ともさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

とも

とも

映画(647)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.9

現代社会の闇を描いていて、めちゃくちゃまじめなとてもいい映画と思う。ほんとに「お役所仕事」って考えさせられますね。
最後悲しかったけど。

ステイ(2005年製作の映画)

3.6

なんか勢いで見てしまった。
ゴズリングが事故に会って、夢の中の話だったんや。

アス(2019年製作の映画)

3.7

アクションが多めで暗くてよく見えない。言いたいことはなるほどねぇって見終わってから分かる。
個人的にはゲットアウトの方が不気味さがあり好き。

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.4

この中ではウィルスミスがまともに見える。ジョーカーは全然ジョーカーぽくない。

ア・フュー・グッドメン(1992年製作の映画)

3.7

最後のトムクルーズとジャックニコルソンの掛け合いが見ものやったから、せっかく
なら字幕で見たかったなぁ。

ある少年の告白(2018年製作の映画)

3.8

実話ですか。
これはひどい偏見で施設がやっていることもたまったもんじゃないなぁ。
お父さんとの和解はなかなか難しい。

アップグレード(2018年製作の映画)

3.6

エクスマキナと同じく、やっぱりAIって怖いよね。

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.7

結婚直前までの恋が燃え上がっていくのと、現在結婚生活が終わりに近づいていくのを交互に見させながら展開。
儚くて切ないという意見が多いが、演出が上手いという映画かな。

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

3.8

どうなるんだろうとずっとみていられる。ソマリア人がマジ怖そうでより緊迫感を出している。
実際の事件があってから映画化まで早いですね。

サウスポー(2015年製作の映画)

4.0

熱い映画!ジェイクの映画はいいのが多いですね。
奥さんの死で自暴自棄になったけど、なんとか立ち上がって因縁の相手に勝つ。
魂が震えました。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.8

最後は賛否分かれますね。
そこまでは確かに良い映画なのは間違いないですが。

本当に銭湯で火葬したのか、火がもえたぎる中でのタイトルの登場。斬新と言えば斬新。

ザ・コア(2003年製作の映画)

3.6

結構昔の映画で、このクオリティはまあまあと思う。
ヒラリースワンクが若い。

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.5

ケネディ夫人のケネディが暗殺された直後の話。
音が嫌な音。
ナタリーポートマンしか殆ど出てないけど
1作品として成り立つのがさすが。

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.6

CGの技術ですね。
虎がしつこくて怖かったけど、よかったね。

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.7

AIって何かやっぱり起こるよね。
ドーナルグリーソンもただ利用されただけって、哀しい。

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年製作の映画)

3.4

豪華共演というキャッチコピーで観たものの…。少し長かったかな。
個人的には前半の方が好き。後半はなくてもいい気がする。

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.8

エルトンジョンの生きづらく息の詰まる人生を歩んでいたというのはすごく伝わってきた!
ボヘミアンと比べるとやはり落ちるかなぁ。
あまり曲は知らないけれど、最後の歌はSINGでスキマスイッチが歌った歌やね
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.9

自分よりほんの少し上の世代だが、女子高生は当時世間を賑わせてたなぁ。
広瀬すずちゃん、あの学校でよくすぐに友達になってもらえてよかったね。声をかけたリーダー的存在の子が癌で亡くなるのはすごく悲しいけど
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.6

秦の始皇帝の話。
漫画からの実写化の再現度は高いと思う。
結局今回は国の中の内乱を統一した所までで、これから。
大沢たかおはなぜオカマみたいな役なのか。

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.7

抗NMDA受容体脳炎って、8年越しの花嫁と同じやーってなった。
今でこそ分かってきた病気ですが、この当時はほんと症例数が少なくて分からんかったんだろうなぁ。
最後治ってハッピーエンドでよかったです。

メジャーリーグ(1989年製作の映画)

3.7

面白かった!
160kmであんな暴投は怖いけど、メガネかけてよかったね。

バッドボーイズ(1995年製作の映画)

3.6

ウィルスミスがいい所を全部持っていった感じはある。ティアレオーニはやはりいいですね。
マイケルベイ監督はアクションがド派手

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.8

面白い世界観。
ただ行って帰ってくる話で、帰ってくる間にいっぱい人が死ぬって言うことだけど。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

テーマが難しい映画。
母親が「うん」って言ったら、親権は絶対的になってしまう。偏見や法律に守られたものには時代背景もあると思うが、勝つのは難しい。
最後も残念。

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.5

やはりもっと推理物を観たかったかな。
アクションがかなり強めだし、ホームズはこんなにタフなのか 笑。

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.4

記録。
今と過去が同時に展開されるからややこしい。

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.6

実写はすごいし、正直カントー地方のポケモン数匹ぐらいしか出ないかなぁと思ったら、ドダイトスやゲッコウガ、エイパムとか結構出たのでびっくり!
ただ内容としては主人公もイマイチ暗いし、元気になる映画ではな
>>続きを読む

運命の女(2002年製作の映画)

3.6

サスペンス感はほぼない。
最初、リチャードギアがやられるのかと思ったけど、やっちゃうんやね。元々は奥さんが原因だけどどうしようもない。
ダイアンレインの代表作。

アフター・アース(2013年製作の映画)

3.1

うーん、本当にこれ、シックスセンスの監督と同じなのか。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.7

孫が来たと言う、看護師の言葉からオチが想像できました。悲しいお話だけど、お互いこれだけ愛して死ねたのは本望なのかな。
レトロな感じと世界観も良かった。

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.8

教会の権力って絶大で、かつ教会は絶対と思っている人がたくさんいるのだと思った。
俳優が色々出てきて豪華。
マイケルキートンは、バードマンとこの映画で2年連続アカデミー賞作品賞だったんだね。

ジュマンジ(1995年製作の映画)

4.0

面白かったなぁ。
いままで何で見てなかったんだろ。
新しいやつがゲームに入っていくから、これもそうかと思ったけど、これは現実世界に飛び出してくるのね。
ロビンウィリアムズがチャーミングで名優。キルステ
>>続きを読む

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.4

北欧の暮らしを垣間見れました。
断捨離と言うが中途半端ですね、まあ実験という名義なのである程度は仕方ないかも知れませんが。
自分にとって何が本当に必要なのか、考えるいいきっかけになるかもしれない。

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.3

これ、結構この手の映画では傑作に近いと思います。
ジョーカーやタクシードライバーに似てる部分もありますが、ここまである意味変な人を自然に演じられるロバートデニーロがすごい。勘違いの才能の塊り。
最後は
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

キムタクがこのような役をやるのは意外。まぁ、最後うまくいかない役だったら、引き受けてないだろうけど。
ジャニオタはキムタクとニノが見れて嬉しいだろうね。

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.8

いつでも言えるけど、すれ違って中々言えずにうまくいかないよね。
小さい時からずっと一緒にいる人の方が本当に運命と思うし、安心感はある。
リリーコリンズはかわいい。