Kuboさんの映画レビュー・感想・評価

Kubo

Kubo

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

4.5

個人的には自然と期待が爆上がりしてしまう
監督 ドゥニ・ヴィルヌーブ--
ノーランやフィンチャーと肩を並べるくらい
もう途轍もなく好きです。
(一先ず同監督への告白失礼しました。笑)


そんな監督の
>>続きを読む

SECURITY/セキュリティ(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

何らかの背景がありそうな帰還兵の復職に
(伏線回収や舞台紹介に必要な)やけに長い前フリ
at 仕事を安直に考えているお気楽な青年、と。


Hey!!ロック!ロック!鍵閉めて!!!笑
と思っていたら
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

完璧でした--
集大成とはこうあるべき、という象徴。

「007」という多大なるシンボルへの功績を
心の底から称えたいと思えました。


前作の綺麗なオチ方から
どのように作品を紡いでいくのか
どんな
>>続きを読む

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

4.5

登場人物の殆どが基本的に"個"人を考えてる。

物は言い方。
主観からの客観視、をしてみれば自ずと答えが見えてくる。

成年になる前の理想論をここまで膨らませ
エンタメに沿わせながら、ティーン向けに見
>>続きを読む

ノー・ウェイ・アウト(2021年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

この手の作品
何故か唆られてしまうし、好きなのに
評価で考えたら、そこまで高くならない。笑

あんなにデティールの細かいキモい化け物で
合点のいく作りで、説得力も増しているのに。笑

多分、予告を観て
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

5.0

容姿は良いが理系ガリ勉なだけに"普通"に
少し馴染めない塾講師と
高3ながらに世の中を少し達観しているが"好き"になるのがわからない少女の
ちょっとチグハグで、頑な。けど憎めない群像劇

邦画の良さが
>>続きを読む

コンジアム(2018年製作の映画)

3.2

動画生配信での演出に加え
映画上で音楽を出すキューが重なる瞬間
TV局か、というくらい整っているカメラ類
をぶち壊すくらいどうにもならない怪奇に見舞われる。

ヤラセからの本物だったり
もう逃げても無
>>続きを読む

ナイトブック(2021年製作の映画)

3.4

可もなく不可もなく
少年少女が現実では相容れない存在のものと
戦うファンタジーアドベンチャー。

完全なティーンエイジもの。かなり若めの。
飽きはしないし、美術スタッフの力も凄い。
アレックス役の子の
>>続きを読む

レミニセンス(2021年製作の映画)

3.7

これはもうノーラン(クリス)監督の血筋なのか
「インターステラー」や「プレステージ」で
携わっていた恩恵が見て取れる。

この点数は、その期待値があっても踏み切った
ジョナサンへの自信と誇りへの称賛と
>>続きを読む

デッドリー・ハンティング(2021年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

いやぁ〜〜〜すいません。酷かった...です。笑
(今作好きな方いらしたらすいません。)


もし好いてて、ここがポイント!って方いらしたら、教えてください。。。
古城や森林といったロケーションは好きで
>>続きを読む

荊棘の秘密(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

自分自身の中でほんっとーに
ちょーど平均点叩き出してきた。
集中して観れなかっただけかもしれないが...笑

立候補した選挙前運動中、娘が行方不明
行方不明中の支持率降下〜
遺体発見時から妻への暴行も
>>続きを読む

ケイト(2021年製作の映画)

3.3

ガンアクション、ナイフ、肉弾戦
近接の戦闘に欠かせない周辺にある物の応用
アクションシーンでは既に公式化されたのか
回転させるカメラワーク

死まで残り1日としたケイトのやられ具合は最高

日本じゃん
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

シャマランならではの
タイム・スリラー・ドラマを
観せてもらえた気がした。

まぁ、わざわざ冒頭あたりで
"ウォーレン製薬と特集な鉱石"っていうワードを出していて、ホテルマンの息子の心配そうな目を見れ
>>続きを読む

ブロックアイランド海峡(2020年製作の映画)

3.1

鳥が一羽車に衝突して「どこから来た?」なんて疑問に思うか?とB級っぽいパニックスリラー系の予想通りかなって思う冒頭。

浜辺にあがる9トン〜10トンもの魚の死骸
盲目で夢遊病のような
気味の悪い行動を
>>続きを読む

犯人は生首に訊け(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

精肉店であり大家の意味深な寝言
なんだかぎこちない精肉店 店主との会話
田舎という狭い地域ならではのママ友の噂話

妻との離婚を経て、
医者というセンシティブな職業を勤めていたら
そりゃあ、あんな幻覚
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.7

中国四千年の歴史とはよく言ったものだ--

初のアジア系ヒーローで初登場なのに
MARVELもよくフェーズ4にして
ここまで期待値を超えて、創り上げてくれるものだ。

只々、凄い。感嘆しか産まれない。
>>続きを読む

ワールドエンド(2019年製作の映画)

2.8

ロシア版 SFアドベンチャーも侮れない!!

とか序盤は物語の掴みと設定を頭に入れる中で
ディストピアらしい物々しい雰囲気が漂う
映像美もあり、クオリティーは高いが...

あんましそうでもないらしい
>>続きを読む

善惡の刃(2016年製作の映画)

4.2

法を盾にして
腐ってる組織の連中というのは本当に最低だ...

冤罪を課せられた者の感情の吐露
被害者の周囲にいる方々の不器用な表現
公益を望んだ悪徳捜査に加担する刑事や検事

(多少演出として加えた
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

月間鑑賞数自己ベストを叩き出した今月の
ラストを飾るにふさわしい一作でした


誰も寄り付かせないファッションアイコン
センセーショナルで新進気鋭
お馴染みの高笑い、の裏に隠された壮絶な過去

まさか
>>続きを読む

ベケット(2021年製作の映画)

3.7

自己責任とはいえ
言語の通じない異国の地で恋人を亡くすなんて
大変心苦しいものだろう。

いや、心苦しいなんてもんじゃない
自殺しようと試みるくらい弱っている状態の所へ
今度は意図も分からず命が狙われ
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

3.9

衝撃の一夜から明けた、あの子たちは今...

傷み(痛み)が生んだ決心のその行く末

その行為は立派なのか、憎むべきものなのか

大変難しいテーマを取り扱いながら
家族という一括りで纏めつつ
母、長兄
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.8

友人と昼間から酒を充てがって
鑑賞するのがとてもちょーどいい。

しっかりしてない麻薬刑事の一班
小気味のいいテンポ、ボケと皮肉の応酬
張り込み中に、チキン料理を振る舞うなんてこと現実からかけ離れてい
>>続きを読む

ファイナル・デッドブリッジ(2011年製作の映画)

3.1

初めてかもしれない。
洋画を観ていて、作品の良し悪しではなく
「商業的映画の成功例だ」なんて思ったのは...

日本にはこれまでにも多くの漫画や小説の原作を良くも悪くも実写化に至っている商業映画が存在
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.5

さすが池井戸潤先生といった感じ。

「空飛ぶタイヤ」や「半沢直樹」といった
腐った組織の上層部にメスを入れる仕様は
全く変わっていないのに、毎回新鮮な気持ちで観れてしまう。
(役者陣がほとんど半沢チー
>>続きを読む

スイートガール(2021年製作の映画)

3.6

利権に塗れた政治背景に殺された母親に
記者もろとも隠蔽工作に巻き込まれた父親が
社会風刺のために育ったような娘と共に立ち上がる...??

アクアマンのように神々しく猛々しい姿とは逆に
ジェイソン・モ
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

4.8

今作を観ていると何故だろう
自然と姿勢が正されてしまう気がする--

表では温和で真っ直ぐ、頑なで芯がある社長
裏では妻に見透かされるほど、柔い部分が見えてしまう父を演じる長瀬さんがとてもハマっている
>>続きを読む

セルラー(2004年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

え!!クリス・エヴァンスとジェイソン・ステイサムが共演だって!聞いてないぞ!そんな話!
(あ、はしたない、はしたない。よだれが...笑)

そんなことはともかく
古き良きアメリカ感溢れる小気味のいい皮
>>続きを読む

ファイナル・デッドサーキット 3D(2009年製作の映画)

3.1

全シリーズの殺され方が集約したタイトルバックが最高にイカし(狂っ)てる。

シリーズ通して出てくる
人によっては、作品ならではの小ネタ収集癖がつき始める頃合いだろう。


悪魔の数字「6」
初作から続
>>続きを読む

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

日焼けサロンで閉じ込め焼死は
今までで1番酷かった気がする...
(あ、全然そんな事なかったです...笑)

御安心ください、グロがお好きな皆さま。
今作は無駄なく、見事に死んでいきます。

いかんせ
>>続きを読む

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

いやぁ〜、単的に言って素晴らしいの一言。

スリラー・ホラー・パニック
三位一体の融和的傑作の誕生。

「1」からの期待値を軽く超えたことにも
続編が製作されたことにも驚きだったが
何よりもその質感が
>>続きを読む

デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2(2003年製作の映画)

3.5

なんかちょっと複雑化してきた〜〜。笑

死の筋書きから外れた者
その外れた者に助けられた者
頭の中で少しずつ順序が錯綜し始めた...笑

とまぁ、案外関係性が繋がる繋がる。
(ほぼ登場人物死するから覚
>>続きを読む

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

3.8

本来であれば、「X-ファイル」シリーズとして
世に生み出されるはずであった今作。(Wiki調べ

何の拍子でこんなことが起こるのか。
神の悪戯か、はたまた悪魔の所業か。
(実情は製作陣の遊び心によるも
>>続きを読む

悪魔は誰だ(2012年製作の映画)

3.8

渋谷TSUTAYAにてポップアップに陳列させられていた「アジアの底力」コーナー。
あそこだけ光って見えたのは自分だけだろうか...

さすが殺人の追憶やチェイサーに次ぐと称賛されるだけはあると思った。
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

5.0

銀幕劇薬型ジェットコースター的映像作家

一時的なDisney解雇によって
奇跡的に生まれたジェームズ・ガン監督版
スーサイド・スクワッドの傑作。

誰にも有無を言わせないまま
"痛快"を楽しませてく
>>続きを読む

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

4.3

冒頭からの掴み、事件発端への導入は完璧。

既に断定されているであろう犯人の姿形
だとすれば、重要なのはその動機となるが...

国家政策への警鐘なのか
犯人の背景に基づく揺るがない信念なのか
はたま
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.9

「こんな事あるはずないよなぁ〜」と
ラブロマンスものは特に身の回りで起こる
現実を帯びた話だけに
そう思ってしまうつまらない性分だが...
とモノローグで綴りたくなるような
儚くて淡い、青年から成年へ
>>続きを読む

>|