くろおさんの映画レビュー・感想・評価

くろお

くろお

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.6

「んなアホな」ってなりながらも、映画自体のテンションと物語の推進力がものすごいのでグイグイ引っ張っていく映画。
アクションのアイデアが非常に豊富で、「細けえ事はいいから、やってみりゃいいんだよ!」と言
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.6

ちょっと長いな…
非常にエロくて、艶かしい話なので爽快な筋の筈なのに
「ムゥ…」という感想にw

正直、役者は頑張ってるんだけど流石に日本語が聞き取りづらくて、
第2部の前半は結構ダレた。
話的にもこ
>>続きを読む

弁護人(2013年製作の映画)

3.9

これが何度目か分からんけど、ソン・ガンホがとにかく素晴らしい。
低学歴の労働者→拝金主義の弁護士→人権弁護士という変遷を見事に演じてて、非常に好感がもてるキャラクターになっている。
これだけの演技を見
>>続きを読む

マン・ダウン 戦士の約束(2015年製作の映画)

3.8

悲しい話や…
どうも予告の仕方を間違ってたっぽいが、事前知識はゼロだったので普通に楽しめた。
本当に悲しい話だが、ラストに親子の絆が光る所で希望の光が…

あと、90分という短さも魅力

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

3.8

男の美学を体現したような、マイケル・パレがメチャ格好いい。
デフォーは前半の狂気感(?)がかなり良かったんだけど、ラストバトルのタイマンシーンでは、表情のせいかなんか弱々しく感じたなw
中盤以降は話の
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

4.0

やっぱ、ジョン・カーニー最高や…
少し切ない話ではあるものの、相変わらず、音楽をやる喜びに満ち溢れた映像が良い。
それにしても、あんな曲演奏して泣いてる女、絶対惚れてまうやろ…

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.7

ハラハラで面白い。まさにサスペンスって感じ。
ただ、もう一捻り欲しかったかも。奥さんが実はグル、とか、
ジョエル・エドガートンは実は全然関係なくて別のやつの復讐だったとか、

KARATE KILL/カラテ・キル(2016年製作の映画)

3.4

空手!グロ!オッパイ!
これだけの映画。でもこれが観たかったからこれでいい(笑)
概ね満足なんだけど、謎にカメラ回すのと、チープなリプレイは辞めて欲しかったなぁ。
カメラ回すって、マトリックスみたいに
>>続きを読む

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

3.9

よくあるパターンだけど、泣けた。
やっぱ、こういうなんでも言える親友っていいな。
全体的にちょっとヤクザ(笑)なキャラクター達が良かった。

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

4.0

とにかく脚本が凄い。そして(いい意味で)アクが強く、胡散臭いキャラクター達w
上手く観る側を操って、ラストは非常にスペクタクル。
この時代の映画にここまで驚かされるとは思ってなかった。

そしてキャロ
>>続きを読む

ロレンツォのオイル/命の詩(1992年製作の映画)

4.3

名作だった…
実話である事に加えて、壮絶な闘病の描写、時間制限アリ。
さらに夫婦の鬼気迫る執念と徐々に憔悴していく描写が見事で、話の緊迫感が非常に高く、一時も目が離せない展開はさすがジョージ・ミラー。
>>続きを読む

ブライド・ウエポン(2014年製作の映画)

3.2

何かと惜しいな。
とにかくラストというか終盤が微妙…
夫の拉致の真相もハァ?って感じだし、
村に逃げ込んでからはどんどん尻すぼみな展開になって、
ラストでダニー・トレホがぽっと出てきて解決て…

もっ
>>続きを読む

ホワイトハウス・ダウン(2013年製作の映画)

4.0

あれ?いいやん…って感じ。
緊迫感はもちろん、言い過ぎかも知れんが、脚本が凄く上質で丁寧な伏線がハマりまくる展開の気持ちよさはターミネーター2とかダイハード並み。
エメリッヒらしい派手さもあるが、CG
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.0

PK繋がりで鑑賞。
やっぱ良く出来てるなぁ…
インド映画の明るい性質に良質な脚本、役者が絡むとこんなに爽やかな映画が出来るのか~。
そういった映画なんで、少々のご都合主義な展開に突っこむのは野暮かな。
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.5

これは凄いっす。無駄のない脚本。
宇宙人の設定には若干首を捻る所もあるものの、
宗教観への疑問提示を投げかけながら、コメディタッチで話をテンポよく進行させつつ、最後は泣かせるっていう…
でも後味は全く
>>続きを読む

ヤクザと憲法(2015年製作の映画)

4.0

面白い。特に大きな事件が起こるわけではないが、登場人物から滲み出る凄味でずっと緊張感ある。
人権について考えさせられる事も大いにあるけど、この人達まだまだ隠し持ってるもん一杯あるんだろうなー、っていう
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

続編として最低限に楽しめる事は間違いない。
アクションは全体的に楽しくて、
なんといってもクライマックス!前作の教会を思わせる長回し(風?)の戦闘は今回も非常に素晴らしい。

ただ、最高だった前作に比
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.5

これは素晴らしい!
主演二人とクオリティの高い曲の力もあって、全編が美しくファニー。
何よりも、映画が終わってしまうことが切なすぎて涙が出た。
もっと観てたいよー。次のアルバム作ってくれ~って感じ

ラスト・オブ・モヒカン(1992年製作の映画)

3.3

ヤベエ、マデリーン・ストウが美しすぎて、感想それしか出てこねえw

<追記>
思い返すに、感想が出てこないのも当然で…結局なんの話か分からんかった。って事かと
主人公とヒロインの恋愛描写は最後で妹達に
>>続きを読む

エージェント・マロリー(2011年製作の映画)

3.3

デッドプールの印象からモリモリ筋肉のイメージしか無かったけど、ジーナ・カラーノが思いの外可愛くて良い!
ただ全体的に勿体無いし、それ故に物足りない作り。
リアリティのある作風は良いんだけど、話上、一番
>>続きを読む

ズーランダー(2001年製作の映画)

3.6

正月に観るに相応しいバカ映画。
全編を通して正気を失ってるのが凄い。
やっぱオレンジモカフラペチーノのシーンは最高に笑う

ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌(1992年製作の映画)

3.7

終始ドンパチ、ジャン・ウーとチョウ・ユンファのアクションをひたすら楽しむ映画…
分かっちゃいたけど、あまりの雑さと、くどめの演出に若干食傷気味w。
ハードボイルドっていうより、卵白捨てたスクランブルエ
>>続きを読む

オーシャン・オブ・ファイヤー(2004年製作の映画)

3.9

ちょっと文句の付け所はあるけど、ヴィゴが好きならその辺全部ふっ飛ばしてくれる。
”西部で伝説となってるカウボーイと愛馬が、アラブに招かれて過酷なレースに参加する”っていう筋書き(しかも実話ベース)の時
>>続きを読む

裏窓(1954年製作の映画)

3.9

これは面白い!
非常に狭く、視界の限定された世界の映画だけに、脚本の巧妙さと演出の良さ、キャラクターがより活かされてる。
結局真相を見せないのも非常に小粋でいい感じ。

ただ、今の時代だと話にもう一捻
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.2

ロックってやっぱ良いよねぇ…
ぶっ飛んでるけど、ジャック・ブラックのキャラがロックに関わる全ての人達をリスペクトしてて、非常に好感が持てるのが良い。
そのおかげで一番真っ当なことを言ってる大家?の彼女
>>続きを読む

ほえる犬は噛まない(2000年製作の映画)

4.0

ポン・ジュノがいかに非凡かって事をまざまざと見せつけられる映画。
小さな話ながら、コミカルかつシニカルかつスリリング。
しかも群像劇で画面の情報量が多いので疲れる。
ラストのこちらに問いかけて来るよう
>>続きを読む

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

4.0

実話ベースだけあって、かなりリアリティがあり、なおかつショッキングな描写の数々に長い映画だけど、緊迫感が張り巡らされてる。
クライマックスのドイツ将校に聴かせるピアノが、自分みたいな門外漢にもキッチリ
>>続きを読む

テロ、ライブ(2013年製作の映画)

3.8

アラは多いが、勢いがあって魅せる要素が多いので面白い。
ただ、急にラストで社会問題っぽくみせるのがちょっと…
力技で無理を通す映画なんだから、娯楽的にカタルシスを感じさせる終わり方で良かったんじゃない
>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

3.3

歴史的にもかなり評価が高い映画。
個人的な感想はキショイ!ひたすらキショイ!って感じ。
全体を通して呪いのように他人を演じることしか出来なくなったヒロインの悲しさよ…

がんばれ!ベアーズ(1976年製作の映画)

3.9

リメイクを観たけど、オリジナルをみつけてきたので…
筋は完全に一緒なんだけど、ラストに至る監督の心情描写がこっちの方が丁寧なんで、純粋に感動できるこっちの方が上かなぁ。
ただ、終幕前の娘との会話シーン
>>続きを読む

オールド・ルーキー(2002年製作の映画)

3.9

野球映画に外れナシ?
実際の所はわかんないけど、トミージョン手術の影響って事なのかな?
主人公のジム・モリスと同じく非常に直球勝負の映画なので、求めていた物を安心して見させてくれる映画。
こういうのは
>>続きを読む

ファントム・オブ・パラダイス(1974年製作の映画)

3.8

急転直下のストーリー、センスいいキャラと世界観、音楽も最高で好きになる要素しか無いんだが、展開早すぎてちょっとあっさりしすぎてる感が…
ウィンスローの悲哀をもうちょっとじっくり見せてくれてれば、エンド
>>続きを読む

バトル・オーシャン 海上決戦(2014年製作の映画)

3.3

うーん、日本人だから無理な話かも知れんが、国籍を超えて熱くなれる名戦争映画を期待してたから、結構期待はずれ…かな。
史実には詳しくないけど、韓国側が内輪モメでガタガタな上にチェ・ミンシク以外に魅力的な
>>続きを読む

スパイ・レジェンド(2014年製作の映画)

3.7

キャストから観ても007ファン狙いの良くあるスパイ物。
話も安定してて、期待通りの楽しみは出来る安定した映画

ヤング・ゼネレーション(1979年製作の映画)

4.2

凄い普遍的なテーマの青春映画で、凄い見やすいし、
ラストにしっかり感動できる。
両親が良いキャラしてるのがまた良い。
もうちょっと前半が整理されてればいいかなぁって思うけど、小さいお話ながら、非常に名
>>続きを読む

狂い咲きサンダーロード(1980年製作の映画)

4.0

はっきり言ってボコボコの話だし、画面の稚拙さもヤバイんだけど、その為に異常な情熱を感じるよなぁ。
結局、どういう話なんだって言われても、「う~ん…熱い」としか言えないが、ラストの「そんな体でバイク乗れ
>>続きを読む

>|