Kenさんの映画レビュー・感想・評価

Ken

Ken

暗殺のオペラ(1970年製作の映画)

4.0

非常に人工的。
ボルヘスもベルトルッチも凄えわ。

夢の涯てまでも  ディレクターズカット版(1991年製作の映画)

5.0

久し振りの5時間映画。
解析をかけると漣の連続だが、全体を積分値として見ると美しい意味を為す。

危険がいっぱい(1964年製作の映画)

4.0

やられた!面白い!
始め音楽が強すぎて合ってない感じがしたけれど、徐々に調和した。

ハニーランド 永遠の谷(2019年製作の映画)

4.0

メーテルリンクの蜜蜂の生活
ビクトル・エリセのミツバチのささやき
アンゲロプスの蜂の旅人
みつばちハッチ

の次くらいに良い

街の上で(2019年製作の映画)

3.0

漂うぎこちなさがリアルで良い。人生で1度だけ行ったことのある下北沢を薄っすら思い出しながら観た。

台詞や所作には心理の核心を捉えている感じがなかった。

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.0

デートで。
こちらも必死に告白の台詞を考えながら観てた。

ウィッカーマン final cut(2013年製作の映画)

4.0

音楽とSummer isles が異様に心地良く、美しい。
エンターテインメント!!

羊飼いと風船(2019年製作の映画)

3.0

河口慧海のチベット旅行記をちょうど読み終えたタイミングだったので。
死者が水溜りを歩くシーンが頂点かな。

バッファロー’66(1998年製作の映画)

5.0

ド好き。
映画観てなかったからthreshold が低下してるだけかもしれないが。
それとウチのWifi のBuffaloは替える必要がある。

リトアニアへの旅の追憶(1972年製作の映画)

5.0

Emotional.
個人的な記憶を語る断章に心の温度が上がった。

インスタント沼(2009年製作の映画)

2.0

ガラクタ屋を見てフィゲラスのおもちゃ博物館を思い出した。

>|