Uさんの映画レビュー・感想・評価

U

U

映画(140)
ドラマ(0)

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.4

スマホを構える野次馬のように、
スクリーンに釘付けになった。
理性では制御できない興味と高揚感だけを頼りに、立ち入り禁止のプライベートゾーンへと忍び込んでいく感覚。
この映画の社会的な価値を見出だして
>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

4.6

映画の世界がずっと頭から離れない。

誰かに触れられる時間が限りあるものだなんて考えたことなかった。

全ての関係は始まった時から終わっていく。だから嫌いな人は嫌いでいいけど、好きな人は好きでいたい。
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

かわいいカラフルな部屋とカラフルな衣装。

プラネタリウムのスイッチを入れて星空。

デートをした映画館の閉館。

クリスマスに仕事をクビ。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.7

ひとつの視点からの物語ではなく、
警察の話でもあり、
ホテルマンの話でもあるところが新しかった。
ホテルマンと警察官の2つのプロフェッショナルの視点は、相反しているのに共通点もあるおもしろさがあった。

幻の光(1995年製作の映画)

3.4

関西弁はリアリティと温かさ感じさせる。
自分が関西弁じゃないからだけかもしれないけど。

「そばかす」という小さな伏線がリアル。
死んだ夫と今の夫の対照的な性格を表す。

同じシーンの長さやセリフのな
>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.3

世間というのは、君じゃないか。

人間失格の大好きな台詞は
出てこなかったが、
美醜をまったく世間に委ねようとしない
登場人物たちがよかった。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.6

銃規制が叫ばれる時代に
これだけ銃の存在を際立たせ
見方によっては暴力を
肯定しているようにも思われかねない
映画をつくった勇気がすごい。

映画ではなく広告の話に
なってはしまうが、
以前、カンヌ広
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

4.6

「真実」という「嘘」にまつわる物語。

女優の仕事をする母親。
脚本家の仕事をする娘。
母親と娘は、本当の気持ちを
表現という嘘を使って伝え合っていた。

映画やドラマといったフィクションは、
単なる
>>続きを読む

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

4.0

誰も嫌いにならない。
登場人物みんなのことを
好きになる。
だけどそれは、
いい人だからではない。
その人らしい人間性が
あふれるところを好きになる。
その人が言わないようなことは、
決して言わない。
>>続きを読む

7つの贈り物(2008年製作の映画)

3.5

途中まで内容が分かりづらいからこそ、最初に「衝撃的なシーン」を持ってきたのだろう。
それに至る経緯を紐解くという目的を鑑賞者に与えることで、分かりづらい部分でも退屈に感じさせない。
最初のシーンの重要
>>続きを読む

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

3.7

話のスケールが大きいから面白い。
小さな繋がりとか、身の回りのことに収まらず、時代も越えるし、地球規模の話になっていて、色々信じたくなる。

ペット(2016年製作の映画)

3.5

意味を求めずに、何も得ようとせずに、ただ映画の世界を見る楽しさがあった。見終わった後は、現実の世界にもちょっとだけ映画の世界があるように思えて、そう思わせてくれることがこの映画の価値だと思った。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.4

この物語も、シンデレラやアラジン同様、立場の違う者たちの間に生まれた愛情が、慣習を越え、現実を変えていく物語だった。その過程に、様々な困難が立ちはだかる。この大きなストーリーのモデルは、あらゆる表現に>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.9

愛によって身分の差を越えるというストーリーは、シンデレラとも共通していると気がついた。
現代における先生と生徒との禁断の恋や、ロボットと人間の恋を描いた作品などにも共通している。
法律や世間の常識で定
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.9

世界がこんな風にシンプルであったなら、とてもいいなぁと憧れた。
ファンタジーは子供のように
素直に大切なことを教えてくれる。
複雑な世の中を生きる大人にとって、
なくてはならない優しい薬だ。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

4.0

殺人事件のニュースを見る時、
「なんて酷い」「許せない」「頭がおかしい」「死刑にするべきだ」と、
感情に任せて加害者を非難することしか、私たちはしない。

しかしこの映画は、
殺人鬼の立場からの世の中
>>続きを読む

ジャージの二人(2008年製作の映画)

2.8

主題が何かわからなかった。
主題がはっきりしていなくても面白いと感じる映画はあるが、その場合、印象的なシーンや、見ていて心地よいやり取り、クセになるユーモアがある。
そのどちらも、中途半端に終わってし
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.9

劇場の外に出ると「めざましテレビ」が取材に来ていた。
若い女性の間で話題になっているらしいということを、映画を観たあとに知った。

「セフレ」「ソフレ」・・・
新しい男女の関係性をあらわす言葉が増えて
>>続きを読む

チャイルド・プレイ/チャッキーの種(2004年製作の映画)

2.9

チャッキーが永遠に人形になることを選んだシーンは、安部公房の「砂の女」という作品で、主人公が、不運にも砂の穴の中での生活を強いられ、何度も脱走しようと試みるが、やがて砂の穴の中での生活に価値を見出して>>続きを読む

チャイルド・プレイ(1988年製作の映画)

2.9

よくわかんないとこがたまにあったがそれでよかった。複雑な設定とか抜きにしてチャッキーvs人を何も考えず楽しめたからよかった。
チャッキーがすごいチャッキーだった。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.6

クリスが人を初めて狙撃するシーンに、緊張感や痛々しさ、怒りを強く感じた。しかし、しばらく映画を観ていると、徐々に、クリスが人を殺すことに対して感情は動かなくなっていき、さらには、“伝説”と呼ばれる男の>>続きを読む

まく子(2019年製作の映画)

3.7

主人公の中であらゆるものの見方や意味が逆転する面白さがあった

神輿を壊すこと
大人になること
死ぬということ
永遠ということ

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

4.2

人の価値は、
人に何をしてもらったかではなく、
人に何をしてあげたか。

最低で大嫌いな相手がいたとしても、
その人と楽しい時間を過ごした時があるのなら、その時間はなくならない。

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.7

「もっと遊びたいのに絶対に帰らなくてはならない」という現実に直面し、大粒の涙とグジュグジュの鼻水を垂れ流しながら、母親という無慈悲な生物に必死の反抗を試みていた子供の頃を思い出した。

いつしか体力と
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.3

屈強な麻薬組織の人物たちが醸し出す「不穏な空気」の中を平然と突き進む年老いた男の「確固たる意志」が、ユーモラスでもあり、その危うさに都度不安にもさせられた。
物語全体を覆う「不安」と、
主人公の強い「
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

4.2

ところどころに、キャッチーなセリフやシーンがあるところが魅力的だった。


マチルダの
「もう大人よ あとは年をとるだけ」
という大人びていて子どもらしいセリフ。

レオンの牛乳を嬉しそうに買いに行く
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.4

そんなのは綺麗ごとだ。物事はもっと複雑だ。大人なら、あらゆる可能性を考慮しなくてはならない。
そうやって難しくしたものを、あらゆる情報を駆使して考えることが世の中と誠実に向き合うということなのだと、ず
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.6

時間の経過をわかりやすく表現するためのシーンが印象に残った。ジャックが酒に酔いフラついた時のアリーの「いつもこうなの」というセリフや、犬の成長。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.2

字幕の発言から、その人の個性を見出すことが難しかった。もちろん表情や行動で感じるものはあったが、表情や行動と言葉の微妙なギャップやリアリティーを感じられなかった。それは外国人の「人間らしい表現」を知ら>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

「小さな個人」やバンドという「小さなコミュニティー」の、パーソナルな部分(大衆が分かり得ない部分)が、「曲」という表現を通じて大衆の心に届いていく。しかし、決してクイーンの「パーソナルな部分」がそのま>>続きを読む

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

3.9

空想や回想を現実と同じ空間の中に存在させることで、よくあるシーンに新しさが生まれている。

阿部寛の心の声が、宮本の性格や考え方を表現しているが、徐々に本当の声として相手に届いていくところに心が動かさ
>>続きを読む

金メダル男(2016年製作の映画)

3.1

関わりの薄い人の死は物語にリアリティを与える。

セッション(2014年製作の映画)

4.5

主人公を取り巻く世界は、決して好転したりはしない。その中で主人公の気持ちや行動が変わっていくからこそ、反骨精神や戦闘意識を力強く印象付けられ、自分の中にある忘れていた情熱を呼び起こさせる。

>|