クロフネさんの映画レビュー・感想・評価

クロフネ

クロフネ

映画(91)
ドラマ(0)

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.5

 フェデ・アルバレス監督作品は『死霊のはらわた(リメイク)』や『ドント・ブリーズ』は大好きだが、アルバレス監督の持ち味やミレニアムシリーズのテーマはあるが乗り切れなかった。

 本作はフィンチャー版『
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.5

近年稀にみるホラーの傑作。
モンスターでも心霊でもない。しかも、原因も良く分からない。

 何を言ってもネタバレに繋がりそうなので、HPのストーリーや予告編以外の情報はなるべくシャットダウンして鑑賞す
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.6

 思ってたよりに良かった。言いたい事は無い事はないが、結構楽しめた。

 本作の一番のポイントはポケモンが実在する世界をどれだけ説得力を持たせて、見せてくれるかというところだが、本作はちゃんとポケモン
>>続きを読む

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

3.7

 俗にいう「ナメてた相手が実は殺人マシンでした(ナーメテーター)」もの。代表的な作品で『アジョシ』や『ジョン・ウィック』などが挙げられる。実際『ジョン・ウィック』では、キアヌ・リーヴスの再評価へ繋がり>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.9

 妄想の中までヒトラーと親友なほど、ナチスとヒトラーに心酔している少年ジョジョを主人公が自宅に匿われているユダヤ人少女を発見してからの彼の心境の変化を描くブラックコメディ。

 全編英語なので、舞台が
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.5

 1作目はマックィーンの成長を見事に描いた傑作で、かつピクサーのCGクオリティ(特に車などの金属の質感)を見せつけてくれた。
 
 今作ではマックィーンの挫折と再起、つまり1作目のマックィーンの様な存
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

 韓国の格差社会を分かりやすくシンプルに、かつ娯楽作品として映画化したように感じた。
 露骨なのは、主人公家族の住む家とパラサイトされる家の立地に高低差があること、主人公たちが自宅に帰る際にはずっと坂
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.2

 ストーリーは凄くシンプル。ドイツ軍の罠を前線にいる舞台に伝える2人のイギリス兵の約1日の話。

 本作は、脚本や役者陣の演技力よりも技術面を強く押し出している作品なので、どのような環境で鑑賞するのか
>>続きを読む

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

3.9

 『マイティ・ソー/ラグナロク(あえて原題)』のタイカ・ワイティティとジェマイン・クレメントが共同で監督&脚本&出演の映画。
 ヴァンパイアや狼男などゴシックホラーの怪物たちが実在し、現代で密かに暮ら
>>続きを読む

エリジウム(2013年製作の映画)

3.5

 『第9地区』で見せてくれた、ブロムカンプ監督の話運びや演出を違う脚本で作ったような感じ。決して駄作ではないが、手放しで褒めるほどではなかった。


 『第9地区』の世界観や話運びで似通ってる点として
>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

字幕版と吹き替え版を1回ずつ鑑賞。
計2回見て感じたのが、今作のテーマは「フォースや善悪は、血縁ではなく意志による」という事。
そして、EP8を観なくてもあまり問題が無い事。
また、EP7で出した謎を
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.5

率直に感じたのは、コメディ寄りの『ブルー・バレンタイン』を観ているようだった。

まずは、主役のスカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバーの演技が素晴らしかった。
裁判や職場では劇演技を感じるが、二
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

4.3

・ヒーロー映画として良く出来ている!
シャザムに選ばれてから、変身の仕方、どんな力が使えるか等を観客と同じ視点にして、仕組みを調べていく様子は上手いと思った。
また、その力を使って一般市民を救い、喝采
>>続きを読む

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

4.8

2D吹き替えで鑑賞。
遂にシリーズ完結。
1作目では、人間とドラゴンを騎士と愛馬、猟師と猟犬のような互いに共生出来る存在として描き、2作目では、ヒックとトゥースの守られる存在から守る存在への成長。
>>続きを読む

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.0

ジャパンプレミアにて鑑賞。
また新しいベイ映画に出会えた。
冒頭には高級スポーツカーでド派手なカーチェイス、クライマックスにクルーザーで銃撃戦。マイケル・ベイお得意の細かい編集とスローモーションが堪能
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

4.5

IMAXで鑑賞。

良かったのはストーリー。
2、3、5では追ってくるターミネーターから逃げつつスカイネットの原因も破壊しよう、だったのに対して、今作は1作目を踏襲する様なもので良かった。
それに、追
>>続きを読む

ザ・ランドロマット -パナマ文書流出-(2019年製作の映画)

4.0

作りはマネー・ショートに近い。‬
‪常にゲイリー・オールドマンとアントニオ・バンデラスがこちら側に話しかけて、何かよく分からない悪事が明らかになっていく。‬
保険、金融商品、法律、難しげで頭良さげに聞
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.5

バイクや馬に乗りながらのアクションに、ハル・ベリーなどキアヌ以外のキャラにもアクションの見せ場を用意していたりと、前作からアクションシーンがパワーアップしていた。
それでも、「ジョン・ウィック」の世界
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.7

アーサー・フレックのが徐々に愛していたものや慕っていたものが否定され、アイデンティティまで壊されていく様には心が痛くなった。
そして、"ジョーカー"になった時の予告編にもあった階段でのダンスはヒトとし
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.0

Netflixで『ROMA/ローマ』を鑑賞。中流家庭の家政婦の視点で描かれるメキシコの日常。‬
‪ 映像(特に水が扱われるシーン)がとても美しい。全編自然音というのも"日常"を描く上で音楽をつけなかっ
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

2.5

エンフィールド事件で強烈な印象を残したヴァラクについての物語。

ストーリーやイメージから、ヴァラクの誕生や何故シスターの姿をしているのか、を期待していたが、特にそんなものでは無かったのが残念。
>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.6

アルツハイマーの元殺人者と現在進行形の殺人事件の犯人との攻防サスペンス。
殺人事件や犯人、娘を主人公の視点で物語が進んで行くから、映像や話が認知症のように抜け落ちたり、勘違いしたりとサスペンスとミステ
>>続きを読む

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

3.9

上映時間約90分で余計なストーリーを付けていないタイトな脚本が好印象。
横暴な軍に捕まったボランティア医師団の救出をストーリーの背骨にして、ランボーのこれまでや、その日出会った奴らとのチームワークも有
>>続きを読む

おしえて!ドクター・ルース(2019年製作の映画)

4.6

まず、ドクター・ルースが非常にカワイイ!!
常に笑顔で相談者に寄り添う。
両親を亡くし、離婚を重ね、シングルマザーとして仕事と育児を両立しながら、勉強をして、博士号をとる、人生に対してとても前向きかつ
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.5

IMAX3Dで鑑賞。
『アイアンマン』から始まったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)がここでひとまず、一段落。
お疲れ様とありがとう!

ハロウィン(2018年製作の映画)

4.0

試写会にて鑑賞。前作は鑑賞済み。

約40年前の『ハロウィン(1978)』の正式な続編で、時間も同じく40年経過していて、主人公のローリーは孫までいる。

全体通して感じたのは『ターミネーター2』×『
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

4.0

試写会にて鑑賞。
 突然行方不明になったママ友のエミリー(ブレイク・ライヴリー)を、探す主人公のステファニー(アナ・ケンドリック)が知る、真相を描いた映画。原作はダーシー・ベルの小説『ささやかな頼み』
>>続きを読む

>|