鬼平犯母ちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

鬼平犯母ちゃん

鬼平犯母ちゃん

神様メール(2015年製作の映画)

1.0

[聖書]を神の言葉と信じ、唯一神を信仰するクリスチャンなら、決して同意し難いであろう作品。
自分の『余命』を知ったらどうするかな?と考えるきっかけとしては面白いが。

創造の業をパソコンで行い、人類に
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0

シャロンさんのレビューを読んで興味津々鑑賞。

📱スマホ📱は、秘密の保管場所。
夫婦と言えど、知られたくない秘密がミッチリ詰まっている。

狂気を呼ぶ[月食の夜](byピンク・フロイド)に、メール
>>続きを読む

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.5

アキラナウェイさんのレビューを読んで興味ひかれて鑑賞。

ラスト。母親の抱く、娘への計り知れないほど大きく深い愛情と心の奥深くに秘められていた覚悟に涙しました。

法で裁けない犯人。
これでは半身をも
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

上映開始以来、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)の勇姿を思いと心に刻み込む為に、鑑賞すること12回。もう十分に堪能。

期待が大きかった分、反動(ショック)も大きかったんだろうなと自分の中で折
>>続きを読む

CHIPS/チップス(2017年製作の映画)

1.0

『[白バイ野郎ジョン&パンチ(原題:CHiPs)]のリブートだよ』と銘打っていなければ、☆4.0。(。-ω-)ベツモノダヨ…コレハ…

FBI捜査官フランシス・パンチョレロが、汚職警官探しの任務を
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

2.5

X'masババ会(映画仲間ババ5人)で吹き替え版鑑賞。

ジャッキーによる壮大な娯楽映画。
楽しめるかどうかは、作品の世界にノレるかどうかにかかってる感じ。ノレたらラッキー( ノ^ω^)ノ

良いんで
>>続きを読む

茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜(2017年製作の映画)

4.5

茅ヶ崎にまつわる、弁財天や三つ巴の[神話]そして[海民伝説]から桑田佳祐のルーツを探る。
アースダイブの中沢先生の説はどこまでがマジなのか!?
「マンピーのG☆SPOT」は、神との融合?神と通ずる?マ
>>続きを読む

VHSテープを巻き戻せ!(2013年製作の映画)

3.0

📼VHSテープ📼にまつわるエトセトラ。

VHS収集家たちや映画関係者たち、またVHSを販売している人たちによって、VHSに対する熱い思いや今後の展開などが語られている。
収集家の人たち全員が、自宅の
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

アキラナウェイさんのレビューを読んで関心が高まり、TSUTAYAに走り鑑賞🏃

台詞の一つ一つが、心の奥深いところにまで斬り込んできた。
揺さぶられた。
そして「どうだ!分かるか?」と迫ってきた。
>>続きを読む

アナライズ・ユー(2002年製作の映画)

3.0

エドガー・ライトが選んだ[2017年発表/1000本]
コミカルなデ・ニーロを楽しむ映画。
前作「アナライズ・ミー」よりも、さらに振り切ったデ・ニーロの演技が光っている┐( ̄Д ̄)┌ドヤッ!

刑務
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

スクリーン1つ。全160席。全座席に座布団が敷かれている。
月曜日はメンズデー。水曜日はレディスデー。(各1100円)
オーナーの好きな映画は[狂い咲きサンダーロード]
そんな街の小さな映画館での限定
>>続きを読む

ピーター・セラーズの地上最小のショウ(1957年製作の映画)

3.5

エドガー・ライトが選んだ[2017年発表/1000本]
ふざけたタイトルだが、ハートウォーミングな喜劇の傑作!
奇妙に見えてどこか憎めないジジババ3人と若き夫婦が織り成すヒューマンドラマとも言える!
>>続きを読む

リトル・ショップ・オブ・ホラーズ(1960年製作の映画)

4.0

エドガー・ライトが選んだ[2017年発表/1000本]
〔血のバケツ〕のロジャー・コーマン監督によるホラー喜劇の大秀作。

例によって、キャストはみんな個性的。主人公(シーモア)はマザコン。他に健康オ
>>続きを読む

疑惑の影(1942年製作の映画)

4.5

おめでとう!エドガー・ライト!
[ベイビー・ドライバー]のアンセル君!ゴールデングローブ賞!男優賞(コメディ/ミュージカル部門)ノミネート!!
エドガーのめっちゃ喜んでいる様子が本当に嬉しい(*^ω^
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ケネス・ブラナーによる、原作のキャラとはかけ離れた[新解釈ポアロ]像。

皮肉を言わないポアロ。
礼儀正しいポアロ。
スタイリッシュなポアロ。
アクティブなポアロ。
杖で軽~いアクションをこなすポアロ
>>続きを読む

楽園追放 - Expelled from Paradise -(2014年製作の映画)

3.5

前職の日課が抜けず、大抵1日に3本は映画を観る。
レビューするのは、そのうちのほんの一部だ。

本作は、前職絡みの友人に頼まれて鑑賞した。(聖書との関連を観て欲しいと)
楽園がディーヴァとすれば、追放
>>続きを読む

船を降りたら彼女の島(2002年製作の映画)

2.0

愛媛県内の名所をくまなく巡って行く、愛媛は良いとこですよPR映画。あかがねミュージアム内のあかがね座で鑑賞。(ランチ付き¥1000-)15年前の作品。
鶴姫伝説(伊予水軍)・しまなみ海道・道後温泉・別
>>続きを読む

Cargo(2013年製作の映画)

4.5

文字通り[我が子を守る]ために、最善を尽くす父親の姿を見た。
ほんの数分で心を揺さぶられた。

いずれ、そして確実に訪れることが予想される最悪の事態。
事態を冷静に分析し、計画し、実行に移す。

愛す
>>続きを読む

鷲は舞いおりた(1976年製作の映画)

4.0

K助さんのお勧め作品を鑑賞。
ドイツらしい非情な結末だが、マイケル・ケイン率いる精鋭部隊の躍動とドナルド・サザーランドの暗躍を堪能できる。

1943年。ドイツ落下傘部隊による[イーグル作戦]チャーチ
>>続きを読む

ファンボーイズ(2008年製作の映画)

4.0

VHS字幕スーパー版鑑賞。
1998年。待ちに待った[SWエピソード1/ファントムメナス]の公開まであと6ヵ月。末期ガンで余命3ヵ月のライナスの為に【ジョージ・ルーカス/スカイウォーカー・ランチ】に侵
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

4.0

大泉洋が男前に見えたーこれにつきる。

10800円で動いた訳ではない。
岬マリの素直な「助けて」。
過去の自分が、マリにかけた何気ない言葉。

終盤、明らかにされるマリの一連の行動の理由。
病院を去
>>続きを読む

神のゆらぎ(2014年製作の映画)

2.0

頼まれて鑑賞。
誰もが他の誰かの言動に影響を受けることがある。大切な決定をしなければならない場合、それはどれだけの影響力を持つのだろうか。
エホバの証人の場合は、聖書から多大な影響を受けていることが見
>>続きを読む

ボニー&クライド(1992年製作の映画)

4.0

エドガー・ライトが選んだ[2017年発表/1000本]
VHS字幕スーパー鑑賞。
まず[この物語は、ボニーとクライドの親族や知人の証言を基に作られている]というテロップで始まる。
愛の形は1つではない
>>続きを読む

TAP THE LAST SHOW(2017年製作の映画)

4.5

時がどれだけ経とうとも、望む形とは違っていても[夢はいつか必ず叶う]次世代に繋いだ夢((渡=水谷豊の夢))の完成形を観た。
ブラボー!水谷豊!感動をありがとう!
それぞれの事情を抱えながら、それでも夢
>>続きを読む

大いなる西部(1958年製作の映画)

4.0

K助さんのお勧め作品を観賞。
[大いなる西部]このタイトル通りでした。広大な荒野。保安官事務所は320キロ先。法は自分ルール。
ジム(グレゴリー・ペック)の人間としての幅の広さと懐の深さ。実に広大でし
>>続きを読む

金田一耕助の冒険(1979年製作の映画)

1.0

VHS鑑賞。
洋邦映画、ドラマ、CM、歌謡曲等のパロディとダジャレを詰め込んだ作品。日本版『眠れぬ夜のために』という感じ。

出演者も豪華。推理作家の高木彬光と笹沢左保、そして横溝正史も出演。横溝先生
>>続きを読む

潮騒(1975年製作の映画)

3.5

VHS鑑賞。
漁師の新治(三浦友和)と海女の初江(山口百恵)
~波乱万丈の末の恋愛成就ストーリー~
「♪来てよぉ♪その火をぉ♪飛び越えてぇ♪」
NHKのあまちゃんで「火を飛び越えた」のは荒川良々君だっ
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

2.0

板尾創路に魅せられて。
冒頭、桐谷健太の"生首"に驚かされたが、坦々と進行するストーリー。芸人さんの日常はこんな感じなのかなと。「あーそうなっちゃうか……だよね」のラスト。

なりたい自分とシビアな現
>>続きを読む

ナバロンの要塞(1961年製作の映画)

3.5

エドガー・ライトが選んだ[2017年発表/1000本]
K助さんのレビューを読んでの観賞。
どこをどう切り取っても、グレゴリー・ペックの魅力爆発ヽ(*´▽)ノ♪
ナバロン島の要塞洞窟内に設置されたドイ
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

💐HAPPY🎂BIRTHDAY🎉アダム・ドライバー🎉で、観賞。

「カリフラワー」
ローガンファミリーの呪い。
ジョー・バングのシマシマベビー服。
キャストが魅力的過ぎる。
皆、はまり役。楽しそうに演
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.0

心理的な恐怖は感じなかった。
やはり1990年度版(VHS前後編の2本所有)の方が好きだな。どうしても比べてしまう。
子供時代のみをまとめちゃっているので、分かりやすくはなっているが、もう2章の冒頭シ
>>続きを読む

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.0

前職のしがらみで頼まれ観賞。
舞台は童話(絵本)作家のお屋敷。
1つの勘違いから流されるままに次々と絡まりスレ違うキャストたちの意図。観ていてハラハラ。
そこから紆余曲折を経て綺麗な着地。よくぞここま
>>続きを読む

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方(2014年製作の映画)

3.5

食後は、大がかりな[ピタゴラスイッチ]で作る🍓イチゴミルク🐮を、浴びるほどにどうぞ(っ´ω`)っ。

食前酒に、(4才児×6人)+ジジババ6人の個性弾ける🍸をご用意致しました。
前菜は、ボラースドルフ
>>続きを読む

バットマン オリジナル・ムービー(1966年製作の映画)

3.0

エドガー・ライトが選んだ[2017年発表/1000本]
VHS字幕スーパー版観賞。
全編、笑いながら(^ω^)観賞。
いざという時に抜け作なバットマン。
サメ(ぬいぐるみ)に襲われ👊グーパン👊。
むっ
>>続きを読む

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

4.0

ノーカット版観賞。
まず、リーの奥さんリンダの[本作に込められたリーの思い]や[ノーカット版について]の解説から始まる。
このノーカット版こそが、
リー曰く[本物の「燃えよドラゴン」]
リンダによれば
>>続きを読む

ロンドン・ドッグス(1999年製作の映画)

3.0

Thank You!LONDON!
当時27才のオーラ❇キラキラ❇王子様ジュード・ロウの御出座しだよーんっ(^|0|^)!

❇キラキラ❇王子様ジュード。華麗なスーツ姿から、ジャージ上下、セミヌード、
>>続きを読む

>|