くろおさんの映画レビュー・感想・評価

くろお

くろお

映画(1305)
ドラマ(0)

リビング ザ ゲーム(2016年製作の映画)

3.6

やりこんだゲーム、生で観てた大会を映画館で観るっていうのはなかなかレアな機会だった。
話的には知ってる情報ばかりなんで目新しさは無いが…
所々笑ってしまう箇所も多数。

特にラストで何の情報も無くいき
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.6

切ない…
バッドエンドのスリービルボードって感じだ。
ラストに至るまで主役のダイアン・クルーガーの感情をじっくり追ってるので、十分に感情移入できる作り。

ただ、ちょっと強そう過ぎるんだよなー。
もう
>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

4.0

コレ、まさに流石巨匠。
終盤若干ダレるものの、終始面白い。
何が面白いのか、何が怖いのか、本質を踏まえてる!とか思っちゃう所までさすがスピルバーグ

戦場にかける橋(1957年製作の映画)

3.8

虚無感がヤバイ。
個々人の魂のあり方とか誇りとかは戦争っていう暴力の前では無情に押し流されて行く…

正直、爆破のシーンはちょっといくらなんでも…って感じたが…

キスキス,バンバン(2005年製作の映画)

3.8

これは乗れるかどうかが全てな気がする。
展開にエッジを効かせるため、正直話は雑だし、ミステリーとしてはオチも弱い。
ただ、主演のロバート・ダウニー含め、主要3人のキャラクターが良すぎて、観終わった後も
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.1

インド映画らしい王道ド直球映画。

最初はただのレスリングキチにしか見えなかったのに、話が進むと同時に娘たちと同様、観客にも伝わってくる愛情がアツイ。
アーミル・カーンの肉体改造は話に聞いてたよりもず
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.1

うーん、それなりに観れる映画だったけど、トムの力かなぁ…
軽いノリで物語が進む割に、スカッとする箇所がなく、
話的には「まあそうなるよね…」って感じ。
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」に近いかな。
>>続きを読む

ドクトル・ジバゴ(1965年製作の映画)

4.2

この映画も長いけど、オマー・シャリフはじめ、キャストから美術から何から何まで世界観が完璧で、すっかり魅せられてしまった。
主人公が時代にひたすら翻弄される話だけど、ラスト確かに残る血縁の証に思わず涙…
>>続きを読む

ニッポン国 vs 泉南石綿村(2017年製作の映画)

4.2

語弊があるかも知れないが、フツーに面白い。
泣かせるシーンもあるが、みんな病気を抱えながらも、日々を楽しく生きようとしてる。
笑わせられるシーンも度々あるけど、その直後に”死亡”の無常の2文字。
8年
>>続きを読む

マンダレイ(2005年製作の映画)

3.7

ブライス・ダラス・ハワードも好きなんだけど、さすがにこれはニコール・キッドマンに軍配が上がるかな…
まさにアメリカ批判といえる社会問題的内容だけど、前作に比べるとテーマの身近さをあまり感じないし、
>>続きを読む

ドッグヴィル(2003年製作の映画)

4.0

続編のマンダレイを観るために鑑賞。
結構好き。この頃のニコール・キッドマンが一番綺麗だと思うけどどうだろ?

斬新な演出は小さな田舎町の閉塞感や、人々の欺瞞性を表現するのに非常にいい味出してる。
グレ
>>続きを読む

ナッシュビル(1975年製作の映画)

3.3

正直、ちょっと退屈だった。
群像劇は結構好きだし、ちょいちょい良いエピソードがあるんだけどなぁ。
個人的に「そういや、アイツなんだったんだろ?」って思った頃にそのキャラクターが出てくる訳じゃなく、
>>続きを読む

おかしなおかしなおかしな世界(1963年製作の映画)

3.6

ドタバタすぎて、ほとんどドリフ。
欲にまみれた登場人物達はホントどうしょうもねー奴等なんだけど、
憎めない感じでもある。それ故に、この醜さひっくるめて世界を肯定する様なラストはなかなか良い。

ただ、
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.7

期待してなかった分、まあまあ楽しめた。
伏線アリアリなんで話の展開は読めるし、エイリアン自体に昔ほどの迫力を感じなくなってるけど、それは仕方ないかな。
ただ、アンドロイドの設定はもうちょっと面白くでき
>>続きを読む

波止場(1954年製作の映画)

3.6

超美形!ってわけじゃないけど、鬱屈を抱えた粗野な青年、って感じのマーロン・ブランド演じるテリーが魅力たっぷり。
ラストに労働者達が立ち上がるけど、そこでやるならその前に加勢したれよ…って気もw

でも
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.2

凄い優しい映画。
レイチェル・マクアダムスの可愛さがもう法外レベルなんだが、妹も可愛い。マーゴット・ロビーも出てるし。
でも泣かせるのは父親っていうね。その塩梅がいいわ

或る終焉(2015年製作の映画)

3.4

基本的には良かったんだけどな…
ドキュメンタリーの様なタッチで、非常に赤裸々に介護の現場を写しつつ、
主人公のティム・ロスがどういう人物か、物語が進むにつれてはっきり浮かび上がってきて、非常に実在感の
>>続きを読む

キングス&クイーン(2004年製作の映画)

3.3

凄く良かった!と、言えればいいのだけど、自分的には少々退屈…
主人公のノラにあまり感情移入できないのが痛いかな。
もう一人の主人公であるイスマエルは結構良かったんだけど。

イスマエルの父親が強盗追っ
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.6

思ったより、エログロ激しくて痛々しいシーンが多かったな。
(フルチンもあったしな)
そこが働いて、結構緊張感を持続して観てられる点は良かった。

アクションではなく、スパイと国家の心理、頭脳戦が展開さ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.1

非常に勉強になる映画。で、ありながらメリル・ストリープの成長?に焦点を合わせててエンタメとしても一級品。

最初は頼りない感じなのにとある決断をしてからは、一気に風格でてきて、どんどん魅力的に…

>>続きを読む

ハナ 奇跡の46日間(2012年製作の映画)

4.3

ペ・ドゥナがやっぱり圧倒的な貫禄を見せるんだけど、ハ・ジウォンも凄くいい!
ずっと勝ち気なキャラクターだけに最後に見せる弱さが凄く良い…

話も丁寧だし、卓球の動きが凄くガチなのも感動の要因だな。
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.5

これは…全日本人が観に行くべきちゃうか?

新キャラを立たせつつ、旧キャラの見せ場も当然カバーして、
主に太一の成長を描きつつ、未完の原作の筈の物語を結ぶ。

これだけ沢山のタスクがありながら、かなり
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.9

評判がイマイチだったから心配してたが、普通に面白かった!

思ってたよりもガッツリ2013年版のトゥームレイダーそのままの内容で、パラシュートのシーンとかはまんますぎてかなり興奮した。
元々、ララ・ク
>>続きを読む

未来警察 Future X-cops(2010年製作の映画)

2.5

圧倒的なキービジュアルに惹かれて観たんで、ロボアンディ・ラウをたっぷり見せてくれた点には満足。

ただ、映像的には戦隊とか仮面ライダーレベルで、何年の映画?という感じ。当然ながら、ストーリー的にも突っ
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.8

正直、宗教観ってものと全く縁のない自分は、オチも額面通り受け取ったし、「ふーん」って感じで終わってるんだけど、
映画自体は、笑いどころ、ホラー、グロ、サスペンスの割合が非常にいい感じだし、それ故にジャ
>>続きを読む

ハンズ・オブ・ストーン(2016年製作の映画)

3.5

ちょっと盛り上がりに欠ける…かな?
実話だからしょうがないとしても、焦点を当てる場所が若干悪いというか…
レイ・アーセルの話と、チャンピオンになるまでのサクセスストーリー、シュガーレイとの確執、試合放
>>続きを読む

アクロス・ザ・ユニバース(2007年製作の映画)

3.5

ラストは文句なし!なんだけど、結構多い登場人物があんま消化しきれてない印象…
曲ありきで作られた様なストーリーだから、そこの完成度は結構高い。(途中、!?ってなるシーンも結構あったけど)
が、いかんせ
>>続きを読む

勝手にしやがれ(1959年製作の映画)

3.6

全く、完全にクズな主人公なのに粋に見えてくる所が、人間の困った所だな
小洒落た世界観に浸れる映画。

シモーヌ(2002年製作の映画)

3.7

売れない監督が設定したCG女優の人気がどんどん独り歩きして行って…
というお話。

今観ても面白い設定だし、本物とCGの境目がどんどん無くなってる現在では、もっと語るべきテーマな気がする。
それだけに
>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

4.0

前半はちょっと退屈だけど、後半でグワーッってなるw
退屈で、跳びまくりだった前半のシーンの意味が繋がってくる。

おおまかには理解できたけど、細かいディテールや全部のカットの意味を把握するには何回も観
>>続きを読む

モンスター(2003年製作の映画)

3.8

分かっちゃいたけど、やるせない。
癒やしのためにシャリーズ・セロンが普通にバリバリ綺麗な映画が観てえなぁー!

ブラックマジック M-66(1987年製作の映画)

4.0

面白え…1時間足らずでこの満足感はいいな。
ロボットのありえないキモイ動きがイイ。

ベテラン(2015年製作の映画)

3.8

フツーに面白い。権力に立ち向かう刑事物として非常にエンターテイメント性が高く、役者もいい人ばっか出てるんで見やすい。

展開も早いんで面白いなー、と思ってるとクライマックスのカーチェイスで急に派手にな
>>続きを読む

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット(2017年製作の映画)

3.5

なかなか面白かった。
1作目を観たのがだいぶ前なんで(1作目の人間関係がモロに大筋に関わってくる)
メッチャ頑張って思い出しながら観てた。
話もそうだけど、時折挟まれる胡散臭いニュース映像とか、ちょい
>>続きを読む

暴力脱獄(1967年製作の映画)

4.0

神に挑戦し続ける(?)男の話。
そんなに単純でもないか。
恐らく戦争の影響でまともに生きる事が出来なくなった男で、精神的にも破綻してるんだろうが、根っこの所の反骨心だけは死の淵まで消えないんだなぁ。
>>続きを読む

かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート(2006年製作の映画)

3.2

恐らく、原作から持ってきてるんであろうビジュアルとか世界観はまあ良いとして、ストーリーもおざなりなのは承知の上で、
ドニーのアクションだけを堪能するつもりで観たんだけど、あんま乗れず…

こんだけどつ
>>続きを読む

>|