レイチェルさんの映画レビュー・感想・評価

レイチェル

レイチェル

映画(576)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~(2020年製作の映画)

3.5

第二次世界大戦中、マルセルは兄たちに誘われ、ユダヤ人の子供たちにパントマイムを見せながら世話を始める。彼だからこそ、子供たちを笑顔にし、救うことが出来たのだと感じた作品。

ニュースの真相(2016年製作の映画)

3.3

CBSニュースのプロデューサーのメアリーはスクープを放送するが、偽造と言われ、非難を浴びる。マスコミのあり方、真実を追求する難しさとはどういうことかを考えさせられる。

PITY ある不幸な男(2018年製作の映画)

3.5

息子と暮らす弁護士の男は事故により昏睡状態の妻の回復を待つうちに、周囲の優しさに居心地の良さを感じ始める。普通に見えるが、普通ではない部分を誰しもが持ち合わせていると感じさせられる不思議な作品。

ほんとうのピノッキオ(2019年製作の映画)

3.8

木工職人のジェペットが丸太から作った人形のピノッキオはジェペットの元から離れ、冒険の旅に出る。純粋で人間の子供になりたいと願うピノッキオとピノッキオを騙そうとする者たちが皮肉混じりに描かれ、大人の童話>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

4.0

デザイナーを夢見てロンドンに来たエロイーズはアパートで一人暮らしを始めるが、夢の中で60年代のソーホーに行き、サンディーという女性に出会う。サンディーとエロイーズが対象的でとても魅力的。ファッションも>>続きを読む

影の車(1970年製作の映画)

3.7

旅行代理店に勤める浜島は妻と暮らしていたが、ある日バスで泰子に声をかけられる。それから二人は男女の関係になり、浜島は泰子の息子の健一に恐怖を感じるようになる。側から見れば、どう見ても子供が大人を殺すな>>続きを読む

TOVE/トーベ(2020年製作の映画)

3.5

戦火の中でトーベは彫刻家の父と対立しながらもムーミンを描き始める。そんな中、演出家のヴィヴィカに出会う。性別も関係なく、自由に人を愛したトーベ。彼女の生き方がムーミンそのものだったのだなと感じた。

呪詛(2022年製作の映画)

3.2

シングルマザーのルオナンはある村のタブーを犯したことで、娘を失うことを恐れ、施設に預けていたが、一緒に暮らすことにより恐怖が襲う。信仰の恐ろしさや恐怖を感じずにはいられない。呪文を見る度に観客もどんど>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.3

秦の国で孤児だった信と漂はいつか天下の大将軍にと鍛錬を積んでいたが、ある日漂は王宮へ仕えることになり、別々の道を進むことになる。それぞれのキャラが濃く、テンポが良く、とても見応えのある作品。

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.2

伝説のパイロットであるマーベリックはパイロットチーム・トップガンに再び参加し、不可能な任務に挑むことに。年月を経て、出会いも別れも経験したマーベリックとともに空を飛んでいる気分になれる。

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

2.0

謎の立方体CUBEに閉じ込められた男女6人。職業も年齢もバラバラで接点すらない彼らは脱出できるのか。もし、自分があのCUBEに入ったらどうするか考えずにはいられない。

RUN/ラン(2020年製作の映画)

3.3

母親ダイアンと暮らすクロエは生まれつきの病気を持ち、車椅子で生活していたが、徐々に母親に違和感を感じ始める。疑いもせず生きることがいかに恐ろしいかと感じさせる。親子だからこその恐怖が詰まっていた。

MINAMATAーミナマター(2020年製作の映画)

3.5

写真家のユージン・スミスは荒んだ生活を送っていたが、熊本県水俣市のチッソ工場が流す有害物質に苦しむ人々を撮ってほしいと頼まれることに。目を逸らしてはいけない事実を彼の写真を通して感じることができた。

ナイル殺人事件(2022年製作の映画)

4.0

大富豪で美しき女性のリネットはサイモンとナイル川で結婚旅行中に殺されたことから、次々と殺人事件が起こる。その謎をポアロが解く。愛によって人を殺してしまうことがあるという言葉がとても印象的。人の愛や嫉妬>>続きを読む

ウエスト・サイド・ストーリー(2021年製作の映画)

3.0

ニューヨークのウエストサイドで、ジェッツの元リーダーのトニーとシャークスのリーダーの妹、マリアが恋に落ちたことで、周りの若者たちが対立していく。アニタが印象的で、現代ならではのウエストサイドを見ること>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.6

農業での成功をするため、韓国系移民のジェイコブは家族と共にアメリカでトレーラーハウスで暮らすことに。破天荒なおばあちゃんが印象的。「ミナリ」という言葉の意味を考えさせられる。

100日間生きたワニ(2021年製作の映画)

-

約束したお花見にやってこなかったワニは事故で亡くなっていた。その死の100日前、そして100後の話。出会いも別れも突然であること、誰もが心に傷を負って生きていることを改めて考えさせられる。

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

3.0

フリーターの武道は、ある日ヤンキーだった学生時代の彼女であるヒナタとその弟が殺されたと知り、タイムスリップしてしまう。過去から逃げた主人公が過去と向き合おうとする姿が印象的。

チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ(2022年製作の映画)

3.5

アニメーションで一躍人気になったチップとデールだが、番組が打ち切られてからそれぞれに生きていた。だが、かつての共演者が失踪し、その謎を解くために立ち上がる。懐かしいキャラクターが出演しており、それだけ>>続きを読む

ムーラン(2020年製作の映画)

3.3

父の身代わりで、男性として兵士になったムーランは父譲りの戦闘能力を開花させていくが、偽りの姿の自分に葛藤し始める。アニメーションとは違い、アクションが多く、ムーランの心情がリアルに描かれていた。自由に>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

3.5

「101匹わんちゃん」の悪役クルエラの若き頃を描いている。クルエラの生き様やファッションがとても印象的。全て「101匹わんちゃん」に繋がるように描かれており、クルエラがなぜ誕生したのかよく理解できた。

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.0

巨大生物が現れ、限界を向かえた日本政府の前に銀色の巨人が現れる。昔の雰囲気を残しつつも、宇宙人と人間の狭間で揺れ動く主人公の気持ちがよく理解できる作品だった。ウルトラマンのフォルムの美しさや不器用な部>>続きを読む

鳩の撃退法(2021年製作の映画)

2.8

天才作家の津田は編集者の島飼に描きかけの小説を読ませるのだが。事実なのか、ウソなのか最後まで観客を悩ませる作品。

スペース・プレイヤーズ(2021年製作の映画)

2.6

バスケのスーパースターのジェームズは映画会社のAIであるアルに息子のドムを人質に囚われ、AI内でバスケの試合をするように挑まれる。バックスバニーを始め、試合の観客席には知ってるキャラクターが沢山。映画>>続きを読む

秘密への招待状(2019年製作の映画)

3.4

インドで孤児の救済活動をしていたイザベルにニューヨークに住む支援者テレサから寄付の話が来る。だが、テレサの夫はイザベルの元恋人だった。誰しも秘密はあるが、大きな秘密を家族に黙っていてもいいことはないと>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.6

酒に酔った女性を演じ、手を出す男達に制裁を加えるキャシー。そんな彼女の生き方を描く。重いテーマにも関わらず、ポップな色使いや音楽で見やすく、キャシーのクレバーでクールな立ち振る舞いが印象的。彼女の傷は>>続きを読む

桜のような僕の恋人(2022年製作の映画)

3.0

美容師の美咲に恋した晴人は美咲に相応しい人間になろうとカメラに向き合おうとするが、美咲が突然姿を消す。桜と美咲の笑顔が印象的。美咲のいつまでも美しいままで覚えていて欲しいという気持ちが伝わる。

ファーザー(2020年製作の映画)

4.0

ロンドンで暮らす81歳のアンソニーは娘のアンが頼む介護人を拒否していた。そんな中、色んな記憶が薄れたり、見知らぬ男が現れたりとアンソニーを翻弄する。アンソニーを通して、認知症を体験しているような感覚に>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

3.4

天才科学者のエイドリアンに束縛された生活から脱出を図ったセシリア。エイドリアンは自殺したと聞くが、彼の死を信じられない彼女には謎の影が付き纏う。透明であるからこそ、誰にも見えず、信じられず、恐ろしい存>>続きを読む

ブラックバード 家族が家族であるうちに(2019年製作の映画)

3.5

医師のポールと妻のリリーの家に娘たちが集まり、リリーの安楽死を受け入れ、その日を迎えるまでを描く。最後まで自分の意思を貫くリリーの姿が印象的。それぞれの家族の思いが痛いほど伝わってくる。

キャラクター(2021年製作の映画)

3.5

売れない漫画家の山城はある日、住宅街で一家四人殺人事件に遭遇し、犯人を見てしまう。両角の異常性がとても印象的だった。衝撃的な出来事に出会うといけないと思いつつも、漫画に書いてしまう漫画家の性がよく描か>>続きを読む

ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎(1985年製作の映画)

3.0

シャーロック・ホームズとワトソンの若き少年時代を舞台に連続殺人事件に挑む。原作には無いホームズたちの少年時代が描かれ、とても斬新で青春を感じられる作品だった。

ミザリー(1990年製作の映画)

4.0

作家のポールは自動車事故に遭い、元看護師のアニーに救われ、看護される。だが、徐々にアニーの恐ろしさが見え始める。アニーの執着心、狂気が尋常ではない作品。人間の恐ろしさを見たと言わざるを得ない。

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.2

動物たちと共にひっそり暮らしていた名医ドリトルは女王を救うため、助手のスタビンス少年と旅に出る。動物たちのそれぞれのキャラクターが可愛くて印象的。ほっこりした気分になれる作品。

薬の神じゃない!(2018年製作の映画)

3.3

上海で強壮剤を売る薬屋の店主チョン・ヨンは白血病の治療薬のジェネリック薬を売ってほしいとリューに頼まれ、金に目がくらみ、密輸に手を染める。最初は金目当てだったかもしれないが、人のためという思いで薬を命>>続きを読む

カポネ(2020年製作の映画)

3.1

隠居生活を送るアル・カポネはギャングと怖れた姿はそこにはなく、今は認知症を患い、現実と幻想の間で彷徨う姿が描かれる。病も芝居なのか、本当なのか、現実に起こっている事も幻想なのか、周囲は彼の術中にはまっ>>続きを読む

>|