くぼっちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

くぼっちゃん

くぼっちゃん

頑張ります♡

アンダー・ザ・スキン 種の捕食(2013年製作の映画)

3.7

深すぎる闇にポツンと放り込まれる感覚。
訳もわからず食われていく。

人間って何を持って人間なの?

KIDS/キッズ(1995年製作の映画)

4.1

ラリークラーク代表作。

これ見て俺はストリートに感化されました。
ドッグタウンも大事だけど、これ見ないと始まらないって言っても過言じゃないです。

これがいいんですよまじで。

がっつりスケート滑っ
>>続きを読む

学校の怪談(1995年製作の映画)

3.6

そんなに古い人間じゃないけど、夏休みに続けてやってたんだよね。
小学生のとき、こんなので怖がるもんか!ってでもちょっと学校が怖くなっちゃう感じ。
青春の一コマ

大脱走(1963年製作の映画)

3.9

マックウィイィいいいん!!!!

男が好きな映画です。
こういうの、男が憧れちゃうんだなぁ。

まぁーかっこいい。

ミックマック(2009年製作の映画)

3.9

ジャンピエールジュネ監督のほっこり作品。

この人のフランス全開な感じ、地元と人をこよなく愛する感じ。

ちょっと可笑しくて切なくて愛おしい感じ。

たまに見たくなるんだよねぇ。

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

3.7

1.2が好きだったんだよなぁー。
最強パパ、かっよかったなぁー。

娘、大きくなったなぁー。

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

3.8

面白かったなぁー、
観た後にわーーーって、


一回じゃ足りないからまた何回も見て味が出る映画。


人の中に入る。
すごいキーワードだと思います。
誰の人生?
誰の成功?

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

3.7

これトラウマだよね、
電車もジェットコースターも乗れなくなります。
気をつけてください。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.9

リメイクでこれだけ話題になっているのもすごい事だと思います。
月曜のレイトショーなのに人沢山いておどろきました。


ただ原作のレビューで書いた少年たちの青臭さという面では、グッとくるとこは少ないよう
>>続きを読む

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

3.6

ミストのせいで霞む作品になってる感じは否めない。
でもキャストが好きです。

たまに観たくなるんです。

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.8

これは好きでした!

場面展開が斬新で、アメリカ大学生ノリのギャグがあったかと思えば、静寂な美の時間も流れる。

この年頃の繊細さをユーモラスかつセンセーショナルに描いた感じ。

時間を止められる、、
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

3.3

びっくりしたけどそんなに怖くないけど耳に残るけどそんなに怖くない。

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.8

無限のループ、無限の敵。
繰り返しの中で育む愛。

面白い発想でした。

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.8

オシャレとか、インスタ映えとかとか、
あんまり好きじゃない言葉です。

これは日常なんですよね。
コーヒー片手にタバコに火をつけ、なんて事のない会話をする。
どうでもいいんですよね。
非常にどうでもい
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

リベンジですねぇ。
ジョン・ウィック待ってました!!

2作目でもハマるものとそうじゃないものがあるんですけど、これは間違いないハマります。

マフィアが口々に言うんですよ。
犬を殺しただけじゃねぇか
>>続きを読む

>|