そっと覗き見さんの映画レビュー・感想・評価

そっと覗き見

そっと覗き見

素敵な映画に出会うと、スクリーンに頬をスリスリしたくなるタイプ

犬猿(2017年製作の映画)

3.0

弟と鑑賞。
我が家の兄と弟も正反対すぎるタイプだけれど、お互い干渉しないしなんだかんだ上手くいっているから、この作品に共感ポイントがなかった。

ラストの展開も無理やり盛り上げた感があって感動もしなか
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

4.0

めちゃめちゃハッピーエンドだし、めちゃめちゃバッドエンド(←この感想、ネタバレしてるようでしていないかと。理由は、観たらわかります)

全員集合しているバージョンのポスターも、映画前後でイメージが変わ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.7

キングスマンが「秒でアガる」ならば、こちらの作品は「秒で泣く」!
オープニングのヒューのミュージカルシーンで既に興奮で涙!
あぁかっこいい!
オープニングでこんなに感動で震えるなら、私はラストまで無事
>>続きを読む

エレクトリック・チルドレン(2012年製作の映画)

5.0

うううううううう!!!!!!
すきぃぃいいいいいい(歓喜の号泣)
ツボに突き刺さりすぎて苦しいぃぃーーーーーーー

日本版のジャケットだと、なんだか堅苦しそうで全く惹かれないヴィジュアルになってるけれ
>>続きを読む

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

3.7

ドランっぽい作品と聞いていたので、避けていた作品。
なぜなら私はドラン映画とはとても相性が悪いから。
だけれど、自分はこの作品をとても楽しめたのでドランっぽくはないんだろう。

『さよなら、ぼくのモン
>>続きを読む

トム・オブ・フィンランド(2017年製作の映画)

3.5

我が家のリビングには彼のイラストがたくさん描かれているクッションがあるんだけど、映画を見終わったら
このクッションを大事にしなきゃ!
という感情が出てきた。
人を好きになっただけで犯罪者とされる時代。
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.9

まず、ユーロスペースのエレベーターで
「明日はズッキーニとライオンは今夜死ぬを観るんだ」
って恋人に報告してる時に、いきなり話しかけてくださったご年配のマダムにお礼を言いたい!!!
ありがとう!ジュテ
>>続きを読む

ライオンは今夜死ぬ(2017年製作の映画)

4.0

予告でだいぶ覚悟してたけど、本編を観ていたら想像以上にジャン=ピエール・レオがおじいちゃんで衝撃(特に口元の震え)
それでもどこか漂う気品さ。
レオは少年や美青年のイメージが強いので、子供たちにジジイ
>>続きを読む

がらくたヘリコプター(2015年製作の映画)

4.8

『がらくたヘリコプター』だと?!
なんて可愛いタイトルなのよ!なんなのよ!!
しかもモノクロ?!
ジム・ジャームッシュっぽい…?!
え?!しかもロードムービー??
なによっ!もうっなんなのよーー!!!
>>続きを読む

愛せない息子(2017年製作の映画)

4.3

邦題が素晴らしい。
「愛さない」のではなくて「愛せない」ってのがね…、、映画を観るとその意味がすごく切なく胸に突き刺さって辛かった。。
主人公の葛藤を見事に表してる邦題だと思う。

あらすじは、
養子
>>続きを読む

オンネリとアンネリのおうち(2014年製作の映画)

4.8

「ヘイフラワーとキルトシュー」が大好きな私、北欧からやっっと届いた新たな可愛い子供映画に悶絶&咽び泣き。

「可愛い」と「素敵」がスクリーンの中で大渋滞してたよ!!!!あれまーーーーっ!!!!!
お話
>>続きを読む

チーム・ハリケーン(2017年製作の映画)

1.0

青春時代はZipperとFRUiTSを愛読しており、この作品の人物達のように口ピアスを開けたりヘアカラーもかなり派手にしていた自分としては、この作品は大本命だった。

だが、蓋を開けてみると悪夢のよう
>>続きを読む

切り裂き魔ゴーレム(2016年製作の映画)

2.5

ビル・ナイの存在感に圧倒された。

殺人犯もこわいが、
おぞましい事件に刺激と興奮を覚える民衆も恐ろしい。
罪を被らずに罪を行っている民衆達に寒気がした。

グッド・ハート(2009年製作の映画)

2.0

ざらついて荒い映像。
舞台はニューヨークなのにも関わらず、ニューヨークの華やかな街は出てこず路地裏メイン。
バーの雰囲気。
自分のツボすぎて、なんだかもう泣きそうだった。
哀愁漂う空間に、前半は骨抜き
>>続きを読む

ゾンビ&ザ・ゴースト・トレイン(1991年製作の映画)

1.0

やはり私はミカ・カウリスマキとは相性が悪い(アキ・カウリスマキは好きなのに…)
絶望的に退屈でつまらなくて、鑑賞中は拷問タイムだった。
お話はツギハギだし、なんかもう酷い。
ほとんど会話がないから、映
>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ラストは色々な解釈が出来る
ラストについて人と語りたくなる
という評判を聞いたけど、


わたし……!!!!!
ラストについての解釈が何ひとつ浮かばない……!!!!!!!!!!
ち、ち、ちっとも分から
>>続きを読む

私にもできる!イケてる女の10(以上)のこと(2013年製作の映画)

3.7

下ネタ満載のガールズムービー&青春ムービー。
「ガールズ」とは言えども、キラキラ女子とは無縁の位置にいる真面目ダサ女子。
下着にも自分の名前書いちゃうし、どこか漂うクソダサさ。
そして「青春」は「性春
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

2.9

ごめんなさい。ダメでした。

あくまでも犯人探しはおまけ要素で
メインは色々な登場人物達の心の変化。
そこは好きだった。
嫌いだったはずのキャラも最後は好きになっていく。

コメディ要素も多く、クスク
>>続きを読む

ジュピターズ・ムーン(2017年製作の映画)

4.9

す、す、素晴らしい…(号泣)
エンドロール観ながら、クラクラしすぎてボーッとしてしまった。。
映画館からの帰り道、街ゆく人に「ジュピターズムーン……凄い…凄い…」と、話しかけたくなるほど!
ってか、映
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

2.5

同じくカニバリズムを題材した作品「ガーゴイル」が大好きなので、こちらも期待を胸に鑑賞。
結果、嫌いなタイプのカニバリズム作品だった。
なんかもうとにかくうるさい。
わめく、叫ぶ、怒鳴る
のオンパレード
>>続きを読む

美味しい美女(2017年製作の映画)

3.0

映像ありきの作品。
きゃりーぱみゅぱみゅちゃんの可愛いMVの雰囲気や、原宿kawaiiの世界観が苦手な私にとっては、あまりにも可愛すぎ&POPすぎて苦手だったかも。
でも、カトリーヌ・ドヌーヴ様の使い
>>続きを読む

ラザール(2016年製作の映画)

3.8

冒頭のジュースをブクブクするシーンで、既に主人公に好感しかない。
いい歳してブクブクするなんて可愛いなぁ、おい!
なんて思ってたら、お部屋も可愛い!
インテリアの真似したいなぁ。

親友もこれまた超絶
>>続きを読む

ノー・ドロウニング(2016年製作の映画)

4.7

ラストで思わず「うわ!ずるっ!!すきーーーっ!!!!」って叫んでしまった。
こういうのが配信フィルムの良いところ。
映画館だったら感情を声に出して叫べないもんね。

ってなわけで、大っっっ好きな世界観
>>続きを読む

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

4.3

こんな夫婦関係になれたらそりゃもう人生最高だわ。
何十年も連れ添ってるのに、「僕から離れないでくれ」とか「片時も離れられないわ」とかお互いに言えちゃう関係。
あぁ憧れる。
こういう作品を観ると、結婚相
>>続きを読む

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

3.8

監督の頭の中どうなってるの?
こういう作品に出会う度に、世の中には凄い感覚やセンスの人がいるんだ…どう生活したらこういうセンスを持つんだ…それともこれはもう遺伝子レベルの問題なのか…あぁ、、、その思考
>>続きを読む

ストローク(2017年製作の映画)

4.3

ずっと流れている音楽が◎

主人公の潔癖症の行動の映し方が自分のツボに入ってしまった。
公園のベンチでのチョコンとした座り方も可愛い。

ラストの主役は猫。
猫が全てをかっさらったね。
猫あってのこの
>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

4.3

この手の映画にありがちな感動の押し売りがなかった(拍手!!!)
感動よりも笑いが多くてずっと「あーたのしっ!」「あーおもしろ!」「わあ!たいへん!」ってな感じでずっとテンション高く観れた。
中だるみタ
>>続きを読む

新世紀、パリ・オペラ座(2017年製作の映画)

3.3

バレエダンサーやシンガーなど、舞台に立つ側のドキュメンタリーは色々と観ているけど、それを支えている舞台に立たない側のドキュメンタリーは観ていなかったのでこちらを鑑賞。
派手さはないけど、地味ながら面白
>>続きを読む

皆殺しの天使(1962年製作の映画)

3.5

タイトルからして痺れる。
観ているだけでこっちまで息苦しく窮屈に感じるのに、逆にそれが居心地良かった。
部屋から出られない理由も謎だし、最後のオチもレベルの高い世にも奇妙な物語の世界になっていて流石だ
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

5.0

強烈強烈強烈強烈すぎる印象を残してくれる大大大大大傑作で大大大大大大大怪作に出会ってしまったああああああああああああ
これだから映画好きをやめられない!
もはやこれ、2018年ベストとかじゃなく、オー
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

5.0

会いたかったよおおおおおおおお!!!!!!!!
パディントンンンンンンーーー♡♡♡
大雪の中、会いに来たよぉぉおおおおお(熱烈なキス)

まさか30歳を過ぎて、こんなにも好きなキャラクターが出来ると思
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

1.0

あちゃー。
出会ってしまったよ2018年初の外れ映画。
外れというかもう嫌い。
なんなのこれ?
大どんでん返しとか言うけど、序盤で既にオチはわかってしまうし。
それでも我慢してたんだけど、病院内でセッ
>>続きを読む

サマードレス(1996年製作の映画)

4.5

myfffにて鑑賞。
フランソワオゾン節が炸裂って感じで大満足。
観終わってしばらくは劇中で流れた歌が頭から離れないし、むしろ振り付きで踊りたくなるほど(バンバン♪♪)

性描写がガッツリ描かれてるの
>>続きを読む

トレヴィの泉で二度目の恋を(2014年製作の映画)

3.5

人生の終わりにこんなに素敵な出会いが待ってるなら長生きするのも悪くないね。

嘘つきばあさんと頑固じいさんの恋愛ストーリー。
二人とも癖だらけのキャラクターなのに、だんだん可愛らしく思えてくるのが不思
>>続きを読む

死と父と息子(2017年製作の映画)

4.0

myfffの無料配信にて鑑賞。
死神を家業としている父と息子のお話。
オープニングから男の自殺シーンが出てきたり、かなりダークな内容。
そして骸骨の息子が可愛いのなんの。
死神ではなく、神様になりたい
>>続きを読む

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(2014年製作の映画)

4.0

この作品のどんでん返しには、こっちも悪い顔でニヤリとしてしまうね。
こんなラストなら大歓迎。
かなり好きな作品。

>|