そっと覗き見さんの映画レビュー・感想・評価

そっと覗き見

そっと覗き見

素敵な映画に出会うと、スクリーンに頬をスリスリしたくなるタイプ

ムーミン谷とウィンターワンダーランド(2017年製作の映画)

-

「1番好きなアニメは何?」
「子供の頃いちばん観てたアニメは何?」
と、聞かれたら「ムーミン!」って即答出来るくらい、子供時代に夢中になってた「ムーミン谷」シリーズ。

岸田今日子さんと高山みなみさん
>>続きを読む

ベストマン シャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間(2015年製作の映画)

3.0

友達いない太っちょ新郎が、友達をビジネスで雇うコメディ。
新郎の友達を演じるために雇われる男達のキャラがめちゃめちゃ最高!
アホしかいない。
登場人物たちのごちゃまぜ感が、グーニーズみたいで面白かった
>>続きを読む

ルート・アイリッシュ(2010年製作の映画)

3.8

ルートアイリッシュは世界一危険な道路と言われてる場所。
そこで民間兵の大親友が死んで、その死の真相を迫るために戦地に乗り込む主人公のお話。

ミステリー作品だと思ったら、正統な社会派作品だった。
まず
>>続きを読む

その土曜日、7時58分(2007年製作の映画)

3.6

蟻地獄の人間バージョン。
1度堕ちたら這い上がろうとしても這い上がれないし、もがけばもがくほどにどんどん底に堕ちていく。
あぁ、こわい。
自業自得だけど、こわいこわい。
たった一つの出来事が地獄の入口
>>続きを読む

スーサイド・ライブ(2017年製作の映画)

1.5

こういう悪趣味満開な映画は、センスのないチームが作ると陳腐で寒い映画になることを実感。

メディアやSNSへの皮肉を伝えたかったんだろうけど、そもそもお話に穴だらけでスッカスカだからつまらない。
題材
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

2.9

以前、高須クリニックの高須院長がTwitterで「アウシュヴィッツは捏造だと思う」と発言していたのを目にして、「こんなことを思う人もいるんだ…」と、衝撃を受けていたこの問題。
でも、こういう考えの人は
>>続きを読む

ラ・ベア マッチョに恋して(2014年製作の映画)

3.4

完全なる下心で鑑賞。
鍛えられた体最高。
イケメン外国人×マッチョの組み合わせ最高。

公開日の翌日に行ったのにも関わらず、お客さんが10人も居なかったから不安だったけど、観終わったら「明日も仕事頑張
>>続きを読む

レモネード・ジョー 或いは、ホースオペラ(1964年製作の映画)

5.0

ハリウッド映画への愛と皮肉を込めたチェコ版の西部劇映画。

ちょちょちょちょちょちょっっと!!!!!!なんで星5つしか付けられないのか…!
あぁもどかしい!星が足りない!
星を5億個くらいつけたくて仕
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

007ファンでもないけれど、何も考えずに気軽に観られる作品を探してたのでこちらを鑑賞。
途中までハマらなくて「失敗したかも…」って思ってたのに、終盤のタネ明かしから面白くてガッツポーズした。
タネ明か
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.0

メアリー演じるマッケンナちゃんの将来に希望しかない。
この映画を観た女性のほとんどが「マッケンナちゃんのまつ毛が欲しい…」と思ったことでしょう。
タレ目も可愛すぎる。
これからどんな美少女に育っていく
>>続きを読む

ル・アーヴルの靴みがき(2011年製作の映画)

5.0

学生時代に「過去のない男」を観て、カウリスマキにどっぷりハマった私。
他のカウリスマキ作品を観ても、「カウリスマキ作品、最高に大好き。でも過去のない男を越える作品はないのかもしれない」ってずっと思って
>>続きを読む

歌え! ジャニス★ジョプリンのように(2003年製作の映画)

3.1

ジョンレノンとジャニスジョプリンを崇拝する従兄弟からお金を横領するために、ジャニスジョプリンになりきる奥さんとジョンレノンになりきる売れない役者のお話。
ジョンレノンに扮する彼も主役かと思いきや、めち
>>続きを読む

ポーラー・エクスプレス(2004年製作の映画)

5.0

観よう観ようと思いつつ、10年近くスルーしてた作品。
クリスマスも近づいたことだし、やっと鑑賞してみた。
結果、豪華すぎる絵本の世界に胸がときめきすぎて爆発しそうになった!
なんなのこれ。
子供だけじ
>>続きを読む

モースト・ビューティフル・アイランド(原題)(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ラテンビート映画祭にて鑑賞

美しいタイトルとは裏腹に、NYの底辺で生きる移民がお金持ち達の悪趣味なゲームのコマにされる悲劇を描くスリラー作品。
派手さはなく、静かなんだけどそれが逆にこわかった。
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.9

エルファニングちゃんは映画界の宝と再確認。
こんなに素敵で可愛くて魅力しかない女優さんの出演作品を、リアルタイムで追いかけられる幸せに感謝しかない。

そんなわけで、エルファニングちゃんがまさにエルフ
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.9

アメリカから届いた日本への壮大なラブレターを咽び泣きながら受け取った。
咽び泣いた理由は2つ。


ひとつめ。
闇の姉妹、いい歳した私でもあまりにも怖すぎた。
その不気味さと怖さ、あと少しだけ手加減し
>>続きを読む

アメージング・ハイウェイ60(2002年製作の映画)

5.0

実在しない60号線に迷い込んでしまい、ドライブするロードムービー。
『不思議の国のアリス』ならぬ、『不思議な国道線のジェームズ・マースデン』って感じで、ブラックジョークあり、哲学あり、切なさあり、笑い
>>続きを読む

フォロウィング(1998年製作の映画)

3.4

後半にガンガン伏線回収をして、一気に点と点が繋がり「そうだったのか!!」ってスッキリする作品が多いなか、こちらの作品は点と点をジーーッとジーーーーッと繋げていく「線香花火のような遅さの伏線回収作品」に>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

すごく好きな作品なんだけれど、ある一部分が哀しすぎてもう1度は観れないかも。
そうだよね、戦争中のお話だもんね…って自分を納得させてみるけど、やっぱりやるせない気持ちになってしまう。
それでも人生は続
>>続きを読む

星空(2011年製作の映画)

3.6

学生の頃、転校生というのはミステリーで独特な存在だった。
そんな転校生がこんなに素敵な男の子だったら私だって好きになっちゃう。


13歳ならではの可愛い悩みと、13歳にしては過酷すぎる現実問題を
>>続きを読む

ウィズネイルと僕(1988年製作の映画)

4.5

『雨の休日に、外の雨音を聞いてお酒を飲みながら鑑賞したい映画ランキング』
第1位。

薬中コンビによるロードムービーなんだけど、退廃的で孤独感漂う雰囲気がたまらなくツボだった。
どのシーンもほとんど雨
>>続きを読む

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

4.2

どうして劇場未公開だったんだろう。
もったいない。
何回も見直したい作品だったのでDVD購入した。

主役の男の子と親友の子は趣味で映画を作ってるんだけど、作ってる映画が名作のパロディばかりで観ていて
>>続きを読む

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

4.8

今まで観てなかった自分をフルボッコしたいレベル。
時空を超えたヒューマンドラマで切ないお話なんだろうなーって思ってたけど、まさかの傑作サスペンスだったなんて。。

序盤からハラハラドキドキの連続で、「
>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

5.0

多民族国家のマレーシアだからこそ出来た作品。
世界中の人に観てほしい。

私も含め、会場にいた人達のほとんどが号泣してたのも印象的。泣きすぎて頭が痛かったほど。

ヤスミン・アフマドから届いた、切なく
>>続きを読む

地下鉄のザジ(1960年製作の映画)

5.0

今観ても新鮮さしかない。
おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさで、監督の色々な映像マジックには驚かされっぱなし。
最後は何でもありのグダグダさに手を叩いて笑ったし、この作品に愛しさしかない。

まだ
>>続きを読む

女はみんな生きている(2001年製作の映画)

4.3

最初から衝撃的すぎて白目。
ヘビーな内容にハラハラドキドキしっぱなしで大変。

女としては観ててかなり気持ち良いものがあるけど、この映画に出てくる男性が全員ダメ男や悪い男やイライラする男なので、男の人
>>続きを読む

モンド(1996年製作の映画)

4.0

美しすぎる風景と謎の少年に泣かされた。

すごくすごく不思議な映画。
すごくすごく綺麗な映画。
すごくすごく静かな映画。


心温かくなるんだけど、最後に残るのは切ない気持ちだった。

あたしもあの子
>>続きを読む

ベアーズ・キス(2002年製作の映画)

3.8

サーカスの雰囲気が大好きだから舞台がサーカスのこの映画を観たんだけど、なんだか不思議な絵本を観ているようだった。
ファンタジーと現実、可愛らしい雰囲気と寂しい雰囲気、それらがうまく交わってる切ないおと
>>続きを読む

月のひつじ(2000年製作の映画)

2.3

羊いつ出てくんの?



羊いつ出てくんの?


羊、まだかな??


あれ?羊まだかな?そろそろラストになりそうだけど……


羊は……??



あれ?!羊……



~エンディング~



!!
>>続きを読む

ヤング≒アダルト(2011年製作の映画)

4.4

トラウマ映画に認定。
R-15でもR-18でもなく、R-私 ですよ。
あぁ痛い。
うううう痛い。
観ていて辛い。

初めて観たのは数年前。
公開時に鑑賞。

心臓えぐられるどころか、心臓をグサグサ刺さ
>>続きを読む

クライム&ダイヤモンド(2001年製作の映画)

4.0

おんもろしかったぁぁああああ!!

脱獄した詐欺師が、ダイヤモンドと殺人を巡る騒動に巻き込まれて、殺し屋に捕まるところから物語はスタート。
そして、殺し屋に自分のこれまでのことを語らせられるんだけど、
>>続きを読む

マイアミ(2017年製作の映画)

3.9

美しい顔と体を売りにし、ナイトクラブをドサ回りするショーダンサーの姉アンジェラ。
町の小さなパン屋で働く、内気で控えめな性格の妹アンナ。
小さい頃に離れ離れになった姉妹だったけれど、アンナがアンジェラ
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.2

鑑賞前は「苦手な宇宙系か…、しかも3時間近くあるのか。」ってかなり緊張していたけど、中だるみや眠気タイムなんてものは一切なく、むしろココ最近でいちばん集中して観ることが出来た。
なんならあと1時間追加
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.3

アートを楽しむためだけの芸術映画って勝手に思って鑑賞リストから外してたけど、観たい映画まで時間があったのでタイミング的に鑑賞。
そしたら棚から牡丹餅レベルじゃなく、棚からキャビアレベルの発掘作品だった
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.8

期待値かなり低めで鑑賞したせいか、
「あれ……?面白いぞ???」
って楽しむことが出来た。
とにかくテンポがめっっちゃ良い!
なので、高揚感をずっと保ったまま無事エンドロールへ!


面白い時代に面白
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

トムフォードの映画監督としての才能と、デザイナーとしての才能を一気に堪能出来てとてつもない贅沢をしてる気分に。
人間の心に潜む、裏切り・憎しみ・哀しみ・暴力性もトムフォードの魔法にかかるとこんなに芸術
>>続きを読む

>|