kk61sgtさんの映画レビュー・感想・評価

kk61sgt

kk61sgt

  • List view
  • Grid view

飛ぶ教室(2003年製作の映画)

4.2

少年たちも先生たちもいい。
悩みや苦しみもあるけれど、一人一人が前に進んで行ける作品。
「善き人のためのソナタ」のセバスチャン・コッホが思わぬ役で出ていて、嬉しかった。
またいつか観たい。

追記
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

4.0

面白かった。
松坂桃李演じる店長がホカ弁屋にかける二回の電話から、精神的にギリギリなことが伝わって来る。名演だと思う。
古田新太演が娘が亡き後、娘を理解しようとする姿が悲しいが、癒やしになっている。父
>>続きを読む

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

3.9

幸せだった家族が壊れて行く姿が14歳の主人公ジョーの目線から描かれている。
誰を責めるわけでもない。苦しみ、大人になって行く。
主人公が礼儀正しく、きちんとした言葉を話す場面が印象に残っている。

君の誕生日(2018年製作の映画)

3.9

息子を亡くしずっと失意の中にいた母。母をまた歩き始めさせたもの。ラスト涙。

光のほうへ(2010年製作の映画)

3.9

原題 Submarinoはここでは、"水中に頭を突っ込まれる刑務所内での拷問" を意味しているとのこと。
幼い弟の死を受け入れられず、苦しんだ兄と弟。アルコール依存症だった母の死をきっかけに再会する。
>>続きを読む

由宇子の天秤(2020年製作の映画)

4.2

正義を追うドキュメンタリーディレクターであり、生徒思いの塾講師でもある由宇子がある時知った衝撃の事実。由宇子は果たして正義を貫けるのか。
由宇子、父親、メイ、メイの父親その他の思いが伝わって来る。役者
>>続きを読む

人生は、時々晴れ(2002年製作の映画)

3.8

イギリスの団地に住む3組の家族が登場する。
主人公一家はタクシーの運転手の夫、スーパーで働く妻、高齢者施設で働く長女、無職の長男である。
人々は疎外感を感じ、鬱屈した思いを抱え生きている。
人が求めて
>>続きを読む

愛してるマルスンさん(2005年製作の映画)

3.9

1979年のソウルが舞台である。
家族とのやりとり、身近な異性への憧れ、学校での出来事と中学1年生の主人公の時間はゆったりと流れている。
ノスタルジーを感じる作品。懐かしさ、悲しさ、少しの安堵と様々な
>>続きを読む

太陽に灼かれて(1994年製作の映画)

4.0

三部作の第1話。
ニキータ・ミハルコフ監督が主演。
1936年、革命の英雄と呼ばれるコトフ大佐のもとにある男ミーチャが訪ねて来る。
粛清、秘密警察、密告、追放などという言葉が登場する頃から展開が面白く
>>続きを読む

フェイシズ(1968年製作の映画)

4.0

最初の20分くらいはテンションが高い会話が続き、観るのを止めようかと思ったが、次第に引き込まれてた。
夫婦、男と女、男と男、女たちの色々な顔があった。ラストがいい。
顔アップ。

偽りなき者(2012年製作の映画)

4.2

小さなコミュニティで幼児への性犯罪を疑われた主人公。
いくつもの伏線が見事に回収されて行くが、胸が苦しい。

公開時に続き二度目の鑑賞。
ストーリーを忘れた頃にまた観たい。

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

3.8

事実に基づく物語。
最後の打ち上げシーンが良かった。

ポー川のひかり(2006年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

イタリアのポー川沿いを舞台に新約聖書の世界を垣間見た気がする。
"キリストさん"と人々は語らう。ワインやパンを手にして。
"キリストさん"は別れを告げる。人々に大切な言葉を残して。
その一つが胸に残っ
>>続きを読む

子供はわかってあげない(2020年製作の映画)

3.9

"本当にいい娘に育ったねー"と何故かトヨエツ視線で観てしまった。
いい家族。
古舘寛治、斉藤由貴が上手くて優しくて。良かった。

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.9

新作公開が近づいて来て、二度目の鑑賞。
マドレーヌが強くて可愛い。
新作が楽しみ。

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

3.9

新作公開が近づいて来て、二度目の鑑賞。
スカイフォールの屋敷、闘い面白かった。

袋小路(1965年製作の映画)

3.8

潮の満ち引き、3組の訪問者、予想のつかないラスト。
気が弱くて情けない夫が作品を面白くしていた。

エレニの帰郷(2008年製作の映画)

4.0

ブルーノ・ガンツ演じるヤコブの演技が素晴らしく、その深い愛に涙してしまった。
レーニン逝去、ベルリンの壁崩壊、21世紀へと時を経ても変わらぬいくつもの愛。
映像が重なって行く場面の数々が美しい。

天上の恋人(2002年製作の映画)

3.4

「山の郵便配達」や「小さな中国のお針子」など、リウ・イエのこの頃の作品は山深い村が多い。
ドン・ジェが透明感のある美しさ。
求婚の場面が印象深い。ラストが唐突で作品としては残念だった。

海の沈黙(2004年製作の映画)

4.0

1941年ジャン=ピェール・メルビル監督作品のリメイク。
惹かれ合う二人、交わさない言葉・視線。美しいピアノ曲、バッハ プレリュード第一番。Adieu、ラストショットもいい。余韻が残る作品。
「フラ
>>続きを読む

マイ・レフトフット(1989年製作の映画)

3.8

重度の脳性小児麻痺で左足しか動かない主人公が画家・作家となり、伴侶を見つけるまでの半生を描いた作品。家族が温かい。
ダニエル=デイ・ルイスと母親役のブレンダ・フリッカーがとりわけ良かった。
"MOTH
>>続きを読む

オープニング・ナイト(1978年製作の映画)

4.1

「こわれゆく女」が良かったので、ジョン・カサヴェテスとジーナ・ローランズの本作を鑑賞。
老いを自覚し始めた女優の中に別の人格が生じ始める。ローランズの演技が素晴らしい。
舞台の初日は果たして。

記:
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

4.8

人生讃歌。悲しいことも笑いころげることも。
作品中たびたびキルケゴールの言葉が登場する。失敗を恐れず生きて行くのだという力強いメッセージ。生きて行けなかった者への優しい眼差し。👏
一年半ぶりにパンフレ
>>続きを読む

トリコロール/赤の愛(1994年製作の映画)

4.5

トリコロール3部作。
ジャン=ルイ・トランティニャンの演技が素晴らしい。最初の登場場面から少しずつ変容して行く。
今回のテーマは「博愛」である。
人と人はどう向き合うか、語り合うか、その人の過ちを受け
>>続きを読む

トリコロール/白の愛(1994年製作の映画)

3.8

平等の白。
別れた妻への未練タラタラの男の歪んだ愛。男からの電話を無言で切った女。そんな男女が迎えるラストとは。

ホロコーストの罪人(2020年製作の映画)

3.9

ノルウェーにおいてホロコーストがあったこと、ノルウェー警察と市民が加担していたことを描いた作品。あるユダヤ人一家の物語。

ドナウ号に乗船前に身分証明書を取り上げ、無造作に箱に投げ入れることの意味する
>>続きを読む

沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~(2020年製作の映画)

3.8

若き日のマルセル・マルソーにこんな時代があったとは。
" ナチスに復讐をするのではなく、残された子どもたちを救うことが大切だ。"
勢力を拡大するナチス・ドイツ、追い詰められて行くユダヤ人。残虐な拷問。
>>続きを読む

私にも妻がいたらいいのに(2001年製作の映画)

3.7

今では韓国映画の顔、チョン・ドヨンとソル・ギョングが共演している。
恋するチョン・ドヨンが可愛い。
繰り返しの場面が多い。これを微笑ましく思えるか冗長に感じるかで評価が分かれそう。

自撮りする場面、
>>続きを読む

マイライフ・アズ・ア・ドッグ(1985年製作の映画)

4.2

子どもの頃楽しかったこと、同時に寂しさや悩みがあったことを思い出す。
悲しい出来事があっても周囲は笑いこけている。いつのまにか一緒に笑っている主人公。
終盤、小屋からの展開は秀逸。
おじいさん他笑える
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.1

現実の中に妄想がどんどん入り込んで来て、その境目がわからなくなる。
狂気の世界に入り込んだ感じ。

白頭山大噴火(2019年製作の映画)

3.6

イ・ビョンホンは陰のある役がよく似合う。下手なギャグを言う顔も可愛く思える。
ハ・ジョンウは家族に囲まれている姿が似合う。
マ・ドンソクがいつもと違う。🤔
突っ込みどころはあるが、ディザスター・ムービ
>>続きを読む

アンビリーバブル・トゥルース(1989年製作の映画)

3.8

映画の始まりのヒッチハイク、車を修理する姿のロバート・ジョン・バークが格好いい。

噂話の現場。
話が噛み合わない恋人たち。
ループにハマった会話、飛び出す男。
等々、面白さが詰まっていた。
deal
>>続きを読む

岬のマヨイガ(2021年製作の映画)

3.8

原作を読んでいないのだが、チラシを手にした時から気になっていた本作。
岩手が舞台。震災で大切な人やモノを失った人々と妖怪たちが登場する。ノスタルジック・ファンタジー。
居場所を見つける、居場所を守る。
>>続きを読む

アメリカの影(1959年製作の映画)

3.8

「こわれゆく女」のジョン・カーヴェテス監督作品
ニューヨークの街並み、ジャズ、ナンパ、恋、ケンカ、人種問題など。古さを感じさせない。
エンドロールで即興的演出による作品だとしった。

>|