ktymさんの映画レビュー・感想・評価

ktym

ktym

映画観たら即レビュー!
そのため鑑賞後の興奮がかなり評価に影響してます。

映画(128)
ドラマ(0)

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.5

今回もモザイク大爆発!
前作でも思ったけどここまでやってありなのかw
モザイク俳優さんの体の張り具合に感銘を受けます。

メタ部分のネタが今作の方が好きだったからか、単純に前作よりは笑った回数は多かっ
>>続きを読む

グリース(1978年製作の映画)

5.0

午前10時の映画祭

これもまた言うまでもなく自分にとってのバイブルで、スクリーンで観れて大興奮でした。
本当に大好き過ぎる。

なんかこんな高校時代を送ったわけではないけど、いつまでも高校時代を懐か
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.9

実はオーシャンズシリーズ初鑑賞!(多分)
これまでの作品がどうなのかは分からないけど、これだけ豪華な女優たちが盗みをしちゃうともうなんか許せてしまうほどのカッコよさ。

今回はMETGALAが舞台で、
>>続きを読む

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

3.4

休みの日にだらだらアイスでも食べながらみると相当幸せ感じれる映画。

空虚なハリウッドスターが、娘と過ごす夏の短期間を台詞も少なげに丁寧に描かれてた。
そんな娘を演じるのはエルファニング。
プールで2
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

5.0

-午前10時の映画祭-

何回も観てる作品だし今更レビューするのもあれだけど、観た映画は絶対レビューするっていう自分ルールを守ります笑

ハリウッドスターと名も無き舞台女優を目指す女性との恋愛劇。
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.8

Best of 胸糞悪い ever更新するくらいのオーバーな演技をするケイトウィンスレットが凄い。
ウディアレン作品って大体ウディアレンがクレイジーなおっさんを演じてるからウディアレンがどれだけクレイ
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

だいぶ前にみたのにまさかの感想書き忘れのため、忘れてる部分も多いけどとりあえずレビュー。。。

アメリカ人のCIAだったかの人への拷問シーンがかなりキツかった(気がする)。
最後の最後の終わり方は好き
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.9

オールデン・エアエンライクくんのハン・ソロが期待以上でした。
ヘイルシーザーのカウボーイ俳優を彷彿とさせるようなアホさ加減がうまい具合にでてた。

最初の戦場のシーンとか、電車のシーンとか今までのスタ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.4

人の心は未来を示す地図、人の顔は過去を示す地図。
オギー(太陽)の周りに、そんなオギーの心を見てその魅力にだんだん心を動かされていった恒星たちが集まってくる過程が、
優しさで溢れてた。

正しいことよ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.3

バイオレンスに溢れたうさぎとマクレガーさんの殺し合い.....
お互い相手を殺しにかかってる本気具合がかなり狂ってた。
うさぎが人を殺しにかかる時はあんな目をするんだと気付き、これから森では気をつけよ
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.3

「愛」と「注意を払うこと」は一緒

最後までただただクレイジーな女子高生レディバードと将軍並みに気が強い母親とのバトルな映画だと思いきや、
まさかのラストシーンで大号泣。

あとから思い返せば、
残念
>>続きを読む

フェルディナンド(原題)(2017年製作の映画)

3.9

泣いた。

良い。とても良い。
自分に課せられたアイデンティティーに縛られずに打開することがテーマの1つだったけど、
何より登場するキャラクター全員大好きなのが奇跡。
マジでよかった。

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.7

とっても可愛い世界観!(と同じくらいに印象強いかなりヤバ目な設定)

まずストーリーが繰り広げられるのは、
ズブロッカっていう架空の国。
そこの超ハイソな架空のホテルがグランドブタペストホテル。
エレ
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

4.4

最後の最後に起きた奇跡が、
この作品を好きな作品ランキング上位に食い込ませてきました。。。

スコッティを飼い始めてからの全ての出来事を糧に成長したからこそ、
きっとこの出会いが生まれたと思うし、
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

久し振りに途中で帰りたくなっちゃうくらいに余りにものリアルさに少し戸惑っちゃったのが事実だけど、ラストシーンがそれまでの120分の出来事を素敵な感情で思い出させてくれた感じはします。

アプリコットオ
>>続きを読む

ジュリエットからの手紙(2010年製作の映画)

4.0

25歳男性には耐えきれないほど愛くるしてロマンチック。。。

whatとifが合わさると、強烈な後悔を押し付けてしまうwhat ifっていうワードになってしまうから、
そのときそのタイミングで運命に身
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

正義をとるか我が身をとるかを選ぶ決断に差し迫られた時に、
信念を持って強い決断を出来る人はかっこいいと思いました。。

下手すれば重罪で投獄する可能性もある中で、あの決断をしたのは本当にすごいと思う。
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最高なんだけど、結局80'sが好きなだけなのかもしれない...笑

ブレックファストクラブ、サタデーナイトフィーバー、シャイニングなどなど、
もう出てくるだけで興奮ものだし、
それが2045年とかにま
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

4.0

ニューヨークが舞台のどこか爽快感を感じ、感動もしてしまう昼ドラ。

平凡な日常に退屈している主人公に突如現れる隣人。
そのアドバイスの元、気付けばとんでもなく非凡な日常に。笑

終盤まで全員にほぼ謎が
>>続きを読む

パリの恋人(1957年製作の映画)

4.2

めちゃめちゃ良い!

ガーシュウィンの歌とフレッド&オードリーが最高に合う。
暗室でのタップダンスシーンとかベスト暗室シーンever!

二眼カメラがオープニングから最後まで出てくるからか、
劇中内で
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.6

ゲイリーオールドマン劇場。

歴史で学んだりした史実の決断の裏側が、想像してたよりも過酷で困難な状況下でのものだったんだっていうのをまず思い知らされた。それもきっとゲイリーオールドマンのチャーチル首相
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.8

ストーリーは決して奇抜なものじゃなくむしろ薄いくらいなのに、
この映画が良作だと思わされたのはきっと、主演2人の怪演だと思う。

そんな怪演目立つ映画の中で、結婚式のシーンはかなり好き。
式後に手押し
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.7

これは流石に傑作と言いたい...

ただびっくりするくらい全然感想が出てこない笑笑
この作品は、観るタイミングによっては本当に立ち直れなくなるくらい泣いてしまいそうな破壊力を持ち備えてます。
ふと思い
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.6

オラフが改めて大好きになる中編でした!
リメンバーミー前に想定外に泣かされた...笑

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.4

3つの看板と3人の登場人物たちが紡ぎ出すストーリー。

凄かったのが、感情移入する人物がびっくりするくらい都度都度変わっていく展開だったこと。
この人いい人かな?って思ってたらあれ??ってなるし、この
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

Wakanda Forever!!!!!!!!!!🙅‍♂️

マーベル映画は取り敢えずカッコよかったら満足なので、カッコよかった点を羅列します。

・陛下の正義感
・キルモンガー
・ロイヤルガードの女
>>続きを読む

カイロの紫のバラ(1985年製作の映画)

4.3

また一つ終わり方が素晴らしい映画を見つけてしまった。

切ない失恋映画なんだけど、
痛いくらいミアファロー演じるセシリアの気持ちがわかってしまう。。

どうしても現実を見なければいけないんだけど、時に
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.1

コアラの悪夢再び🤦‍♂️🤦‍♂️🤦‍♂️

もうこれは自分の問題なんだろうけど、
どれだけ歌が良くてもどれだけ良いキャストを使っても、
全く感情移入できない主人公だと全部台無しになっちゃいます。

>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.6

前作を越す多幸感!!
何なの!?幸せ過ぎるよ!!

街に受け入れられてるパディントンを見るのも幸せだし、完全にブラウン一家の一員になれているのも幸せだし、
マーマレードがもたらす周囲への幸せ感がもう幸
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

エログロを兼ね備えた究極のハイパーファンタジートゥルーラブストーリーなので、
いろんな意味で絶対観る人の想像を超えてきます。これはマジで。

デルトロがやりたい放題やりつつ、マイノリティー問題(人種差
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.8

可愛い見た目と裏腹に、大人向けなテーマのアニメーション映画だった。

66分の中で、それぞれ施設にいる子供達の過酷な境遇、心に深くついた傷がダイレクトに伝わってくる。

施設に入らざるを得なくなる理由
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.2

たまにある萎えるシーンを完全に吹き飛ばす演出と的確な音楽。
今作はどっぷりアメリカに浸ったキングスマンでした。

そのどっぷり浸ったアメリカも、
カウボーイやカントリーミュージックなどなどその雰囲気だ
>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

4.2

午前10時の映画祭。

一見このウディアレンはクレイジーで精神的に何かしら問題があるように感じるんだけど、自分と照らし合わせられるような部分もたくさんあった。。。

自分に自信なくて殻にこもりがちが故
>>続きを読む

グリース・ライブ!(原題)(2016年製作の映画)

5.0

グリース自体がほんと自分にとってのバイブルだからもう星5つけるしかないんだけど、あえて言うならカーレイのあの歌は要らなかった........

アーロントヴェイトのダニーは、トラボルタをかなり模倣した
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

想定外の涙腺崩壊映画!笑

ロンドンに憧れるペルーのジャングル育ちのパディントンに序盤から訪れる出来事が悲劇過ぎて、悲壮感漂いすぎ!大丈夫!?ってなってたけど、見終わったときには心温まり過ぎて涙腺崩壊
>>続きを読む

>|