おちち

おちち

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.0

ライアンゴズリング目当てで観た。彼は静止画で見るより動画のほうがかっこいい。
肝心の話の内容も期待以上で、これまでのラブストーリーのお約束をある種意識的に編集しながら(保護者面談後の雨のシーンとか)、
>>続きを読む

冬冬の夏休み(1984年製作の映画)

4.0

子供の目線で日々の出来事を描くという意味では、キアロスタミの「友達のうちはどこ」にも通ずるが、こちらの方が好み。

印象的なのはやはり子供の世界の単純さ。
冬冬は医者の孫で、周囲の子供とは違う階層にい
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

3.5

高校の宗教の授業で観た。色白で華奢な歌の上手いシスター役の女の人に入れ込んでた高1の夏。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.5

プロットの上手さが際立っていた。話としてはよくあるタイムスリップ物に分類されるのだろうが、過去の歴史へのキャラクターの絡ませ方がうまい。シュルレアリスト達が未来から来たと告白する主人公に、自然なことだ>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.5

面接が上手くいかず、気分転換で観た
細かい男女の恋愛の機微はよく分からないが、丁寧な画作りが印象的だった
特に1人目のヴェロニカとのディナーのシーンはバロック絵画のような光と影のコントラストが美しい
>>続きを読む

パーマネント・バケーション(1980年製作の映画)

4.0

その後のジャームッシュの全てがここにあるように感じた。多様な生の物語を統一するわけではなく並置し、観るものに投げかける。
ただ一つ、後期の作品と異なると感じたのは、処女作故の荒削りな演出だ。個人的に後
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.0

小津meetsゴッドファーザーといった感じ。
全編とおして光と闇の対比表現が印象的。
バスケの練習と父の尋問のシーンが特に美しい。
物語としては思春期の行き場のない感情が60年代台湾の時代を背景に描か
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

1.2

自閉症気味の女性がイタズラして色々迷惑かけるけど、可愛いから許されてハッピーエンドみたいなアホくさい話。飛行機の中の暇つぶしには良かったです。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.0

観ててうんざりした。スコットランドの底辺の若者達が、ドラックとセックスに塗れながらクソみたいな生活を送るという話。ただ終盤の疾走感はグッときた。

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

4.0

子供がまだ労働力だった時代が舞台。近代化の途上で失われていくものの姿が印象的だった。

ヤンヤン 夏の想い出(2000年製作の映画)

4.0

結婚式ではじまり葬式で終わる。
男女の関係を通して人生の悲哀を語るのがこの映画のテーマだと思う。ヤンヤンと物言わぬ祖母の姿が映画全体を影で支えているように感じた。
余談だが、邦題はあまり良くないと思う
>>続きを読む

>|