きょさんの映画レビュー・感想・評価

きょ

きょ

ストーリーが映画っぽい映画が好きです

映画(118)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

面白かった!!
どう笑わせに来るのか、どういうオチなのかと考えながら見てたけど、それでも笑わされた。
観てる人達もみんな笑っててよかった〜

海街diary(2015年製作の映画)

3.5

美しい姉妹と美しい海と美味しそうなご飯、、、、良かった。
夏帆になりたいけど長澤まさみが優勝。

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.5

(500)日のサマーの人がガンになったとしか思えん。この人の顔印象深い。

若くしてガンになった青年が、闘病しながらも人生を謳歌する話。
親友カイルがめっちゃいい奴。好き。

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.7

まんまとハマったのでマーベルこれから観るぞ〜〜

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.7

ラティカ美人すぎ。目を背けたい貧困シーンは多かったけど面白かった。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

犯罪で、嘘で繋がれた家族の生活。
観終わった後辛かった。やり切れない気持ち。

安藤サクラの長回しの泣く姿を見て号泣。後半泣いて泣いて仕方なかった。
安藤サクラも松岡茉優も今まで何とも思ってなかったけ
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

4.1

書き忘れ
初是枝監督作品の鑑賞。実話を基にしているからか妙にリアルで良かった。一言では表現できない感情、一筋縄ではいかない状況を凄く繊細に描いていた印象。

真木よう子が喫茶店で礼服でタバコ吸う姿何回
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.5

次々と職を転々とする家出詐欺師青年フランクと、彼を追うベテラン刑事カールの世界を跨ぐ盛大なイタチごっこ。

フランクの詐欺師としての天才っぷりは見事!前半から中盤にかけてのハラハラドキドキ感はかなり楽
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.7

ド派手なイリュージョンが最高〜〜
ジェシーアイゼンバーグ、好き〜〜
終わり方はちょっと安直で拍子抜け

マジックそんな好きじゃないけど1回くらい金かかったショー見てみたくなった。

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.9

めちゃめちゃ面白かった。警察さん何やってんすか、、、

柔道しか取り柄のなかった真面目な青年綾野剛が、ひょんなことから警察官になり悪い上司の教えでどんどん沼にハマっていくサマ、お見事。シャブ打ちのシー
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.8

ハチャメチャでわけわかんないけどめちゃめちゃ面白い!
ストーリー展開の無茶さとアホさ。キャストのかっこよさと美しさ。これに尽きる。

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.4

寺島進と滝藤賢一はグッド。色々ゴチャゴチャしてた。
いいとこついてくるオチは楽しい!
邦画みのつよい邦画。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

よかった〜〜!!!
主人公のオギーが本当に太陽みたいな素敵な少年だった。
オギー目線で描かれた話ではあるけど、オギーを取り巻く子供達それぞれのストーリーがあって、そのへんはリアルだったような。

良い
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.8

よかった。痛快。
パン屋バイトの時に飽きるほど聞いたクリープの曲も良かった。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.6

テンポ良し。気楽に観る感じで笑えるシーンも多々有り。

思春期の女の子の感情はうまく描いている気がしたけど、置いてけぼりの伏線がたくさんあるし、とりあえずいろんな社会問題掻い摘んで詰め込んでみました!
>>続きを読む

それでもボクはやってない(2007年製作の映画)

3.5

これが現実なら日本は、社会は、裁判は狂ってる。もう満員電車乗りたくない。

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

3.7

どっと疲れる。血や暴力がどうしても苦手なのでキツかった。
話がよく見えないながらもずっと引き込まれて、うまく表現できないジワジワくる恐ろしさにやられた、、、

最後は鳥肌モノ。
トムはあそこに戻るのだ
>>続きを読む

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.5

この映画を見た多くの女性は多部未華子に共感し、綾野剛の到来を待ち望むのではないか、と、、、

菅田将暉はこういうアホ、チャラ、ガキ、みたいな役演じてる時が1番好き。
あと峯田めちゃめちゃ良い味出してた
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.7

終始静かな話で、マンチェスターの海の寒々しさが、より物語を儚いものにさせているような気がした。映画自体淡々と続いていくので結構長く感じたかも。

忘れられない悲しい過去は、本当にどうしようもないもので
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.3

画面と音楽の使い方が天才。あとスティーブのブロンドヘア(睫毛もめっちゃ綺麗な金色)が美しすぎた。

母親役に感情移入し過ぎて、内容めちゃくちゃ好きだけど辛かった。

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.6

画面の切り取り方や音楽の入れ方が流石だなあと思いつつも、家族好きで反抗期無しだった私はイマイチ内容に入り込めず。共感できる人はもっとグッとくるのかも。

ドリッピングのシーンが大好きで、この映画ではあ
>>続きを読む

完全なるチェックメイト(2014年製作の映画)

3.7

序盤の天才少年が栄光を掴むくだりがハッピーで大好きだったけど、実話に基づくあるあるのラストでうーんってなった。

音楽とストーリーの展開は好き!チェスのこともっと知ってたらよかったなー

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.7

最初から最後まで本当に美しかった。
挿入曲がほぼピアノで世界観にすごくハマっていたし、少ないながら歌有りの曲もタイミング、雰囲気共に完璧だった。

2人が恋に落ちた決定的瞬間、目覚めや伏線が分かりやす
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.5

やっと観た、最高すぎて何でもっと早く観なかったんだろうと後悔...

いわゆるLGBTものではあるし、レズビアンへの目覚め方がよくある感じではあるけど、映像の美しさが断トツだった!
アデルがエマに出会
>>続きを読む

嗤う分身(2013年製作の映画)

3.8

冒頭から不穏な空気。ずっとゾワゾワくる面白さで、病みつきになる感じ!

冴えない自分と、自分と瓜二つの優秀な同僚、想像するだけでゾッとする...
終始ポイントで流れる昭和歌謡がいい味出してた。好き。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.7

邦題の勿体無さとキラキラのポスターからは想像がつかないオシャレいい話だった〜

ブレイクライブリーがどうやってもゴシップガールのセリーナとしか思えず、そこまで入り込めなかったのが残念。
話の展開と構成
>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

3.8

とんでもないものを観てしまったという確信。MOROHAが良い仕事し過ぎで大好きになった。

ノーカットだからこその一瞬一瞬の張り詰めた空気感、想ちゃんの演技力と表現力、これは映画なのか何なのか...
>>続きを読む

リスボンに誘われて(2012年製作の映画)

3.7

1冊の本をきっかけに、ある人物をめぐる過去を1人の男性が紐解く話

てっきり冒頭の赤いコートの女性とのラブストーリーだと思いこんでたけど物語の展開は意外だった!
納得いくとか、スッキリするとかそういう
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.7

ヒトラーが現代のドイツに帰ってきて発達した文明にびっくりするシーンはコメディそのものでしたが、ずっと付き纏うなんとなーく恐ろしくてゾッとする感じは風刺映画だなと思いました。

実際の映像を使ってるのが
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.1

サイコー!この一言が全て!
塚口サンサン劇場のウーハー上映、素晴らしい。遠くなるのが寂しい映画館。

>|