勝智さんの映画レビュー・感想・評価

勝智

勝智

映画(1588)
ドラマ(13)

マルクス・エンゲルス(2017年製作の映画)

3.3

内容がかなり難しいので、理解するのに時間かかるかもしれません。見終わったらネットで調べて、大まかに理解できたかなという程度です。当時の時代は混沌としていて、現代人としては馴染みにくい時代背景の一つかも>>続きを読む

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

死体を井戸から出すため、ロープを探してあれだけ駆け回り、やっと見つけたロープで死体を引き上げようとしたら、国連軍に許可がないと難癖つけられて、ロープ切られた。けど、そのあとに雨が降り、井戸の水位が上が>>続きを読む

ゴールド/金塊の行方(2016年製作の映画)

3.3

金は消えたけど、報酬が貰えたから、めでたしめでたし、

ビニー/信じる男(2015年製作の映画)

3.5

どこかで聞いたことある話かなぁと思ったら、子供の頃に世界まる見えというテレビ番組でドキュメンタリーを見てのを思い出しました。
映画としては、事実ベースの良作です。

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

3.9

3つの異なるストーリーが、あるホテルで交差しつつも、がっつりは繋がらない。笑いあり、事件あり、出会いあり、といっても淡々と進行する映画ですが、個人的には傑作でした。

チップにplumを渡すのは良くな
>>続きを読む

ロング・トレイル!(2015年製作の映画)

3.5

ニックノルティのクズっぷり、相変わらずカッコいいレッドフォード、このコンビを見ていて飽きないロードムービーです。

聖の青春(2016年製作の映画)

3.2

死んでも将棋指しますっていう執念伝わってきました。こんなに過酷な世界なんですね…将棋の勝負

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

暗殺では最初は銃が不発だったので、爆弾使ってます。あの爆発で死なずに生きてるんですね…

エル・トポ(1969年製作の映画)

3.4

奇天烈奇想天外な作品、途中からもはや理解不能に陥りますが、インパクトが強くて、最後はどうなるのか気になり、終わりまで鑑賞しました。いまだによく分かってないですねw

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.1

もっと明るいストーリーかと思っていたら、俺たちに明日は無いとまではいかないもののお先暗い感じでした。デフォーさんじゃなかったら見てないかもしれません。

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.8

麻薬に溺れている教師、麻薬売買の手伝いをし始める生徒。
まさに授業でやっていた相反するものですね。

PK(2014年製作の映画)

4.1

この世の常識を疑う大切さ、決して思考停止にならないでいることが難しいけど、pkは子供のような正直さで、簡単にやってしまう。映画として、めっちゃ社会的なタフなテーマ取り上げてますが、子供でも理解しやすい>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

死を間近に感じて、残りの人生を生きていく様子をめっちゃリアルに描いてました。

リアリズムですね。

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.8

アレハンドロの終わりなき戦いが…まだまだ続きます。
テロと麻薬戦争に希望は無いですね。前作同様の重苦しい雰囲気を醸し出していました。

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

3.5

内容は御周知の通りですが、権力握るとやりたい放題やってしまうところはまるでお子様。
ラストのスタッフロールが遊び心あって面白かったです。

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.7

人種差別の根深い問題をテーマにしながらも、軽快なストーリー展開と潜入捜査で二人一役を行うのはコメディっぽい箇所もあり、面白かったです。

余談
個人的に思うのは、黒人と白人の英語がなぜここまで違うのか
>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

3.3

ウォーターゲート事件を内部から描いております。
しかしながら、リーアムニーソンのハマりすぎな役がいっそう物語のサスペンスちっくといいますか、いい味だしてます。

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.6

めっちゃタフな肉弾戦で、圧倒されましたが、、、ちょい好みではないのです.

ジョー・パターノ 堕ちた名将/パテルノ(2018年製作の映画)

2.6

淡々と進む物語です。アカデミー賞受賞したスポットライトと同じような性的虐待が題材ですが、作風としてはもっとドキュメンタリーに近い感じがしました。

霊幻道士3/キョンシーの七不思議(1987年製作の映画)

3.6

前作が好きでめっちゃ良く観ていたので、子供の頃に映画館に連れて行ってもらい観た記憶があります。前作と全く違う作風だったと子供ながら感じました。

霊幻道士2/キョンシーの息子たち!(1986年製作の映画)

3.8

子供の頃、良く観ていて、怖かったけど、面白いからまた観ていました。

幽幻道士(キョンシーズ)(1985年製作の映画)

3.9

子供の頃何回も繰り返し観たのですが、今はそんなに…何故かなぁ

エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE(2019年製作の映画)

3.7

ブレイキングバッドファンなら一見の価値はあります。本編の後日談で、ジェシーが主人公です。回想シーンもいくつか出てくるのですが、本編を観てから数年経っていたので、若干の記憶の曖昧が…

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.4

ジョーカー演じてたホアキンの不気味な笑いと時折見せる悲しそうな眼。
人生は喜劇、善悪決めるのはその人の主観、笑うか笑わないかも決めるのは自分。
この映画は、コメディ映画ですね。ちょっとブラック過ぎて悲
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.7

凄く良い作品とは手放しに言えないけど、面白かったです。見終わって晴れない気持ちが続きますが、なんとも言えない家族の距離感が描かれています。

二郎は鮨の夢を見る(2011年製作の映画)

4.5

今まで見たドキュメンタリー映画で、一番面白かったです。音楽や映像も良く、芸術と哲学的な映画とも言えるかもしれないです。

ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る(2015年製作の映画)

3.4

捕鯨問題関して教科書のような映画。
教本ビデオという側面もあります。エンタメ映画としての面白さは当たり前ですが、ありません。

見えない太陽(2019年製作の映画)

3.2

淡々と進むストーリーですが、強烈な印象を受けました。
元テロリストの、人生を変えたかったから、という理由が誰でもテロリストになる危険を含んでいるという感じでした。

ハード・ウェイ(1991年製作の映画)

3.2

当時全盛期の刑事バディシリーズのコミカル版ですが、何も考えずに観れるこのシンプルさは最近あまり観ていなかったと新鮮に感じました。
ちなみに、何かほとんどの媒体では無くてたまたまBSでやっていたので偶
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.9

虚実が入り混じったストーリーで、昔の映画を観ているひとなら、元ネタが分かってしまいますが、なんか新鮮に感じるのが、タランティーノ作品の醍醐味です。
今回もやってくれました。ラストはスカッとする結末!!
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.4

ドラマ版のハイライト、ダイジェスト版的な感じもありましたが、クライマックスとラストのシーンは印象的で、忘れられないですね。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.4

深いっすね…そして、盛りだくさんでした。ブレードランナー2049、前作も同じく、他の作品に比べて映像の見せ方が独特に感じますね。

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

3.4

2パックの出演したジュースっていう映画
は良作でした。この映画見てまた見たくなりました。

キング・オブ・ギャングスター(2015年製作の映画)

2.2

サッカーファンのギャングスタ?ギャングスタのサッカーファン?同士の抗争ですね。

>|