くろおさんの映画レビュー・感想・評価

くろお

くろお

目指せ1日1本!
極力偏らずにいろんな映画が見たい…
点数は甘めだけど、コメントは辛めかもしれません。

映画(1491)
ドラマ(0)

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.0

インド映画の勢いはホント凄いなあ。
基本的にコメディなのに、印パ国家間の問題や、多様な宗教とかインドならではのテーマを持ち込んでくる手腕が凄い。
この辺はPKにも通ずる映画でしたな。

基本的にはオー
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ドラゴはパラガスを超えた!

うーん、前作もそうだったが、個人的にあまりアドニスのキャラクターに共感できず、ロッキーに肩入れする比重が半端ないせいか淡々と観てしまった感がある。
どんなロッキーでも「お
>>続きを読む

いつだってやめられる 闘う名誉教授たち(2017年製作の映画)

4.1

圧巻の完結だった!
話としては見事に伏線を回収しきり、
キャラクターの魅力も全開。すっかり彼らの魅力に取り憑かれた所で、しんみりするエンド。
まとめて観てよかった!

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

3.9

前作のラストが冗談で片付けられちった!
とはいえ、前作の時系列を上手く利用して話を作っているのもあり、話が読めずに面白い!
新キャラも含め、全員の魅力が上がっている描き方も、1作目に比べてだいぶエンタ
>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

3.6

頭がいいのにアホ。
非常にクセの強いキャラクターばっかりで、所々は笑えたけど置いてけぼりにされた感じが強かったかな?
(一応)どんでん返しもありで、ラスト、ヒロインがコロッと態度変えるのにも笑った。
>>続きを読む

ラーメン食いてぇ!(2018年製作の映画)

4.0

原作が好きなので視聴。
ほぼ原作通り、良かったで!
ラーメン好きな人には是非オススメしたい。

ちょっと原作とイメージ違うメイン4人だが、これはこれで凄く良い!
石橋蓮司演じる厳しくも優しいお爺さん最
>>続きを読む

MASTER マスター(2016年製作の映画)

3.8

対ネットワーク犯罪警察VS超巨大詐欺師って感じの、
いわゆるサイバー版スティングの様なお話。
ちょっとどうなの?って部分はあるがこういったジャンルの醍醐味である知能戦や騙し合い部分は十分に楽しめるし、
>>続きを読む

トマホーク ガンマンvs食人族(2015年製作の映画)

3.1

終盤はそこそこ期待通りのものが観れるけど、さすがに前半退屈すぎる…
前半のタラタラした会話が後半で生きてくる展開も無く、特にキャラクターに好感が持てるものではないので足引っ張ってる印象があるなぁ。
>>続きを読む

悟空伝(2017年製作の映画)

3.6

西遊記じゃなくて、孫悟空のエピソード0、新解釈版みたいな感じ。
戦闘シーンのCGは頑張ってるし、如意棒とかのギミックが上手く効いてるから楽しめる。が、ストーリー部分の演出面に問題アリで、特に天界から落
>>続きを読む

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車(2014年製作の映画)

3.1

うーん、割と退屈だったなぁ。
もっと除雪車で轢きまくってくれると思ったのに…

北欧のノリなのか、笑いを取りにいってるのかよく分からん演出が…
まあ笑ったけど。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

あんまり期待してなかったが意外とイケる!
環境があまりに悲惨+愚かで正直笑うしかねぇ…って状況。特にあの誇大妄想デブと母親が凄い。
だが、そこまで本人に寄り添った視点でもなく、「まぁ、コイツも問題ある
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.8

コレ、好きやで…
90分ってのがまた良いね。不要な場面はバッサリいった感じが良い。

終始鬱々としてるし、話も暗いから、
「最後、頭ぶち抜いて終わりやったらどうしよう?」
って思ってたら…

ホントに
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.0

唸るわ~。唸るしか無い。
こういう展開になっていくとは…

序盤どこか気持ち悪さを感じさせる理想的家族像の様な主人公の一家に対し、問題の少年の不気味さ…
どこを取ってもモヤモヤしかない物語は、キャラク
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.9

遺作がコレって最高やな!
脚本から演出からハリー・ディーン・スタントンへのリスペクトや愛情が感じられて、そこを楽しむ映画だな。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.0

テーマは深いけど、展開的には自分が負けた相手より上手の相手を倒しに行くっていう王道的なスポ根なのが良い!
とはいえ、スティーブ・カレルも単なる悪役じゃなく非常に魅力ある人物に描かれてて好感。
男女差別
>>続きを読む

ビッグ・リボウスキ(1998年製作の映画)

3.5

笑える。し、キャラクターもいい感じだから、良いんだけど結局何にもならない話。
ま、そういうのもいいよね。

バートン・フィンク(1991年製作の映画)

3.8

うーん、完全に理解するのは無理かも…
でも、絵力が半端ないし、演技が凄いので面白い!
ホラー的な魅力もある!

来る(2018年製作の映画)

4.0

まさか松たか子がKOFやるとはな…
でも、役的に千鶴か大門使っといて欲しかったなー。わかってねーなー。

は、どうでも良いとして、確かな俳優陣で主役が次々入れ替わってく展開。特に序盤の法事の面倒くさい
>>続きを読む

26世紀青年(2006年製作の映画)

3.9

うーん、クリスマスに相応しい映画だったなぁ…
バカの映画なんだけど、なかなか考えさせられる。
この未来像に現実味があるって事が結構恐怖だよねぇ。
主人公の最後の演説もなかなか良い。

ライトスタッフ(1983年製作の映画)

3.6

面白いけど、完全版だったので3時間以上…
さすがに長いよ!
とはいえ各々の個性が光ってて話には基本飽きない。
正直、話の焦点が絞れているとは言い難く、あれもやりたいこれもやりたいの欲張りっぷりがこの時
>>続きを読む

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

4.1

フツーに面白かったんだけど、ラスト更に評価アゲ。
3Dの為か、ところどころモロなCGが目につくなーって思ってたが、
それも最後への伏線だったか…

暁に祈れ(2017年製作の映画)

3.6

思ってた様なスポ根ではなく、タイの刑務所体験記+獣性に取り憑かれたヤク中の成長みたいな話だった。

タイの刑務所は環境悪い上に周りは入れ墨だらけで緊張感アリアリ。が、実際主人公はそんな酷い目には合って
>>続きを読む

いまを生きる(1989年製作の映画)

4.0

なんやこれ、余韻最高や…
通り一遍のハッピーエンドじゃない所に難しさがあり、クレジットの終わりまで浸らせてくれる。

ロビン・ウィリアムズしか無理だろうなぁ。コレは…

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.2

本格的にゾンビが出てくるトコまでは面白かったし、それ以降も笑えるシーンはチョコチョコあるんだけど、いかんせんゾンビが無能すぎて恐怖、どころか緊張感の欠片も無いのがマイナス。

非常にゆる~い展開なんで
>>続きを読む

オズの魔法使(1939年製作の映画)

3.6

有名な、カラーに変わるシーン等、この時代にどうやって撮ったんだ?って特撮やらマイケルのグラヴィティゼロの元ネタやら、感慨深い映像が一杯観れる!
いつの時代も子供に見せて問題なし!

しかし尻尾で涙を拭
>>続きを読む

映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ(2018年製作の映画)

3.4

評価が高いし、プリキュアほとんど観たことない奴が観てどうなるかって実験目的で視聴。
なぜかクソ程期待してたんだが、期待しすぎた感アリw
敵側に対する共感度が低く、その為、ラストの展開には若干ついていけ
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.9

最先端のアニメでもって魅せる新次元のバトル!
前半はブロリーの出生を交えつつ、アニオリやらバーダックやらジャコやら諸説あるサイヤ人のお話を上手くまとめてる。

復活のFの反省を活かしたか、危機感の欠片
>>続きを読む

サンセット大通り(1950年製作の映画)

3.8

これもラストのための映画やなぁ
滑稽で切なくて恐ろしくて、しかも熱いっていう物凄いラストだわ。

タイタンズを忘れない(2000年製作の映画)

4.1

スポーツと人種差別の問題っていう大好きなパターン。
非常に王道だが、コーチ側にも確執あるのと彼らの娘の問題も面白くて、彼らが手を取り合ってくのがささやかに演出されていくのが非常に観てて心地いい。

機動戦士ガンダムNT(2018年製作の映画)

4.0

結構良かった!
90分で簡潔だったし、外伝的な立ち位置として満足な1本。
(とはいえガンダムはにわかだが…)

ファンサービスも効いてるし、話も申し分なかった。
難点は全体的に話が急すぎる点(もっと時
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.0

勝手にバックドラフトみたいなのを想像していたが、もっとヘビーだった…
山火事の現場に驚きあり、映像の迫力もあり、ホットショットに認可されてく、サクセスストーリーでもある分、ラストがより響くなぁ。
とり
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.8

続編はよ!の一言に尽きるが、前作で「この2人もっと観てぇよぉ~」って思ってた自分には役得だった。
前半のエゲツねぇ展開から後半に行くにつれエモーショナルな展開になっていくのは非常に好みで、不穏なのにな
>>続きを読む

ミルク(2008年製作の映画)

3.8

マジでこんなイカれた法案通りかけてたのかな…?
脅迫状届いた後の演説シーンは緊張感ヤバイ。

ショーン・ペンはもちろん、ジョシュ・ブローリンのコイツやりかねねぇ…っていう雰囲気がいいな。ラストはやはり
>>続きを読む

ジャッカルの日(1973年製作の映画)

3.9

いいねー、殺し屋側と政府側の攻防が緊張感高く、お互いにやる事やってる感が良い。(序盤のOASとかいう組織はともかく)
とにかくジャッカルの仕事人感がカッコいい。
彼の素性が最後の最後まで分からんのもい
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.0

どっちかっていうと全編コメディチックなのに、
ラストの二人が対峙しているのを見つけた瞬間、
海王星の重力位、一気にトーンが重たくなるのが凄い。
そこからは鳥肌立ちっぱなし。

斬、(2018年製作の映画)

3.6

冒頭の鍛冶からグッと引きつけられる。
しかし、この人の映画は短いのにスゲー長く感じる。画面が濃いのと音響の凄みが原因かな?
人を斬ったことのない浪人と彼に人を斬らせたい剣豪。
その為なら自分が斬られる
>>続きを読む

>|