taikingさんの映画レビュー・感想・評価

taiking

taiking

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.2

新ヒーローの誕生譚はこれで良いんだよな〜〜!!!!フェーズ4からMCUに入った自分としては初めてリアルタイム鑑賞で新ヒーローの映画を劇場で体感できたのでそれだけでスーパー満足。初めてキャプテンアメリカ>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

4.0

この度3.333バージョンが発売されたのでそちらで鑑賞。

2012年公開当時に2回観に行き、その後テレビで2回、Blu-rayで2回・・・・などなど多分通して5,6回くらいは観てるのですが、なんだか
>>続きを読む

機動戦士ガンダム II 哀・戦士編(1981年製作の映画)

3.9

急に面白くなった。笑

少年少女たちが戦争に巻き込まれていってしまうという軸がより顕著。ランバ・ラルを始めとしたジオン公国側の人間ドラマも面白い!

仲間のために戦死していく人々が本当に呆気なく描かれ
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.3

トゥルーマンショーとレディプレイヤー1とシュガーラッシュを足した感じなのかな・・・と、前情報だけではそんなことを思っていましたが蓋を開けてみたらそのどれでもない極めてオリジナリティ溢れる作品!

ゲー
>>続きを読む

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

3.9

昨年のサム・メンデス監督『1917』に加え、ここ最近NHKで再放送された『映像の世紀』など、世界大戦の様子を捉えた作品を観ることが多く、自分の中で非常にタイムリーだったので鑑賞。

白黒→カラーへ移行
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.5

ありがとう、ジェームズガン。まってたよジェームズガン。大好きだジェームズガン。もうそれしか書くことねえよ

機動戦士ガンダム(1981年製作の映画)

3.6

流石に、流石にそろそろ勉強しないと、と思い立ってまずはファーストガンダムを履修。

そもそも50話くらいのアニメを3本の劇場版にしっかり収めているのがすげえな、と思うんだけどこの1作目だけでガンダムの
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.0

まず第一面白かった!

こういう映画は一言では言い表しにくいけど・・・いろんな描写全てが上手い!

復讐劇、ヒューマンドラマ、ラブロマンス、ホラー(スリラー)とジェットコースターのようにジャンルが変わ
>>続きを読む

ミザリー(1990年製作の映画)

3.9

予想よりもインパクトは薄かったんだけど(少しハードル上げすぎた)キャシー・ベイツのメンヘラぶりが最高、ハラハラ感もちょうど良い!誰がみても「やべえ奴だ」とわからせる演技

イットにしてもシャイニングに
>>続きを読む

ライトハウス(2019年製作の映画)

3.9

なかなか人にはお勧めしにくいけど、とにかく渋くて良い映画だった。前作の『ウィッチ』もそうだけど、どこからが現実でどこからが幻?みたいな訳のわからなさだったり音楽と画力で不快にさせてくる作風は今作も健在>>続きを読む

RUN/ラン(2020年製作の映画)

3.9

searchがめちゃくちゃ面白かったので期待してた!こういう映画も作れちゃうんだから監督すごい(searchに出てたあの女の人が少しだけ映るところで鳥肌たった)

ヒトコワスリラーとしてちゃんとハラハ
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ! FILE-02 暗黒奇譚!蛇女の怪(2015年製作の映画)

3.6

現時点でのシリーズ最新作にして1番の異端作笑まさかのラブストーリー・・・それもまた歪んでるところが白石イズム

投稿映像の長さや全体的なテンポ感がスローなのもあってシリーズの中ではかなり微妙・・・だけ
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.6

細田・・・・・・細田( ; ; )やっぱりお前の癖は治んないのか( ; ; )と、言いたくなってしまった本作。

アニメーション・楽曲のクオリティ、何と言っても中村佳穂の歌唱力(と予想以上の演技力!)
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.2

飽きるほど観てるけどやっぱりエンタメとして完璧〜老若男女全ての世代が難しいこと考えずに頭から尻尾まで楽しめる最高の娯楽映画だと思う

恋愛もバトルも心理戦も家族愛も全部詰まってるしちゃんとオモロい、O
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.8

なんか初めて観た時にめっちゃつまんなくてなんやこれと思ってたんだけど久しぶりに観たら思ったより良かった!まずはシンプルに楽しめる作品だったと言うことでこの点数

父と子の話、子供の成長の話を描きたいの
>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

4.5

やっぱり細田作品史上現時点でナンバーワン。めっちゃ久しぶりに観たけど、頭から尻尾までずっと泣きそうになってた(案の定ラストでボロボロ泣いたわけだけど)

「狼と人間が交わるの意味わからん」「親父に責任
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ! FILE-01 恐怖降臨!コックリさん(2015年製作の映画)

4.0

コワすぎ!シリーズの壮大さに慣れてしまい、こじんまりとした新シリーズに若干の戸惑いを覚えながらも(笑)とにかくコワすぎの良さは全て詰まってる傑作!

・強がる工藤とヘタレな工藤のギャップ萌え
・前作の
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.3

前評判の悪さからなんだかんだで観ておらず、そばかすの姫公開前ということでやっと鑑賞。結果思ってたよりは良かった

結局のところ監督がやりたかったモノとみんなが見たかったモノが違かったのかな・・・たしか
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.3

小さい頃から何回も観たし話も全部覚えてるんだけどやっぱ良い。言うてすげえ久しぶりに観たけど。

タイムリープというSF要素と恋愛・学園モノという青春要素のバランス感がとにかく絶妙で、どちらも過不足が無
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.1

マーベルの新作がやっと映画館に帰ってきた、というだけでもう満点!みたいなところある

予想以上に重くて暗い作風ながらも爽快なアクションと時に笑わせてくる・楽しませてくれるアベンジャーズネタが良い。待っ
>>続きを読む

回路(2000年製作の映画)

3.5

正直映画としての細かい部分はなかなか難しく難解な内容だったので個人的には合わず。

でもとにかく中盤くらいまでマジで怖い。去年からたくさん映画観るようになって、特にホラー映画たくさん観たけれどダントツ
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.6

おもろかったのラスト20分だな〜せっかくパワー系怪獣映画で面白いはずなのに人間側のあれこれがすごくノイズに感じてしまった・・・サミュエル〜惜しいよ〜

キャラクター(2021年製作の映画)

4.0

オリジナル脚本でこの惹き込み方 + 全員が口を揃えて絶賛するセカオワ Fukaseの怪演が見事すぎる!根本的に闇を抱えてる(ファンだからこそ言いたい)人間だから生まれる妙な説得力というか・・・めちゃく>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章(2015年製作の映画)

4.1

シリーズ完結編に相応しい構成。これまであまりフォーカスが当たらなかった田代が主人公な時点で100点満点。そしてあの江野くんがとにかくかっこいい。『オカルト』観てからぜひ今作観てね。

市川・工藤のさま
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版(2014年製作の映画)

3.9

出てくる人全員頭がおかしい。そう改めて自覚させてくれる劇場版。ここまでずっと観続けていると「そもそもこいつらはなんで自分から死にに行くようなことをするんだ」と疑問すら感じてしまうのですがその疑問すら吹>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 劇場版・序章 新説・四谷怪談 お岩の呪い(2013年製作の映画)

3.8

名女優:市川の熱演が最高な一本。除霊のくせにデジタルな機器を取り出してくる時点でめちゃくちゃ胡散臭い。笑

ラストでは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が爆誕。これガチです。(監督が公言していて更に笑っ
>>続きを読む

邪願霊(1988年製作の映画)

3.4

確かにそんなに怖くないしクオリティも微妙、しかし80年代末にこれが作られてなおかつジャパニーズホラーの元祖的立ち位置になったことを考えるとめちゃくちゃ納得の完成度。というか「そうそう!この映し方〜!」>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

3.1

スーパー霊能力者vsダースモール

もはやあちらの世界に行ってしまうという思い切りが気持ちいいホラー。ただジャンプスケアに頼っちゃうところが蛇足な感じなのともう少しストーリーが面白くてもな〜というかあ
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

4.0

シンプルにおもれかった

キャストも豪華だし、見事にこっちも騙される作り

ちょっと分かりにくいけど理解はできるくらいの難解さが逆に気持ちがいい!

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-04 真相!トイレの花子さん(2012年製作の映画)

4.5

TENETもシュタインズゲートもエンドゲームもびっくりのタイムスリップSF。ホラーモキュメンタリーの域を超えた傑作、もはやラストでは感動、後味の悪さも最高

この先劇場版・最終章でどうなっちまうんだ
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説(2013年製作の映画)

4.0

好き〜工藤のディレクター魂も鈴木の娘愛も共闘も胡散臭さも後味の悪さも最高!!

てかラストの工藤のボディペイントはマジでなんなんだ

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-02 震える幽霊(2012年製作の映画)

3.7

壮大なコワすぎ!ユニバースの大事な物語にもなっておりとても大事な作品。とはいえ映像のインパクトやツッコミどころは少なく、シリーズの中では少し印象が薄い

でも工藤による除霊パンチ(+特級呪術)を見るだ
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01 口裂け女捕獲作戦(2012年製作の映画)

3.9

満を辞して踏み入れたコワすぎ!の世界。とにかく「このシリーズはこういうもんだからな!」という説明にはぴったりの作品。物理で口裂け女と戦うというとにかくぶっ飛んだホラーモキュメンタリーなのに呪術とかの妙>>続きを読む

ザ・ベビーシッター ~キラークイーン~(2020年製作の映画)

3.9

1作目にはインパクト・思い切りが及ばない印象で、どちらかというとこっちの方が評価低めなんだけど馬鹿馬鹿しさや下品さが増していてより突っ込みながら観たくなる!どちらにしろ大好きな映画。

取ってつけたよ
>>続きを読む

カルト(2012年製作の映画)

3.9

白石さんの作品は本当に僕のツボなので、変なCGに襲われる描写があるだけでもう最高。

ネオ・・・最高・・・・

しかしどうも盛り上がりに欠ける感もあったのでこの点数、惜しい!!!笑

ただ階段の上がり
>>続きを読む

>|