みっちょむさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

みっちょむ

みっちょむ

映画(77)
ドラマ(0)
  • 77Marks
  • 114Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ギャングース(2018年製作の映画)

3.6

自粛要請されてる中なので映画館行けずもっぱらテレビ生活。WOWOWオンデマンドで視聴。
若者の貧困が描かれているが、現実味を帯びてきている昨今。
詐欺グループの講習会で語られる世の中への批判に、なんか
>>続きを読む

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

不快感120%
まず、とっても不快な音声にやられる。電話の音に始まり、ダニーの泣き声、スマホのバイブ音、音楽、赤ちゃんの泣き声、歌声、共感の叫び…
映像も逆さまに道路を走る車にもういきなりウンザリする
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

なんの予備知識も無しに観たらフランス映画だった。
みんなで文学を語るのかな、と思っていたらミステリーだった。
しかし怖いシーンはほとんど無い。前半まったりしていてウトッとしてしまいあの首くくった女性は
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

こういう映画が作られるようになり賞をとった事に良い意味で驚きを感じた。

内容はどこかで聞いた話ではないか…もちろん似た話である。モヤモヤしたままの良く似た話を知っている。
バイスでは国民の声を聞いて
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

本当に命をかけすぎていて、人の命の尊さに対して戦争する事の虚しさが伝わってきた。
映画として見どころ作りがとても上手で、戦火の街を逃げ惑うシーンはまるでゲームのような動きでハラハラドキドキ。
濁流から
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.7

国民の声を聞いたら国が進むべき道を踏み外してしまう、って…誰のための政府なのか。
実名、そっくりさんを使っての暴露あり。
こういう映画を作れるアメリカは凄い…?いやまてよ、こんな映画を作っても何も変わ
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

4.0

殆どアニメは観ないのに何故か気になったこの作品。
学生時代ロックが好きだったからかな。

最近のアニメは凄い精巧な映像に度肝を抜かれるというイメージだったが、この映画はちょっと学校で上手だった人が描い
>>続きを読む

男と女 人生最良の日々(2019年製作の映画)

4.0

「男と女Ⅱ」を観ていなかったし、1966の「男と女」があまりにもカッコよかったので年老いた2人を見るのが正直不安だった。
ジャン・ルイはとても歳をとってしまって最初のシーンは少し哀しくなってしまった。
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.9

殆ど前情報無しに鑑賞。
ハリウッド映画とも日本映画とも違うPOPさと独特のスピード感。最初の映像が特に面白かった。
有り得ない、という事を堂々とやって笑わせるところが吹っ切れていて良い。
しかし、言語
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

3.9

「愛がなんだ」より、話がシャープで演出のナチュラルさが引き立っていた。
大きい音の映画を立て続けに観たあとのこの静けさ、耳が遠くなったかと思う位まろやかな音声、田中圭の声。
理不尽な事を言われむしゃく
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

工作のファン・ジョンミンが気になり韓流映画5本目ネット視聴。

なんか簡単な悪魔退治映画かと思ったら深層心理をえぐるようなラスト30分だった。
國村隼は悪魔だけど人が思い込む気持ちなのか?
ラストの甥
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.9

家族を想うときに衝撃を受けて、帰りに即レンタルしてきた。
家族を想うときより年齢が高め独身男性からの視点だが、二作ともに訴えかけてくる事は同じ。
とにかくイギリスの話、で済まない。もうあと何年かで同じ
>>続きを読む

ベニスに死す(1971年製作の映画)

4.5

高校生の頃にリバイバルでみて、友達ともう1回観ようと続けてみた(昔はそれが出来たんですねぇ)。同じ日に映画館で2回続けて観たのは後にも先にもこの作品だけ。
今回は午前10時のシネマでみたのだが、感慨深
>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

5.0

今年1番かもしれない(あと2週間あるので…)
邦題にふんわりとした感じをもっているとなんか違います。
すべての問題が日本に置き換えてもリアル。
あー、と頭をかかえます。
淡々としているようで映画として
>>続きを読む

半世界(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

死んでしまった事に泣いた、というより、お墓参りの時にまだ39歳で階段キツいなんて言ってたのに気付いてやれなかった…という身内のような気持ちになって泣けた。
炭焼きが孤独で重労働だという事が瑛介の帰郷で
>>続きを読む

21世紀の女の子(2018年製作の映画)

3.3

若い女性監督がセクシュアリティをテーマに8分以内の映画をつくる…とても難しいお題だと思った。
この歳になると奇を衒う演出や映像から入る作品と、伝えたい事があっての作品は見分けがついてくる。
映像はその
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

エロ無しの白石監督映画です。
心底悪人じゃないけどダメな人…世の中にはたくさん居るし自分の中にも多かれ少なかれそんな部分はきっとある。
しかし良いめぐり逢いが訪れれば人は変われる。完璧ではなくとも。
>>続きを読む

エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

海外ドラマで最も好きなブレイキング・バッドのサイドストーリー。
ウォルターの最後はドラマでしっかりと描かれていてなぜこんな事をしてしまったのか…の理由をスカイラーに言った一言でこの悲惨なドラマを見続け
>>続きを読む