kumatoraさんの映画レビュー・感想・評価

kumatora

kumatora

映画(623)
ドラマ(14)
アニメ(0)

女神の継承(2021年製作の映画)

4.2

ツッコミどころは数あれど、ここまで精神を蝕むものを作ってきたのは素晴らしい。見てて本当にしんどかった

何かとんでもないことが起きるのだろうという不穏さな空気とタイの華やかな土着文化との掛け合わせが一
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.0

普通の映画館で見ても音がバカデカくて最高だった。IMAX的な環境でもう一度見たい
飛行シーンの状況がだいぶ前作と比べてわかりやすくて楽しめました。
飛行機好きの父にも薦めたいなと思った。
テンポ優先な
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.5

ド王道アメリカ映画
お手本のようなシナリオ展開にわかっていてもちょっと胸が熱くなる。
戦闘がどっちが何やってんのかいまいちわからないけどまあ雰囲気で
知ってる曲いっぱい流れてきてテンション上がるし、ロ
>>続きを読む

呪詛(2022年製作の映画)

3.8

終始ジメジメしてていい感じだったが、こういう作りになってる以上今のこれは誰の視点なのか?という事をいやでも意識させられ、どうしても気になってしまう。あと身も蓋もないことを言うとカメラ捨てるだろ常識的に>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

3.6

警察署のくだりのパーカッション入ったムーディな曲がかなり良かった。さすがジョニグリ

楽しかったが結構冗長に感じたかも?ただストリーミングやらで見るよりは映画館で観て断然良かったなと思う

主演の男の
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.3

ベッドに潜りながら距離を置いて観てたけどイハ宅の長回しのとこだけ布団から出て画面にかじりついてしまった。ものすごく魅力の高いシーンだった

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.2

とても好きなタイプだが2度と見たくない…

ひたすら不穏さが潜んでる感じやゴア表現連発でなかなかしんどかった グロいのは大丈夫だが痛そうなのは目を背けたくなる

グロいだけでなく美しい絵作りも多く、特
>>続きを読む

ゼイリブ(1988年製作の映画)

3.6

メガネかけるかかけないかで長時間殴り合いの喧嘩するところがマジで長すぎて笑った

全体的にチープでいい加減だがそこが良い…今にも通じる題材だしアイディアが好みだった

SFかと思って見たら序盤全然そん
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.7

無難にエンタメで面白いが、もっと突き抜けて欲しかった感がある。ガミさんは魅力的だが、別に泣かしにこなくても良い

まあまあ眠たい状態で見たのでこの人なんだったっけとかどっちだっけが時々あってやや辛
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

4.6

めちゃめちゃ面白い

爺さんがマジで面白い。終盤どんなにヤバい目に遭うのかとドキドキが頂点に達したところでなんとただ指をああするだけっていう意外性の笑いでひっくり返りそうになった。そこからの壮絶なグダ
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.3

among usやった時に思い出したので鑑賞
高校生か大学生?の頃以来の再見

今見てもクリーチャーのデザインがかっこいい
デモゴルゴンこれのインスパイア感

ハスキー犬の演技のうまさ

わたしたち(2016年製作の映画)

4.5

イ・チャンドンが関わってると聞いたから問答無用で見た。
また、「はちどり」のキム・ボラが影響を受けたってのを見てとても納得。
というかジア役の子はちどりにも出てなかった?
あと愛の不時着のオカン出てき
>>続きを読む

孤高の遠吠(2015年製作の映画)

3.8

地元のガチヤンの方々が出演ということで演技はクソ棒読み、映像も思いの外チープ、SUPERCAR風のちぐはぐな謎楽曲など、なんだこれは…と思ったけど途中から一気にテンションに飲み込まれてかなり面白かった>>続きを読む

スローなブギにしてくれ(1981年製作の映画)

4.1

この令和の時代では1発アウトな表現が多々あり。動物愛護やら男尊女卑やら吉野家店長の扱いやら…愛猫家としては何度か目を背けたくなった。良いも悪いも含め80年代の空気を目一杯浴びられるある意味100年後も>>続きを読む

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

4.0

画面が一生汚い。ビックリするほど汚い。
しかも実話だった

妙にキャラが立ってる二つ名付きの酒場の人達が皆良かった

酒と性欲怖すぎ

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.5

絵画のような映画。
ラストシーンで胸が締め付けられて呼吸する暇がなかった。

二人が会話する背後でぼんやりゆらめく暖炉の炎の美しさ
言葉はあまりにも不必要だった。

祭りの曲が良すぎる

あらかじめ失われた恋人たちよ(1971年製作の映画)

3.6

バシッと決まる絵と詰め切れてないまま衝動だけ持て余した感じの変な絵が混在してていびつだった。ATGって感じ。
ストーリーもわりと支離滅裂だが、何年経っても記憶から消えない映画はこういうタイプのもののよ
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.0

あるあるネタっぽく入れたやつが全然ピンとこないことが多くて何度も「!?」ってなって戸惑った。
取ってつけたような友人たちのサイドストーリーの薄さ、お互いのモノローグの過剰さを顧みるに映画より連ドラ向き
>>続きを読む

アレックス(2002年製作の映画)

3.5

昔カルネカノンとセットで見たような気がしてたけど見てなかった。というか見てたらまた見直そうとはならなかっただろう…(今度時系列順に再編集されるみたいだが)
こういう構成な以上、後半ちょっとダレざるを得
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.8

邦画のようなタッチで描かれる韓国映画でとても新鮮だったし、むしろ邦画より日常描写の完成度が高いと感じた。淡々としていた分余韻も強い。

冒頭の描写は何だったの?と途中まで引っかかっていたけどほぼ映画の
>>続きを読む

ルクス・エテルナ 永遠の光(2019年製作の映画)

3.5

ラストの点滅暴力はやりたいことの集大成というか、ほんと点滅好きだなこの人ぐらいの印象。やはり本能的にテンションは上がってしまう

もったいないのが画面分割演出。あまり効果的に働いてなかったと思う。アイ
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.0

咀嚼しきれない…
てっきり日中を舞台に繰り広げられるホラー映画だと思っていたけどそこまでホラーではなく拍子抜けした
面白い絵が非常に多く色も綺麗で退屈しない。俯瞰視点やゴア表現がホドロフスキー的だなー
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

4.5

悪趣味で地獄で不快でいつものギャスパーノエの感じだった
サスペリアを少し連想
ネタフリの雑談タイム部分が退屈でかなり眠くなったがああなってしまってからはあっという間で凄い
Windowlickerをバ
>>続きを読む

>|