かちすな

かちすな

  • List view
  • Grid view

浮き草たち(2016年製作の映画)

3.9

映画としては特別なストーリーでもないし、音楽も軽いし、なんだけど、それだけに「私たちここから始めない?」とその返答にどうしようもなくグッときてしまった。ボーイミーツガールでありガールミーツボーイであり>>続きを読む

あなたに触らせて(2017年製作の映画)

2.3

「奇形」な人たちの心に寄り添うわけではないフラットな視点はある意味フェアとも言える。ただ、 語りたいテーマのために、あるいは登場人物を傷つけるために、相手役の「健常者」に悪意もないけど心もない発言をさ>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

4.5

2,3年前からドニーさんvsマイク・タイソン、ドニーさんvsマックス・チャン、この対決にずっと胸を躍らせて続けてきたのですが、観終わって瞼に残っているのがまさかイップ師匠と妻ウィンシンの夫婦の姿とは。>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

4.0

舞台は狭山市。モンタージュとセリフの応酬。奇抜に見えるけど奇を衒っているわけではなく、少女たちの心の中を無駄でどうでもいい事柄の積み重ねで少しずつ掬い上げてゆく。心を感情で表現しないところが心地よかっ>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

3.0

敵も味方も暴力に快感はなく、イヤな感じがあって、あの腕の傷とか絶対に負いたくない。犬ちゃんこわい、けどかわいい。NAZI PUNKS FUCK OFF!!!

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.6

前半の「現実」パートが長く、その分ラストが駆け足だった印象。映写ができて、予知夢を見れて、何よりおしゃれなホレースがお気に入り。彼がバロンに立ち向かうところ最高。こどもたちみんなに見せ場があり、更に見>>続きを読む

ファウンド(2012年製作の映画)

3.8

ラストカットには多分に漏れずいいお土産をもらった。モノローグが多いのは最後の一言を言わせるためだし、クライマックスを見せないのは最後の画を見せるため。少年の「成長譚」はスピルバーグ+『疑惑の影』(より>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.5

キラキラでカワイイけどグロテスクな少女漫画をレフンが監督しました、みたいな映画。『ヘルタースケルター』はレフンに演出されるのを待ってたのでは。

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.7

『七人の侍』『荒野の七人』が下敷きということである程度のおもしろさは保障されてるしな、と思いながら観に行った。 なんか携帯ショップのテレビで流れてる音楽PVみたいな画質で、綺麗すぎてなんだか人物やセッ>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.0

アナ・ケンドリックの相手の懐に入ってしまう感じとベン・アフレックの入られてしまう感じがマッチしていた。

ドラゴン×マッハ!(2015年製作の映画)

4.0

トニー・ジャーとウー・ジンが二人がかりで闘っても勝ち目がなさそうなほど強いマックス・チャンはもちろん、前作のウー・ジンのようなポジションのチャン・チーが素晴らしかった。特に診療所に殴り込むシーンはその>>続きを読む

ホワイト・バレット(2016年製作の映画)

3.8

強盗団の関係性や物語を言葉なしで大いに語るクライマックスの銃撃戦の素晴らしさ。さすがジョニー・トー、陣形がいちいちかっこいい。