クーさんの映画レビュー・感想・評価

クー

クー

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ(2021年製作の映画)

3.0

・リブートして原作ゲーム通りにすると聞いていたのに、パート1よりパート2要素が多すぎないか?
・ゲームの1作目を忠実に映像化すればちゃんと怖いのになぁ。何のために90年代設定したのか?意味不明。その年
>>続きを読む

前科者(2022年製作の映画)

4.0

・嗚咽するほど号泣してしまった。有村架純と森田剛が対峙するクライマックスは場内からすすり泣きが周りから聴こえてきた程。
・森田剛のぶっきらな感じはヒメアノールの続きを見ている様だ。彼はこういう役は抜群
>>続きを読む

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊(2021年製作の映画)

3.5

・ウェスアンダーソンの映画はほぼ全て観ているが、はっきり言って苦手だ。毎回、期待よりは不安が先行してしまい、ああ、今回も分かんなかったと落胆することが多かった。
・今作も出だしはいつも通りで、苦手意識
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.5

・舞台が良くて、キャラが良く、そして音楽が良ければ、いい映画に決まっている。
・聾唖の一家の皆、愛すべきキャラだったなぁ。お父さん、豪快過ぎる。
・V先生も最高だ。クライマックスの伴奏には涙。
・ルビ
>>続きを読む

さがす(2022年製作の映画)

4.0

・伊東蒼が大覚醒!彼女はきっと大女優になるだろうなぁ。空白とは真反対の役で、今作では万引した父親のためにスーパーへ走るシーンから始まる。意識していたのかなぁ。
・清水尋也の目つきがヤバすぎる。明らかに
>>続きを読む

スティルウォーター(2021年製作の映画)

3.4

・スティルウォーターという地名をタイトルにしたのは、きっと深い意味があるのだろう。物語の最終盤に改めてこの名詞が出てきて、なるほどと思ったが、頭で思っていることが言葉に出来ない。
・観るまで実話の映画
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

3.0

・本作が最後になるのかなぁ?はっきりしたターゲットなしで3人で勝負するみたいだし、違ったことをやるみたい、、と観る前の印象だったが、全くいつもと同じ展開で、ある意味安心。ある意味マンネリ。長澤まさみは>>続きを読む

クライ・マッチョ(2021年製作の映画)

3.5

・本作の主人公て、雄鶏?マッチョて名前だし。雄鶏に2回も攻撃されて撃沈してしまう毒母の手下が間抜け過ぎますね。
・ロードムービーであるが、途中の街で足止めをくって、親切な食堂のおばちゃんたちと擬似家族
>>続きを読む

ハウス・オブ・グッチ(2021年製作の映画)

3.7

・レディガガの圧倒的な存在感。スター誕生の時には違和感があった女優ガガだが、本作では堂々とした女優となっていた。名優揃いの本作で全く負けていない。
・ガガ以外の役者も凄い。アルパチーノが久々に魅せて、
>>続きを読む

マークスマン(2021年製作の映画)

3.3

・いつものリーアムニーソンを期待すると肩透かしを喰らうかも。
・いつリーアムニーソンの怒りが爆発してマークスマンになるのか?結局、ならなかった。
・もしかしたらイーストウッドのために企画されたのかな?
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

4.5

・開始して数分で弁護士であの人が出てきて、思わず声を上げてしまった。
・とにかく今までのスパイダーマンムービーの総括をしてくれた感じだ。サムライミ版とアメスパは志半ばで終了してしまった印象があった。本
>>続きを読む

決戦は日曜日(2022年製作の映画)

3.3

・見始めているとおバカな政治コメディで世間知らずなお嬢様がドタバタを起こして周りが迷惑するような話なのかな?と観ていると、、あれ?これ物語じゃなくて、日本で起こってる実話じゃないの?と笑えなくなる。>>続きを読む

愛すべき夫妻の秘密(2021年製作の映画)

3.5

・アイラブルーシーの内幕物。タイトルは知っていても、ドラマは見たことなし。
・当時のアメリカ女性が置かれた状況が興味深く見れた。
・ニコールキッドマンとハビエルバルデムの演技合戦は凄いが、内容に興味が
>>続きを読む

明け方の若者たち(2021年製作の映画)

2.5

・花束みたいな恋をしたの成功を見て、企画したのか?明大前や下北が舞台になっていたり、きのこ帝国の歌も入っていた。がサブカル要素があまりにも薄っぺらい。
・彼女の秘密を知っているのに、まるで普通の恋の始
>>続きを読む

99.9-刑事専門弁護士‐ THE MOVIE(2021年製作の映画)

3.0

・前日にテレビでやっていて、比べるとスケールも話も変わらない。結果、映画でやる意味ある?
・映画にするなら、音響くらいは頑張って欲しかったが、セリフが聞き取りづらいくらい酷かった。
・西島秀俊の演技は
>>続きを読む

劇場版 呪術廻戦 0(2021年製作の映画)

3.5

・ボーっと観ていたら、主人公が碇シンジ君じゃないかと錯覚してしまいました。なんかいじけてたし。
・このアニメは最高キャラの宝庫だなぁ。五条さんは最高過ぎる。今回の敵キャラも面白かった。
・相変わらず作
>>続きを読む

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

3.3

・キングスマンの1作目には驚かされた。振り切った不謹慎な展開に呆然としながらも笑った。SFであり、ファンタジーでもあったなぁ。
・で、オリジンを描いた本作はリアリティ色が強めで不真面目さが皆無で、これ
>>続きを読む

偶然と想像(2021年製作の映画)

4.2

・こんな濃厚な短編を観たことがあっただろうか?1つが40分の短編が3本。どれも見終わった後の爽快感と感動がある。これを3回も味わえる。なんて贅沢な事か!最後の話のラストは鳥肌と涙もついてきた。
・セリ
>>続きを読む

ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男(2019年製作の映画)

3.8

・デュポンて、御曹司は人殺しするし、会社は有毒物資を垂れ流すし、すげぇ会社だなぁ。
・マークラファロが本作を作ったのは必然だね。デュポンに無茶苦茶因縁があるなぁ。
・この弁護士さんの不屈の闘志に感嘆。
>>続きを読む

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

3.0

・まず1800円もする豪華パンフを買ってしまった事を大後悔している。半分は前作までの解説でキャスト、スタッフの紹介もほとんどない。紙質だけしか取り柄のないクズパンフ!
・前作から15年以上経って、今更
>>続きを読む

彼女が好きなものは(2021年製作の映画)

3.5

・今年何度目かの山田杏奈。彼女が出ているから普通の話ではないのは確か。演技力は群を抜いているのは勿論だが、今作のインパクトはひらいてに比べれば小さい。
・NHKのドラマは観ていて、内容もほとんど一緒。
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

3.8

・アニャの圧倒的な目力と存在感!
・60年代の雰囲気と選曲も良かった。
・エロイーズのヒステリー演技に時折イライラするし、どうして60年代が好きなのかな?お母さんが亡くなったのは60年代関係ないし。
>>続きを読む

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

3.5

・最近のMCUの上映時間長くない?本作はサクッと100分程。展開が早くて大変見やすい。
・話しもサクッとしていて、1本道。バディムービーものの軽妙なセリフ回しも面白く、前作よりベノム君がより人間らしく
>>続きを読む

ミラベルと魔法だらけの家(2021年製作の映画)

3.8

・安定のディズニーミュージカル。いつものフォーマットに落とし込んだストーリーには意外性はないが、ちゃんと感動できる作りとなっている。
・ディズニーの凄いところはアジア人には馴染みない中南米のキャラでも
>>続きを読む

ディア・エヴァン・ハンセン(2021年製作の映画)

3.3

・まずベンプラットがオッさん過ぎて高校生には無理があるのでは?エイミーアダムスが役作りか?貫禄ある主婦体型にビックリ。ブックスマートのあの彼女がヒロイン役で可愛かった。
・ミュージカルというには歌のみ
>>続きを読む

聖地X(2021年製作の映画)

3.3

・演劇原作を映画に換骨奪胎できていませんね。セリフと演技がものすごく演劇的で説明的。
・聖地Xとは何だったのか?その謎と説明を解明することにはノータッチ。
・3人目を作る必要性をどう考えても感じられな
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

3.8

・こんな話を考えるなんて、やっぱりジェームズワンはどうかしている。
・おそらく奇形双生児の話で、昔観たバスケットケース的なものを予想してたら、想像の遥先に話が進む。そして、あのビジュアルはトラウマレベ
>>続きを読む

アイス・ロード(2021年製作の映画)

3.3

・B級ジャンル映画。たたみかけるクライマックスの危機また危機に胸焼けする。
・現代の恐怖の報酬として観ていたら、陰謀モノになっていく。この陰謀があまりに陳腐で説得力がない。襲ってくる敵が会社の忠実なる
>>続きを読む

カオス・ウォーキング(2021年製作の映画)

3.0

・男子しかいない住民が全員サトラレしてしまう惑星の話。女性がいなかったり、どうしてサトラレ現象になるのか?といった秘密が明らかになるのかと思っていたら、大したことなかった。カタルシスがまったくない感じ>>続きを読む

アイの歌声を聴かせて(2021年製作の映画)

3.5

・世界観は面白かったけど、登場人物の性格や価値観はあまり変化はないんだね。
・そもそもお母さんの実験が杜撰過ぎないか?お母さんはシオンがサトミの高校に行くこと知らなかったの?では誰がシオンをサトミの高
>>続きを読む

リスペクト(2021年製作の映画)

3.8

・家父長への抵抗、母親への思い、ダメ夫の苦労、公民権運動への思い、酒での失敗、そしてアメージンググレイス、ドラマがそれぞれ薄く散らばってしまった印象。ダイジェスト的になってしまった感。
・ジェニファー
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

3.8

・どうやってあの容姿、人種を選んだのだろうか?ダイバーシティが過度過ぎないか?ダイバーシティよりもマーケティングを意識し過ぎてないか?
・クロエジャオの演出はロケ映像がふんだんで美しい。が、横文字が多
>>続きを読む

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

3.6

・誰もいない新宿と渋谷の映像、コロナ禍ではないと撮れなかった映像。よくぞ、この時に撮影したなぁ。
・森山未来が20代を演じていて、違和感がないのが凄い。東出は今を演じて凄みはあったが、若い時はコスプレ
>>続きを読む

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

3.5

・言いたい事は山ほどあっても、涙はむちゃくちゃ流してしまった。
・テレビ局製作の映画らしくセリフははっきりと聞き取れ、説明台詞もバッチし。演技はオーバー気味で泣かせる演出もテレビドラマ仕込み。
・石原
>>続きを読む

ハロウィン KILLS(2021年製作の映画)

3.3

・前作から続く長いクライマックスを観ているようで、ドラマはほとんどない。
・78年版に出ていたキャラたちの贖罪の物語はとってつけたようだ。
・病院で別人を追い詰めて行くシーンにはネットのフェイクニュー
>>続きを読む

モーリタニアン 黒塗りの記録(2021年製作の映画)

3.5

・アメリカの中東政策は何から何まで間違っている。アフガニスタンからの撤退からも分かるように。とにかく相手を理解せずに行き当たりばったり、挙げ句にキレて暴力に訴えるしかない。この映画観て良く分かった。>>続きを読む

>|