川崎邦彦さんの映画レビュー・感想・評価

川崎邦彦

川崎邦彦

2017年9月よりスタート

映画を観ないと死ぬ病にかかった先天性重度映画中毒者

最新作から古いものだとモノクロサイレントまで幅広く、ホラー・サスペンス系は少ないけど基本的にはオールジャンル観ます

洋画:邦画の比率は8:2ほど

過去最高年間視聴本数は250本

理想の人生の最後の時は映画館の大きなスクリーンを貸し切って「七人の侍」を観ながら眠る様に息を引き取ること

映画(182)
ドラマ(0)

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

MCUフェーズ4最後にしてトムホ版スパイダーマン第二作目

ニューヨークの親愛なる隣人ことスパイダーマンが今度はヨーロッパの国々を旅する中でも世界の危機に立ち向かう


トム・ホランド演じるスパイダー
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ディズニーの名作アニメ「アラジン」のリメイク実写映画化

「美女と野獣」の実写リメイクの成功に続き今作も成功と言える

両作品の成功の共通点はアニメの世界観を見事に実写で映像化させたことと不朽の名曲が
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

記念すべき令和ゴジラ第一作品目

真の怪獣王爆誕❗

昭和ゴジラも平成ゴジラも最大限にリスペクトし、一切の妥協も出し惜しみもしない「僕たちが見たかった大怪獣バトル」を実現させた夢の映画

「パシフィッ
>>続きを読む

三大怪獣 地球最大の決戦(1964年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

東宝怪獣界の大スター、永遠の好敵手キングギドラの記念すべき初出演作品

単体作品から登場の人気怪獣ゴジラ、ラドン、モスラのスター怪獣の夢の競演とその三匹と対決するために産まれたこのキングギドラは後の怪
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.4

2019年必見の日本SFアニメの金字塔

国内外に日本アニメーションを強く印象づけ、多くのクリエイターに絶大な影響を今なお与え続けている不朽の名作

大友克洋原作の同名コミックの序盤を下地にオリジナル
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

クリスマスの夜に観たい映画作品の一つ

今は亡き今敏監督の数少ない劇場作品の内で一番人にお薦めしやすい比較的万人向けのハートフルストーリー

クリスマスにホームレス三人に拾われた幼子を巡る奇跡の数珠繋
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ポケモンと人間が共存する世界をハリウッドが実写映画化

世界中で愛されるポケモンを誰もが夢見る現実世界に❗

自分はポケモンは緑を大昔にちょっとやったことがあるくらいで初代シリーズくらいしか名前と姿が
>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

イギリスの変なおじさんことローワン・アトキンソンが演じるスパイ版MR.ビーンである「ジョニー・イングリッシュ」シリーズ第三段

相変わらずの顔芸と変な動きとヘンテコシチュエーションの化学反応で安定のユ
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

MCU作品群の22作品目にしてある意味で集大成であり長きに渡る壮大なヒーロームービーの有終の美を飾る納得の超大作

前作の「アベンジャーズ・インフィニティウォー」公開から一年、ヒーロー達の大敗から以下
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

男の子なら誰もが一度は憧れる変身スーパーヒーロー

ムキムキマッチョにピチピチスーツにオールバックなヘアスタイルと古典的なコミックヒーローの格好そのままに見た目はコスプレしたおっさん中身は14才のクソ
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

人気コミック原作の実写化映画

舞台が紀元前の春秋戦国時代の中国でキャストは日本人、製作も日本の作品でこれほどの完成度はかなり頑張ったと思う

オリジナルの設定やストーリーは未読&未視聴なので比較はで
>>続きを読む

フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ(1966年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

それまでの怪獣映画の常識を崩した前作「フランケンシュタイン対地底怪獣」と合わせてカルトな人気を博す東宝特撮怪獣映画の怪作

巨大怪獣=鈍重な獣というイメージを覆し人間の体のフォルムをそのままに残した猿
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

昼はタクシードライバー、夜は悪を一撃必殺の正義の仕事請負人の元凄腕CIAエージェントをデンゼル・ワシントンが演じる「イコライザー」の続編

一般人の生活に溶け込みなからも、裏社会の悪を秒殺で叩きのめす
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

トランスフォーマーシリーズ一作目の前日譚となる初のスピンオフ作品
バンブルビーが地球にやって来た80年代アメリカで出会った一人の少女との友情ストーリー

父親を失い、家族と馴染めない思春期特有の悩みや
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

モテないボーイスカウト3人組がゾンビであふれた街でスカウト技術を駆使して活躍する青春ホラーコメディ

前半の導入のくだりがやや長く感じるが主人公達が本格的にゾンビに襲われた頃からテンポもよくなり面白く
>>続きを読む

太平洋奇跡の作戦 キスカ(1965年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

日本作製の戦争映画のなかでもラストがハッピーエンドで終わる数少ない作品

オールスター男性キャストで実話に基づいた撤退作戦を描いているというのは珍しい
円谷英二が手掛けた特撮技術と三船敏郎を筆頭に著名
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

MCUシリーズ初の女性単体ヒーロームービー

これまでのMCU作品とは少し映画の雰囲気を変えて新しい作風な本作は
冒頭からいきなり意味深なシーンから始まり過去の記憶を失なった主人公が本当の自分を取り戻
>>続きを読む

月世界旅行(1902年製作の映画)

4.0

映画の歴史を語る上で外すことの出来ない作品
黎明期の古典映画の代表作であり世界で初めてのSF映画としての始祖でもある

偉大なる特撮映画の父であるジョルジュ
・メリエスがSF 小説ジュール・ヴェルヌの
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

スパイダーマン映画初のアニメ作品

巷に溢れる3Dアニメーション映画とは一線を画くすレベルの高い作品だった
映像美とカメラワークが原作のコミックを意識した漫画という二次元的な表現と絶妙に合わさり、新鮮
>>続きを読む

ビール・フェスタ 無修正版 〜世界対抗・一気飲み選手権(2006年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ビール好きの為のカウチ"ビール"ムービー
とにかくビール飲む為だけの下ネタとコメディでハチャメチャする映画

冒頭の注意書きの通り本当にこんなに飲んだら死ぬんじゃないかと思うくらいにビールを飲みまくる
>>続きを読む

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ピーター・ジャクソン脚本製作で送る終末戦争後の巨大な移動都市による弱肉強食の世界

フィリップ・リーブ原作のファンタジー小説「移動都市」シリーズ四部作の一作目を映画化した本作品

終末戦争により文明が
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ジェームズ・キャメロンが長年の夢を叶えたサイバーパンク漫画「銃夢」の映画化

キャメロンは脚本で監督はロバート・ロドリゲスだが実質キャメロンの作品という印象

ロバート・ロドリゲス作品にしてはアクが弱
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

最強の海の英雄爆誕❗

何かとMCUと比較され半歩後ろの扱いだったDCEUも遂に肩を並べた感じ

ストーリーは王道中の王道でよくある展開だが解りやすくしてアクションに特化させた為エンタメ色の強い作品に
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

プレデターVSプレデターハンターVSスーサイドスクワッド

異星人と人間の戦いを描いた人気アクション映画シリーズの最新作

過去のプレデター映画はエイリアンVS シリーズやパチもんを除けば作品としては
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

アーケードゲームの世界からインターネットの世界へ

ラルフとヴァネロペが広大なネットの世界で巻き起こすワクワクとハチャメチャな大騒動とセンチメンタルなちょっと大人な友情の物語


ストーリー自体は王道
>>続きを読む

マーズ・アタック!(1996年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

奇才ティムバートンが送る60年代のSFパニック風ブラックコメディ

無駄に豪華なキャストにゴム人形みたいな脳ミソ剥き出し骸骨顔の火星人、グロテスクにシュールなギャグといかにもB級テイストな作品

「宇
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

児童施設で暮らす子供達を描いたストップモーションアニメ

子供が描いたキャラクターのような人形や世界観だが
根底にあるテーマはとてもシンプルかつ重厚で決してこども向けの量産アニメとは一線を画くす作品
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

観賞前は才能ある少女がスターダムに登り詰めるサクセスストーリー的な映画かと予想していたのだが

ブラットリー・クーパーとレディ・ガガの二人が素晴らしい演技力と圧巻の歌唱力パフォーマンスで魅せる哀しい愛
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

クリスマスに観るべき名作中の名作
 
人は人生に不安を感じ、苦悩し、自分が何者であるかに迷う時がある

不運続きで、夢も叶わず平凡な人生

自分は生まれて来なければ良かったのに


そんな人生のどん底
>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

友情は永遠に
30年間鬼ごっこを続ける男たちを描いた実話を元にしたストーリー

毎年5月の間の一ヶ月になると遠く離れて暮らす友達を見つけ出し、不意討ち騙し討ちのあらゆる手を使い相手にタッチをして「鬼は
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

もっと大人のファンタスティック

「ファンタスティック・ビースト」シリーズの2作目

愛すべき前作からのキャラクターに引き続き新たなキャラクターも登場し、よりヒューマンドラマ色強くシリアスでダークな展
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

新作観賞前の復習観賞

二回目

ちょっと大人の魔法世界
本家の「ハリー・ポッター」シリーズは後半作品がどんどん暗くなりストーリーも破綻していただけに
今作の心機一転した新鮮な世界観が好印象だった
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

アーケードゲームのキャラクターである悪役ラルフとポップなレースゲーム世界のヴェネロペの凸凹コンビが活躍するディズニー映画

続編公開前に復習観賞

「ピクセル」や「レディプレーヤーワン」よりも前に数々
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

伝説のバンドQueenの珠玉の名曲の数々とフレデイ・マーキュリーの栄光と苦悩の人生を描いた感動作

84年生まれの僕にとっては現役世代では知らないバンドであり、今なお彼らの音楽が愛され続けテレビや映画
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.8

ひさしぶりに邦画のコミック実写化でアタリの作品

CGやアクションはハリウッドには敵わないが原作の無駄を削ぎ落とし、理想的な王道展開とラストに纏めたところは評価したい

木梨憲武と佐藤健のキャスティン
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ソニー・ピクチャーズが手掛ける独自のマーベルシリーズ第一段
スパイダーマンの人気ヴィランであるヴェノムの誕生を描いたダークヒーロームービー

コミックの原作設定はあまり使わずオリジナルのストーリーにな
>>続きを読む

>|