1991年製作の映画)

3.9

マコーレーカルキンの子役時代の作品。どうしてもホームアローンが目立ちやすいこの時の彼の演技もめちゃくちゃいい。映画自体も色々考えさせられるものなので是非観て欲しい。

ホステル3(2011年製作の映画)

2.9

ホステル1,2を観た人からすればやや物足りないでしょう。刺激もなく、ストーリー性にもかける作品。前作よりもややひねられているので、そこだけはいい点。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

斬新な映画。終始MacBookの画面上で繰り広げられる物語だが、飽きない。以前同じような画面オンリーのホラー映画を観たが、それには無いような臨場感があった。細かいが、メッセージを書いてやっぱり消すとい>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.1

少年が夢を諦めない王道映画、ノンフィクション。他の映画と違う点は、夢を拒もうとする側(ここでは炭鉱で働く父)もうまく描写しているところ。
見所が多いのでぜひ試聴していただきたい。

ノック・ノック(2015年製作の映画)

3.3

胸糞映画。いつもは敵をバタバタ倒しているイメージのキアヌリーブスがめちゃくちゃ苦戦している。一方グリーンインフェルノで苦しい思いしている女性が超悪役という皮肉さ。
とにかく観てほしい。

ロサンゼルス女子刑務所(2013年製作の映画)

2.6

これでもかってくらい胸が出てくる。こんなもういいわってなることもあんまない感じがする。

ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット(2012年製作の映画)

3.4

映画あるあるの「いやこいつ強すぎんでしょ」的な相手を2時間で倒してしまうスピード感があった。映画版の良さでもあり少しの物足りなさを感じた。
それでもワンピースはアクションの見せ方が本当にうまいと思う。
>>続きを読む

ONE PIECE FILM GOLD(2016年製作の映画)

3.5

ワンピースの映画を初めて視聴。想像していたよりも深い内容で面白かった。アニメの1編1編が長い分バトルが短い気がしたのが残念だったが、またワンピースの別の良さを感じられた作品だった。

ゲーム(1997年製作の映画)

4.0

デビッドフィンチャーっぽいなっていうのは感じた。最後の二転三転感はまさしく僕が好きな展開。
個人的にはこの頃のショーンペンが一番かっこいいと思う。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.0

タイムループ系は当たり外れが多い中、全く飽きることなく観れた。タイムループ×ホラーが今まであまりなかったからなのかもしれない。

スティング(1973年製作の映画)

4.3

最高だった。もともとどんでん返し映画が好きだったが、この映画はパイオニア的作品ということもあり、それだけでも観る価値がある。
最後のシーンももちろん好きだが、列車のシーンも本当に好き。

バッファロー’66(1998年製作の映画)

4.0

独特な世界観を生み出している映画。特に回想するときの演出、見せ方が今まで観たことない感じだった。ラスト主役がどのような選択をするか、という点が見事な演出で表現されているので凄かった。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.1

憎しみの連鎖から何も生まれないし、一見悪人に見える人でも根底に正義感を持っていたり、様々な人々の人生を覗き見してる気分だった。

想像していたものとは違ったけど、これはこれでまた良い。

レインマン(1988年製作の映画)

4.0

超豪華共演がやはり見どころ。ダスティンホフマンは言わずもがな、トムクルーズは怒りを爆発させる演技がめちゃくちゃうまい。終盤になるにつれレイが心を開いていく姿がとても良い。

特別な兄弟愛を感じた映画だ
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.1

爽やかでスピード感のある映画だった。この手の映画はあまり観ないが、引き込まれた。コリンファースっていう俳優もあまり出演作品を観たことなかったが、良い俳優だとわかった。

次回作も時間あれば観たい。

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

3.8

とにかくなんとも言えない感情にさせられる作品。これは誰が悪いのかっていう感じになる。誰も悪くはないだろうが、はたしてみんな幸せになっているのだろうかというのは、ぜひ観た人に聞いてみたい。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.9

演出が最高な映画。あとズーイーデシャネルがかわいい。ジョセフゴードンレヴィットも大好きだから、総じて好き。

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.9

これはいい。ザックエフロンそんなに好きじゃなかったけど、この時が1番カッコいいと思う。最初と最後の演出が好きかな。

どの世代の人が観ても楽しめる作品だと思う。

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.2

実話。どうせダメだろって思っちゃいがちの人に見てほしい。主役演じてた役者の役作りと演技がほんと良かったので、そこも注目してぜひ見てほしい。

ルディ/涙のウイニング・ラン(1993年製作の映画)

4.3

ザ・王道スポ根映画。努力はした分だけ見返りとして返ってくるのが身に染みてわかった。こんなに上手くいく人生は稀だけど、努力して得たものは必ず人生の糧になると強く感じている。

ひねりはないが言いたいこと
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.9

何も残酷なシーンは出てこないけど終始不気味な映画。。ラストも含みを持たせていて、いろんな解釈ができる。

同級生の顔が若干イーサン・ホークに似てた。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

コテコテのゾンビ映画。でも面白い。元々個人的にこういう映画好きなんだと思う。あるあるだけど、なぜそんなことになるのかという理由がいまいちわからない。

でもこの手の映画としてはラストが割と新鮮な気がし
>>続きを読む

>|